ダンサーの特徴7個!そんな男性と付き合いたいと思ったらやるべき6個のことについて
肉体の表現者であり、ステージやストリートで観客を魅了するダンサーは、生き生きと輝いて見えるしカッコよさに目を奪われてしまいますよね。

そんなダンサーの男性と付き合いたいと思ったら、どんな心がけでいたらいいのでしょうか。

今回は、ダンサーの男性と付き合いたい時に役立つ情報をお届けします!

ダンサーはモテる?

ダンサーの男性と付き合いたいと思った時、やっぱり気になるのは「彼がモテすぎて不安になりそう」ということではないでしょうか。

カッコよくて華のある職業だし、交友関係も広そうだし、ライバルは多そうだし…。

そんなモテる男性とうまく付き合っていけるのかも心配です。

実際のところ、ダンサーはモテるのか?細かく見てきましょう。

モテるが故に敬遠されることも多い

ダンサーの彼が踊っているステージなどを見ている時、周囲の反応はというと、だいたいオーディエンスが盛り上がってノリノリの空気感となっているでしょう。

「わー!カッコいい!」とキャーキャー騒がれたりしているかもしれませんね。

その状況はまるで芸能人やアイドルとファンの関係のようです。

すでにその時点で「これは無理だわ…」とあきらめてしまう女性も多いのではないでしょうか。

また、「モテているからたくさんの女性と遊んでそう」という思い込みがあるのも否定できません。

モテていると認識されているが故に、実はアプローチする前から敬遠されてしまいがちなのが、ダンサーという人たちの現実の一面なのです。

浮気の心配

浮気の心配
ダンサーの男性となると、当然ダンスが上手いわけで、それが大きな魅力のひとつなのは間違いありません。

しかしダンスが上手ければ上手いほど、どうしても浮気しそうだという印象を与えてしまうといったら驚きますか?
それは単なる思い込みでしかないのですが、なんと実際に「ダンスが上手いほど浮気しそうだ」という印象を与えやすいという実験結果もあるのだそうです。

