純愛とは?そんな恋愛の特徴7個と一途な男性と長く付き合うコツを教えますについて
純愛と聞くと一途でただただ相手を思って好きで居続けることと思う人も多いのではないでしょうか。

その恋愛はピュアである印象がありますが、人によってはウザイ恋愛を思わせることもあるでしょう。

ですが純愛という恋愛の形は人と人が思いやって繋がる理想形とも言えます。

今回は純愛とはどのようなことなのか、そして一途な愛にどのように向き合っていくべきなのかを紹介していきます。

きっと恋愛に対する意識が違ってくることでしょう。

そもそも「純愛」ってなに?

純愛とは、ひたむきな愛または一途な愛を指します。

また純愛の定義としては、その人のためなら命も差し出しても思えるくらいに好きと思う気持ちが突き抜けているような愛です。

もしかすると今は純愛と言ってしまうと笑う人は多いのかもしれません。

それほど自分の命を掛けるくらいの恋愛をしてもしょうがない、そんな時代になってしまったとも言えます。

ですが人を思う計り知れない愛情は人にとっては必要なことだと言えるでしょう。

ひたむきな愛

純愛とは、ひたむきな愛です。

ひたむきとは一体なんでしょうか。

一途にそしてただひたすらに、といったところでしょうか。

人を一途に思い続けることは意外と難しいことかもしれません。

なぜなら人は本能的に相手を選んでいきます。

今自分が必要とし、必要とされている人の方向へと向かってしまうからです。

そんな中で本能的にただ一人を思い続けるのは運命的な相手だと思っているからでしょう。

ただそこには相手も同時にこちらを思ってくれなければ恋愛は成就しません。

ひたむきな愛は時には思い込みということもあり得るのでぜひ気を付けたいものです。

肉体的より精神的な部分で愛が繋がっている

純愛とは、肉体的より精神的な部分で愛がつながっているということがあります。

プラトニックな恋愛というところでしょうか。

ひたむきな人は体よりも精神的つながっていることの方が重要で、身体だけの繋がりはその場限りで終わることもあります。

ひたむきに人を思い続ける人にはそれで終わってしまうことほど辛いことはありません。

精神的に繋がることができれば心が満たされる気がします。

もちろんそれは独りよがりになることもあり得ます。

そのために依存したり束縛したりしてしまうのです。

女性は「純愛」という言葉に弱い

女性は純愛という言葉になぜか弱いです。

それはなぜでしょうか。

男性は本能的に子孫を残すために愛を省くこともあります。

ですが女性は男性とは思いが違います。

より自分の好きな人との遺伝子を残したいというどこか使命感のような心理があります。

そのためには愛の無い関係ではなく、深い愛情を持って遺伝子を残すことを考えるのです。

そうして自分の最も愛している相手を追い求めるのです。

女性にとっては純愛は自分の相手を追い求める理想と考えます。

遺伝子を残すのは真剣に愛していると考えるのは女性には必然と言えるということでしょう。

誰しもが憧れるもの

純愛は、女性であれば誰もが憧れるものです。

特に困難であったり、決して成就することのない恋愛ほど燃え上がる傾向があります。

その状態のときはそんな自分に酔っている状態だと言えます。

女性は恋愛をしている自分が好きなのです。

ですが純愛を求めすぎるあまり、相手に依存をしたり束縛したりしてしまうのです。

女性が憧れる純愛はそこにあるのはただピュアな感情だけです。

子供の頃のような淡い恋が女性にとっては心に残っているということでしょう。

まさに子供の頃の淡い思いは決して駆け引きのない純愛の基本形と言えます。

そのためいつまでも女性の中では純愛を追い求める心理があるのです。

映画やドラマなどでも「純愛もの」は人気

最近はキュンキュン系のいわゆる「純愛もの」の映画やドラマがとても多く、女性のみならずそして年齢問わずとても人気があります。

やはり純愛ものは過去の恋愛を思い出すことができたり、またそれまであまり恋愛経験がない人が恋愛感を味わいたいとする思いがあります。

さらにはキュンキュンする気持ちを味わいたいとする気持ちがあるのです。

何気ない毎日を過ごしている人にとって刺激のない日々を過ごしています。

ですが、恋愛ものは刺激のない日々にエッセンスを与えてくれます。

たとえ「純愛もの」の映画やドラマに興味がないと思っている人でも、必ず観るとキュンキュンするのです。

観ている間は自分をその映像の中に投影しています。

恋愛から遠ざかっている人は再び恋愛をしたい思いますし、恋愛に疲れたと思った人にとっては新たな恋愛を探したいと思うことでしょう。

そんな恋愛の特徴7個とは?

