弱みを見せる男性の心理6個!あなたにしか見せない一面があるのであれば彼とのゴールインは近いかも?について
あなたは、彼に弱みを見せられたことがありますか?弱みを見せるという彼の行動には、どんな心理が隠されているでしょう。

ここでは、弱みを見せる男性の心理をご紹介します。

併せて、彼が弱音を吐いたときの対応をご覧ください。

あなたにしか見せない一面があるのであれば、彼との関係に進展があるかもしれません。

男性は弱みを見せるのが苦手な人が多い

あなたは、男性に弱みを見せられたことはありますか?男性の弱音を吐く姿は、なかなか見かけることがありませんよね。

それはなぜかというと、多くの男性が弱みを見せることが「苦手」だからです。

では、なぜ男性は弱みを見せることが苦手なのでしょうか?ここでは、男性がどのような理由で、弱みを見せるのが苦手なのかを紹介していきます。

女性は、弱みを見せることで仲間を作れたり、人に甘えることができるので、弱みを見せることに抵抗がある人が少ないでしょう。

男性の思考はそれとは違って、女性には理解しがたい男性ならではの理由があります。

まずは女性とは違う男性の特徴を知っていると、男性から弱みを見せられたとき対応しやすいですよね。

男性が弱みを見せるのが苦手な理由を見ていきましょう。

見栄を張りたがる

見栄を張りたがる
男性が弱みを見せるのが苦手だというのは、男性のプライドが関わってくるからでしょう。

男性にとって、弱みを見せるということは、弱点を見せるようなものです。

プライドの高い男性は、弱点を見せ自分の価値を下げるような行動をしようとは思いません。

見栄を張ってでも、弱みを隠そうとする男性は多いでしょう。

たとえば、スポーツでケガをしたとき、大したことないケガはアピールするのに、大きなケガのときは隠そうとします。

また、家庭があるので少ない小遣いなのに、そんなことは口にせず、後輩には見栄を張って奢ることもあります。

男性は、他人からの自分の価値を高く見せようとするので、体裁を気にしたり、人からの評価を気にするのです。

弱みを見せることはプライドの高い男性にとって、自分の評価に関わる危険な行為と言えます。

よって、弱みを見せることなく見栄を張りたがるのです。

強い男だと思われたい

男性は、昔から家族を守ってきた役割があったため、強くいなくてはなりませんでした。

その名残から、男性は「強い」というイメージを持つ人が、現代でも多いでしょう。

男性自身も、強い男だと思われたい人が多いので、自分の弱点を他人に見せたくありません。

弱みを見せ、隙を突かれて足元をすくわれてしまうような、仕事やスポーツをしている男性は、特に見栄を張って「強い男」を演じるでしょう。

女性の前でも、強い男をアピールして、女性を守れる男だと見栄を張る人は多いです。

男性が、よく過去の栄光のような話をしているのを聞いたことがあると思います。自慢話をしている男性もよく見かけます。

それは、自分を他人より優れた人間で、より大きい人間だ、強い人間だという風に見られたいという心理からくるものでしょう。

弱みを見せることは、自分の強いイメージを崩しかねない行動になるので、見栄を張る男性が多いと言えます。

弱みを見せる=恥ずかしいことと考える人も少なくない

男性は、男が弱みを見せることは、恥ずかしいと考える人も少なくありません。

昔ながらの男のイメージを守りたい男性に多い思考です。

弱音を吐くことは、弱い人間だと考えているからでしょう。

また、弱みを見せるというのは、自分が出来ないこと、不得意なこと、劣等感があるところをさらけ出すことになるので、それを知られるのが恥ずかしいというのもあるのでしょう。