ただしこれはあくまでも事実ではなく「印象」でしかありません。

実際にダンサーが浮気するかどうかは別問題なのです。

しかしそうはいっても、浮気が心配になってしまうのが女心というもの。

普通はわざわざ浮気しそうな人を付き合う相手に選びたくないですよね。

この心配が、ダンサーの男性との恋の障害になりやすいと言ってもいいでしょう。

自分に自信が持てない

そもそも自分に自信があれば、恋愛でもあれこれ心配する必要がないでしょう。

しかし、世の中の女性の中でどれだけの人が、自信満々で何事も恐れない恋愛ができているでしょうか。

恋愛中に自分への自信の無さから、不安になって精神的にツラい思いをしたことのある女性は多いはずです。

LINEやメールの返信が遅い、忙しいといってなかなか会ってくれない…その度にモヤモヤした気持ちになってしまいます。

ましてや、モテそうなダンサーの男性が相手ともなれば、自分なんかじゃ太刀打ちできないと始まる前から諦めてしまう女性もいそうです。

また、ダンサーという職業について知らないことが多いのも原因のひとつかもしれません。

自分に自信が持てないと、色々な心配ばかりが先に頭に浮かんでしまい、ダンサーの男性との恋愛には前向きになれないこともあるのです。

偏見の目で見てしまう

ダンサーというと一般的な職業と比べると、あまり身近でない人も多いですよね。

そのため勝手なイメージだけでダンサーという存在を決めつけている部分もたくさんありそうです。

あるいは、一部の非常識なダンサーの行動が目に付きやすいため、ダンサーとはこういうものだという偏見を持たれやすいかもしれません。

服装が派手だったりだらしなく見えたりすると、人はまず外見で判断するため誤解を持ってしまいます。

特にストリートダンスなどは、多くの人に「不良」や「チャラい」という印象を持たれやすいでしょう。

また「クラブでナンパとかしてるんでしょ」というイメージも持たれやすいものです。

そのせいで、ダンサーが好きだと言うと周囲からも「やめたほうがいい」などと反対されがちとなってしまいます。

どうしても偏見の目で見てしまう部分がゼロとは言い切れないでしょう。

隠れファンが多い

ミュージシャンなどと比べると、ダンサーはファンになるのもある意味人を選ぶところがあります。

一緒にステージを観に行ってくれる友だちがいなかったり、話が合う人がいなかったりで、表立って話題にしにくいこともあるでしょう。

そのため、必然的に「隠れファン」の状態になってしまいます。

「あのダンサーのファンなんだ」と大きな声では言わなくても、実は密かなファンだということはよくあることです。

そんな隠れファンは普段はひっそりと姿を隠しているかのようですが、イベントやショーの時になると「どこにこんなにファンがいたの?」と目を疑うくらいに姿を現すのです。

そうなるとある意味ライバルが一気に増えたような気がしてしまい、急に焦りを感じるものです。

どこに隠れファンが潜んでいるかわからない、ダンサーに恋する女性はそんな不安も抱えてしまいそうです。

ダンサーの特徴7個!

ダンサーの特徴
時には世間からマイナスの印象を持たれてしまうこともあるダンサーという人たち。

実際のところはどうなのかと言うと、ほとんどの人が「よく知らない」というのが実情ではないでしょうか。

ダンサーって本当はどんな人たちで、どんな生活をしているのか?意外と知らないダンサーの特徴についてまとめてみました。

1:努力家

どんな世界でもそうですが、努力なくしてその道で成功することはありません。

ダンサーというと「もともと才能があるんでしょ?」「あまり練習しなくても体が勝手に動くんじゃない?」「楽しそうに踊ってるし全然苦しそうじゃない」と軽く見ている人もいるかもしれませんね。

