田舎出身の特徴6個!そんな女性がモテる地域とは?モテる方言6選!について
田舎臭いという言葉があるように、田舎出身ということにネガティブなイメージを持っている女性もいるかもしれませんね。

実際に地方出身の女性のなかには、都会的でかっこいい女性に憧れを抱いている人もいるでしょう。

しかし、田舎出身だからといって誰もがネガティブなイメージを持っているとは限りません。

最近では田舎出身の女性を好む男性も多く、その可愛さに注目が集まっています。

それでは田舎出身の女性にはどのような特徴や魅力があるのでしょうか。

今回は田舎出身の特徴とそんな女性がモテる地域、モテる方言について詳しく紹介します。

田舎出身者は好感度が高い

田舎出身というと「ダサい」「田舎臭い」「方言が強くて何を言っているかわからない」などネガティブなイメージを持っている人もいるようですが、その数は多くありません。

最近では田舎出身の女性が都会でモテモテ!という話も多く、田舎出身の女性が持つ魅力に惹かれる男性もたくさんいます。

田舎出身の女性がモテる理由のひとつは、好感度が高いことです。

都会の男性のなかには田舎出身の女性に対していい印象を持つ人が多い傾向にあります。

それでは田舎出身の女性はなぜ好感度が高いのでしょうか。

次は田舎出身の女性の好感度が高い理由について詳しく紹介していきます。

親近感をもたれやすい

田舎出身の女性の好感度が高い理由は、親近感をもたれやすいからです。

都会に慣れていない田舎出身の女性は、いい意味で垢抜けておらず自然体なのが魅力です。

都会の女性にはクールでサバサバしたタイプが多いですが、田舎出身の女性は飾り気がなく、小さいことでもリアクションを取ったり、表情を変えたりするなど表情が豊かです。

自然体で振る舞っていると、相手にも自然体でいられるような空気を作ることができます。

下手な駆け引きなく、ありのままでいられるのは男性にとっても居心地がいいものです。

田舎出身の女性は無意識のうちに相手にとって居心地のいい空気を作り、心の緊張をほどいてくれるので、親近感をもたれやすい傾向があります。

純粋そう

純粋そうな女性
田舎出身の女性の好感度が高い理由は、純粋そうなイメージがあるからです。

最近では田舎出身のアイドルやタレントが多く活躍しており、ちょっと天然な性格が話題となっています。

都会出身の人にとっては当たり前のことを知らなかったり、文化や習慣の違いに驚いたりする姿にほっこりする視聴者も多いでしょう。

流行に敏感な女性も素敵ですが、地方と都会とのギャップに驚いたり、小さな勘違いをしたりする田舎出身の女性も純粋な雰囲気を持っていて素敵です。

特に男性は女性に対して守りたい、頼ってもらいたいという本能を持っています。

田舎出身の女性が持つ純粋な雰囲気は、「教えてあげたい」「色々な経験をさせてあげたい」などの本能をくすぐります。

今も昔も、多くの男性は純粋そうな女性に弱いのです。

応援したくなる

田舎出身の女性の高感度が高い理由は、応援したくなる雰囲気を持っているからです。

上京してきたばかりの田舎出身の女性は、いわば雛鳥のようなものです。

地元と都会の文化や習慣の違いに驚き、慣れない環境に順応しようと必死に努力します。

上京してきた女性にフォーカスしたテレビ番組でも、初めての上京に右往左往する姿がよく映っていますよね。

その初々しい姿に思わず応援したくなる人もたくさんいるでしょう。

都会出身の人にとってはギャップも多く、色々と勝手を知っているからこそ「こうじゃないよ」「こうした方がいいよ」と世話を焼きたくなります。

一方、同じく上京経験のある人にとっては「自分も同じことを思ったよ」「こういうときに苦労したよね」と共感する部分が多く、実体験をもとに応援したくなります。

田舎出身者の特徴6個!