ここではそんな恋愛の特徴を紹介します。

純愛とはどんな恋愛なのか、男性の純愛とはどのようなものなのかを詳しく見ていきましょう。

男性の中にも純愛を貫く人がいます。

男性の純愛の特徴をぜひ知ってみてください。

1:見返りを求めない

純愛の特徴として、見返りを求めないということが挙げられます。

恋愛は見返りを求めることが当たり前のようになっています。

見返りがないと気持ちが冷めたり、逆に気持ちが募りすぎて憎悪へと変化していくこともあります。

恋愛は好きな気持ちがどんどん加速していってしまうのです。

ですが、純愛とはたとえ見返りがなくても自分が好きである限りはその気持ちを貫きたいと思います。

ただそれは無意識的なものです。

そこには計算のない、ただ与えるだけの愛があるということでしょう。

親から子へのような無償の愛

ただ与えるだけの愛というのは、親から子へのような無償の愛があります。

親は子供を自分のことのように捉え、子供が辛い思いをしていれば親も辛くなったり、子供が熱を出していれば自分が代わってあげたいと思うのは親としての本能です。

まるで一心同体の気持ちがありますが、実際はそうではないことに気付くと、一心同体ではないことを思い知らされることでしょう。

ただひたすらに子供へ愛情を注ぎ続けるのは親にしかできないことです。

親だからこそ子供を真剣に怒ったり、子供が道を逸れないように意見を言います。

それは親にしかできないからです。

きちんと向き合う親子は子供も愛情を受け止めることができます。

親の愛を大人になって返していきたいと思えるようになるのは親からただただ無償の愛情を注がれたからに他なりません。

それは純愛と通じるものがあるのではないでしょうか。

2:とにかく一途

一途
純愛の特徴として、とにかく一途であることが挙げられます。

一途であることは純愛の特徴として象徴的であると言えます。

ただ一人の人をずっと思い続けることをある意味生きがいに感じます。

その思いは片思いであることも多いです。

逆に言ってしまうと、その恋が終わってしまう気もしてしまうのです。

それはプラトニックな恋に繋がりますが、例えば好意のある女性が男性の気持ちにまったく気付いてなくて、親友のように感じてしまっているとそれでもいいと思ってしまいます。