しかし、表面は華やかに見えても、その裏側では並々ならぬ努力を積み重ねているのがダンサーというものなのです。

まず、体を鍛えるのは基本です。

それだけでなく、柔軟性を身につけたり、怪我をしないような体作りをしたりと気をつけることはたくさんあります。

スタジオなどの練習だけではなく、自宅であっても暇さえあればダンスの練習をしているダンサーは多いものです。

また、常に新しい振り付けなどを学んだりと単に「得意」「才能がある」というだけでは維持できないことは多くあります。

彼らの地道な努力があってこそ、裏側の大変さを感じさせないパフォーマンスを発揮できているとも言えるのではないでしょうか。

2:完璧主義者

ダンサーにはストイックな人が多いとも言われています。

人目にさらされるアーティストですから、常に自分がどう見えるかを意識しています。

体作りのためにトレーニングはもちろん、食生活まできっちり管理している場合も多いのです。

ダンスの動きにも、細かいところまでこだわりを持って踊っている人が多いようです。

ダンスはスポーツであると同時に芸術でもあり、とても奥が深いもの。

ひとつの課題をクリアしたと思うと、今度は次の課題が見えてきて終わりがありません。

やればやるほど、もっと上を目指したくなるのでしょう。

ダンサーは目の前の観客の反応がダイレクトに返ってきます。

妥協すればそれだけ観客の反応もイマイチになるのが、痛いほど自分自身に伝わってくるのです。

プロとして観客を感動させるパフォーマンスをするためには、どうしても完璧主義者にならざるを得ない部分もあります。

3:女性慣れしている

ダンスの種類は色々ありますが、子供の頃からダンスチームに入っている人も多いこの頃、男女比は女性の方が多いと言えます。

ダンサーの中には、副業としてダンススクールの講師をしている人もいますが、スクールの生徒となると圧倒的に女性が多くなります。

女性の中に男性が1人というシチュエーションも珍しくありません。

そうなると、必然的に女性慣れしてしまうという側面もあるでしょう。

また社交ダンスをはじめ、男女がペアになって踊るダンスも多いです。

そこで「女性慣れしていないから」などと言っていたらダンスになりません。

ダンスはどうしてもお互いの体に触れたり密着することも多いので、そういう意味でもダンサーは女性慣れしているとは言えるでしょう。

しかし考えようによっては、女性慣れしている男性のほうが女性の心理を理解してくれる可能性が高いので、ある意味良いことと言えるかもしれません。

4:社交的

ダンサーはステージに1人で上るよりは、他のダンサーと一緒に踊ることが多いでしょう。

ある種のチームワークが必要ですし、もともとの知り合いではなくオーディションで出会ったばかりの人たちともうまくやっていかなければなりません。

そうするとある程度の社交性がないと厳しい世界と言えますよね。

実際ダンサーのイメージは明るくて社交的で、どんな場所であってもモジモジしていない…というようなものが多いのではないでしょうか。

しかし、実際のところは社交的ではないダンサーも中にはいるでしょう。

それでも周囲や観客に向けて笑顔や明るい表情を見せるという表現を出来るのがプロであり、それを自然に表に出せているだけかもしれません。

いずれにしても、ダンサーが社交的なイメージを周囲に与えているということは確かです。

5:リーダー気質

ダンサーであれば、自ら企画してダンスのイベントや公演を行うこともあるかもしれません。

振り付けや練習はもちろん、会場の準備や練習場所の確保、スケジュール管理、チラシなどの宣伝活動、衣装の調達、とにかくダンス以外にやることがたくさんあります。

メンバーみんなが好き勝手にやっていたらしっかりとした内容にはならないし、イベントの開催すら危ぶまれます。

そのためメンバーをしっかりまとめるのも重要なポイントになってきます。

こういった場合にリーダー気質の人がいなければ、ただ「イベントやりたいね」で終わってしまい、実現することは難しいです。

またこういう苦労を実際に経験することで、リーダー気質を養っていく機会もあるでしょう。

ダンサーはたとえプロであっても、芸能事務所などの専属になれない限りは個人事業主のようなものです。

なんでも自分でやるくらいの気質がないと、なかなか続けていけない職種なのです。

6:空気が読める

ダンスというのは言葉を使わない表現です。

自分のアピールしたいことも体や動きで表さなければいけません。

また、パートナーやチームと踊る時も、お互いが息を合わせなければダンス本来の魅力を発揮することはできないでしょう。

当然そういう場合も言葉を使わずにお互いの伝えたいことを理解しなければなりません。

だから、相手の視線だったり動きをしっかりと見て、空気を読むことを常に意識しているのがダンサーなのです。

観客もまた、ダンサーと言葉でやり取りするわけではないですよね。

ダンサーは観客の期待するものも言葉以外の空気感などから読み取っていかなければ、客席を盛り上げることができません。

そういう意味では、ダンサーというのは空気を読むことに人一倍長けていると言っても過言ではないでしょう。

7:礼儀正しい

ダンサーの世界はどちらかというと体育会系です。

なので先輩後輩などの上下関係も意外ときっちりしているところがあります。

どんな技術を習得する場合でも、厳しい世界であればあるほど、礼儀を大切にしているはずです。

ダンサーの美しさは表面だけではなく、内面も映し出しています。

そのため人間としての精神的な面もしっかりと磨いていかなければなりません。

当然、挨拶やマナーなどの礼儀もきちんと守れるようでなければいけないのです。

礼儀正しい振る舞いは美しい所作にもつながります。

無作法で礼儀知らずのダンサーは、言い換えれば身のこなしがイマイチなダンサーとも言えるのです。

チャラく見られるからこそ中身は真面目

中身は真面目な男性
世間一般からはどうしてもチャラいイメージで見られがちなダンサーの人たち。

そもそも仕事というより、ダンス=趣味や遊びのようなイメージがあるせいかもしれません。

ファッションやメイクが派手だったり、クラブに出入りしているなどということから誤解されやすく、接点もあまりないため誤解を解くチャンスもありません。

また、ダンサーを専業として生計を立てられる人はあまり多くはなく、ダンサーを続けるためのバイトやオーディション三昧になるなど、「定職に就かずにプラプラしている」ような思い込みも持たれやすいようです。

