引っ越す

引越し
引っ越すことで、失恋の絶望的な気持ちを忘れることもできます。

一人暮らしをしていた恋人同士、お互いの自宅で半同棲状態になったり、二人きりの時間のほとんどを過ごしていたり、たくさんの思い出が詰まっている人たちもいます。

部屋そのものが恋人との時間だったので、思い出の品を処分したところで何かしら思い出すものがあるのかもしれません。

少し労力とコストが必要となりますが、思い切って引っ越すことで失恋の絶望的な気持ちから強制的にでも立ち直ろうとすることができます。

引っ越しにあたり、転居先を探し、引っ越し準備をして、新しい住所を職場や友人にお知らせして、思っている以上に労力を必要とします。

元カレとの思い出に浸っている暇はありません。

新しい住まいを自分の新しいスタートとし、引っ越し先を探してみてはどうでしょうか。

気に入った場所があれば、思い切って引っ越すのも手です。

写真を削除

写真を削除することで、失恋の絶望的な気持ちも削除してしまいましょう。

元カレとの写真は、当時の幸せな気持ちがリアルに蘇るので一番困るものかもしれません。

スマホのデータフォルダの大半が元カレの写真、もしくは元カレにまつわる写真の人は思い切ってデータフォルダの中身ごと削除しましょう。

データがゼロになり、すごくスッキリします。

写真を削除すると決心したら、思い切って元カレとの写真は全て削除するのがいいです。

もし、自分で削除できないときは誰かにお願いしてもいいと思います。

写真を削除するときは勢いが大切です。

迷っている時間は勿体ないので、決めたら一気にやってしまいましょう。

新しいことを始める

新しいことを始めることで、失恋の絶望的な気持ちも忘れていきましょう。

新しいことを始めると、自然と自分の時間も労力も新しいことに費やそうとします。

そして、元カレのことを考えて悲しい気持ちになるような時間はなくなります。

気が付いたら失恋したこと自体忘れていて、元カレも過去の恋人になっていたくらいが一番理想的です。

新しいことは仕事、趣味、勉強、何でもいいですが、自分が飽きずに取り組める何かであったほうがいいです。

仕事なら、今まで苦手としてきた分野にチャレンジしたり、資格を取得したりするといいと思います。

スキルアップにも繋がり、今後のビジョンを高く持てるようになります。

趣味なら、アウトドア、インドア、何でもいいですが、趣味にまつわる交友関係が広がり、プライベートの時間が充実してきます。

勉強、習い事をスタートしたり、気になっていた分野の専門書を読んだり、自分なりに探りながら学ぶことは何でも楽しいです。

本当に何でもいいので、何か一つ新しいことを始めてみてください。

そして、自分の自信に繋がるものを増やしていってください。

泣きまくって忘れる

泣きまくって忘れると、失恋した絶望的な気持ちも吹っ飛びます。

涙は自分の心の中にある嫌な気持ちも一緒に流してくれるはずです。

泣きたいだけ思い切って泣きまくって、元カレのことをスッキリ忘れてしまいましょう。

人前で泣くことに抵抗があれば、自分一人のときに泣きまくってもいいと思います。

誰か聞いてくれる友人がいれば、一緒に飲みながら泣きまくって話を聞いて貰いましょう。

普段我慢している感情をとことん解放し、自分を自由にさせてあげてください。

そして、こんなに悲しい気持ちになっていた自分自身を受け入れてあげてください。

意識改革

意識改革することで、失恋した絶望的な気持ちから回復することができます。

失恋して絶望的な気持ちになっていたということは、それだけ自分の生活が恋愛中心で彼氏がメインだったということです。

今後は恋愛も楽しみつつ、自分の時間も充実させることができる女性へと意識改革することで変わることができます。

たとえ失恋したとしても、他にも柱となるような何かがあれば、そこまで絶望的な気持ちにならずに済むかなと思います。

自分というものをしっかり持てるようにしてください。

新しい恋愛をすることがあれば、彼氏に全てを委ねずに対等な関係でいられるようにするといいと思います。

彼女も自分の意見を言えるような関係でいてください。

彼氏中心の生活、恋愛に身を委ねる日々、すごく甘美でいいのですが、失恋したときにわりと痛手となります。

意識改革をして、恋愛を片手間に楽しみつつ、他の自分も持っている女性を目指してみてください。

婚活苦難編

婚活苦難して絶望的な気持ちになったとき、どうやって気持ちを切り替えるか紹介します。