それらを「自覚している」というのも、知られると恥ずかしいことかもしれませんね。

たとえば、スポーツで負けたとき、自分の不甲斐なさに泣きたくなる男性もいるでしょう。

しかし、弱みを見せることを恥ずかしいことと考える男性は、感情を表に出すことが恥ずかしいと考え、ぐっとこらえます。

特に、女性の前で泣くなどの感情を見せるのを恥ずかしいと考える男性が多いので、女性はなかなか男性の弱みを見ることはないと思います。

女性は好きな男性に弱みを見せられたら嬉しい

男性が弱みを見せることが苦手なのは、男性の特徴でもある高いプライドからくるものなのですね。

女性には、比較的少ない考えだったのではないでしょうか。

次は、女性目線で見ていきます。

女性が男性に弱みを見せられたら、どう感じるのかを紹介します。

きっと、共感できるところがあるでしょう。

多くの女性は、好きな男性に弱みを見せられたら嬉しいと感じるのではないでしょうか。

なかなか見せることのない男性の弱みを見るというのは、特別なことです。

好きな男性から頼られているのがわかり、嬉しくないはずないですよね。

どうにか力になれないものかと考えると思います。

女性も、頼ったり守られるばかりが嬉しいことではありません。

お互いが支え合っていると実感できると、嬉しいものです。

特別な存在だと思える

普段、弱みを見せない男性が、自分の前で弱みを見せたことを特別だと感じ、嬉しく思います。

たとえば、スポーツをしていて試合に負け、みんなの前では前向きな発言をしていた彼が、自分の前では悔しがる姿を見せてきたら、自分にだけ弱みを見せられて、特別な存在だと実感するでしょう。

自分にだけ見せられる姿なんだと、嬉しくなります。

また、仕事がバリバリできる彼が、仕事での辛さを吐いたときも同じように、弱いところを自分になら見せられるのだろうと思うことができるでしょう。

弱みを見せるのが苦手な男性が、弱みを見せるというのは、心を許している特別な存在だからと言えます。

好きな男性の特別な存在になれていたら、嬉しいですよね。

母性が働く

女性は母性本能をくすぐられると弱い人が多いでしょう。

好きな男性が弱みを見せたら、母性が働き、いい意味で男性を可愛らしく思えるものです。

きっと、「私が何とかしてあげたい」という気持ちになるでしょう。

母性が働いているときは、女性は嬉しさも同時に感じています。

もしかしたらそれは、本能を発揮できるからなのかもしれません。

なんとか彼の役に立ちたいと思うものです。

まるで母親のように一生懸命に、彼のことを考えるでしょう。

男性に弱みを見せられて働き出した母性は、その男性に対してとても大きな愛を生みます。

そんなとき、女性は男性に、何をしてあげたくなるのでしょう。

男性に弱みを見せられたときに母性が働くと女性はどう思うのか、見ていきましょう。

守ってあげたい

好きな男性に弱みを見せられると、「守ってあげたい」という気持ちになります。

たとえば、好きな男性が職場で、体調を崩しているが周りには気づかれないよう笑顔で過ごしていたとします。

ふとあなたの横に座ったとき、実は熱があってしんどいんだと弱音を吐いたら、きっと「仕事は自分に任せて」や「お腹に優しいご飯を作ってあげたい」など、彼を守ってあげたくなるでしょう。

本当は弱っている男性が、自分だけにしか見せない姿に母性が働き、守りたいという感情が湧いてきます。

頼られているので、それに応えたい母親のような気持ちになるからだと思います。

慰めてあげたい

好きな男性に弱みを見せられたときに、慰めてあげたくなるのも、母性が働くからでしょう。

たとえば、その男性が仕事で失敗をしてしまったとき、自分の前で弱音を吐いて落ち込んでいたら、慰めてあげたくなる女性は多いはずです。

誰にも見せない弱みを見せられたら、嬉しいでしょう。

そして、自分が癒してあげて「彼を元気づけたい」と母性で包み込むような気持ちになるのです。

どんな言葉をかけてあげようか、何かしてあげれることはないかと、彼を慰めるために一生懸命考え出すでしょう。

癒してあげたい

癒してあげたいと思うのも、母性が働くからです。

好きな男性が、仕事で疲れているのにそんな顔は一切見せずにいたけど、自分には疲れた顔を見せてくれたとき、癒してあげたいと思うのではないでしょうか。

いつもは強く頑張っているのに、自分にだけ弱みを見せてくれるのは、とても嬉しいことです。

普段は強くいる男性だからこそ、その男性の弱みを見たら、女性である自分が癒しになりたいと思うのです。

彼が穏やかになれる時間を作ってあげたい、疲れが癒されるようマッサージをしてあげたいなど、彼の疲れを癒すことが喜びにもなるでしょう。

弱みを見せる男性の心理6個とは?