そのため、事実とは真逆のダンサー像が勝手に独り歩きしているのだと言えます。

そうしたマイナスイメージや偏見を払拭したいと頑張っているダンサーもたくさんいます。

チャラく見られるからこそ、人一倍真面目に取り組んでいるダンサーも多いのです。

ダンサーの価値を下げない意識が高い

ダンサーが偏見の目で見られやすいことは、誰よりもダンサーである当事者が身を持って感じているはずです。

そのせいで嫌な思いをしたことも、1度や2度ではないかもしれません。

ダンサーというだけで誤解されやすい現状の中では、ほんの少しでも悪い印象を与えるような行動をとれば、「やっぱりダンサーは…」とダンサー全体が悪い評価を下されてしまう原因にもなりかねません。

そのため、ダンサーの彼も自分たちダンサーの価値を下げないよう、高い意識を持って行動していることでしょう。

彼らも生半可な気持ちでダンサーをやっているわけではありません。

常識的な行動をとる

ほんの一部のダンサーが非常識な行動をとることによって、そればかりがクローズアップされてしまいやすいのがダンサーの大変なところ。

大音量で音楽を流したり、立入禁止の場所に侵入したり、ゴミを散らかしたりというのはダンサーに限らず一部の非常識な人間がやりがちなことですが、それがたまたまダンサーであると目立ってしまうということなのでしょう。

だからこそ大多数の常識的なダンサーは、より人目を意識して少しでも間違った印象を与えないようにと気をつけて行動しているはずです。

非常識な行動をとって周囲に迷惑な存在だと思われてしまったら、スタジオを貸してもらえなくなったり警察に通報されたりと、結局は自らに報いがはね返ってきます。

そういった例も知っているからこそ、ダンサーの彼もますます常識的な行動をとるようになっていることでしょう。

良い人だと思われる行動をとる

ダンサーといえばガラが悪いというイメージを覆すには、コツコツと地道な努力が必要です。

そのため、人としての基本であるマナーはもちろん、より良い人だと思われるための行動をとろうと頑張っているダンサーも多いのではないでしょうか。

人の迷惑にならないというような当たり前のことだけでなく、しっかりと挨拶をすることや、練習後のゴミは自分たちが使ったものだけでなく全部キレイに片付けて帰るなど、細かい気配りを忘れないようにするのです。

一度でもそういった気配りを忘れてしまえば、簡単に「ほらやっぱりね」と悪いイメージに逆戻りしてしまいます。

ですから、ダンサーも良い人であるために、そういう行動をずっと取り続けるという努力をしているのです。

そんな男性と付き合いたいと思ったらやるべき6個の事とは?

イメージと違ってダンサーの男性はなかなか大変そう。

ダンサーそのものが厳しい世界な上に、世間からは誤解されがちなのです。

でもそんな苦労を知ればますます、ダンサーの男性が素敵に見えてくるかもしれませんね。

そんな彼らと付き合いたいと思ったら、できることって何があるのでしょうか。

まずはダンサーの世界に少し近づいてみることからはじめてみませんか?

