友達との気分転換、ランチ、ディナー、カフェ、映画、ヨガ、お買い物、レジャー施設へのお出かけ、旅行、女友達との時間は本当に楽しいものです。

気持ちを入れ替えることができたら、また新しい気持ちで婚活を再開することもできます。

落ち込まず、誰かを誘い出すのもアリです。

一人カラオケ

一人カラオケでストレス発散して、婚活苦難している気持ちを撃退しましょう。

一人カラオケは自分の好きな歌を好きなだけ入れることができたり、歌いたくない気分のときは黙々と好きなことをしたり、マイペースに自分のやりたいことができます。

婚活苦難している気持ちを抱えたままだと、ストレスが溜まって気持ちが晴れやかになりません。

ひとまず一人カラオケでストレス発散して、気持ちを入れ替えるきっかけ作りをしてみてください。

一人カラオケって抵抗がある人もいるかもしれませんが、意外と一人で来ている人も多いです。

カラオケボックスで勉強したり、読書したり、防音空間を上手に使ってまったく違うことをしている人もいます。

人の目を気にせず、颯爽と一人カラオケに出かけてみてください。

慣れてきたら、一人で色々楽しむことの醍醐味が分かってくるかもしれません。

日常生活が楽しくなってきたら、また婚活を再開してもいいと思います。

映画鑑賞

映画鑑賞を楽しみ、婚活苦難から絶望的な気持ちになっている自分を助けてあげましょう。

映画を見ていると、現実離れしている話に日常を忘れることができたり、ヒロインやヒーローに感情移入して自分の悩みが吹っ飛んだりします。

映画鑑賞は自分の部屋でDVDをレンタルしても、映画館に行ってもいいのですが、お気に入りの映画は映画館で見るほうが見ごたえがあります。

何よりも、自分の自宅という日常から離れることがいいです。

広いスクリーンと座り心地のいい椅子、美味しいポップコーンと好きなドリンクも頼んで、どっぷりと映画の世界にはまってください。

映画好きな人におすすめの映画を聞いてみて、普段見ないジャンルの映画も楽しむといいと思います。

新しい世界が広がります。

ポジティブシンキング

ポジティブシンキングを心がけ、婚活苦難で絶望的な気持ちを吹っ飛ばしてください。

ポジティブシンキングでいると、些細な悩みも大きな悩みもどうでもよくなります。

そして、今が大変でもどうにかなるんじゃないかと楽観的な気持ちになれます。

ポジティブシンキングでいると、自分自身も落ち込むことが減ります。

そして、普段から生き生きとできるようになり、人からの印象もよくなります。

最終的には婚活しているときに男性からの印象がアップして、気になるお相手といい雰囲気になれる可能性も高くなります。

ポジティブシンキングでいることは色々な幸せを自分に寄せることができます。

できるだけ楽観的でプラス思考でいることを心がけましょう。

ハードルを下げる

ハードルを下げて、婚活苦難している絶望的な気持ちを癒してください。

婚活苦難しているときは、全てがうまくいかないような気持ちになり、自分を責めてしまいがちです。

うまくいかないのは自分のせいで、自分はダメだと落ち込んでしまいます。

少しハードルを下げて、自分を楽な気持ちにさせてあげることは大切です。

「今まで頑張りすぎていたから、婚活苦難しなくてもいいように楽観的に考えよう!」と自分を責めずに、婚活苦難している自分そのものを受け入れてあげてください。

そして、婚活苦難しているのは自分だけではないし、うまくいかないからといって自分を責める必要はないと言い聞かせてあげてください。

日常生活も手抜きすると楽になります。

プライドは捨てる

プライドは捨てて、婚活苦難している自分を認めてあげてください。

婚活がうまくいって理想の男性と結婚目前なのが自分の中でも理想かもしれません。

そして、そのようにうまくいかないから自分のプライドもずたずたになってしまうのです。

婚活苦難しているのも自分、色々悩んで嫉妬してしまうのも自分、醜い部分も含めてまるごと自分自身を愛してあげてください。

人からマウンティングされても、自分は自分だからとさほどに気にしなくてもいいです。

婚活のことを聞かれたらサラッと流し、当たり障りなくお付き合いすれば大丈夫です。

プライドは捨てづらいかもしれませんが、潔く捨ててしまうとすごく楽になります。

焦らない

焦らないことで、婚活苦難しなくても済むようになります。

自分の中で〇〇歳までに結婚したい!そのためにはあと〇年、もしくは〇か月しかない!という期限があって、気持ちに中に焦りがあるから婚活苦難するようになるのではないかと思います。

あとはうまくいっている友達や同僚と自分を比べてしまい、どうして婚活を頑張っているのになかなか理想の相手に出会えないのだろうと落ち込んでしまいがちです。