弱みを見せる男性の心理
女性は男性に弱みを見せられたら、それに応えたくなるというのがわかりました。

それでは、男性からすると、弱みを見せるのにはどんな心理があってとっている行動なのでしょう。

次は、男性目線で見ていきます。

男性の弱みを見せる心理がわかれば、弱みを見せてきた男性に対してどうしたらいいかというヒントが見えてくるはずです。

ここでは、弱みを見せる男性の心理を紹介していきます。

男性の心理がわかれば、どう対応していいかのヒントになると思います。

女性が知らない心理が隠されているかもしれません。

弱みを見せる男性の心理を学んでいきましょう。

1:共感してほしい

男性が弱みを見せる心理のひとつに、共感してほしいからというのがあります。

日々強く生きている男性ですが、さすがに周りから否定をされるようなことが続くと、心が折れてしまうときがあります。

そんなときは、人に共感してもらうことで、自分は間違っていないということを確認したいのです。

自分の考えをしっかりと持っている男性や、自分の考えを語る男性が、弱みを見せたときは、共感してほしいという気持ちがあると考えられます。

そういうときは、その男性の考えに同調して聞くといいでしょう。

共感してもらえた男性の心は、自分は間違っていることばかりではないと感じることができ、癒されていくことが期待できます。

2:励ましてほしい

男性が自分の力だけでは乗り越えられなくなったと感じたとき、弱みを見せることがあります。

そんなときは、誰かに励まされることで力が湧くと考えているからです。

どうしても頑張らなければならないが、その重圧に耐えられなくなり、自信を失いかけるときがあります。

そんなときに、弱音が出てしまうのだと思います。

たとえば、仕事で大事な商談があるとき、スポーツで大事な試合があるときなど、自分に自信をつけて頑張るため、相手に励ましてもらいたいと思います。

このような状態にあるとき、弱音を吐く姿が見られたら、彼に自信をつけるよう励ます言葉を伝えることが効果的でしょう。

それにより、男性は自信をつけ、プレッシャーを乗り越えて戦うことができると期待できます。

3:母性を感じたい

「母性を感じたい」と、甘えた気持ちになるときもあるのです。

普段は、人の前で強くいる男性。

それを維持するために、息抜きをする場所を必要とします。

弱みを見せて頼ることで、女性から包み込まれるような母性を感じようとするのです。

もちろん、女性からすると好きな男性に弱みを見せられたら、母性が働き相手の役に立ちたいと思います。

男性は、母性を感じることができると、いつも強くいる自分から解放され、疲れが癒されます。

女性に弱みを見せ、母性に甘えることができたら、また日常に戻って「強い男性」を頑張ることができるのです。

責任感が強い人や、管理者のような立場にいる男性が弱みを見せる心理として、母性を感じたいことが多いでしょう。

4:自分を認めてほしい

男性が弱みを見せる心理として、自分を認めてほしいというのもあります。

頑張りが空回りしたり、うまく物事が進まないときなど、自分の存在意義を見い出せなくなるときが、自分を認めてくれる人が必要なときでしょう。

自分は頑張っているのに、成果としてならず、必要とされていないと心が弱くなるときがあります。

それでも男性は、見栄を張り強い姿を維持しようとしますが、限界があるものです。

そんなとき、弱音をこぼすのは、自分を認めてくれる人がいると知って、自分の存在意義を見出そうとします。

男性が外で頑張るために必要なことなのでしょう。

「まだまだ自分は出来る」と上昇思考が強い男性に多い心理かもしれません。

5:相手の気持ちを確かめたい

男性が弱音を吐いたときの反応で、相手の気持ちを見ようとすることもあります。

落ち込んで自分に自信がなくなることは、誰でも経験があると思います。

そんなときは、何に関してもマイナス思考になりがちです。

そのマイナス思考のせいで、相手の気持ちを確かめるため、相手を試すようなこともしてしまいます。

男性は、誰にでも落ち込んでいる姿を見せるわけではありません。

特定の人にだけ弱みを見せる心理としては、その相手の気持ちを確かめたいという思いから弱みを見せることもあるのです。

弱みを見せた反応で、自分を受け止めてくれると、安心したいのでしょう。

相手の気持ちを確かめたいという心理から弱音を吐くのは、自分に自信があまり持てない男性に多い傾向かもしれません。

6:信頼していると感じてほしい

弱みを見せない男性が、特定の人にだけ見せるという心理は、相手へ信頼していると感じてほしいからという理由もあるでしょう。