1:ダンススクールに通う

ダンススクール
ダンサーの男性と付き合いたいというと、まず出会いから探す場合と、すでに好きなダンサーの男性がいる場合があります。

出会いの場合、ダンススクールには当然ですが確実にダンスをしている男性がいます。

クラスは別であっても、顔見知りになるチャンスは狙えます。

また、ダンサーの傍らスクールの講師をしている方もいますから、そういった場で出会うことができるはずです。

実際にダンスを習うことで初めてわかることもたくさんあるでしょう。

好きなダンサーの男性がいる場合は、そこが彼との話題作りに一役買うことは間違いありません。

彼からアドバイスを受けるのを口実に、距離を縮めるチャンスもありそうです。

ダンスは見ていてもカッコいいけれど、やってみる側の感じる魅力もわかったら趣味の幅も広がるし、運動不足も解消できるし、いいことづくめですね。

ダンススクールも色々ありますが、初心者であっても入れるクラスはたくさんあります。

ほとんどのダンススクールで体験レッスンを行っていますし、自分に合う教室を探すのも楽しそうです。

2:ダンスのジャンルを勉強する

ダンスにはさまざまなジャンルがありますが、社交ダンスは男女ペアで踊るので出会いの場としては鉄板と言えるでしょう。

ヒップホップ系のダンスも、年代が若い層が集まっているので、和気あいあいとした空気の中で恋愛に発展する可能性も高くなっています。

ベリーダンスは女性には人気ですが、男性と出会えるチャンスは高くないので気をつけましょう。

好きな男性がダンサーという場合は、当然彼の得意なダンスのジャンルに詳しくなったほうがいいですよね。

ダンサーの彼はもちろんダンスが好きでしょうから、ダンス全般に興味があるはず。

しかしそういったダンスの話をできる人はごく限られた間柄となってしまいます。

ですから、ダンスにはどんなジャンルがあるのか?勉強して彼を驚かせてみてはいかがでしょうか。

色々なダンスの話ができる相手として、彼にとって貴重な存在になれるはずです。

3:ジムなどに通って体を絞る

ジム
ダンサーの男性にとって、体は大事な商売道具でもあります。

彼らは日々体を鍛えていますが、ムキムキではなく引き締まった体と表現したほうが正しいですね。

ダンサーの男性と付き合いたかったら、やはり彼とお似合いの彼女になりたいものです。

そのためには多少の努力は必要です。

ジムなどに通って、頑張って体を絞りましょう。

ダンサーの男性はストイックで自分に厳しい人も多いので、ついつい他人も厳しい目で見てしまうことが多いもの。

そんなときにひと目見て「自分に甘い人間だな」などとガッカリされないよう、少しでも引き締まったボディを目指しましょう。

4:クラブに通う

あまり行き慣れない人には敷居も高いクラブですが、クラブとダンスは切り離せないもの。

ひたすらダンスを楽しむのが目的で通う人や、バイトでダンサーをしている男性、イベントなどに出演するダンサーなど、とにかくダンス好きや、ダンサーと出会う確率が高い場所です。

バーフロアなどで休憩中に、ダンサーやダンスが好きな男性と会話が盛り上がる可能性もアリです。

ただし、クラブにはナンパだけが目的の男性もゼロではないので、そこだけは注意しましょう。

音楽とダンスを楽しみながら、リラックスして出会いを楽しみたいですね。

5:広い心をもつ

ダンサーの男性が好きだと、どうしてもやきもきする場面が多くなります。

そんなときに毎回目くじらを立てていたら精神的にもよくないですし、ダンサーの男性と付き合うことができても全然楽しくない!幸せを感じられないということになってしまいます。

