一人っ子の特徴について
男性を好きになるとき、その人の兄弟が何人かや、家族構成など考えて好きになる人はあまりいませんよね。

しかし、好きになりいざ交際に発展しようかという時「一人っ子」であることが発覚すると、躊躇してしまう女性もいるのではないでしょうか。

つまり「一人っ子」に対して、あまり良い印象を持っていない女性も多いということです。

この記事では、一人っ子男性の特徴や、一人っ子男性に対するイメージの理由を解説していきます。

「一人っ子」男性を好きになった時にやるべき行動についても、ご紹介していきましょう。

一人っ子と聞くとどんなイメージを持つ?

相手の男性が「一人っ子」と聞いてどのようなイメージ、印象を持ちますか?

男性を好きになるとき、事前に兄弟関係を調べたり、家族の情報を聞いてから好きになる人は少ないでしょう。

付き合ってから「一人っ子」だったと知って、何だかがっかりしたり、不安を感じる人もいるほど、一人っ子の男性のイメージはあまりよくありません。

同じく、一人っ子の女性に対しても、ネガティブな意見が聞かれることが多くあります。

では、なぜ「一人っ子」の印象はあまり良くないのでしょうか。

まずは、「一人っ子」と聞いて周囲の人たちが感じる素直な印象をご紹介していきます。

一人っ子の人たちは、周囲が自分たちをどのように感じているのか知ることができるでしょう。

兄弟がいる人も、一人っ子の印象と自分たちの印象を比べてみると楽しいかもしれませんね。

わがまま

「一人っ子についてどのような印象を持っていますか」という質問に対し、多く聞かれる答えの一つが「わがまま」です。

姉や兄、弟や妹がいると幼いころから我慢することも多くなります。

自分が兄や姉の立場なら、「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」と弟や妹に譲る機会も多かったでしょう。

妹や弟の立場なら、真新しいものを姉や兄が持っていても、我慢しなければならなかったでしょう。

このように、兄弟がいることで、幼いころから我慢する習慣が身に着いていると言われています。

そのため、兄弟のいなかった一人っ子は、我慢する機会が少ないと思われがちで、そのイメージが「わがまま」に繋がっています。

一人っ子に対して「わがまま」というイメージが定着した要因は他にもあり、それは両親が関係しています。

両親は子どもが複数であろうと、一人であろうと、その一人一人に愛情を注ぎます。

しかし、経済的な理由も関係し、一人の子供にかけられる金額も異なってくるのは当然でしょう。

そのため、両親の愛情を一人で受け止め続けられる一人っ子は、「わがままに育ってしまいがちなのでは?」「何でも買ってもらえる」などの印象がついてしまっているのです。

寂しがり屋

両親の愛情を一人で受け止められる一人っ子は、「寂しがり屋」という印象を持たれがちです。

両親から常に愛情を注がれ続けるため、誰かに愛されていないと耐えられないようなイメージを持たれているのです。

「兄弟が多い人の方が、一人になったとき寂しがり屋なのでは?」という意見も聞かれますが、寂しがり屋かどうかは人によるでしょう。

兄弟を鬱陶しいと感じる人も少なくありませんし、両親から常に愛情を注がれていたわけではないので、愛情が注がれていない状態が日常的で、それほど一人で寂しさを感じない人もいます。