とにかくそばで見守っていられることに幸せを感じるのです。

大切な人だからこそ、その関係を終わらせたくなく告白も躊躇してしまいます。

純愛を貫くのはただただ好きな女性を傷つけたくない、という思いからでしょう。

3:肉体関係を必要としない

純愛の特徴として、肉体関係を必要としないということが挙げられます。

プラトニックな関係は純愛の代名詞と言えるほど純愛=プラトニックという印象があります。

ですがまったく肉体関係を求めていないわけではありません。

ただ好きな女性を汚したくない、という思いがあるのです。

よく女性がなかなか手を出してくれないことを女友達に「私に興味がないのかも」と愚痴ることがあるでしょう。

付き合ったのはいいけれどキスはおろか手も握ってくれないという男性は意外と多いものです。

愚痴られて友達の答えは「大事にされているんだね」という答えが多いはずです。

友達が客観的に見ると、男性が肉体関係を求めないのはとても彼女を大切に思っているというように目に映ります。

付き合っている彼が肉体関係を求めていることに不満がある女性でも、傍から見るととても羨ましく見えることでしょう。

4:自分を犠牲にしてでも相手に尽くす

純愛の特徴として、自分を犠牲にしてでも相手に尽くすということが挙げられます。

もちろん自分の命を犠牲にしてまでということではありませんが、それも厭わないほどの思いがそこにはあります。

もし命の危険が急激に迫っているような状態では、何がなんでも助けてあげたいと行動に移すことでしょう。

ですが、実際はそこまで尽くす相手はまずいないことが想像できます。

いざとなると自分だけが助かりたいという本能があるからです。

それでも自分を犠牲にしてでも相手に尽くしたいと思うのは、現実的ではないため感じることです。

ただ自分ができる限りのことを相手にしてあげたい、そのような本音が本当のところでしょう。

純愛とは自分の理想の恋愛の形を基準として考えることも往々にしてあるということです。

5:心から信用している

心から信用しているカップル
純愛の特徴として、心から信用しているということが挙げられます。

恋愛とは、いいことばかりではありません。

恋愛の先には困難が待ち受けていることは想像ができます。

そして猜疑心が芽生えることも簡単に想像できてしまいます。

ですが、純愛はそのようなことは全てシャットアウトしている状態です。

疑うよりも信じる心の方が勝っているということです。

疑っても何も生まれません。

確かにいろいろな障害は好きな人と引き離すような残酷なこともあるかもしれません。

そこにある純愛は周囲のことなどは気にせず、ただひたすらに貫き通す気持ちしかないということでしょう。

そこまで信用するということはなかなかできることではありませんが、純愛に生きる男性の気持ちは他の人へと向くことはありません。

そのために相手を信じるしかないという心理があるということです。

6:どんなことでも支える

純愛の特徴として、どんなことでも支えるということが挙げられます。

好きな人のことはどんなことでも支えたいと思うのは自然なことです。

ですがこのような心理になるのは女性側に多くあることで、男性が思うのは一般的には少ないかもしれません。

それは女性は恋愛をすると相手のことでいっぱいになってしまいますが、男性は恋愛中心にはならないことが多いからです。

ですが男性の中でも純愛に生きる男性はいます。

ただ見守るだけでもいい、そう考える男性もいるのです。

そうした男性は付き合っていれば彼女のことの全てを受け止めたいと思っていますし、片思いの相手であれば近くにいて助けてあげたいといつもそばにいる存在であるはずです。

もし気が付くとフォローしてくれる男友達がいることに気が付いたら、それは純愛に生きる男性かもしれません。

7:何があっても愛し続ける

純愛の特徴として、何があっても愛し続けるということが挙げられます。

これは一途な恋ということになりますが、もう少し純愛は深い気持ちがあります。

例えば遠距離恋愛は一番当てはまることです。

遠距離恋愛は労力が必要です。

身も心も疲れます。

たとえメールや電話で繋がっていても直接会えることにはかないません。

遠距離恋愛は心も離れてしまうことは不思議なことではありません。

ずっと思い続けるモチベーションがあるほど人の心は強くないからです。

ですがそれを信じて愛し続ける気持ちがあることは純愛ということになります。

カップルの中には遠距離恋愛を経て結ばれる人も少なくはありません。