誰にも弱みを見せない男性なのに、その弱みを出せるというのは、大きな信頼がないとできないことではないでしょうか。

信頼しているからこそ、弱音を吐けるわけですから、自分が大切に思う人の前では弱みを見せられるのです。

そうすることで、お互いの信頼関係を築いていこうとしています。

信頼していると感じてほしいという心理で弱みを見せる男性には、誠実で優しい人が多いと思います。

女性はそれを感じ取り、ふたりの仲を深めるようにしていくといいですね。

男性が弱みを見せるのは本当に愛しているサイン

愛しているサイン
弱みを見せる男性の心理を見てきましたが、弱みを見せられた女性からすると、やはり嬉しい内容でしたね。

では、弱みを見せる男性の心理はわかりましが、弱みを見せる相手は、男性にとってどんな存在なのでしょうか。

男性の弱みは、誰にでも見せるわけではなく、特定の人にだけ見せられる姿です。

そこにはどんな意味があるのでしょう。

本当に愛している、大切な人だからこそ、見せられる姿なのではないでしょうか。

男性が弱みを見せるとき、どんな理由であなたの前で見せているのか、気になりますよね。

その理由には、本当に愛しているというサインが込められていると考えていいと思います。

ここからは、どんな「本当に愛してるサイン」があるのかを見ていきます。

ありのままの自分を見せれる

ありのままの自分を見せられる存在だから、弱音を吐けるのでしょう。

男性の多くは外ではかっこよく見られようと、本来の自分を隠しながら人と接しています。

プライベートで友人との付き合いがあったとしても、全てを見せれるわけではありません。

明るいキャラを演じ、場を盛り上げていたりふざけてはいるけど、自分のことは語らなかったり、この一面は見せているけど見せられない一面を持っていたりと、ありのままの自分でいることはあまりないと思います。

しかし、本当に愛している人の前では、ありのままの自分を見せられるものです。

かっこいいと思われたいのはもちろんありますが、それは好きになりたての頃に多く、本当に愛するようになると、かっこつけてばかりの自分ではなく、ありのままを見てもらいたくなります。

また、愛しているからこそ、安心して自分を見せられるようにもなるのです。

弱いところも含めて自分を知ってほしい

弱音を吐き、ありのままの自分を見せられるのには、男性の願望も含まれていると考えられます。

ありのままの自分の中には、弱い自分もいます。

本来なら隠していい格好をしようとするところですが、愛している人には、弱いところも含めて、自分を好きでいてほしいと考えるものです。

全てを知って、その上で好きになってもらえることが、幸せなのではないでしょうか。

男性は強くいて、女性を守るものだと考える人は多いですが、愛しているからこそ、強いところばかりを見せる偽った自分でい続けることはしたくないのかもしれません。

男性が弱みを見せ、自分には弱いところもあると知ってほしいのは、愛している人への誠実な想いからくるものだと思います。

より深い信頼関係を築きたいと思っている

信頼関係
男性が弱みを見せることで、あなたとより深い信頼関係を築けると考えています。

弱みを見せるというのは、あなたを信頼しているからこそできる行動でしょう。

あなたなら、弱みを見せたとき、その辛さを共有してくれると信頼しているのです。

自分を否定されるかもしれない人に、弱みなんて見せたくありませんし、頼りたくない人にも、わざわざ弱みを見せる必要はありませんよね。

他人に見せることのない姿、弱音を吐いて自分をさらけ出すことで、「あなたを信じています」と伝えています。

これは、男性があなたとの信頼関係を築こうとしているサインです。

誰にも見せない弱みを見せ、より深い信頼関係を築きたいのは、本当に愛しているからでしょう。

辛い時こそあなたにそばに居てほしいと思っている

強い男性にだって、辛いときはあります。

そんなとき、そばに居てほしいと思う相手は、本当に愛している人だと思います。

愛しているから辛いときそばで支えになってほしくて、男性は弱音を吐くのです。

本当に辛いとき、心が休まる人のそばにいたいと思うのは男性も同じです。

弱っている姿は、誰にでも見せられるものではないですが、そばにいてほしい相手には、ついつい弱音が出てしまいます。

男性は弱みを見せて、何かを求めているわけではなく、ただそばにいるだけでいい存在なのでしょう。

それは、心を許した相手で、愛しているからこその存在と言えます。

辛い時こそそばに居てほしい人は、唯一男性が弱音を吐ける場所なのです。

あなたのそばは、男性にとって安心できる居場所ということですね。

彼が弱音を吐いたときの対応とは?