むしろ、これまで大勢で生活してきた人にとって、一人の時間は息抜きできる時間でもあるため、寂しがり屋からは遠い存在かもしれません。

一人っ子が本当に寂しがり屋なのか、という事実はどうであれ、そういった印象を持たれているということなのです。

マイペース

マイペースな男性
兄弟がいると、自分のペースで進まないことが日常です。

幼い妹や弟がいれば、当然ペースはそちらに合わせることになってしまいますし、姉や兄がいれば、無理やり姉や兄のペースに巻き込まれることもあるでしょう。

しかし、一人っ子は、自分一人しかいないので、兄弟によってペースが乱されることはありません。

両親は、子供のペースを尊重するので、結果一人っ子はマイペースに物事を進めやすいというわけです。

また、一人っ子が「マイペース」という印象を持たれている理由は他にもあります。

兄弟の存在は、頼れる時もあれば、ライバルでもあります。

ライバルがいると、無理をしなければならない時もあるのです。

例えば食事です。

家族団らんの食事も、兄弟がいる人と、一人っ子では異なるでしょう。

自分のペースでゆっくり食べてしまえば、他の兄弟よりも食事量が少なくなってしまう恐れがあります。

他にも、両親が買い与えたお菓子なども、急いで食べなければ、兄弟に取られたり、自分の分量が少なくなってしまう恐れもあります。

そのため、兄弟がいる人たちは、自分のペースと、少し無理をするペースを使い分けることがあると言えます。

しかし、一人っ子では、そのような機会がありません。

どれだけゆっくり食事をしようとも、誰かに取られる心配はありませんし、お菓子やおもちゃも独り占めできます。

つまり、日常的にペースを乱される機会が少ないのです。

そのため、一人っ子は「マイペース」という印象がついてしまったのでしょう。

自立している

一人っ子に対して「自立している」といったイメージを持っている人もいます。

一人っ子に対してなぜ「自立している」といったイメージを持っているのかというと、これもまた兄弟がいないからです。

兄や姉、妹や弟がいると、幼いころから「頼る存在」「悩みを共有する存在」がいる状態なのです。

家庭の問題や、学校の問題など、一人で解決するのではなく、兄弟に頼ったり、悩みを打ち明けられるのに対し、一人っ子は同年代の相談相手が家庭内にいません。

もちろん、両親に相談したり頼ることもできるのですが、同年代で悩みを共有できる相手は、家庭内に存在しません。

そのため、自分で解決したり、納得させたりすることが多くなります。

そういったところから、一人っ子に対して「自立している」と感じる人が多いのでしょう。

近年良く聞かれる「ブラコン」「シスコン」なるコンプレックスもありません。

ブラコンやシスコンというのは、兄や弟、姉や妹に依存してしまうことです。

その依存が強くなりすぎ、時には友人、恋人、結婚相手よりも兄弟を優先することがあります。

幼いころから生活を共にしていると、依存しやすくなってしまうのでしょう。

ブラコン・シスコンが過ぎるために、結婚が破談になった人もいるほどです。

一人っ子には、こうした依存心の心配がなく、自立しているというイメージはいいことでしょう。

全体的にマイナスのイメージを持たれやすい

最後に紹介した「自立している」というイメージ以外、良いイメージはありませんでしたね。

「わがまま」というイメージは、そのまま関係がめんどくさい印象を与えますし、「寂しがり屋」というイメージも男性であれば「男らしくない」女性であれば「しつこそう」といったマイナスな印象になってしまいます。