田舎出身の女性には純粋なイメージがあり、いい印象を持つ男性もたくさんいます。

最近では田舎出身の女性がモテる傾向もあり、田舎出身の女性にはモテる要素が備わっていると言っても過言ではないでしょう。

それでは田舎出身の女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

次は田舎出身の女性の特徴について詳しく紹介していきます。

1:コンプレックスを感じている

田舎出身の女性のなかには、田舎出身なことにコンプレックスを感じている人もいます。

コンプレックスの内容にはいくつか種類があります。

ひとつは田舎出身であることに対するイメージです。

「田舎」という言葉自体に「ダサい」「古い」などのネガティブな印象を持つ人もいます。

実際にその人がどうであるかは関係なく、田舎出身であるだけで「ダサいと思われているのではないか」と不安に思ってしまう田舎出身の女性も少なくありません。

他には学歴や経歴に対するコンプレックスもあります。

地方は進学先や就職先の選択肢が少なく、高校卒業後に就職する人も少なくありません。

就職先の選択肢も少ないため、有名企業や大企業に就職できる人はほんのわずかです。

地元では名の通っている会社でも、都会では認知されていないこともあります。

一方、都会には大卒者も多く、有名な企業もたくさんあります。

有名でなくてもかっこいいイメージの職種やオフィスも多く憧れを抱く人もいますよね。

このように田舎出身の女性は、誰かに指摘をされたわけではありませんが、無意識に田舎出身であることにコンプレックスを抱き、都会に憧れを抱いている人も少なくありません。

2:歩くのが遅い

田舎出身者の大きな特徴として、歩くのが遅いということが挙げられます。

田舎から上京してきた人のなかには、都会の歩くスピードが速いと驚く人もいるようです。

都会には無数のターミナル駅があり、曜日や時間に関係なく大勢の人が行き来しています。

ゆっくりと歩いていると人波に飲まれ、別の場所に流されることも日常茶飯事です。

大勢の人が行き来する駅構内や交差点を上手く歩くためには、人波に飲まれる前に人と人との間を縫うように歩き、上手に目的地を目指さなければいけません。

一方、田舎の駅や街は人が少なく、人と人との間に十分なスペースを確保できます。

後ろを歩く人に急かされることもなく、自分のペースで歩けるので焦る必要もありません。

他にも電車の本数が少なく、移動は専ら車か自転車という人も多いでしょう。

人混みを歩くことに慣れておらず、無意識に歩くスピードが速いと感じる人もいます。

駅構内でゆっくり歩いている人やキョロキョロと周りを見ている人がいたら、上京したての人かもしれません。

無理に急かさず、優しい気持ちで見守りましょう。

3:地元愛が強い

田舎出身者は地元愛が強いという特徴を持っています。

都会に憧れを抱いている一方、地元に深い愛着や親しみを持っている人はたくさんいます。

田舎出身者が地元に愛着を持っている理由のひとつは、色濃い思い出が多いからです。

田舎は家や学校が少なく、小学校、中学校、高校とほとんど友達の顔ぶれが変わらず、深い友情を育んできた人もたくさんいます。

都会よりも人と人との繋がりが深いため、地元に対して深い愛着を持ちやすいのでしょう。

他にも地域によっては、都会にも誇れる文化や観光地を持っているところもあります。

国内旅行といえば北海道や京都が有名であり、そういった地方都市出身者にとっては日本の有名観光地であることが誇りでもあります。

沖縄のように独自の文化が色濃く残っている地域も地元愛が強い傾向があります。

4:芸能人に敏感に反応する

田舎出身者には、芸能人に敏感に反応するという特徴があります。

流行の発信地でもある都心では、色々な番組のロケや収録を行なっています。

収録現場を見つけ、芸能人を見られたという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

他にも単純に都心に住んでいる芸能人が多いことも芸能人と会いやすい要因のひとつです。

一方、田舎はロケや収録をする機会が非常に少なく、収録をしても観光地や有名スポットばかりで、そうでない田舎では芸能人はまったく見られないという場所も少なくありません。