純愛を貫くことができた結果が恋愛成就の結果へと繋がっていきます。

愛を貫くことができるということは、そこまで人の気持ちは弱くはないということでしょう。

しかし現実的に考えると純愛は難しい

純愛を貫くということは誰もが憧れることではありますが、難しいことが容易に想像されます。

では純愛はなぜ難しいのでしょうか。

それは純愛はある意味バーチャル的な恋愛だからです。

純愛を貫くためにはこの世界に男女のカップルが一組だけしか存在しないことでしか成立しないほど難しいということです。

人が人を好きになって恋愛をしていくことは本能が働きます。

つまり自分の遺伝子を残していこうということです。

遺伝子を残すための思いは男女に差はあれど、やはり子孫を残さなければならないのです。

そのためにも自分の境遇や事情によって対応していかなかればなりません。

それに人は順応していくしかないのです。

ですが純愛と呼べる思いを抱きつつも、一方ではやはり遺伝子を残すために肉体関係を求める相手もいるということもあり得ます。

人の生き方は多種多様に富んでいます。

純愛を貫き通すだけでは成立しない人それぞれの事情がそこにはあるということでしょう。

そもそもそんな男性は少ない

現実的に純愛が難しいこととして、そもそもそんな男性は少ないということがあります。

純愛を貫く男性はいないわけではありませんが、圧倒的に少ないと言えます。

ですがこれは現実社会でのことです。

今は時代がずいぶんと変化しました。

いわゆる草食系男子と呼ばれる男性が増え、恋愛に消極的だったり興味が無いという男性が増えました。

また現実の人よりも二次元の相手に恋をする人もいます。

現実の女性は疲れると言う男性が多くなっているのもこれまた現実です。

それを考えるとまったくのプラトニックな恋愛と呼べる純愛をする人が多くなっているのは否めません。

そこには決してバーチャルではない現実の恋愛がいかにストレスを溜めるものなのかを象徴していると言えるでしょう。

どうしても不安が出てくる

現実的に純愛が難しいこととして、どうしても不安が出てくるということです。

人は疑う生き物です。

疑い、そして思い込みも激しいです。

ですが純愛は疑うことはしませんし、相手を信用しているという信じて疑わないことが純愛の定義でもあります。

また自分は信用していても恋愛は相手がいることです。

相手も純愛主義者でなければ純愛の成就はしないのかもしれません。

自分が信じて相手も信じてくれる、実はそれはゆるぎないものではないのです。

どちらかが信じる気持ちが無くなれば純愛は成立しなくなります。

つまり相手も同じ思いでいてくれなければ純愛はとても壊れやすいものであり、どちらか一方の思いだけではある意味純愛とは言えないのかもしれません。

感情を完璧にコントロールするのは難しい

人の気持ちは移り気です。

どんなに好きな相手だと確信していても、それを見事に自分によって打ち砕かれることもあるのです。

それは自分の感情を完璧にコントロールするのは難しいからだと言えます。

なにより自分の気持ちに相手が応えてくれなければ、相手に対して苛立ちや憎しみのような感情を抱くこともあるでしょう。

純愛の定義からすればそれは食い違ってきてしまいます。

すでにその時点で純愛ではないということなのです。

また恋愛は気持ちの隙に食い込んできます。

自分の気持ちのちょっとした綻びに狙ったように入ってきます。

たまたま好きな人と喧嘩をして腹が立っているところに、そのときの自分の気持ちを満たす人が目の前に現れると気持ちは大きく揺らぎます。

そこで違う人へと気持ちがなびかなければいいのですが、残念ながら人の気持ちは移り気ということがあります。

自分の気持ちをコントロールすることすらできないのに、純愛を貫くことはいかに難しいかということでしょう。

初めは純愛でも状況によって関係が変化する

現実的に純愛が難しいこととして、初めは純愛でも状況によって関係が変化するということがあります。

では純愛は人の人生が終わるまで貫き通すことは可能なのでしょうか。

可能か否かであれば可能です。

実際に貫いている人はいることでしょう。

ですが人の人生は寄り道することもしばしです。

つまり純愛が叶わない相手だと感じた瞬間に純愛が終わることもあります。

そして現実を見たときに純愛を誓った相手だったはずなのに、諦めざるを得ない状況も人生には巡ってきます。

結果、純愛に挫折をすることになってしまうのです。

ましてや純愛は両想いもあれば片思いでもあることです。

