先生を好きになっちゃった女子必見!先生と付き合うための方法と注意点とは?について
先生を好きになった女性はどんな行動をとったらいいと思いますか?

秘密の恋だからこそ人に相談できなかったり、どうしていいか分からないという生徒さんも多いと思います。

今日は貴方にとって魅力的な先生と付き合う方法と注意点をご紹介していきたいと思います。

世の中、素晴らしい先生もいればひどい先生もいるので、恋は盲目にならず理性的にアプローチしていきましょう。

好きな人は先生…この恋うまくいく?

学生時代、教員の先生が魅力的に見える事ってありますよね。

物事をよく知っていて、自分の知らない世界も知っている大人の男性。

元々、年上好きの女性や付き合う時に友人感覚から発展するよりも、リードしてほしい、自分を良い方向に導いてほしい、そんなタイプの女性は今まで先生に恋心を抱いたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

今日はそんな教師と生徒との恋愛がどうしたら実るの考えていきましょう。

タブーと言われる先生と生徒の恋

先生との恋って禁断な感じがしますよね。

実際もし先生が生徒に手を出したら、女性の年齢が18歳未満の場合は犯罪ですから『タブー』というのも嘘ではありません。

そこまでいかなくても、付き合ってることが周りに知られれば先生の立場は危うくなるでしょう。

そんな試練が多い教師と生徒の恋。

もし、貴方の恋心が憧れや好奇心だけでは無く『本物の恋』ならば、同じ生徒に恋をするより遥かに過酷な現実が待っています。

それでも望みが0という事はありませんので、覚悟がある女性は是非、本記事を参考にしてみてください。

周りに相談がしづらい

好きな相手が先生なら簡単には周りに相談できませんよね。

相談する時も濁したり、相手を特定されない様に心掛ける必要がありますし、もし、相談して恋が実っても在学中なら相談した友人も卒業までは運命共同体のようなものです。

自分が誰にも話さなくても、悲しい事に「友人からバレてしまう」可能性もあります。

実際に付き合うことを視野に入れているなら、貴方の為にも相手の先生の為にも秘密を知る人間は少ないに越したことはありません。

もし、どうしても相談したいなら同じ学校ではない遠い場所に住む友人や、ネットで個人を特定されない様に相談するのがいいかもしれません。

校則などの規則に触れる

これは各学校によって異なりますが、明確に校則で恋愛自体を禁止していたり、教師との不用意な接触を禁止している学校も存在します。

自分が学生の時は理不尽に感じる校則もあるでしょうが、多くは貴方の安全を守る為に作られたものです。

近年ではブラック校則と呼ばれる理不尽な校則が問題になったりもしていますが、教師と恋愛するのであれば、このブラック校則も他人事ではありません。

貴方が好きな先生との恋愛を成就させる為には学校自体の校則、もっと言ってしまえば、その学校の雰囲気や校風、先生の上司である校長、理事長の価値観も関わってくるからです。

