一人っ子の特徴について
男性を好きになるとき、その人の兄弟が何人かや、家族構成など考えて好きになる人はあまりいませんよね。

しかし、好きになりいざ交際に発展しようかという時「一人っ子」であることが発覚すると、躊躇してしまう女性もいるのではないでしょうか。

つまり「一人っ子」に対して、あまり良い印象を持っていない女性も多いということです。

この記事では、一人っ子男性の特徴や、一人っ子男性に対するイメージの理由を解説していきます。

「一人っ子」男性を好きになった時にやるべき行動についても、ご紹介していきましょう。

一人っ子と聞くとどんなイメージを持つ?

相手の男性が「一人っ子」と聞いてどのようなイメージ、印象を持ちますか?

男性を好きになるとき、事前に兄弟関係を調べたり、家族の情報を聞いてから好きになる人は少ないでしょう。

付き合ってから「一人っ子」だったと知って、何だかがっかりしたり、不安を感じる人もいるほど、一人っ子の男性のイメージはあまりよくありません。

同じく、一人っ子の女性に対しても、ネガティブな意見が聞かれることが多くあります。

では、なぜ「一人っ子」の印象はあまり良くないのでしょうか。

まずは、「一人っ子」と聞いて周囲の人たちが感じる素直な印象をご紹介していきます。

一人っ子の人たちは、周囲が自分たちをどのように感じているのか知ることができるでしょう。

兄弟がいる人も、一人っ子の印象と自分たちの印象を比べてみると楽しいかもしれませんね。

わがまま

「一人っ子についてどのような印象を持っていますか」という質問に対し、多く聞かれる答えの一つが「わがまま」です。

姉や兄、弟や妹がいると幼いころから我慢することも多くなります。

自分が兄や姉の立場なら、「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」と弟や妹に譲る機会も多かったでしょう。

妹や弟の立場なら、真新しいものを姉や兄が持っていても、我慢しなければならなかったでしょう。

このように、兄弟がいることで、幼いころから我慢する習慣が身に着いていると言われています。

そのため、兄弟のいなかった一人っ子は、我慢する機会が少ないと思われがちで、そのイメージが「わがまま」に繋がっています。

一人っ子に対して「わがまま」というイメージが定着した要因は他にもあり、それは両親が関係しています。

両親は子どもが複数であろうと、一人であろうと、その一人一人に愛情を注ぎます。

しかし、経済的な理由も関係し、一人の子供にかけられる金額も異なってくるのは当然でしょう。

そのため、両親の愛情を一人で受け止め続けられる一人っ子は、「わがままに育ってしまいがちなのでは?」「何でも買ってもらえる」などの印象がついてしまっているのです。

寂しがり屋

両親の愛情を一人で受け止められる一人っ子は、「寂しがり屋」という印象を持たれがちです。

両親から常に愛情を注がれ続けるため、誰かに愛されていないと耐えられないようなイメージを持たれているのです。

「兄弟が多い人の方が、一人になったとき寂しがり屋なのでは?」という意見も聞かれますが、寂しがり屋かどうかは人によるでしょう。

兄弟を鬱陶しいと感じる人も少なくありませんし、両親から常に愛情を注がれていたわけではないので、愛情が注がれていない状態が日常的で、それほど一人で寂しさを感じない人もいます。

むしろ、これまで大勢で生活してきた人にとって、一人の時間は息抜きできる時間でもあるため、寂しがり屋からは遠い存在かもしれません。

一人っ子が本当に寂しがり屋なのか、という事実はどうであれ、そういった印象を持たれているということなのです。

マイペース

マイペースな男性
兄弟がいると、自分のペースで進まないことが日常です。

幼い妹や弟がいれば、当然ペースはそちらに合わせることになってしまいますし、姉や兄がいれば、無理やり姉や兄のペースに巻き込まれることもあるでしょう。

しかし、一人っ子は、自分一人しかいないので、兄弟によってペースが乱されることはありません。

両親は、子供のペースを尊重するので、結果一人っ子はマイペースに物事を進めやすいというわけです。

また、一人っ子が「マイペース」という印象を持たれている理由は他にもあります。

兄弟の存在は、頼れる時もあれば、ライバルでもあります。

ライバルがいると、無理をしなければならない時もあるのです。

例えば食事です。

家族団らんの食事も、兄弟がいる人と、一人っ子では異なるでしょう。

自分のペースでゆっくり食べてしまえば、他の兄弟よりも食事量が少なくなってしまう恐れがあります。

他にも、両親が買い与えたお菓子なども、急いで食べなければ、兄弟に取られたり、自分の分量が少なくなってしまう恐れもあります。

そのため、兄弟がいる人たちは、自分のペースと、少し無理をするペースを使い分けることがあると言えます。

しかし、一人っ子では、そのような機会がありません。

どれだけゆっくり食事をしようとも、誰かに取られる心配はありませんし、お菓子やおもちゃも独り占めできます。

つまり、日常的にペースを乱される機会が少ないのです。

そのため、一人っ子は「マイペース」という印象がついてしまったのでしょう。