そのような田舎から上京してきた人たちにとって芸能人はとても珍しい存在です。

特に好きな芸能人でなくても、「芸能人」であるだけでテンションが上がる人もいます。

芸能人だけでなく、有名なドラマのロケ地に反応する人も見られます。

「テレビで見た!」「ここで収録していた!」それだけで一気に希少価値が上がるのです。

5:マイペース

マイペースな女性
田舎出身者にはマイペースな性格の人が多いという特徴があります。

田舎出身者にマイペースな性格の人が多い理由のひとつは、あまり競争がないからです。

田舎の学校は児童や生徒が少なく、それと同時に競争相手も少ないのが特徴です。

運動が得意な子、勉強が得意な子などの役割はある程度決まっており、僅差で優劣がつくことが少ないのです。

一方、都会は児童や生徒の数が多いため、同等のスペックを持つ人が混在するため、自然と競争心が生まれます。

「自分は自分。自分らしく生きていけばいい」と心にゆとりを持ち、何でもマイペースにとらえられるのが田舎出身者の長所でもあります。

もうひとつは流れる時間がゆっくりであることです。

田舎は電車やバスの本数が少ないなど、分単位で時間に追われる状況があまりありません。

一方、都会は電車やバスの本数が多く、遅くまで営業している店舗も多いため、時間を効率よく使って仕事をしたり、遊んだりするのに慣れています。

それぞれ県民性もありますが、一般的には田舎出身者にはマイペースな人が多い傾向があります。

6:声が大きい

田舎出身者には声が大きいという特徴があります。

声が大きくなりやすい理由は、人と人との距離が都会よりも遠いことが挙げられます。

田舎は家や商店の数が都会よりも少なく、建っている感覚も広いという特徴があります。

そのため、多少大きな声を出しても迷惑がられることはないでしょう。

他にも畑仕事をしている人に声をかけたり、家の中にいる人を呼び出したりするときも大きな声を出しますよね。

環境的に大きな声を出しても迷惑にならないため、電話やインターフォンを使うよりも大きな声を出した方が早いときには大声を出す習慣があります。

一方、都会は田舎と比べて人と人との距離が近い傾向があります。

住宅地はぎっしりと建物が建ち並んでおり、少しでも大声を出せば近所迷惑になる可能性があります。

電車も満員であることが多いため、声を小さくして話すのさえも遠慮してしまいがちです。

このような環境に慣れている都会の人にとっては、田舎出身者の声は大きく感じるかもしれませんね。

そんな女性がモテる地域とは

一口に田舎出身者と言っても、出身地域によって県民性やタイプが大きく異なります。

それではどこの地域の田舎出身の女性がモテるのでしょうか。

次は地域ごとの田舎出身の女性がモテる傾向とその地域の特徴について詳しく紹介します。

秋田県

秋田県はモテる女性が多い地域のひとつです。

秋田と言えば「秋田美人」という言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。

秋田美人は日本三大美人のひとつに数えられ、他には京美人、博多美人があります。

その理由は諸説ありますが、一般的には秋田を含む日本海側は日照時間が少なく、日に焼けていない色白な女性が多いことが挙げられます。

他にも秋田県民は非常に勤勉家な県民性を持っていると言われています。

日照時間の少なさに加え、年間を通じて曇りが多いため自宅で勉強する人が多いのです。

さらに北国特有の我慢強さも持ち合わせており、堅実で賢い女性が多い印象があります。

美しく賢い女性を好む男性にとっては、まさに理想的な県民性と言えるでしょう。

秋田に詳しくなくても「秋田美人」という言葉を知っている人は多いため、秋田の女性に対して憧れを抱いている男性も少なくありません。

京都府

京都
京都府もモテる女性が多い地域のひとつです。

京都も秋田と同様に日本三大美人である「京美人」という言葉があります。

京都は江戸時代まで日本の都だったため、全国から美女が集まってきたと考えられていました。

特に日本航路を通じて日本海側の日本海美人との交流が深かったことも「京美人」と言われはじめたきっかけとして挙がられています。

日本三大美人のひとつに数えられていることも京都の女性がモテる理由のひとつですが、「京都」というイメージからおしとやかで古きよき時代の女性像に憧れを抱いている人が多いというのも大きな要因です。

舞妓さんをはじめとした和装、日本文化のイメージが強い京都は、京都の観光地やその印象が一般の女性にも強く反映されており、京都出身と聞くと「おっ!」と期待を高める男性も少なくありません。