片思いの純愛は相手がもし結婚をしてしまうと、そこで一度純愛は諦めるべきです。

それは思い続けていると、相手を結婚相手から奪いたくなるときが必ず来るからです。

純愛は相手の幸せを祈ることも定義の一つだと言えます。

相手のことを思って純愛を終わらせることも大切な純愛の形だということでしょう。

それでも可能性は0ではない

純愛はそれでも可能性は0ではありません。

純愛は無理なのかな・・・と思う必要はありません。

ただ純愛を貫く男性であるのかは分からないことはあります。

男性は敢えて自分が純愛主義者であるようなことは言いませんし、表現することはほとんどないでしょう。

内に秘めたる思いがあるということがあります。

ただただ頼りないと思っていた男性がいざという時に助けてくれたり、真剣になってくれたり、男性の違う面を見ることがあります。

そのときに初めて、自分は愛されているという実感を得る女性もいることでしょう。

ただそれが純愛からくるものであるかどうかまでは確信を持つことができません。

つまり純愛主義者を信じきれない女性もいるということです。

恋愛は手探り状態ではありますが、女性も信じるという気持ちが大切だということでしょう。

女性が純愛に憧れるように同じ憧れを持つ男性もいる

女性は純愛に憧れますが、同じように憧れる男性もいます。

それは決して少なくはありません。

例えば、純愛がテーマの映画やドラマを観るのは女性ばかりではないのです。

男女問わず、さらには年齢問わず広い世代でキュンキュンを求めて観る人が多いです。

いくつになっても、そして男性もキュンキュンする気持ちは一緒だということが言えます。

ただ、男性はその純愛がときに間違った方向へ行ってしまうことがあるのです。

ときには気持ちが暴走したり、女性の気持ちを考えらないこともあったり、とても不器用な恋愛しかできないということです。

それは好きな人への思いが強すぎる傾向がある人です。

男性は女性よりも純愛が深くなってしまうということもあるのです。

そんな一途な男性と長く付き合うコツ

一途な男性と長く付き合うコツ
ではそんな一途な男性と長く付き合うにはどのようなコツがあるでしょうか。

女性は純愛に憧れはしますが、いざ純愛主義者の男性と付き合うと戸惑うかもしれません。

あまりに一途でひたむき過ぎる彼を次第に嫌になることもあるのです。

特にほどよく相手を距離を置きながら尊重し合うことが心地よく感じる女性であると、ひたむき過ぎる彼が暑苦しく感じてしまうかもしれません。

でもお互いに好きになって付き合うのですから、長く付き合う努力も必要です。

ここではそんな純愛主義者の男性と長く付き合うコツを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

自分も一途になる

一途な男性と長く付き合うコツは、自分も一途になるということです。

もちろんお互い一途であることは当たり前ですが、付き合うということはいろいろな障害が付き物です。

そして誘惑も待ち受けています。

今の相手よりももっと素敵な人がいるかもしれない、そんな欲が出てくることもあるでしょう。

ですがそんな邪念を捨て、一生添い遂げるというつもりで真剣に向き合うことを考えてみてください。

きっと彼はあなたが向き合う以上に一途な気持ちでひたむきに思い続けてくれるはずです。

気持ちを共有する

一途な男性と長く付き合うコツは、気持ちを共有するということです。

やはり一方的に一途でひたむきに来られても女性は戸惑うことが多いでしょう。

ですが男性の思いを受け止め、その気持ちを共有することで女性も付き合うことへの戸惑いも無くなっていくはずです。

もし彼の気持ちも知らず、ただ一方的に一途でいられると気持ちが引いてしまうことにもなり兼ねません。

あまりにひたむきな姿は女性にとって、ときには気味悪く感じてしまうこともあります。

そんな彼の気持ちを共有することは長く付き合っていく上で大切なことです。

どれだけ自分が思われているのか実感して、その分彼にも思いを強くしていきましょう。

寄り添う姿勢が大事

彼と気持ちを共有するということは、寄り添う姿勢が大事です。

もしかすると彼の気持ちを知ってしまうとあまりに強い気持ちを知って引いて嫌になる女性もいるかもしれません。

逆により彼を好きになる女性もいることでしょう。

女性は彼からの思いが強いと、それに応えたいとする気持ちも強くなることもあります。

本当に大切な相手だと思ったら、寄り添う姿勢を見せることで彼も必至に思い続けてくれることでしょう。