「マイペース」なのも、自己中心的と言い換えることができますし、一人っ子は全体的にマイナスなイメージを持たれやすいと言えるでしょう。

一人っ子なのか、兄弟がいるのかによって、少なからず性格や特徴に差が出てくるのは事実です。

しかし、周囲の人たちが持っているイメージが、本当に合っているのかは別問題でしょう。

兄弟がいる人でも、マイペースな人は存在しますし、寂しがり屋な人も存在しています。

妹や弟がいるからといって、面倒見がよかったり、兄貴肌といった人ばかりではないでしょう。

実際はどうなのか?一人っ子の特徴6個

では、実際に一人っ子にはどういった特徴があるのでしょうか。

周囲の人たちが思っているように、自己中心的で、寂しがりやな人たちが多いのでしょうか。

ここからは、一人っ子の特徴についてご紹介していきます。

一人っ子の特徴を知ることで、持っていたイメージを払拭することもできますし、もちろんイメージ通りの場合もあります。

正しい一人っ子の特徴を知ることで、一人っ子との恋愛関係進展に悩んでいる人の、決断の役に立つかもしれません。

また、特徴を知ると、接し方の参考にもなるでしょう。

1:一人が好き

一人が好きな男性
一人っ子は、自宅にいるとき、兄弟と遊ぶということがありませんでした。

もちろん、友達と遊ぶことはあっても、自宅内では一人で遊ぶことがほとんどだったでしょう。

そのため、一人遊びが非常に得意です。

自分が興味を持ったり、楽しいことを見つけては打ち込むことができました。

その癖は、大人になってからもあまり変化がありません。

幼少期に培った価値観や習慣は、大人になっても大きく変化することはないと言われています。

大きな環境変化があれば別ですが。

ですから、一人っ子は一人の時間が大好きです。

誰にも干渉されず、自分のやりたいと思うこと、得意なことに集中できる「一人の時間」が大切なのです。

この時間を奪ってしまうと、一人っ子との関係は上手くいかなくなることが多いでしょう。

彼氏や彼女なら「一緒にいたい」「同じ物事をしたい」と考えるのは当然ですが、一人っ子は自分一人の時間を、誰かと共有したいと思っていません。

一人っ子の一人の時間に無理やり自分を押し込んでいくと、強い反発を受けることがほとんどでしょう。

かといって、一人っ子が常に一人でいたいわけではありません。

友人や恋人との協調性が全くないというわけではないのです。

ただ、人と一緒にいる時間と、一緒にいない時間のバランスが重要になります。

一人っ子が一人の時間に何をしているのかというと、大したことをしていないこともあります。

たとえば、一人でテレビを見ていたり、横になっていたり、「誰かが一緒でも邪魔にならないのでは」と思ってしまうような、何でもない行動を一人でしていることもあるのです。