他にもおっとりとした「京都弁」に憧れを抱いている男性が多いのもモテる秘密でしょう。

都会には方言がないため、方言自体に魅力を感じる人も少なくありません。

北海道

北海道は男女ともにおおらかで、サバサバした性格の人が多い傾向にあります。

細かいことに固執せず、気持ちの切替えが早いのも長所と言えるでしょう。

さっぱりとした性格の多い北海道出身の女性は、恋愛に対して非常に積極的です。

好きな人に対しては自分からアピールする人も多く、引っ張って欲しい男性にはぴったり。

最近は男性の草食化が進み、女性にリードして欲しいという人も増えてきています。

自分の意見をはっきり言い、対等な関係を築きたい男性にモテるでしょう。

他にも北海道の女性は自立心が高く、男女平等を重んじている人が多い傾向にあります。

そのため、結婚後も仕事を続ける人が多く、共働きを希望する男性との相性もいいですね。

福岡県

福岡県は、京都、秋田と続く日本三大美人の「博多美人」と言われるところです。

実は福岡の女性は全国的に見て美容意識が高いと言われています。

福岡市内のネイルサロンやエステサロン、美容室の女性ひとりあたりの店舗数は、横浜市や神戸市よりも多く、化粧品や婦人服にかける金額も全国平均よりも高い傾向にあります。

田舎といっても歓楽街や商業施設が多く、流行に敏感な女性が多いのも特徴のひとつです。

つまり、福岡には美意識が高く、磨かれた美しさを持つ女性が多いということですね。

トレンドに敏感で、美しい女性と付き合いたいという男性にとっては理想の女性です。

青森県

東北地方のひとつである青森県には、芯が強く、我慢強い人が多い傾向があります。

もともと北国は我慢強い人が多いと言われていますが、青森は特にその傾向が強いのです。

そのため、恋愛においては男性に尽くすタイプの女性が多いという特徴があります。

母性本能が高く面倒見のいい青森出身の女性は、彼に対して甲斐甲斐しく世話を焼きます。

浮気や不倫をされても瞬間的に怒らず、しばらくは様子を見る我慢強さも持っています。

男性にとっては非常に理想的な女性像ですが、何をされても怒らないわけではありません。

いくら我慢強くても、我慢が積み重なっていけばいつか爆発します。

付き合う男性は彼女の優しさに甘え過ぎず、相手を思いやる気持ちを忘れてはいけません。

沖縄県

沖縄
沖縄県出身の女性は、非常におおらかで明るい性格の人が多い傾向にあります。

郷土愛が強いですが、決して地元に固執しているわけではなく、面白そうなことや興味のあることに対してはとても積極的に行動できるタイプでもあります。

恋愛では男性をぐいぐいリードする積極性を持っており、奥手な男性の扱いが上手です。

楽天家が多いため、恋愛でトラブルを抱えることも少ない傾向にあります。

特に自信のない男性にとっては、彼女がリードしてくれるので居心地がいいでしょう。

一方、楽天家で浮気にも寛容な沖縄県の女性は、恋愛関係のトラブルがあっても深く気にしません。

そのため、嫉妬深い男性だと愛情不足を感じてしまうかもしれませんね。

モテる方言6選!

