中学生でキスは経験済?ファーストキスの適齢期から初彼の適齢期まで!現代の恋愛事情とは?について
皆さんはどれくらいの人が中学生でキスの経験があると思いますか?

『中学生のキス』と聞くと少し早いと感じられる方もいるかもしれません。

しかし実際は中学生でキスを経験した事がある人は少ないと言う訳では無いのです。

やはり昔に比べると、情報化社会の影響もあり早熟な人も増えているのかもしれませんね。

今日はそんな中学生のキス事情と、ファーストキスや初彼の適齢期など、現代の恋愛事情をご紹介していきたいと思います。

好きな人や恋人がいるなら憧れるキス

恋人ができて、月日が流れたらキスしたいという気持ちが湧くのは自然な事と言えます。

今、恋人はいなくても好きな人が居ればキスに対して憧れを持つこともあるでしょう。

しかし貴方が中学生の年齢であるならば、まだキスをしたことが無い、今の彼とキスしたいけれど、どうしたらよいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

同じ年齢の彼と付き合っているのであれば相手もキスに憧れを持っていたり、どうやってキスしていいのか分からないと思っているかもしれませんね。

中には『中学生でキスをするのはまだ早い』という意見もあるでしょう。

しかし、考え方はその方の年代や価値観によって大きく変わってくるものです。

今回は中学生のキス事情や、ファーストキスから初彼の適齢期についてご紹介していきたいと思います。

適齢期より早くても遅くても、恋愛は縁と人それぞれのペースがありますから焦る必要はありません。

しかし、皆がどのくらいの割合で経験済みなのかは気になってしまうところですね。

そんな皆さんの『初めて事情』を参考にしてみて下さい。

中学生でキスって実際どうなの?

中学生でキスをした事がある人とない人の割合は、半々もしくは40パーセントくらいの割合です。

なので、キスをしたことがある人もない人も居るのが中学生活だと思ってください。

この数字を想像より多いと感じる人もいれば、妥当だと感じる人もいるのではないでしょうか。

実際は学校の校風や自分の周りに居る友人のタイプによっては偏りもあると思います。

キスをしたことが無くても全く焦る必要はありませんが、長く続く恋人が居る人ほど経験済みの人が多いのも事実です。

逆に言えば、中学生が恋人で無い人とはキスはしない方が良いとも言えます。

女性と男性ではキスに対する考え方が違う部分があり、男性はキスをしてしまうだけで、キスより先を『OKされた』と思いがちです。

貴方の事を真剣に考えてくれている彼であれば、貴方の気持ちを無視して事を運んだりしないでしょうが、そうでない男性とのキスは、貴方が望んでいない展開を相手が勝手に期待してしまう可能性があるので十分注意しましょう。

初めては分からないことだらけ

中学生の年齢は13歳~15歳ですが、多くの男女が恋人と初めてキスをする事になります。

15歳であれば中には初めての恋人では無いという恋人同士もいるかもしれませんが、13歳のカップルであれば、お互いが初めての恋人で分らないことだらけだと思います。

世の中様々な情報で溢れていますが、大切なのは2人気持ちなので焦る必要もありません。

もし彼が『キスをしたい』と言ってきても、貴方にその気が無ければ断っても大丈夫。

貴方の事を大切に思ってくれる相手であれば十分待ってくれます。

でも貴方が『キスしたい』と思っているのであれば、無理に我慢する必要はありません。

彼に貴方の気持ちを素直に伝えたり、彼が行動に起こしてくれる様アピールしましょう。

中学生でキスって早い?

中学生でのキスは早いと言われてきましたが、近年では増加傾向にあります。

これはネットで知識を得る事が出来たり、情報を共有できるようになった為と言われています。

なので、中学生がキスするのが早いという事はないですが、やはり注意は必要になってきます。

人の成長スピードは様々ですし、必ずしも精神年齢は肉体年齢と=なわけではありません。

それでも肉体はまだまだ成長途中ですし、同年代で付き合う時も、年上の彼と付き合う時も多くの戸惑いがあるでしょう。

しかし誰だって皆、初めては戸惑ったり、迷ったりするのです。

好きでもない男性と好奇心でキスをする事を賛成できませんが、大好きな彼がいて、大切に想い合っているのであれば年齢を理由にキスを我慢する必要はありません。

昔は早いと言われていた

昭和の時代では中学生がキスする事は早いと言われていました。

なので、現代でもご両親の年代、または祖父母の年代では早いと言う人も多いかもしれません。

しかし現代では中学生でキスをしたことがある人は決して少なくないのです。

中々、人には相談しずらい内容なので『早い』と近しい大人に言われてしまえばそう感じてしまうでしょう。

でも皆、口に出さないだけで好きな人と付き合えばキスしたいと思うのは当然です。

とは言ってもご両親からしたら、娘である貴方を心配する気持ちは非常に強いので、『早い』と感じるのは決して貴方を信頼していなかったり、認めていないからではなく、心配からなのだと理解してあげて下さいね。

今は中学生のキスは早くない

近年では中学生でキスをした事がある人は半数近くに上りますので、決して早い訳ではありません。

キスをする為には2人きりになる必要がありますが、昔よりも携帯やネットの普及で2人になりやすい、情報を収集しやすくなったのが、ファーストキスの年齢を早めている一因と言えるでしょう。

もし、彼とキスしたいと思っているのなら彼と2人きりになったり、それとなく『キス』の話題を振ってみましょう。

しかし二人きりなるという事は、彼がどんな行動に出ても制止できるのは、貴方だけという状況なので、大好きな彼としっかり信頼関係を築いてからにして下さいね。

イマドキ中学生はキスもしちゃう

イマドキ中学生
中学生でキスを経験済みのほとんどの女性が恋人とファーストキスをしています。

それも付き合ってから1ヵ月以上半年未満でのファーストキスが多いようです。

やはりお互い初めてのキスなので、彼の部屋や貴方の部屋など人目のない場所でする事をお勧めします。

校内や外でする場合はやはり人目が気になると言う方が多いので、2人きりになれる場所でするのが良さそうです。

最初はお互い緊張してしまって、『どうやってそういう空気に持って行けばいいか分らない』という時は、それとなく彼との距離を近くして、顔も近づけて柔らかい空気を演出してみて下さいね。

今は小学生でもキスをする

中学生でキスを経験済みの人数と比べれば少なくはなりますが、10~15パーセント弱の割合で小学生でもキスを経験済みという方もいます。

勿論、この数字の中でも小学校高学年でファーストキスを経験した人が殆どではありますが、やはり恋人ができるとしたくなってしまうものなんですね。

10~15パーセント弱は決して多い数字ではありませんが、それでも小学生で経験する人がそれだけいるのですから、中学生でのキスは決して早いという事は無さそうですね。

小学生でファーストキスを経験する人は早熟で知識豊富なタイプの人が多いようです。

クラスでは目立つタイプの子に経験済みの人が多い傾向もあります。

中学生のキス経験の割合

各地域性や学校にとってもバラつきはあると思いますが、キスの年齢は学年が上げる程、割合も上がる様です。

1年生ではクラスの約20パーセントですが、2年生では40パーセント近くまで増加します。