体の関係だけは残っているのに、そこには一切の恋愛感情がないのはすごく悲しいです。

そして、それが長期化してしまうとなかなか離れられなくなります。

失恋で絶望的な気持ちになっていても、自分からフッてやる!くらいの強気な気持ちで、潔く連絡先を消去してしまいましょう。

そして、過去の履歴もすべて消去してください。

いっそのことスマホ自体新しくして、心機一転するのもありかと思います。

趣味に没頭する

趣味に没頭することで、失恋の絶望的な気持ちから早く立ち直れるかもしれません。

趣味、好きなことに熱中している時間は他のことを考えなくても済みます。

そして、その趣味の時間に熱中すればするほど、失恋のことを考える余裕がなくなります。

気が付いたら失恋の絶望的な気持ちを忘れていた…くらいのほうが無理がなく、立ち直りも早いと思います。

無理に忘れようとするよりも楽です。

趣味が特にない人は、新しく趣味を始めてみるのもいいと思います。

アウトドアでもインドアでも、色々な楽しみ方があります。

習い事を新しくスタートするのも楽しいと思います。

料理教室、陶芸教室、スポーツジム、スポーツサークル、何でも良いのでオフの時間に楽しみを作ってみてください。

趣味から新しい出会いが広がるケースもありますので、ぜひ楽しんでください。

出会いスポットに行く

出会いスポットに行くことで、失恋の絶望的な気持ちから立ち直れるかもしれません。

失恋を癒すのに一番手っ取り早いのは、新しい恋愛をスタートすることです。

好きな人が現れたら、失恋の絶望的な気持ちはあっという間に過去の出来事になります。

好きな人のために自分を良く見せようということで頭の中はいっぱいで、過去の失恋なんて気にならなくなります。

新しい出会いを探すことに夢中になることで、過去の失恋を思い返す時間すらなくなります。

色々な出会いスポットがあるので、合コン、街コン、気軽にスタートしてみてください。

思い出の物を処分する

思い出の物を処分することで、失恋の絶望的な気持ちをきれいサッパリ忘れてしまいましょう。

元恋人にまつわる誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、お揃いの品、デートのときの写真、過去のLINEのトーク履歴、着信履歴、どれを見ても幸せな気持ちが蘇ります。

思い出の物を見るたびに切ない気持ちになり、失恋の絶望的な気持ちを忘れたはずなのに、どうしても過去にタイムスリップしてしまいます。

いっそのこと、思い出の物をきれいサッパリ処分することで失恋の絶望的な気持ちもきれいサッパリ忘れてしまいましょう。

ブランド品はリサイクルショップにまとめて出して現金化、お揃いの品は処分、LINEのトーク履歴を削除した上でブロック&着信拒否などを一気にするとスッキリします。

元カレにまつわるものが自分のプライベートスペースからなくなると、新しくスタートしやすくなります。

思い切って思い出の物は全て処分してしまいましょう。

ショッピング

ショッピング
ショッピングすることで、失恋の絶望的な気持ちを発散させることができます。

ショッピングすることで自分の欲しかったものを購入することができ、スッキリしてストレス発散になります。

そして、失恋の絶望的な気持ちも吹き飛ばすことができます。

今まで欲しくて購入できなかったものを、思い切って購入してみてはどうでしょうか。

ショッピングするタイミングで部屋を断捨離して、自分の好きなもので統一するのも素敵です。

部屋を整理することにエネルギーを使うので、失恋の絶望的な気持ちはあっという間に吹っ飛びます。

普段買わないような高級スイーツや美味しいグルメ品を、お取り寄せしてもいいと思います。

失恋を忘れ去るためにも、時々の贅沢は許されます。

ネットショッピングでポチするよりも、できれば直接ショップへ行くようにしましょう。

自分で選ぶことの楽しみや、店員さんからのアドバイスを聞くことできます。

使いすぎにだけ注意して、ショッピングを楽しんでください。

休日のスケジュールを埋める

休日のスケジュールを埋めることで、失恋の絶望的な気持ちを考えないようにしましょう。

休日に何も予定がないフリーな日があると、どうしても元カレとの楽しい日々を思い出してしまいます。

そして、別れていなければ今日も会っていたのだろうかと悲しい気持ちになります。

いっそのこと休日のスケジュールを埋めてしまい、忙しくすることで元カレのことを考える心の余裕を持たなくても済むようにしてください。

休日のスケジュールは趣味の時間、習い事、友達とのお出かけ、家族との時間、一人で気の赴くままに出かける、何でもいいので何かしらのスケジュールを入れるようにしましょう。

気が付いたら元カレのことは過去の思い出になっていたと言えるくらい、充実させるとあっという間に月日は経つと思います。