つまり自分では変な顔と思っていることが周囲にはそんなことは関係なく感じさせることができます。

ですがキャラ変することは自分を捨てることになるのでは…と思う人もいるかもしれません。

また自分を捨ててキャラに徹することは女性としてもどうなんだろう、そう考える人もいることでしょう。

それはある意味女性を捨てているように感じることも。

自分をキャラ付けしている人の中にはそういう人もいます。

男女というボーダーを無くすことでいろいろな人とコミュニケーションを取りやすくなるメリットがあるのです。

もし自分の顔を活かしたいと思う人はこうしたキャラ変で自分を変えて見ることも魅力に繋げることができることを知りましょう。

ユーモアがある女性がモテる理由

ユーモアがある女性がモテる
実際、ユーモアがある女性はモテます。

明るくそして周囲さえも楽しませてくれる人は女性としても輝けることができるのです。

ではユーモアのある女性はなぜモテるのかその理由を探っていきましょう。

一緒にいて楽しい

ユーモアがある女性がモテる理由として、一緒にいて楽しいということでしょう。

やはりこれが一番モテる理由でしょう。

男性は特に一緒に居て楽しい相手を求めます。

女性が暗いとどうしても男性も暗くなってしまいますし、文句や怒ってばかりいる女性には安らぎを感じることはできません。

一緒にいて楽しい女性は男性の気持ちも前向きにさせてくれます。

ネガティブよりもポジティブで一緒に居たい、そう思わせてくれる女性を男性は求めているということでしょう。

ポジティブで明るい

ポジティブで明るい女性
ユーモアがある女性がモテる理由として、ポジティブで明るいということがあります。

これは一緒にいて楽しいことに繋がりますが、やはりネガティブな人よりポジティブな女性の明るさに男性は惹かれます。

女性が明るいと周囲を巻き込んで明るく楽しくなるのは言うまでもありません。

男性は女性よりもネガティブに考える人が多いです。

女性のほうが男性よりも気持ちの切り替えが実に早くできるのです。

そのため女性がネガティブであるとより暗い気持ちになってしまうこともあります。