そもそも18歳以下は条例で禁止

高校生くらいの女性であれば、自分はもう立派な大人だと思う方もいるでしょう。

身体の成長は個人差がありますし、精神的な所で言えば、肉体の年齢と精神の年齢は必ずしも一致しません。

「どうして禁止されるの?」と疑問を持たれるかもしれませんが、残念なことに「条例で禁止されている」以上は、それに従わなくてはなりません。

学校ごとに規則が違うように条例も県や市ごとに若干の違いが存在する事は確かですが、これに違反するという事は、貴方が考えている以上に先生にとって重大です。

万が一、先生がこれに違反すれば、学校をやめなくてはいけなくなるかもしれないのです。

貴方と付き合うことは、先生にとって大きなリスクを背負っている事を意識して行動に移しましょう。

先生が学校外で恋愛をするより学校内で生徒と恋愛するという事は、とても難易度の高い事なのです。

先生の体裁や家庭の問題

貴方にとっては尊敬出来て大人な男性でも教師も公務員とはいえ、サラリーマンに近いのです。

職を失ったり、左遷されたりするのは避けたいと考えるのが当然ですし、貴方と恋をすることは貴方以上に相手の先生にリスクがあります。

また、実際に付き合うとなれば貴方のご両親に知られる可能性もありますよね。

両親にとってみたら、年若い貴方のことを心配して、苦言を呈したり反対する事も十分考えられます。

相手の先生にとっても貴方の両親に反対されては、貴方が先生にとって魅力的な女性に映ったとしても中々、交際まで行きつくことは難しいでしょう。

本来付き合うというのは当人同士の問題ですが、先生と生徒が付き合うとなれば体制や貴方の両親の意見を無視する事はできません。

それでも先生と生徒の恋は実際にある

ここまでネガティブな側面ばかりを書いてきましたが、それでも実際恋を実らせる先生と生徒は存在します。

どれだけ立場が違っても人対人ですから、最終的には互いの相性と言わざるを得ません。

難しい立場の二人だからこそ、付き合う前と付き合ってからの貴方の行動はとても重要です。

例え貴方と先生が想い合ったとしても、貴方の行動次第で二人の縁が続くことも終わってしまう事もあります。

在学中に内緒で付き合うパターン

もし、在学中に付き合うのであればこれしかありません。

先生にとっても貴方にとっても親や学校に知られては、関係を維持する事は非常に難しくなってしまいます。

特に貴方が18歳未満ならば、どんな事があっても先生とは一線を越えない様にしなければなりません。

深夜の外出でさえ、先生が条例違反になってしまう可能性が高いのですから、卒業まではこっそり、ひっそり健全なお付き合いを心掛けましょう。

「何も悪い事はしていないのに何で!?」と憤る気持ちも分かりますが、愛する人も為にも卒業までは我慢が必要です。

卒業してから付き合うパターン

もし、貴方が愛する先生とオープンに付き合うことは望むならば卒業まで待ってから、付き合い始めることをおすすめします。

高校卒業であれば、貴方にも先生にもかなりの自由が手に入りますから、貴方は在学中よりも積極的に先生にアピールできますし、付き合うにも貴方のご両親の了承さえあれば、特段
トラブルに見舞われる心配もありません。

