遠距離で結婚するには?2人の気持ちが離れていても冷めないでいられる方法教えます!について
遠距離恋愛をしていて、心配なのは長く続くかどうかではないでしょうか。

離れていても、二人の気持ちが冷めないでいられる方法があれば知りたいですよね。

ここでは、遠距離で恋愛をするにはどうしたらいいかをご紹介していきます。

併せて、遠距離恋愛を成功させた先輩に学ぶこと、気持ちが冷めないために心がけることをご覧ください。

遠距離で結婚したい女性は必見です。

遠距離で恋愛するにはどうしたらいいの?

遠距離で恋愛するにはどうしたらいいのでしょう。

遠距離では、会いたいときにすぐ会えるわけではないので、不安でいっぱいになることがあるのではないでしょうか。

近くにいれば喧嘩をしても、会ってすぐ仲直りすることはできます。

顔を見るだけでほっとできることもあるでしょう。

これが遠距離になると、すぐに会うことが難しいため埋めることができない二人の「溝」になりかねません。

その溝は、なるべく早く埋めると浅くて修復もしやすいですが、遠距離ではすぐに埋めるのは難しく深まることもあるでしょう。

また遠距離は、近くにいる人に気持ちがいきやすいことも考えられます。

遠距離で些細な喧嘩をしたとき、そばにいる人に気持ちが流れてしまうことも多いのではないでしょうか。

一緒にいる時間がない分、他の異性と関わる時間ができます。

近くにいて、いつでも会える異性が良く見えてもおかしくありません。

遠距離はリスクがたくさんあります。

どうしたらうまく恋愛ができるのか見ていきましょう。

お互いの意思を確認しよう

まずは、お互いの意思の確認が必要ではないでしょか。

お互いの気持ちがわからないままでは、不安しか残りませんよね。

二人が過ごす距離が、心の距離になる前にお互いの考えや、気持ちを話し合うことが大切でしょう。

今後は、言葉にして伝えることが重要な環境になります。

顔が見えないので表情で判断ができないことが増えます。

手を握ったりハグをしたりして、スキンシップも難しくなります。

自分の気持ちを言葉で伝えることができないと、遠距離では相手に気持ちが伝わりづらいでしょう。

相手の気持ちを聞く耳を持たないと、勘違いや誤解をしかねません。

相手が話しやすいようにすることも大切です。

その始まりをうやむやにしてスタートするには、遠距離恋愛は危険かもしれません。

お互いの意思を確認することは必要不可欠だと思います。

距離が離れる前に恋愛を続ける意思を確認しよう

距離が離れる前に、お互いの意思を確認するといいのではないでしょうか。

まだ、お互いの顔を見ながら話ができるときがチャンスです。

恋愛を続けるかどうかは、簡単に決められることではないですよね。

好き嫌いで決める問題ではない分、お互いが相当悩むことです。

意思が固まるのに、時間がかかる人もいるでしょう。

片方の気持ちだけでは、恋愛は成り立ちません。

恋愛を続ける意思がなければ、別れるという選択になります。

どちらか一方だけ続ける意思がある場合は、そこから話し合いも必要になってくるでしょう。

距離が離れてしまっては、この重大な結論を出すのは難しいですよね。

遠距離に対して、同じ気持ちとも限らないのでお互いの意思の確認は、距離が離れる前にするべきでしょう。

お互いが同じ気持ちなら自信を持って恋愛しよう

お互いの意思の確認ができて、同じ気持ちだとわかったら自信を持って恋愛しましょう。

遠距離で恋愛をするのは、不安ですよね。

しかし、遠距離でも恋愛を続ける意思があるというのは強みではないでしょうか。

離れてでもあなたといたいと思ってもらえていることは、自信を持っていいことです。

自信があれば、不安に思うことも減らせるのではないでしょうか。

不安に思うことは、心に負担が蓄積されていずれ爆破するでしょう。

不安が不満となり、相手にぶつけてしまったり溜めこんで恋愛することを放棄したくなることも考えられます。

自信を持つことは、これらの可能性を少なくする方法のひとつではないでしょうか。

遠距離で恋愛を続けるというお互いの意思を信じて、自信を持った恋愛ができるといいですね。

遠距離恋愛が辛い時の連絡方法

遠距離恋愛が辛い時は、何か対策を用意しておくといいと思います。

寂しかったり、辛い時など彼にそばにいてほしいときにいてもらえないのが遠距離のデメリットですよね。

喧嘩をしても会って仲直りする機会は減ってしまいます。

喧嘩をしている期間が長くなることもあるかもしれません。

すれ違いも起きやすいでしょう。

こんなことが続くと、遠距離恋愛が辛くなる時がくるかもしれません。

そんな時に、対策があると安心ですよね。

辛い時の連絡方法を決めておくのはどうでしょうか。

会えなくても、連絡方法を工夫するだけで落ち着けることもあるでしょう。

遠距離恋愛を続けるためにも、辛い時を乗り越える方法を見つけられるといいですね。

辛い思いは溜めこまないようにしましょう。

チャットより通話がおすすめ

通話
遠距離恋愛が辛い時は、チャットより通話にする方がいいと思います。

文面だけでは、人の温もりを感じることができません。

感情の強弱を表現しづらいので、感情を完全に読み取ることは難しいでしょう。

返答を打ち込む時間がいるのでレスポンスがあるまで待たなくてはいけません。

返事がすぐにくるのかもわからない連絡方法です。

遠距離恋愛で辛い時に、不安が増す可能性もあるのではないでしょうか。

その点通話は、彼の声を聞くことができて、感情もわかりやすいです。

あなたの問いかけに対して、すぐに反応をしてくれます。

たとえ間があったとしてもそれは感情表現の一部で、彼が返答を考えてくれている時間であったり、返答に困っていたりというように受け取ることができます。

もし間が不安になっても、聞けば答えてくれるのですぐに解決するでしょう。

なにより、彼の声を聞くことで彼を身近に感じられ、安心につながるのではないでしょうか。

辛い時は彼の声を聞いて、彼の温かさを感じるようにするといいでしょう。

通話が安くなる工夫

しかし、通話するには通話料金が負担になってしまうこともあります。

通話料金を気にしていたら、まだお互いに話し足りなくても通話を切らないといけなくなりますよね。

そこで、通話料金の対策も考えておかなければなりません。

最近は、LINEで無料通話をする人も多いと思います。

このようなアプリで無料通話を利用する場合は、お互いがそのアプリをダウンロードする必要があります。

LINEは、国内のスマートフォン利用者の多くが利用しているアプリなので、連絡を取るのに便利な手段です。

ビデオ通話もできるので、お互いの顔を見て話すこともでき、より安心を感じられると思います。

また、パソコンでのビデオ通話をメインにしたい場合は、Skypeを利用するという選択もあります。

時間のないとき他の作業をしながらでも通話をしたかったら、パソコンとスマートフォンで使い分けて通話するのもおすすめです。

通話の音質や電波状況にこだわるなら、スマートフォンの料金プランを変更しておくのもひとつの手段でしょう。

無料というわけにはいきませんが、かけ放題のプランでいつでもどこでも安心できるよう準備するのもいいかもしれません。

通話料金を抑える工夫をして、二人の時間が許す限り通話ができると安心ですね。

「遠距離恋愛=別れ」ではない

遠距離恋愛と聞いて、別れをイメージする人も多いのではないでしょうか。