変な顔でもかわいいの写真

もし面と向かって「変な顔」とそんなことを言われたらあなたはどう思いますか。

女性にとってそんな傷つく言葉を掛けられると立ち直れないかもしれません。

ですがそんなことは何のその!そんな変な顔、上等です。

今回は変な顔はモテる理由を紹介していきます。

さぁ、今すぐ自分の顔を愛され顔に変えていきましょう。

変な顔でもかわいいと思われたい!

変な顔・・・あなたはどのような顔だと思いますか。

いわゆる写真を撮るときなどの変顔を想像する人もいることでしょう。

変な顔、そう人に言われる人も言われるかもしれません。

また言われたことがないのに自分で自分の顔に違和感を感じている人、もしかすると人に言われてトラウマになって自分の顔を否定するようになった人も中にはいるのではないでしょうか。

それだけ人は顔に強い思いがあります。

誰でも自分の顔を可愛いと思われたいです。

変な顔と言われて気分の良い人はいません。

ですが自分の気持ちの転換で前向きに楽しくなることができます。

それは自分の性格を変えてみることです。

もちろん性格は大きく変えることはできません。

性格を変えるというのは何を言われても気にしない心です。

また笑顔を増やしていくことも大切です。

笑顔はどんな人もかわいく見せてしまう魔法の表情です。

まずは変な顔と落ち込んでいるよりも自分の中からかわいいオーラを出していけるようにしていきましょう。

変な顔がコンプレックス?

変な顔がコンプレックスだと思う女性は多いでしょう。

でもそれも自分の顔です。

それが自分である以上はコンプレックスをポジティブに変えていくしかないのです。

例えば他人のことを考えてみてください。

あなたの周りにちょっぴり変な顔と思ってしまう人はいませんか。

変な顔と言うよりもちょいブスと言ったほうが合っているかもしれません。

そしてその人はどのような性格でしょうか。

もし明るくて性格が良く、周囲の雰囲気を楽しくしている人であれば必ず女性はその人のことを「かわいい」と言います。

明るくて相手を決して傷つけず周囲を巻き込んで楽しくさせる、こういう人に人は魅力を感じます。

そんな人は顔などいつしか気にしなくなっていることでしょう。

変な顔がコンプレックスだと感じている人はどこか暗いオーラを持ち、周囲を楽しませていない人かもしれません。

たとえ変な顔だとしてもそれを感じさせないオーラを持ち合わせていけばコンプレックスも振り払うことができるのです。

変な顔も個性のひとつ

顔は人それぞれ違います。

世の中には自分と似た顔の人もいる、とは言われますがそれでもそれぞれの環境で個性も違い全く同じという人はいません。

またたとえ双子であっても似てはいても違います。

顔はその人の歴史が刻まれていきます。

大人になればなるほどそれが顔の表情として出ることも。

たとえ自分が変な顔だと思っていても顔はだんだんと変わっていきます。

例えば性格がきつい人であればきつい顔になっていきますし、性格の良さも顔に出るようになります。

変な顔はそれぞれに歴史を刻み個性豊かになっていきます。

そのときに変な顔が味のある顔として変化することができればっこれは良い人生を歩んでいるということになるのです。

変な顔も個性のひとつ。

変だと思っているとどんどん自分の嫌いな顔になっていくことは間違いありません。

自分の顔に自信が持てるように自分の人生を充実させていきましょう。

変な顔と思い込んでるだけかも

人の顔が違うように感性も違います。

あなたが変な顔と思っていても人から見るとそうでもないかもしれません。

と、言うよりも絶対に人の感じ方は違うのです。

「自分は変な顔だし、とてもブスだ」そう思うのは人によって個人差があるということです。

たまに「あの女性はブスなのになぜあんな素敵な彼氏がいるんだろう」と思ってことはありませんか。

もちろん恋愛は相手の顔だけにとらわれず相手の心を好きになることです。

どんなに女性の顔が変な顔でもブスであっても男性にとってはその人の内面を見ているということに他なりません。

また内面を見ているとしても顔もちゃんと好きになっているはずです。

そうでなければ一緒にいることはできません。

あくまでも顔に対する人の思いは個人差があるものなのです。

変な顔、そう思い込んでいても仕方がありません。

変な顔だと思うのであればそれをカバーする内面を磨くのみです。

変な顔=ユーモアがある

変な顔=ユーモアがある
変な顔はユーモアがあります。

「なんか嬉しくない」と思った人もいるかもしれません。

当然、変な顔でユーモアがあるなんて言われて嬉しいと喜ぶ人はまずいませんね。

ですがここは自分の気持ちの持ちようありきでユーモアが褒め言葉になることもあるのです。

もし変な顔と言われてそれに対処するとすれば、ぜひキャラ変することをおすすめします。

つまり自分をユーモアがあって面白い人と印象付けることで周囲のあなたへの反応が激変します。

ユーモアがある人の周囲には人が集まってきます。

ユーモアのある人は人を笑顔にさせたいと思っています。

人を笑顔にさせることができるユーモアがある人の周りには人が集まってくるのです。

変な顔=ユーモアがあるのは決して損をすることではありません。

ある意味顔をユーモアに変えるなんて…と悲観的になっていても何も変わりません。

明るく前向きな人だからこそ人を笑顔にできるということなのです。

変な顔を活かして魅力につなげる

キャラ変ということで変な顔を活かすことは自分の見た目も変化させてくれます。

内面が明るくなると顔もどんどん変わってくるのです。

自分では変な顔と思っていても、明るい内面が顔も明るく魅力ある表情へと変わっていきます。

つまり自分では変な顔と思っていることが周囲にはそんなことは関係なく感じさせることができます。

ですがキャラ変することは自分を捨てることになるのでは…と思う人もいるかもしれません。

また自分を捨ててキャラに徹することは女性としてもどうなんだろう、そう考える人もいることでしょう。

それはある意味女性を捨てているように感じることも。

自分をキャラ付けしている人の中にはそういう人もいます。

男女というボーダーを無くすことでいろいろな人とコミュニケーションを取りやすくなるメリットがあるのです。

もし自分の顔を活かしたいと思う人はこうしたキャラ変で自分を変えて見ることも魅力に繋げることができることを知りましょう。

ユーモアがある女性がモテる理由

ユーモアがある女性がモテる
実際、ユーモアがある女性はモテます。

明るくそして周囲さえも楽しませてくれる人は女性としても輝けることができるのです。

ではユーモアのある女性はなぜモテるのかその理由を探っていきましょう。

一緒にいて楽しい

ユーモアがある女性がモテる理由として、一緒にいて楽しいということでしょう。

やはりこれが一番モテる理由でしょう。

男性は特に一緒に居て楽しい相手を求めます。

女性が暗いとどうしても男性も暗くなってしまいますし、文句や怒ってばかりいる女性には安らぎを感じることはできません。

一緒にいて楽しい女性は男性の気持ちも前向きにさせてくれます。

ネガティブよりもポジティブで一緒に居たい、そう思わせてくれる女性を男性は求めているということでしょう。

ポジティブで明るい

ポジティブで明るい女性
ユーモアがある女性がモテる理由として、ポジティブで明るいということがあります。