男性は、特別な存在だからこそ、弱みを見せられるというのがわかりました。

彼が弱音を吐いたら、あなたは彼の大切な存在であるということですね。

そんな彼が、弱音を吐いたとき、どう対応したらいいのでしょうか。

なんとか彼の力になりたいと思いますよね。

しかし、突然、普段見せない彼の弱みを見たら、どうしていいのかわからないときもあるでしょう。

ここでは、彼が弱音を吐いたときの対応を紹介していきます。

彼が頼ってくれたことに応えたい、これからも必要とされたい、そのためには彼が弱みを見せたときの対応が重要だと考える女性は多いでしょう。

彼のためにあなたは何が出来るのでしょう。

彼が弱音を吐き、距離を縮めてきたときが勝負です。

彼が弱音を吐いたときの対応を参考にして、彼を支えゴールインに近づきましょう。

優しく話を聞いてあげる

話を聞いてあげる
優しく話を聞いてあげましょう。

彼が弱音を吐き終わるまで、優しい気持ちで聞き続けます。

彼が弱音を吐くというのは、よほどのことではありませんか?何度も言いますが、男性は弱みを見せるのが苦手です。

その辛さを、あなたの前でやっと吐き出しています。

彼が弱音を吐ききるまで待ってあげましょう。

男性は、女性と違い、話してすっきりするということはあまりありません。

男性が周りに弱みを見せないのは、解決しないからだという思考を持っているからとも考えられます。

結果や結論が大事な思考のためです。

逆に男性に相談したとき、解決策などの意見をくれますよね。

女性が、聞いてくれるという過程が大事なのに対し、男性は結果が大事だと考えているからです。

しかし、彼女に弱音を吐いたとき、彼は結果や結論を求めていません。

それでも吐き出すというのは、あなたの存在に安心しているからで、何を求めるわけでもありません。

ただそばにいて、彼の話を優しく聞くだけで彼は癒されます。

自分の意見や考えを言わないこと

彼の弱音を聞くとき、注意することがあります。

自分の意見や考えを言うことです。

なぜ、自分の意見や考えを言わないほうがいいのかと言うと、意見がほしくて話しているわけではないからです。

たとえば、彼が仕事での弱音を吐いていたとします。

結果を大事と考える男性の思考があるので、仕事のことがよくわからない彼女に対して、解決策をもらおうとは思っていません。

彼女の立場からすると、なんとかしてあげたいと意見を言いたくなると思いますが、彼は求めていないので、逆に彼を嫌な気持ちにさせてしまう可能性もあります。

ナーバスになっている彼と、意見の衝突なんてことにもなるかもしれません。

何も出来ないと思わなくてもいいです。

ただ優しく話を聞いてあげるだけで、彼の役に立てていることを知っておきましょう。

隣に寄り添う

彼が弱音を吐いているときは、隣に寄り添ってあげましょう。

人は、体温を感じると落ち着きますよね。

好きな人の体温なら、なおさら効果的でしょう。

また、顔を見て話すのもいいですが、寄り添って体を彼に向けて話を聞くと、より親身になって話を聞いてくれていると感じます。

彼女に弱みを見せるほど弱っている彼ですが、隣に寄り添ってあげるだけで、気持ちは楽になるものです。

あなたの体温を感じ、あなたの顔が彼を向いていることで安心するからです。

それは、どんな言葉をかけられるよりも効果的で、彼の気持ちにも寄り添えるでしょう。

また、隣に寄り添っているあなたは、彼の味方だと知らせることができ、あなたが何も語らなくても彼の支えになります。

自分のそばに居てくれる人がいるというのは、とても心強いですよね。

抱きしめる

男性も、誰かに守られたいと思っています。

弱っているときに抱きしめてもらい、甘えられる場所があると安心できるでしょう。

普段、外で頑張っている男性だからこそ、甘える場所があるということが支えになるのです。

いつも頑張っている彼を、そっと抱きしめてあげましょう。

それだけで、「よく頑張っているね」というあなたの気持ちを伝えられます。

彼は、子どものように気持ちを落ち着かせることができ、これからも頑張ろうと思えるはずです。

あなた自身も、抱きしめる効果として、彼のことをもっと愛おしく思えるでしょう。

彼が弱音を吐いたとき、抱きしめてあげることで、彼のピンチを一緒に乗り越えて、愛を深めることもできます。

同調・同情する

彼が弱音を吐いたとき、味方になってあげましょう。