しかし、周りから見ればどうでもよさそうな一人の行動が、一人っ子にとっては重要なのです。

なんの重要性も感じられない一人の時間を過ごすことによって、一人っ子は精神のバランスを保っているのですから。

2:我慢が苦手

一人っ子は我慢が苦手です。

兄弟がいなかったことによって、我慢をする機会が圧倒的に少なかったのが要因です。

兄弟がいれば、分け与えることや、一緒に遊ぶことが日常的です。

自分の気持ちを我慢して、姉や兄、妹や弟の意思を優先させることもあります。

また、両親の注目を一身に集めることも我慢しなければなりません。

しかし、一人っ子にはそういった機会がありません。

一人で遊ぶことも、おもちゃやお菓子を独占することも当たり前で、我慢をする機会がありませんでした。

両親からも、常に注目されている存在なので、そういった面の我慢の必要がありません。

そういった習慣が、大人になっても影響し、我慢が少々苦手なのです。

「長男や長女も我慢が苦手なのでは」と感じる人がいるかもしれません。

兄弟の中で1番年長であれば、本人のやりたいようにできたのでは?と感じるのでしょう。

しかし、長男や長女が自由奔放で我慢が苦手というのは、あまり聞かない話です。

長男や長女は、年長だからといって自分のやりたいようにばかりできたわけではありません。

弟や妹に配慮しつつ、両親の期待や思いに応えようとし続けるので、我慢強く、そして忍耐力が高い人が多いでしょう。

3:マイペース

一人っ子に対して「マイペース」というイメージが聞かれましたが、その通りで、一人っ子は実際に非常にマイペースです。

兄弟がいる人たちとは、全く違った価値観や習慣を持っているのが一人っ子の特徴です。

親からゆるぎない愛情を一身に受けてきた一人っ子は、「マイペース」であることも、それが少々自己中心的であっても、許される環境にいたのです。

つまり、誰かに否定されるわけでもなくペースを乱されるわけでもなく、自分の性格や特徴が肯定され続けたのです。

その結果、非常にマイペースで、それが批判されるとも思っていません。

「自己中心的」「自分勝手すぎる」と言われても、相手が何に対して怒っているのか、一人っ子にはさっぱりわからないでしょう。

親の愛情を一身に受けた一人っ子は、非常に素直に育つ傾向があります。

「素直」と聞くと、印象はいいかもしれませんが、良くも悪くも非常に素直な人間に育ちます。

自分の欲求にも素直で、やりたくないことへの反応も、非常に素直なのです。

そういった素直さも「マイペース」と言われる所以でしょう。

4:おおらか

一人っ子は、素直で非常におおらかな性格に育ちます。

兄弟がいないということは、ライバルがいない状態ですから、競う必要がありませんでした。

つまり、争う習慣がないのです。

自分のペースも乱されることがなく、あまりストレスを感じた生活を送ってきていません。

そのため、兄弟がいる人よりもおおらかな人が多いでしょう。

また、一人っ子の両親と、兄弟がいる人の両親にも異なる面があります。

それは、態度です。

一人っ子の両親は、一人の子供を中心に面倒を見るのですから、余裕があると言えます。

反対に、兄弟がいる両親は、複数の子供を中心に生活をしていきます。

そのため、余裕がなくなる時もあり、その態度が子供に影響を与えるとも言われています。

兄弟の手前、注意しなければならないこともあったでしょう。

一人ならまだしも、複数人の子供と生活を続けるには、ルールを厳しくする必要もあるのです。

しかし、一人っ子の両親は一人を中心に考えればいいのですから「これくらい大丈夫か」と考え、許容範囲が広く、結果おおらかに接することができます。

そのため一人っ子は両親の影響も受け、おおらかに育つのです。

5:こだわりが強い

一人っ子は、幼いころから一人で遊んできました。

自分が興味を持ったことを、とことん追求できる環境にいたのです。

そのため、こだわりが強い人が多くなります。

こだわるポイントは、さまざまです。

物や趣味に限らず、時間の使い方やものの見方など、個人個人に独特のこだわりを持っていることが多くあります。

こういったこだわりの強さも、幼少期に否定される機会が少なく、我慢する機会もなかったので、こだわりを突き通せる環境にいたことが関係しています。

兄弟がいる人でもこだわりを強く持つ人もいるでしょうが、こだわってばかりいられないということも知っています。