男性をたてる

一途な男性と長く付き合うコツは、男性をたてるということです。

もし男性の一途でひたむきな気持ちを聞いて、女性はそこで優位に立つことになります。

つまり自分が優位に立つことで、男性を尻に敷くという女性もいます。

それで二人の関係が成立すれば問題ありませんが、男性の本位ではないでしょう。

それよりもお互いに尊重し、男性をたてる女性は女性の株を上げることになります。

また男性をたてることが上手な女性はのちのち得をします。

彼をたてることで、彼ももっと彼女を守り大切にしようとする気持ちで発奮します。

何より彼女に全ての面で尽くしたいと思う気持ちが出世をしたり、仕事で成功するなど
大きく男性としてステータスを上げていくこともあります。

女性にとってはステータスがある男性と付き合うことは何より好みます。

女性はうまく彼ををたてて、一緒に成長していけるようにしていきましょう。

思ったことは口に出す

思ったことは口に出す
一途な男性と長く付き合うコツは、思ったことは口に出すことです。

ひたむきすぎる男性の思いは、ときに受け止めることができなくなることもあるかもしれません。

ですが、そんなときこそきちんと女性も気持ちを伝えることをしてみましょう。

一方的に強く思われることは疲れることがあります。

そうなってしまうと距離を置きたくなることもあります。

一度気持ちが疲れてしまうと、どんどん冷めるのが加速してしまうことがあるのです。

それを食い止めるためにも、思ったことは口に出してしまうことが大切です。

女性側の気持ちをちゃんと伝えて、尊重し合える関係になっていきましょう。

特に感謝や好きの気持ち

思ったことをきちんと口に出し、尊重し合える関係になるとより絆は強くなっていきます。

そこまでいくと一途に大切に思ってくれる彼をより好きになっていきます。

そんな彼と長く付き合っていくには、感謝の気持ちや好きだという気持ちを伝えるようにしましょう。

彼女の気持ちを知ることで彼も一途に好きであったことは正しかった、と確信を得ることができます。

彼も一途で疑うことなく彼女を好きだと思っていても、彼女がどう思っているのかは自信はありつつも彼女の気持ちにはっきりとした自信を持てずにいることもあります。

ですが彼女ははっきりと口に出して言ってくれると、より彼女に対する思いを強くします。

それによって二人の関係はもっと結ばれていくことでしょう。

依存しない

一途な男性と長く付き合うコツは、依存しないということです。

依存をしてしまうと二人の関係性は壊れやすくなります。

それは男性側からではなく、女性が彼に依存するのも同様です。

依存は相手に求めることが多くなりますが、求めて相手から応えがないと他の人の愛を求めたり、別れるということもあり得るのです。

もちろん純愛を貫こうとする男性から別れを切り出すことはほとんどありません。

ですが彼女から依存されていると、さすがに疲れてしまいます。

逆に彼が彼女に依存していると、ひたむき過ぎる彼に嫌悪感を抱くことにもなり兼ねません。

依存することは長く付き合っていくことの障害になることになるのです。

相手の一人の時間も尊重する

一人の時間
もし長く付き合っていきたいと思うのであれば、相手の一人の時間も尊重するようにしましょう。

この先長く付き合っていくのですから、ほどよい距離感は二人の関係性のキーポイントとなってきます。

もちろんずっと一緒にいて飽きないカップルもいますが、それでも一人になって息つく時間も大切です。

またお互いに友達と会ったり、趣味に没頭することはリフレッシュをして毎日を過ごすことができます。

たとえ家族であっても四六時中一緒にいると息がつまります。

好きな人と付き合っていくには、尊重することが最も大切なことだと言えるでしょう。

純愛こそ運命!そんな男性に出会えたら一生大事にしましょう

いかがでしたでしょうか。

純愛、聞こえは良いですが、ときにはその愛は負担になることもあります。

ですが純愛主義者の男性と会えることは、確率的にとても低いです。

もしひたむきに愛情を向けてくれる男性と出会えたら、そのときは彼を逃してはいけません。

そしてラッキーと受け止めましょう。

女性はひたむきで一途な男性と付き合うことに慣れていないことが多いです。

時にはその愛が負担になってしまうこともあるかもしれません。

純愛を注いでくれる男性と出会えることは運命的です。

そんな男性と出会えたことを運命と受け止めて、一生大事にしていきましょう。