どうすれば束縛から解放されるの写真
彼氏のことが好きだから、どれだけ無理なお願いをされても、酷い束縛を受けても一緒に居たいと願う女性は多くいますね。

ですが、その彼氏からの束縛がどこまでも厳しいものになっていって、いつまでたっても彼は安心してくれない…そんな苦しみを抱えている女性もいるのではないでしょうか。

彼氏が重いことに悩む女性に、そんな束縛から解放される方法をご紹介しましょう!

彼氏が重い…!束縛されて苦しい…!解放される方法は?

彼氏が重い

彼氏からの束縛の例

束縛の種類は、男性によって実に様々です。

女性の行動を制限したり、人間関係を制限したりするのも束縛です。

女性が男性の言うことを聞いていくと、その束縛はどんどんエスカレートしていき、徐々に厳しくなってくため、女性側も束縛だと気付かない場合もあります。

まずは、彼氏からの束縛の例を見てみましょう。

あなたが気付かなかっただけで、もしかしたら束縛が既に始まっているかもしれませんよ。

ほかの異性と話すことができない

異性と話すことを制限する束縛は、やきもちや嫉妬と混同されやすく、一見女性を心配している男性のように見られます。

ですが、異性と話すことを禁じる男性は、もしかしたら女性が他の男性と話して、その人を好きになってしまい、自分が捨てられるかもしれないということを心配しています。

それは女性を思った行動ではなく、男性が不安だと思っている自分を安心させるために、女性の行動を制限しています。

とても自分勝手な束縛行為ですね。

また、ここで男性が言っている「異性」とはどこまでのことを言っていると思いますか?学校の先生はもちろん、兄弟のことまで「異性」とカウントします。

兄弟と仲のいい人も多いと思いますが、その兄弟と頻繁に連絡をとることを禁じたり、会うことが出来なくなったりもします。

彼氏が女性の友人にもすぐ嫉妬する

異性と話すことを禁じる束縛は、女性によっては理解できる人もいるのではないでしょうか。

自分も彼氏が異性と話していると嫉妬してしまう女性も居ることでしょう。

ですが、それが同性相手であっても嫉妬する彼氏をどう思いますか?休日などに、女友達と出かけると言うと、とたんに機嫌の悪くなる男性は居ませんでしたか?例え同棲していても、毎日ほとんどの時間一緒にいたとしても、一瞬でも自分以外の人と一緒にいる彼女を彼らは快く思わないのです。

自分の知らない時間を、彼女が過ごすことがとても不快なのです。

また、彼らは女友達の情報を詳しく調べ、勝手に選別を始めます。

例えば、彼氏がいる女性は友達としてOKなどです。

それは、彼氏がいる女性は他の男友達と遊ぶリスクが減るからです。

聞いて驚いたのは、こういった束縛を受けている女性たちは、女友達を1度彼氏に合わせなければならないという掟があるということです。

そこで女友達を彼氏に合わせ、露出の多い服装をしていないか、ヘアカラーが明るすぎないかといった所をチェックされ、彼氏からOKが出ると、晴れて遊びに行けるそうです。

まるで面接のようですね。

付け加えるなら、派手なネイルや携帯ケースにいちゃもんを付けられたりと、大抵彼氏からのOKは出ないそうです。

教えていないSNSも全てチェックされる

今や生活の大部分を占めていると言っても過言ではないのがSNSですね。

出かけた場所はもちろん、誰と一緒だったや、食べたものまでSNSを見るだけで把握出来てしまいます。

そんなSNSを彼氏に知らせない女性も半数程度存在しています。

それは、SNSはまるで現実社会の縮図のような女性本人の細かい情報が見えてしまい、隠しておきたい部分までが一度に見渡せてしまうからです。

そんなSNSを常にチェックしてしまうのがこの手の束縛をする男性です。

見ていることを女性には敢えて知らせず、自由に書かせて彼女の全てを把握しようとしています。

彼氏に教えていない情報まで彼氏が知っていて、おかしいなと思ったら知らせていないSNSをチェックしていたなんてことが良くあります。

言ってくれればSNSくらい教えたのにと軽く言っていたとしても、女性の心の中には恐怖心が芽生えます。

彼氏の重い言動の例

次は、彼氏の重たい言動例をお見せしましょう。

何気ない会話の中に、思わず「えっ」と女性が感じてしまうような彼氏の言葉があります。

付き合い始めは愛されていると感じていたその言葉も、時間がたつにつれて怖い言葉に変わっていったり、女友達に何気なく話した彼氏とのエピソードが引かれてしまったり、重たい言葉に慣れてしまったあなたにも、改めて彼氏の言葉を見かえしてほしいと思います。

「あなたがいないとダメになる」という

あなたがいないとダメになる
この言葉を言う男性は、女性の母性本能に訴えかけ心を縛る束縛彼氏です。

「あなたがいなくてはダメ」という言葉は、彼氏に言われて嬉しいと思う女性も多いでしょうか、言葉どおり本当にダメになってしまう男性です。

そんな男性は自立心もなく、あなたに全てをしてもらいたいと思っています。

自分で何とかしなければならないことも、あなた任せにし、あなたが助けてくれないと、助けてくれないあなたが悪いと被害者意識を持ちます。

優しい女性は助けてあげられることは助けてあげたいと感じますが、なんだか調子が悪いといった男性の個人的な感覚まで、あなたになんとかしてほしいと理不尽なお願いをしてきます。

そんな個人的感覚は本人でなければ解決できないのに、それを女性側に求め、そして解消されなければ理不尽に怒りだすのが、このタイプの男性の特徴です。

連絡を返さないと一方的に送ってくる

授業中や、仕事中などで携帯を長時間確認出来ない時間は一日の中で必ず存在します。

落ち着いたころにフッと携帯を開くと、驚くほどのLINEの件数が入っていたり、数分置きに電話の着信が入っていた経験はありませんか?本来ならその状況は、身内や友達などになにかとんでもないことが起こった時にしか発生しません。

そんな携帯への連絡を見てみると、返信が無いあなたへの不満が彼氏からずらりと並んでいます。

始めは「心配してるよ」などと優しい言葉が並んでいますが、いつのまにか1人で彼氏は怒りだしている。

でもほんの数時間連絡が返せなかっただけ…と送られた内容にあなたは困惑してしまうことでしょう。

そんな一方的な連絡をしてくる男性は、総じて1人で勝手な妄想を繰り返し、あらぬ方向へ会話が流れあなたに怒りだします。

いつのまにか、あなたが浮気しているとまで言い出すでしょう。

それを宥めることも一苦労ですし、今度からはもっと頻繁に連絡しなければとあなたの心を縛っていきます。

あなたの行動を制限してくる

心を縛っていく行動よりも、もしかしたら苦労するのがあなたの行動を制限し縛っていく束縛です。

心を縛っていく束縛と同様に、始めは優しく「あなたが心配だから」危ない場所には行かないでほしいと優しく諭してきます。

ですが、彼氏が心配するのはあなたの身ではなく、彼自身なのです。

クラブなど、男女の交友が出来る場所に行かないでほしいというくらいなら、やきもちやきの彼氏としては当然かなと思いますが、カフェや食堂などの飲食店への制限が出てきます。

また行く時間など、あまり遅い時間には行ってほしくないなどが追加されてきます。

夜は危ないからともっともらしいことを言いますが、小学生でもないあなたが夕方や夜に出歩くことはそれほど危険なことではありません。