方言は、田舎出身である最大の特徴です。

方言文化が根付いていない東京出身者にとって、方言は魅力的なポイントでもあります。

都心の男性は、方言やなまりのある女性に対して純粋や素朴といった印象を受けます。

飾り気がなく、どこか幼い印象を受ける女性は、自然と男性の心を鷲掴みにするのです。

上京をして「方言が抜けない!」と悩む女性も多いですが、都会の男性との恋愛を成功させるためには、あえて方言を残して上手く使い分けることが重要です。

次は都会の男性にモテる方言について詳しく紹介していきます。

1:博多弁

博多弁は常にモテる方言の上位に位置しており、根強い男性人気を得ている方言です。

博多弁の魅力は、柔らかいイントネーションです。

「何しとっと?」「どげんしたとぉ?」など語尾を伸ばす言葉が多く、ゆっくりとした口調になるため、女性らしい柔らかで優しい雰囲気が出ます。

他にも博多弁は柔らかいイントネーションから甘えたような雰囲気が作られます。

上目遣いで「これでよかと?」「愛しとうよ」と言われたらドキッとしてしまいますよね。

方言によってどこか田舎っぽくありながら、妹のような素朴で可愛い雰囲気が多くの男性を虜にしているのです。

2:関西弁

関西弁と聞くとお笑い芸人を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

関東よりも早口で、語尾が強いため「きつい」「怖い」という印象を持つ人もいますよね。

しかし、実際にはお笑い芸人ほど厳しく言い切る人はそれほど多くありません。

他にも関西弁は性別や地域によっても言葉やイントネーションに違いがあるため、関西弁だからといって「きつい」「怖い」とは言い切れないのです。

お笑いのイメージが強い関西弁は、聞いているだけで少し明るい気持ちになれます。

標準語よりもノリがよく、何か面白いことがあるのでは?という期待も持てるでしょう。

そのような関西弁は、明るく面白い女性が好きな男性にモテる傾向があります。

「なんでやねん」「それはあかんは」「ほんまアホやな」など、ちょっときつめにつっこまれたい!という願望を持つ男性も少なくありません。

他にも「〇〇やんなぁ」「〇〇やわぁ」など語尾をゆっくりと伸ばす柔らかい方言もあり、きつさと柔らかさのギャップにキュンッとする男性もいます。

3:広島弁

広島弁と言うと、少し前は任侠映画のイメージを持つ人も多く、「怖い」「ガラが悪い」などネガティブな印象もありましたが、最近では広島弁女子が可愛いと注目を集めています。

広島弁の語尾と言えば「〇〇じゃけん」や「〇〇じゃけぇ」です。

意味は「だから」「だったら」で日常会話でも多用するため、広く知られています。

他にも「〇〇のう」という語尾もあります。

これは「〇〇な」「〇〇ね」という意味で使われますが、若い女性の場合は「〇〇じゃけんね(じゃけぇね)」と言うことが多いです。

男性的なイメージの強い広島弁ですが、それを可愛い女性が使っているというギャップが都会出身の男性をドキドキさせるのです。

最近では広島出身のアーティストであるPerfumeさんが音楽番組やトーク番組などで広島弁を披露しており、かっこいいのに可愛いという印象を持つ人が増えてきています。