兄弟がいる人たちは、周囲とのバランスを見ながら、こだわりを捨てる機会もあったからです。

そういった機会がなかった一人っ子たちは、強いこだわりを持ち続けたまま、大人になっていくでしょう。

そのこだわりを理解し、受け入れることで、関係が進展させやすいと言えます。

6:金銭感覚がずれている

金銭感覚がずれている
こだわりが強いことにも関係していますが、一人っ子は金銭感覚がずれていることが多くあります。

金銭感覚は、家庭の経済状況に大きく影響されますが、複数人兄弟がいる家庭よりも、一人っ子の家庭のほうが、経済的に余裕があると言えます。

そのため、一つ一つの物やサービスに対する対価の価値観が高額になっていることが多々あります。

他にも、こだわりが強いため、それらを満たすために、多額のお金をかけることもしばしばあり、周囲から見ると「金銭感覚がずれている」と受け取られやすいのです。

お金をどこにどれだけかけるのかという金銭感覚は、一緒に生活するうえで非常に大きな問題になってきます。

日用品や消耗品に高額なお金をかけたい人と、そういった部分を節約したい人とでは、バランスがとれなくなるでしょう。

しかし、金銭感覚のずれは合わせたり、相手を修正することも可能です。

恋人や結婚相手とよりよい生活をしていくためには、まず、金銭感覚がどの程度違っているのか、そしてどういった部分が違うのか見定めるところから始めてみましょう。

一人っ子の恋愛傾向

ここからは、一人っ子の恋愛傾向についてご紹介していきます。

一人っ子には、行動や性格の特徴もありますが、一人っ子ならではの恋愛傾向も存在しています。

一人っ子の性格や行動の特徴を知るとともに、恋愛傾向も理解しておけば、相手が「一人っ子」と聞いても、躊躇することがなくなります。

独占欲が強く束縛しやすい

独占欲が強く束縛しやすい
一人っ子の恋愛は、独占欲が強く、束縛しやすい傾向があります。

愛情を一身に受けてきた一人っ子は、愛情を独占できることが当たり前です。

そのため、恋人の愛情を独占したいという思いも強くなっています。

また、我慢することが苦手で、自分がやりたいことを素直に実行する習性があります。

ですから、相手の行動を束縛したり、自分の思い通りに動かしたいという欲求を持っています。

ある程度の独占欲や、ある程度の束縛なら、愛されていると感じることができ、相手も幸せになれたり、窮屈に感じないこともあるでしょう。

しかし、一人っ子は独占欲が強く、そして、束縛も強くなりやすい傾向があります。

我慢できない性格が災いして、独占欲も束縛も、日々強くなっていくことも考えられるのです。

理想が高い

一人っ子は、相手に求める理想が高い傾向にあります。

その理想は「女性らしく」という一般的なものから、「こうあるべき」といった偏った理想の場合もあります。

なぜ、そのように理想が高くなってしまうのかと言えば、異性の兄弟がいなかったことにも関係しています。

異性の兄弟がいれば、ある程度日常的な姿は見られるものです。

たとえば、すっぴんで寝起きの状態や、だらしない休日の姿などです。

それらに見慣れておくことで、異性の裏も表も理解することができ、女性には綺麗な部分ばかりではないと知ることができるのです。

そして、女性が女性らしくあるためには、彼女たちの努力が必要だということもわかるのです。

しかし、幼いころからそういった裏の姿を見る機会がなかった一人っ子男性たちは、女性が綺麗でいることが当たり前なのです。

女性は女性らしい理想的なものでしかないのです。

そのため、彼女に裏の姿があることがまず信じられません。

どれだけ夢中になっていた彼女でも、少しのほころびやダメな部分を見た時、それらが受け入れられず別れ話に発展するケースもあるのです。

愛するより愛されたい

これまで愛され続けてきた一人っ子男性は、愛されることが当たり前で、愛することが苦手です。

兄弟がいないので、愛する対象が長らくいませんでした。

自分は常に両親から「愛される存在」でしかなかったのです。

そのため、彼女を愛するよりも、彼女から愛されることを好みます。

しかし、一人っ子男性が全く愛情表現をしないとか、人を愛せないという意味ではありません。

愛情に関して、基本的には受け身姿勢ですが、彼女からの愛情を感じれば、その気持ちに応えたい、その気持ちを返したいといった感情も持ちます。

一人っ子=恋愛不適合者というわけではありません。

そんな男性を好きなった時のやるべき行動とは?