その方法として、相手にわかりやすく伝わるのは、同調や同情することです。

彼が弱みを見せたとき、あなたを信頼して話してくれているので、彼が間違っていたとしても、批判するようなことを言うのは避けましょう。

男性は、プライドが高いので、自分自身についてや自分の意見を否定されることを嫌います。

その逆で、同調や同情で自分を尊重してもらえると、自信が持て気分が良くなるのです。

彼が間違っていることは、その場では置いといて、まずは彼に同調や同情することで味方になってあげましょう。

もし間違いがあったとしても、気分が上がれば気付く余裕ができるかもしれません。

普段弱みを見せない彼が弱音を吐いたときは、彼の気持ちに寄り添ってあげることが、彼のプラスに働くでしょう。

彼の味方になれるのは、彼女のあなたの特権です。

気持ちを切り替えさせる

弱音を吐いていつまでも暗い顔をしているようなら、彼の気持ちを切り替えさせることも必要です。

彼は何に興味があり、どんなことを楽しいと感じますか?たっぷりと話を聞いてあげたあとは、あなたが明るく振る舞って、彼の気持ちを引っ張り上げてあげましょう。

彼の興味のあることに誘ってみたり、彼がいつも楽しんでいることを一緒にするのもいいですね。

彼の好きな釣りに一緒に行ってみるのもいいですし、絵に興味があるなら美術館に出かけるのもいいでしょう。

もし彼が、外に出かけるだけで周りに気を遣って疲れるような性格であれは、部屋の中でふたりで笑えるようなことをするのも気持ちを切り替えるのにいいかもしれません。

また、話を明るい話題に切り替えたり、面白そうなテレビ番組を見るのも効果的でしょう。

彼の負担にはならないことをすると、彼の気持ちは自然と切り替えられると思います。

何より、まずはあなたが明るくいてあげることが一番でしょう。

あなたにしか見せない一面は心からの信頼関係があってこそ

彼が弱音を吐いたときの対応は、無理に何かをしなくても、彼にとってはあなたの存在に意味があるということがわかりましたね。

男性は弱音を吐くときに、彼女に対して答えを求めているわけではありません。

彼が愛する人だからできる支え方と言えます。

これまでの記事を読んできてわかるのが、彼があなたにしか見せない一面は、とても貴重だということです。

心からあなたのことを信頼しているからこそ、見せられる姿だと知っておきましょう。

弱みを見せるのが苦手な男性が弱みを見せ、あなたを必要としていることがわかったら、あなたがどう対応していかなくてはならないかが見えてくると思います。

まずは、あなたも彼を信頼することが大切で、誠実に向き合えばさらに深い絆を築いていけるでしょう。

そんなときこそ彼を支えてあげよう

彼があなたの前で弱音を吐いたとき、あなたを心から信頼しているのだと感じることができます。

そんなときこそ彼を支えてあげましょう。

弱音を吐くとき、彼のどんな思いがあるかを考えると、あなたも全力で応えたいと思うはずです。

彼の気持ちに寄り添って、彼が前に進めるよう支えてあげましょう。

彼の支えになりたいからと、彼への積極的な意見を言うのは控え、彼のことを「尊重する気持ち」を忘れないようにしましょう。

彼が辛いとき、あなたが「支えになってくれた」というのは、とても大きなことで、彼はあなたを離したくなくなるでしょう。

彼が信頼してあなたに弱みを見せたのだから、あなたが彼の味方になり、一緒に前に進んであげることで、彼はあなたの存在をさらに大切に思うはずです。

強い信頼関係の二人になれたらゴールインも近いかも!

あなたにしか見せない一面は、彼が心から信頼している証拠になります。

そんなとき、支えになってくれる彼女は、手放したくないでしょう。

彼が弱みを見せてくれたことは、あなたにとって嬉しいことのはずです。

あなたも彼を信頼し、彼を否定することなく、彼の気持ちに寄り添って支えることが大事です。

また、男性が弱みを見せられる女性でいることも大切です。

そうして、お互いの強い信頼関係が築けたとき、ゴールインが見えてくるのではないでしょうか。

強い信頼関係があると、相手の存在に安心でき心が安らぎます。

そんな相手とずっとそばにいたいと思うのは、男性も女性も同じではないでしょうか。

彼が弱みを見せたとき、彼が何を思っているかヒントにするため、この記事の男性の心理や特徴を学んでみましょう。

そして、彼が弱音を吐いたときの対応を参考に、あなたが彼の支えとなって、ゴールインを目指すのです。