4:京都弁

これまであらゆる場所で可愛い方言ランキングが発表されてきましたが、京都弁は常に1位、2位には入っているモテる方言の常連です。

京都弁の特徴ははんなりとした言葉遣いやゆっくりとしたリズムが挙げられます。

はんなりとは上品ではなやかな感じのことを指し、まさに京都のイメージそのものです。

ハル敬語と言われる「〇〇はる」は京都でよく使われる方言のひとつです。

「行かはる」「遊ばはる」などと使い、「〇〇なさる」という敬語として使われています。

他にも「〇〇へん」や「〇〇ひん」は標準語で「〇〇ない」という意味を持ちます。

「行かれへん」「行かれひん」などの言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

このように京都弁はゆるやかで、おっとりとした雰囲気を持っています。

言葉自体は大阪弁にも似ていますが、使われ方やイントネーションに違いがあるのです。

上品で奥ゆかしく、美しい京都弁に憧れを抱いている都心の男性には刺さる方言でしょう。

5:東北弁

東北弁とは、主に東北地方で使われる方言の総称です。

多くの場合は東北6県と新潟県を指しますが、茨城弁や栃木弁が含まれることもあります。

東北弁は、いわゆる「ズーズー弁」と言われる方言です。

「し」や「つ」が濁音になるため、濁音の多さから「ズーズー弁」と言われています。

東北弁の魅力は、これぞ方言!という潔さです。

博多弁や関西弁、京都弁はそれぞれ方言ではありますが、どこか洒落た感じがあります。

どこかに可愛い要素を持っており、地元の言葉でも都会でモテそうな雰囲気があるのです。

一方、東北弁は都心出身者が思い描く田舎そのものです。

東北弁を使う女性のなかには、田舎っぽくて嫌とコンプレックスを抱く人もいますが、都会出身の男性にとっては、飾り気がなく、あざとさのないところが魅力的に映るのです。

まだ都会に慣れておらず、方言も抜けていない女性を見ると「何か手伝ってあげたい」「力になってあげたい」と保護本能をくすぐられる男性も少なくありません。

6:北海道弁

北海道に方言があるイメージがないという人も多いのではないでしょうか。

北海道出身の芸能人と言えば大泉洋さんやタカアンドトシさんなどが挙げられますが、テレビ番組では標準語を話している印象が強く、方言がないように感じますよね。

しかし、カーリング女子日本代表の「そだねー(そうだね)」が話題になったように、北海道にも北海道弁という方言が存在します。

北海道弁には「なまら(とても・すごい)」や「したっけ(さよなら)」などの表現があり、ゆっくりと流れるようなイントネーションが特徴です。

口調も穏やかでおっとりとしているため、優しい雰囲気が男性の心をくすぐります。

他にも東北弁のような田舎っぽい発音やイントネーションも多く、素朴で純粋な印象を持つ男性も多いのが特徴です。

男性をキュンとさせる方言の使い方!

ひと昔前は、方言と言うと「田舎っぽい」「ダサい」といったネガティブを持つ人も多く、田舎出身者のなかには方言にコンプレックスを抱いている人もいました。

現代において方言は個性であり、その人を表す手法として広く使われるようになりました。

男性のなかには方言にドキッとしてしまう人も多く、モテるポイントにもなっています。

それでは男性をキュンッとさせるためには、方言をどのように使えばいいのでしょうか。

無闇に使ってしまうとあざとくなってしまうので、使い方に注意しましょう。

次は男性をキュンッとさせる方言の使い方について詳しく紹介します。

テンションが上がった時

男性をキュンッとさせるためには、テンションが上がった時に方言を使ってみましょう。

テンションが上がった時は、自分の本心や本音など一種の隙が表れやすくなります。

「うっかり方言が出てしまった」という雰囲気をつくることで、あざとくなくなるのです。

方言は自然に出ると素朴で純粋そうな印象を持たれますが、多用し過ぎてしまうと「わざと方言を使っているの?」「注目を集めたいの?」とマイナスの印象を与えてしまいます。

あくまでも自分にとって慣れ親しんだ方言が、無意識のうちに出てしまったという状況によって可愛さが引き立つのです。

電話の時

電話
好きな人と電話をする時はドキドキしてしまいますよね。

それは相手も同じです。

電話は相手の声が耳元で聞こえるため、小さな息遣いや雰囲気が伝わりやすくなります。

相手がドキドキしている時に方言を入れるのは非常に効果的です。

二人だけのプライベートな時間に、耳元で方言を使われたら素の姿を見た気になります。

男性は「特別」とか「唯一」といった言葉が大好きです。

電話という二人きりの空間で方言を使えば、彼にしか見せない特別な私を演出できます。

無意識の一言

前述した通り、方言は自然に使いこなすのが最も重要なポイントです。

好きな人にばかり方言を使っていると、明らかに狙っているのがバレてしまいます。

せっかく純粋で素朴なイメージのある方言を使えるのに、「わざと方言を使っているんだな」と思われてしまってはもったいないですよね。

普段の会話以外にも、「美味しそう」「楽しそう」「行ってみたい」など自分の感想がポロッと出てしまったような無意識の一言に方言を使うのも効果的です。

男性からすると隙を見せてくれたと感じ、本音で言っていると伝わりやすくなります。

家族や同郷の友達と話をしている時

家族や同郷の友達と話をしている時に方言を使うのも非常に効果的です。

普段は標準語なのに、家族や同郷の友達とは方言を使っているとギャップを感じますよね。

男性に対してだけでなく、別の角度からあなたの隙を見せることで、いつもとは違う一面を見られたと思わずドキドキしてしまうでしょう。

ただし、話に夢中になり過ぎて男性を置いてけぼりにしないように注意しましょう!

田舎出身であることに自信を持ってモテ女子になろう

ひと昔前は田舎出身と言うと「田舎っぽい」「ダサい」といったネガティブなイメージを持つ人もいましたが、最近では方言女子ブームが来ているように、地方出身者に注目が集まっています。

田舎出身者は都会出身者と比べて純粋で素朴な印象があり、都会のクールな感じに染まっていないところが男性の心に刺さるのです。

特に方言は地域ごとの特色を濃く反映しており、それぞれに違った魅力があります。

これからは田舎出身であることに自信を持って、モテ女子になりましょう!