一人っ子は恋愛に関しても、独特の感性や行動が見られます。

そのため「一人っ子との恋愛は嫌」「一人っ子と知った瞬間冷める」といった女性がいるのも、しょうがないかもしれません。

しかし、好きになった気持ちをそう簡単に変えることもできないでしょう。

「一人っ子相手でも上手く恋愛はできないものか」と思いますよね。

それではここから、一人っ子男性を好きになった時に、とるべき行動や注意事項についてご紹介していきましょう。

一人っ子男性の落とし方や、接し方の注意点さえ知っておけば、一人っ子との恋愛にも臆することはありません。

積極的に、関係を進めることができるようになるのです。

相手のペースに合わせる

まず注意することが、一人っ子男性のペースを乱さないことです。

一人っ子男性には、独自のペースがあります。

まずは、そのペースを掴むことから始めてみましょう。

一人っ子男性は、自身のペースを乱されたことがありません。

さらに、ペースを乱された時の対処法も知らないのです。

つまり、ペースを乱してくる相手と距離を置こうとしてしまうのです。

距離を置かれてしまえば、関係を進展させるのは一苦労でしょう。

そこでまずは、一人っ子男性のペースをつかんでみる必要があります。

相手のペースを知ることができれば、合わせることができますし、ペースが同じであると一人っ子男性が感じれば、あなたとの時間が心地よく感じられるのです。

つまり、あなたと一緒にいて苦痛に感じなくなるのです。

相手が一人になれる時間を作る

一人っ子男性には、一人の時間が必要です。

どれだけ仲のいいカップルでも、どれだけ仲がいい夫婦でも、必ず一人の時間が必要なのが、一人っ子男性の特徴です。

「一人で過ごしたい」と言われると「何か悪いことをしたのでは」「嫌われているのかな」と不安に感じる女性もいるでしょう。

しかし、一人っ子男性は、人との時間を大切にするためにも、自分一人の時間が必要なのです。

そうやって一人の時間と、人と一緒にいる時間のバランスをとっているのです。

まずは、そこを理解してあげましょう。

一人っ子男性が「一人になりたい」と言ってきたからといって、落ち込んだり、嫌な顔をするのは控えましょう。

あなたと楽しく過ごすために、一人の時間も大切にしているのだと考えてみましょう。

愛情表現はストレートに伝える

一人っ子男性は、愛されたいという願望が強く、愛されることが当然だと考えています。

そのため、一人っ子以外の男性と付き合う時以上に、愛情表現を頻繁に、そしてわかりやすく伝えるようにしてみましょう。

愛情表現が頻繁でも、一人っ子男性に伝わっていないようでは意味がありません。

どんな言葉が、愛情として伝わるのか、またどんな行動をすると彼が喜ぶのか、しっかり観察して、ストレートな愛情表現を心がけてみましょう。

褒め言葉も忘れずに

愛情表現には、誉め言葉も忘れずに含めましょう。

一人っ子男性にとって、肯定される言葉は日常的に聞かれた言葉です。

そのため、誉め言葉や肯定される言葉が少ないと、「愛されていないのでは」「認められていないのでは」と不安を感じてしまいやすいのです。

一人っ子男性に愛情を伝える時は、好きという感情とともに、どういった部分が魅力的なのか具体的に褒める言葉を添えてみましょう。

家庭的な女性になる

家庭的な女性
一人っ子男性にアピールする時に重要なのは、家庭的な女性だということをアピールすることです。

一人っ子男性は、女性に高い理想を持っています。

女性とは、女性らしく淑やかで、そして家庭的であると思っています。

その理想を壊すような女性には、恐らく魅力を感じません。

一人っ子男性を落としたい、結婚などに踏み切りたいと思っているのなら、実際に家庭的な女性になり、そしてそれを存分にアピールしましょう。

家事全般ができる

家事全般ができるようになっておくのは当然でしょう。

洗濯や食事の用意はもちろん、服の畳み方やある程度の裁縫技術も必要になるかもしれません。

どの程度の家事を女性に求めているのか知るために、彼の母親の話を聞いてみるといいかもしれません。

一人っ子男性が一番身近で見てきた女性が母親です。

そのため、母親が理想の女性という場合が多々あるのです。

母親がどのような家事の仕方だったのか聞くことで、身に着けるべき家事が見えてくるでしょう。

母性を感じさせる

先ほどもお伝えしましたが、一人っ子男性が一番身近で見てきた女性は、母親です。

そのため、母性のような大きな愛情を感じると、非常に落ち着きますし心地いいと感じるのです。

一人っ子男性を落としたいなら、母性を感じさせるような行動をとってみましょう。

男性が言う前に、男性のために行動してあげたり、いつも優しく見守ってあげたりするなどです。

時には、うるさく注意してもいいかもしれません。

大きな愛情を持って接してあげるのが重要なのです。

子供が好き

母性を感じさせるには、子供が好きかどうかも重要になってきます。

「子供が嫌い」な女性に、母性は感じられないでしょう。

あなた自身が子供と楽しく遊ぶ姿や、テレビに映る子供の無邪気な姿を楽しんで見せたりしてみましょう。

子供と触れ合っている女性からは、自然に母性が垣間見れます。

その姿を見ることで、一人っ子男性の心をつかむことができるでしょう。

金銭感覚がしっかりしている

ただ甘やかしたり、優しくするだけが母性ではありませんし、家庭的の表現ではありません。

家庭的とは、立派に家庭を守れるかということも含まれるのです。

浪費癖があったり、金銭的価値観が狂っていると思われてしまえば、家庭的から遠ざかってしまうでしょう。

金銭感覚がしっかりしていることをアピールしてみましょう。

金銭感覚が多少彼とずれていても問題ありません。

理にかなった金銭感覚を持ち、その理由をしっかりと説明できれば、彼も納得してくれますし、金銭感覚がしっかりした女性なんだという印象を与えることもできます。

一人っ子は愛情を注がれて育つので愛情を注ぐのも得意

一人っ子男性は、両親の愛情を一身に受け、素直におおらかに育ちます。

そのため、素直に愛情を注ぎ返すこともできるのです。

屈折した愛情表現はまずしないでしょう。

ですから、あなたが大きな愛情を与えると、それを素直に返してくれるので、安心した関係を築きやすいと言えます。

扱いが分かっていれば一人っ子との付き合いは心地よい

一人っ子がめんどくさそうと言われてしまうのは、一人っ子の特徴を正しく理解していないからです。

兄弟がいる人でも、一人っ子の男性でも、相手をよく理解していなければ、付き合い方が難しいのは当然です。

一人っ子には一人っ子の特徴があり、扱い方やポイントが存在します。

それらを正しく知り、理解することで、付き合い方はそれほど難しくありませんし、心地いものにもなるのです。

イメージだけに気をとられてしまうのではなく、本人や一人っ子の本当の特徴を理解してみましょう。

兄弟がいる人とは違った恋愛が楽しめる

兄弟がいる人には、兄弟がいる人なりの、一人っ子には一人っ子なりの特徴と魅力があります。

一人っ子が持っている世間からのイメージで、これまで一人っ子に対して漠然とした偏見があったかもしれません。

しかし、一人っ子には、他の男性たちにはない魅力が数多く存在しています。

それらをいち早く知ることができたあなたは、非常にラッキーかもしれません。

これからは、一人っ子だからといって距離を置くのではなく、積極的に接点を持ってみましょう。

さらに多くの魅力を知ることができますし、これまでと違った恋愛を楽しむことができるでしょう。