閉鎖的な世の中だったりするので、ナンパ仲間がいて、出会える‥‥というのは、なかなかないですが、無駄な出会いはないので、出会いたいものですね!

ナンパ師の知り合いや友達などと出会う

出会った「ナンパ師」から、どんどん人脈が増えて‥‥さらに、もともとの貴女の知人や友達に「ナンパ師」がもしもいたら‥‥貴女の人脈はとめどなく広がります!

そうなれば‥‥またそこからの出会いが何倍にも広がります。

その中で、貴女にピッタリの男性と‥‥出会えたら、最高ではありませんか!!

合コンをセッティングしてもらう

出会った「ナンパ師」に、合コンをセッティングしてもらうのも、アリだと思います!

やはり、「ナンパ師」の人脈は人並外れています!そこを上手く使わないと、損です!!

1人でも多くの男性と出会って、言葉を交わす‥‥そうすれば、貴女の好みがより確立されて、「ナンパ師」が1番!と思えるかもしれないし、「ナンパ師の友達」が1番!と思えるかもしれません。

そこは貴女の運命‥‥見極めるチカラがポイントになります!

ナンパされたいなら?ナンパされやすい女性の特徴

ナンパされやすい女性‥‥簡単に言うと‥‥ザ・女子!!見た目、華奢で花柄ワンピースにヒールパンプスを履いた女の子‥‥。

逆に、とっても、アクティブな元気ガール‥‥。

その2パターンが多いんじゃないかな?と感じます。

どっちでもない、普通の感じは‥‥声かけられる確率が低いかもしれません。

下記に特徴を少し掘り下げておきますね!

ゆっくりと歩いていて暇そう

街頭を‥‥ほどよくお店を覗いてみたり‥‥立ち止まって、キョロキョロしてみたり‥‥目的なく、ゆーっくり歩いてみると、声をかけられることがあります。

「ねぇ、暇??暇なら、ちょっと時間もらえない?」「暇なら、お茶しない?」など‥‥ちょっぴり顔を覗き込んで話しかけてくる、「ナンパ師」に出会えるかもしれませんよ!!

カツカツ足早な女の子には、話しかけづらいですよね。

髪型が適当など、見た目に少し抜けている部分がある

立ち居振る舞いがカンペキな女の子よりも‥‥どこかひとつが残念‥‥いわゆる、カンペキじゃなく、90点くらいな感じが‥‥いいみたいです。

カンペキに見える女性は、声をかけても無視されてしまう‥‥と「ナンパ師」も感じるのかもしれません。

また、抜けている部分がある女の子は‥‥どこか弱いところがあるから、守ってあげたい‥‥と思ってくれるのかもしれませんね!

美人すぎない、可愛すぎない

美人すぎたり、可愛すぎたりすると‥‥既に相手がいるよな‥‥と「ナンパ師」も消極的になってしまうでしょう。

程よく!!が声をかけてもらいやすいようです!

頭良さそう‥‥とか、ブリッコすぎる‥‥などは、同性でも苦手な人が増える傾向があるので、異性なら、なおさらです!

なんでも、程よく!!がオススメです!!

女の子っぽい服装

あまり男の子っぽい服装よりも、やはり女の子っぽい服装の方が、声をかけてもらえます。

後ろ姿で声をかけるかどうするか‥‥決める「ナンパ師」もいます。

例えば、後ろからすこーし小走りにきて、貴女の顔をのぞき込むようにして、「ねぇ、何してるの?」「1人?」などと話しかける‥‥その場合、男の子っぽい服装の子と、女の子っぽい服装の子が2人で並んでいたら‥‥間違いなく、女の子っぽい服装の子に声をかけるでしょう。

気が弱そう

アクティブな女の子も、遊ぶとなれば、楽しいですが‥‥「ナンパ師」が初めて声をかけるとすれば‥‥活発グイグイなアクティブ女子よりも‥‥少し大人しめな優しくて、気が弱そうな女子を選ぶ傾向にあります。

話しかけた時に、ガツン!と断られる確率が低いのは、大人しめな女子ですよね!

「ナンパ師」も、ガツンと断られるのを好むはずないですよね!

女子2人組

女の子1人で歩いているところに声をかける‥‥足早に逃げられてしまうことも、多いでしょう。

「ナンパ師」も、感情のある男の子です。

できれば、断られることなく、女の子と出会いたいはずです。

女子2人組だったら‥‥女の子側があまり構えることなく、快諾してくれそう‥‥と「ナンパ師」も考えて声をかける傾向があります。

さらに、「ナンパ師」側も、2人組だったりしたら、4人組になるので、さらにお互い、強く構えなくても、楽しめそう‥‥と思えるようになりませんか?

露出度が高い服を着ている

特に夏の季節‥‥オフショルダーだったり、ミニ丈だったり‥‥胸元や脚の露出度が高くなります。

その露出度が高い女の子ほど、出会いを求めている傾向があると、思います。

スタイルに自信があるから‥‥もそうですが、露出度が高いほど、見てもらいたい!と思う気持ちが前に出るので、「ナンパ師」とも、気軽に会話ができるタイプの女の子なのではないかな?と「ナンパ師」も思うわけです。