たとえ自分が悪くても自分を否定したその人が悪い人、ということになります。

その考え方は世間一般からみると間違っていることなのですが、自分ルールがあるので自分は間違ってはいません。

非を認めない姿勢はある意味自分を持っている人として尊敬できるかもしれませんが、常識はずれと思われても仕方がないかもしれません。

8.上から目線

プライド高い女性の特徴として、上から目線ということがあります。

このタイプの人はかなりの自信家だと言えるでしょう。

自分に自信があり過ぎて、周囲の程度がとても低く思えてしまいます。

確かにとても頭の良い人ではありますが、謙虚さが足りないタイプだと言えます。

上から目線の人は周りから嫌われがちです。

もし職場で上から目線の人がいたらどうでしょうか。

その人はとても仕事ができる人であればやはり一目置かれますが、人としては信用されてはいないでしょう。

仕事ができるゆえに周囲は従わざるを得ませんし、言うことを聞くしかありません。

ただ人としては尊敬できる相手ではないので、心理的には距離を置きたいと思う人が多いことでしょう。

上から目線の人と共存していくためには、対抗心を持ってはいけません。

対抗してもやり込められることは間違いありません。

それよりも周囲の方がオトナ目線で静観しているべきでしょう。

対峙していてもキリがありません。

9.自分磨きしている

自分磨き
プライド高い女性の特徴として、自分磨きしているということがあります。

プライドが高い女性はだらしない自分が許せません。

いつも美しい自分でなければならないのです。

また太っている自分はもっと許せません。

そのためにはダイエットにはこだわりがあります。

食事は徹底的に管理していますし、毎日の生活にルーティンがあります。

自分を磨くのは、まず自分の中からということです。

自分の管理ができるようになるとスキルアップも怠ることはありません。

プライドが高い人は上昇志向が強いので、枠にはまって生きるよりも将来のあるべき姿を想像しています。

自分はこうあるべき、という理想像があります。

それに向かって自分を磨くということはこだわりが多く、周囲には理解しがいたいものがあります。

ですがプライドが高い女性はダラダラと生きていくことができないため、自分磨きを怠りません。

10.謙虚さがない

プライド高い女性の特徴として、謙虚さがないことがあります。

ある意味謙虚さは自分の弱さを見せるイメージがあります。

プライド高い女性にはそれは絶対に許せません。

つまり自分を曲げることはもっとも嫌うところです。

またプライド高い人は自分中心が当たり前のように思っているところがあるので、それを否定されることは嫌がります。

たとえ自分が間違っていると分かっても他人から学ぶことはしません。

間違っていると思った時は、自分なりに徹底的に調べたり学ぶことをします。

それは誰かに教えられることよりもそれ以上に知識を入れようとします。

あくまでも他の人と同等ということが嫌なのです。

誰よりもいつも上を行きたいとする性格なので、自分が下に見られることを苦手とします。

自分が間違っていると認めることはできないので、どうしても謙虚になることはできません。

11.クール

クールな女性
プライド高い女性の特徴として、クールであることがあります。

いつも冷静なイメージがあるプライド高い女性ですが、心理的にも他の人と羽目を外して笑い合ったり、冗談を言い合うというようなことも好きではありません。

くだらない話をしたり、誰かに冷やかされたりすることはとても苦手です。

そのため周囲とは一線を画した行動を取ります。

クールと聞くと冷たい人というイメージがどうしても付いてしまいますが、本人的には決して冷たいとか性格が悪いということはまずありません。

ただ笑顔であったり弾けるといったことがほとんどないので誤解されやすいのです。

そこには”自分は他の人とは違う”という心理があるのでどうしても「お高く留まっている」と思われがちです。