また、お見合いーパーティーはカップリングがあるので、気になる男性が他の女性とカップルになれば、それ以降相手を知るチャンスがなくなってしまいます。

一度にたくさんお見合いができるメリットと、比較してあなたに合ったお見合い方法を選ぶといいと思います。

男性の年齢層

お見合いをする男性は、30代から40代が多いでしょう。

20代がお見合いをする比率は少ないのが特徴です。

お見合いは、結婚を前提としている出会いのため、出会ってから結婚までの期間は比較的短いでしょう。

そのため、結婚適齢期だと考えるまでは、すぐ結婚に至るお見合いは避ける傾向にあります。

男性が考える結婚適齢期は30歳を超えてからが多いと言います。

よってお見合いをする20代は、比率が少なくなってしまうのでしょう。

女性は、同世代と結婚をしたいと望む人が多いので、20代の内にお見合いで同世代と出会うのは難しいかもしれませんね。

かといって全くいないわけではないので確率は少ないだけで、本気で結婚したい20代男性と出会うにはいい出会い方だと思います。

お見合いパーティー参加の男性は、20代後半から30代後半までの企画が目立ちます。

女性からの需要のある年齢層が多いですが、歳の差があった方がいいという女性は、お見合いパーティーでは企画を探してみるといいでしょう。

合コン

合コン
合コンとは、初対面の男女が、恋愛する相手を探すために出会う場所です。

一般的には、男女の知り合いがそれぞれの友人や同僚などを連れてきて、飲み会を開くことが多いでしょう。

会員になるなどの手間もなく、知り合いを通して開くことができるので出会いの場として合コンを選ぶ男女は多いです。

合コン相手は、メンバーの誰かの知り合いの場合が多く、比較的相手との距離を縮めやすいでしょう。

同性はほぼ知り合いで参加するので、他の婚活イベントより緊張感が減るのも、相手との近づきやすくなります。

そのため、すぐに付き合い出すカップルもいます。

その中でも、人数が足りなくて呼ばれたもの同士がカップルになることも多く、出会いに意気込むより、自分らしくいられることが恋愛相手を見つけられるポイントになるかもしれません。

ただ、恋愛相手を見つけるために開かれるため、すぐに結婚にならないケースも考えられます。

出会ってから、じっくりと時間をかけたお付き合いをしてからの結婚をしたいという人には、向いているかもしれません。

少人数で開催される

合コンは、少人数の出会いになります。

パーティーのように一度に出会う人数は少ないですが、パーティーより気軽に参加できるので、頻繁に参加する人も多いでしょう。

3対3でセッティングすることが多く、誰とでも話すチャンスがあります。

親密度を高めるにはいい出会い方だと思います。

お酒の入った席で、人数が少ないのでひとりの相手と距離も近く、本音で話しやすい雰囲気があります。

出会った人数は少なくても、一人ひとりと接するチャンスがあるため、相手を良く知ることができるでしょう。

また、数人での飲み会なので、協調性や気遣いなど、他者がいるときの人柄も見ることができます。

オーソドックスな流れは?

合コンのオーソドックスな流れを紹介します。

男女それぞれに幹事がいて、幹事を通じて招集されることが多いでしょう。

時間や場所も幹事が用意し、それぞれに連絡をします。

当日は、来た人から座りますが、男女が向かい合う形で座るのが一般的です。

人数が揃ったところで、飲み物を頼みます。

飲み物が持って来られるまでの間に、自己紹介をすることが多いでしょう。

相手の印象に残るような自己紹介を用意しておくと、その後話を広げやすくなります。

自己紹介を終えたら乾杯です。

乾杯後は、誰と話してもいいので、積極的に話しましょう。

注意するのは、同性同士で話を盛り上げてしまうことです。

話すネタが思い浮かばないときは、自己紹介についての話題で切り出し、質問をしてみるといいと思います。

相手のことを知るチャンスですし、興味を持ってもらえた男性は喜んで話してくれます。

幹事がゲームを用意していることもあり、一気に場が和むので、気になる男性がいたら積極的に話しかけてみましょう。

最近は、アプリを使って合コンを盛り上げることも増えています。

調べておくと、流れに乗りやすいかもしれませんね。

盛り上がってくると、席替えタイムがやってきます。

席替えの仕方はさまざまですが、気になる男性の横に座れると一気に相手との距離を縮められるので、連絡先交換ができるチャンスです。

一次会が終わったら二次会ですが、一次会の雰囲気次第で決めることが多いです。