美人顔の特徴13個!美人といわれる顔の比率とは?そんな美人顔女性に近づけるメイク術も教えます!について
「あ、あの人美人だな~綺麗だな~」
街中で急に美人さんが視界に入ってくることはありませんか。

ただ最近はハッとする美人が多いです。

それは自分を美人に魅せることが上手な女性が増えているのです。

今回はそんなハッとする美人顔の特徴を紹介します。

美人顔ってどういう顔のこと?

一口に美人と言ってもどのような顔が美人といえるのでしょうか。

自分が美人であるのか分からないところもあります。

他人から「美人だね」と言われてなんとなく自分は美人なのかなと意識することはできますが、お世辞かもしれませんし美人の基準は人によってまちまちです。

実は美人顔にはいろいろな条件があります。

とりわけその条件には美人顔の比率というのがあります。

顔の部位をまず生え際から眉、眉から鼻の下、鼻の下から顎の三つに分け、その比率が1:1:1、また顔の幅は目の幅の5倍程度となることが顔の黄金比率とされています。

つまりこの比率は顔のバランスであり、遠くから見ても美人顔に見えるわけです。

たまに見かける女性の顔を見て「もう少し目が違ったら美人なのに」とか「鼻が高かったら綺麗なんだけどな」と思わせる人がいます。

そう思うことは失礼にあたるかもしれませんが、ただ顔は遺伝が影響してくるので、黄金比率を満たしていてもパーツの点で美人か否か分けられてしまうこともあるということでしょう。

女性たるものやっぱり美人を目指したい

そうは言ってもやはり女性は美人を目指したいと思います。

美人ではなくても性格が良ければカバーできるなどと言う人もいますが、女性にとっては美人か否かで大きく人生が左右することもあるのです。

それほど顔は影響を与えることが多いと言えます。

ただ最近はニュアンス美人が増えています。

それはどういうことかと言いますと、美人の雰囲気を持った女性ということです。

パッと見、美人オーラを醸し出している女性は周囲にいないでしょうか。

恐らくそのニュアンス美人に対して周囲の反応は美人だと思う人と、美人ではないと思う人に分かれます。

美人に対する基準が人それぞれだということもありますが、今は美人に魅せるために色々な努力をしている女性が増えているということが背景にあります。

つまり女性の中には自分磨きに余念のない人が多くなっていると言えるのです。

女性が美人でキラキラしていると世の中も明るくなります。

ニュアンス美人が増えているのはとても良い傾向だと言えるでしょう。

美人顔の13個の特徴

美人顔の特徴
ここからは美人顔の特徴を具体的に紹介していきます。

人は本能的に美人か否かということを頭の中で決めています。

ですが本能的な美人の定義は人それぞれです。

つまり自分は美人だなと思っても、人から見ると意外とそうではない場合があるということです。

では実際に美人顔とはどのような顔なのでしょうか。

その美人顔の特徴を紹介していきますので、ぜひ美人判定の参考にしてみてください。

1 パーツの配置バランスが良い

美人顔と思う人は顔の全てのパーツの配置バランスが良いと思いませんか。

ですが、そのパーツの一つでもちょっと違うだけで、美人顔からはじかれてしまうことになります。

「パーツはいいんだけどねぇ・・・」と失礼なことを言う人は周囲にいないでしょうか。

この人の・・・の部分は恐らく残念という文字が浮かび上がってくるような気がします。

ちょっと顔のパーツの位置が違うだけで、こんな風に失礼なことを言う人がいるのは心外ですね。

ただ意外と自分でもそれを理解している人もいます。

それが自分の顔の嫌いな部分です。

例えば自分の「鼻の形が嫌い」とか「目が内に寄っているから嫌」と自分の中で美人顔の定義があるようです。

眉から鼻=鼻から顎の長さ

美人は眉から鼻=鼻から顎の長さ、または鼻から顎の長さがの方が少し短いとされています。

美人かどうかはこの鼻から下の部分でほぼ決まってしまいます。

つまり顔の下半分で自分の顔は美人か否か分かってしまうわけです。

ではなぜ顔の下半分で美人であるか決まってしまうのでしょうか。

それは鼻の下あたりから口のラインまでの長さが顔の下半分の長さの三分の一程度が美人のバランスとされているということです。