ダンサーという人たちをよく理解して、多少のことでは動じない広い心を持つことも、ダンサーと付き合うには必要なことです。

ダンサーの男性と付き合うことを考えると、不安になりがちな点をチェックしてみましょう。

ダンサーは女性と絡む事も多い

ダンサーの男性と出会うチャンスは意外とあるものです。

ということは、彼は他の女性とも当然出会う機会がたくさんあるということになります。

自分の知らないところで、たくさんの女性と知り合いになっている可能性が高いのですから、心も穏やかではないかもしれません。

また、ダンス仲間やダンスのパートナーが女性というパターンもとても多いものです。

特にペアで踊るダンスは、体の密着度も非常に高く、とても見ていられないと思うかもしれません。

しかし、ダンサーの男性が常に下心満載でダンスに取り組んでいるわけではないですよね。

そんな風に疑うのは彼に対しても失礼なことではないでしょうか。

彼も真剣にダンスに取り組んでいるということを常に心に留めていることが大切です。

周囲に女性が多い環境で働いている

ダンサーの男性はダンススタジオに通ったり、あるいはインストラクターとして関わっている場合も多いでしょう。

ところがそういった場では、男性に比べて圧倒的に女性の比率が高くなります。

何十人もの女性の中に、男性は彼だけなんていうシチュエーションもありえます。

しかもダンススクールなどでは、インストラクターは女性たちに囲まれてチヤホヤされている場面が想像できてしまいます。

しかし彼としてはそれが仕事だから環境を変えることはできませんし、生徒の女性たちに冷たくすることもできません。

好き好んで女性に囲まれているのではなく、一種の不可抗力なのです。

自分の好きなダンスを指導して、生徒さんの成長をみることはとてもやりがいのある仕事です。

狭い視野で考えずに、彼の仕事を応援するくらいの気持ちが必要です。

練習などで恋愛に時間を割けない

女性との出会いにやきもきする暇もないくらい、実はダンサーの男性は時間がなかったりします。

まず、出演する公演などが決まっていれば、それに向かって集中して練習する時間が必要です。

その間、練習だけでなく他の仕事などを掛け持ちしている場合も多いため、プライベートに割く時間がほとんどない毎日を送っているのです。

特にステージ前でなくても、日々のトレーニングやダンスのブラッシュアップのために、練習を欠かすことはできません。

また、プロを目指していればオーディションも受け続けなければなりません。

自分が理想としているラブラブな毎日が送れなくても、それを理解してあげられるようでなければ、ダンサーと付き合うのは難しいかもしれません。

6:自分に自信をもつ

ダンサーと付き合うとしたら、不安の種はいくらでもあります。

それらの不安を乗り越えるためには、自分に自信を持つことが不可欠となってきます。

少なくとも、不安を彼にぶつけて迷惑をかけるようなことだけは避けたいものです。

彼も一生懸命頑張っているのだから、それに負けないくらい自分も頑張ろうと思えないと、ダンサーの男性とはうまく関係を築いていけません。

自分にもっと自信を持てるように、不安な時こそ自分磨きを忘れずに、前向きで素敵な女性でいたいですね。

ダンサーと付き合うなら信頼関係が大事

ダンサーの男性と付き合うことができたなら、ダンスに関する理解はもちろんですが、彼をどれだけ信じられるかが鍵となります。

せっかく付き合えたというのに、自分からぶち壊してしまうような行動は慎むよう気をつけましょう。

お互いが相手を信じることでしか、強い信頼関係は生まれません。

せっかく好きになれた人なのに、常に相手を疑ってばかりの恋愛なんて悲しすぎます。

ダンサーの男性とは付き合う上で障害が多いかもしれませんが、しっかりと信頼関係を築いていければ、よいお付き合いを続けていくことも難しくはないと思います。

周囲に惑わされずに彼の事だけを信じよう

「ダンサーと付き合っている」と言うと、周囲の反応はさまざまでしょう。

これまで見てきたように、ダンサーに対する誤解や偏見は根強いものがあります。

「やめたほうがいい」などとネガティブな意見を言われることもあるかもしれません。

また、彼の周囲の環境に関しても、女性との接点が多かったり、忙しくてなかなか会えなかったりと、確かに心配したくなるようなことが起きやすいですよね。

彼が連絡不精だったり、あまり言葉で好きだと伝えてくれないタイプだと、「本当に私のこと好きなのかな」とますます不安になってしまうこともあるでしょう。

しかしそんな時は、自分の考えだけで頭がいっぱいになっていませんか?
事実ではないことを妄想しただけで、感情に振り回されていないでしょうか。

彼の立場になって、彼がどんな気持ちで頑張っているのかを考えてみてください。

周囲の声は単なる思い込みだったり、決めつけだったりする場合もあるのです。

あなたが好きになった彼の実際の行動を見て、彼の人となりを判断するようにしましょう。

刺激的でワクワクする恋愛を楽しみましょう

ダンサーと付き合うというのは、あまりできない経験かもしれません。

派手できらびやかな印象が強いですが、実際は知らないことも多い世界です。

身体表現者のダンサーはアスリートであると同時にアーティストでもあります。

普通とは違う視点でこの世界を見ているかもしれないのです。

そんなダンサーの彼との恋愛は、他では味わえないような刺激的なものとなることでしょう。

彼と一緒なら、今まで知らなかった世界を見ることができるかもしれません。

世間では誤解されがちな彼のよき理解者となって、2人でワクワクする恋愛を楽しんでくださいね。