デートするにも、愛をはぐくむにも卒業してからの方が遥かに障害が少なく、お互い楽しめる事でしょう。

なかには結婚までたどり着く人も

困難や障害も多い先生と生徒の恋ですが、中には結婚までたどり着く人もいます。

そういうカップルの特徴としては、やはり真剣さが挙げられるのではないでしょうか。

貴方が成長して大人になれば、当然ですが先生と生徒という関係性は消え失せます。

成人し、社会人になる事で貴方にも様々な価値観の変化が訪れるでしょう。

それでも結婚までたどり着くカップルはそんな変化にも、揺り動かされない真剣さがあるのです。

残念な事に「先生である相手」を好きになった場合は、高い確率で別の道を辿る事になるでしょう。

先生と生徒という立場は、対等な関係を構築する事は難しいですが、恋人、そして夫婦になれば対等な関係で、お互いが支え合わなければいけません。

先生ならば、一方的に頼るスタンスでも問題ありませんが、夫婦ならあなたも先生ではなく
夫を支えられる様になる必要があるのです。

習い事やスクールの先生ならOK

今まで、学校の先生と生徒を前提に話を進めてきましたが、これが習い事やスクールなど個人的な経営で成り立っている場所であれば話は変わってきます。

勿論、貴方の年齢におけるリスクや弊害はありますが、先生の立場が全く違う為、学校の先生よりかなり恋愛しやすいと言えるでしょう。

仕事に置いて、チェーン店であれば店長でもその会社のルールに従う必要性がありますが、個人経営であれば店主の一存でかなりの事を自由に決められます。

これは単なる例ですが、学校の先生と習い事やスクールの先生にはそのくらいの違いが存在します。

先生への恋が諦められないなら…

貴方の恋心がどうしても諦められないのなら行動に移してみましょう。

それほど真剣な気持ちならば、行動に移さなかった事を後々後悔しかねません。

但し、貴方の為、何より貴方が大好きな先生の為にも軽薄なアプローチは控えましょう。

相手の立場を考慮しつつ、アプローチするというのは年若い貴方には難しいかもしれませんが、その経験は、例え失敗に終わっても今後の肥やしになります。

正しいステップで距離を近づける

好きな気持ちが募っていると、ついつい自分の気持ちを分かって欲しくなったり、接近したくなったりしますが、そこは忍耐力と周りを見る目が必要です。

在学中にアプローチするには周りに気付かれないように行動する必要がありますから、長期戦になる事は予め覚悟しておきましょう。

付き合うまでの困難が多い先生が相手だからこそ、距離の近づけ方はとても重要です。

一歩間違ってしまうと、貴方に先生が好感を持っていたとしても、周りの目を気にして先生は貴方の告白を断ってしまうかもしれませんし、アピールし過ぎては警戒心を抱かれます。

心構えや気をつけることを知っておく

先生へアプローチする際の気構えとしては、焦らないという事。

もう一つは恋愛になりすぎないという事です。

「恋愛になりすぎない」とは、先生にとって貴方は卒業するまで生徒であるという認識を常に忘れない事とも言えます。

もし、相手が同級生や生徒なら二人が「クラスメイトや先輩後輩の関係」から「男女の関係」になった時、その関係性の方が優先されがちですよね。

ただのクラスメイトなら〇〇さんでも、恋人になれば〇〇ちゃんや〇〇と呼び捨てに変わったり、上下関係がある間柄でも恋人になれば「恋人という立場」の方が二人にとって大きくなります。

しかし、相手が先生であれば、どんなに先生が貴方に惹かれていたとしても、在学中は貴方を生徒として見る義務が先生にはあるのです。

先生と付き合うための9個の方法

次に先生と付き合う為に、具体的にはどういうアプローチ方法が有効なのか考えていきたいと思います。

一番に考えて欲しいのは、貴方が先生だったら、どういう生徒が魅力的に見えるか?という事です。

「学生の本分は勉学である」これは念頭に置いて行動しましょう。

貴方がもし、先生から見て魅力的な女性に見えても、魅力的な生徒で無ければ先生を振り向かせる事は難しくなってしまいます。

しっかり真面目に授業を受ける

授業
生徒の本分が勉学であるように、教師の本分は学生を教え導くことです。

どんな教師でも、授業を不真面目に聞いている生徒より、真面目に聞いている生徒の方が可愛く見えることでしょう。

先生は最初から生徒を恋愛対象として見ていませんので、あくまで生徒として先生に気に入られる必要があります。

なので、まずは良い生徒を目指すことが大切です。

勉強に励むことが、自ずと貴方と先生との接点を増やす事にもなります。

とにかく接点を増やす

どんな関係性の二人であろうと接点を持っていなければ始まりません。

貴方のクラスメイトの中には「〇〇先生と殆ど話したことないよ」なんて子もいるでしょう。

担任の先生なら比較的、接点も持ちやすいと思いますが、もし部活の先生でその部活に入らなければ接点がない、委員会の先生でその委員に入らなければ接点がない、という状況なら自ら動いて接点を持ちましょう。

日常的に関わるがある関係になった方が、相手を知るチャンスが増えます。

相手を知れば、アプローチする方向性も掴めてきます。

一口に先生とまとめても、先生も一人の男性ですから、価値観は様々です。

女性の好みも、教師としても信念も、生徒への感覚も本当は一人一人違ってきます。

貴方の先生はどんな価値観ですか。

それを知る事が先生との恋愛の第一歩になるでしょう。

積極的に話しかけたり質問をしたりする

質問
先生との接点を持つことに成功したら、次は積極的に話しかけるようにしましょう。

特に、「授業について質問する」というのはとても効果的なアピール方法です。

先生であれば、「授業の質問に対して答えてくれない」という事はまずありませんし、周りから見ての不自然な光景ではないので、貴方にも先生にもマイナス要素がありません。

これが、恋愛を前面に出して積極的に話しかけてしまうと、先生は身構えてしまいます。

先生にとって「学校の生徒と噂になる」という事は、社会的に非常にまずいのです。

一度警戒されると、貴方も次からアピールしにくくなってしまいますので、焦らず生徒として積極的に話しかける事から始めましょう。

先生の担当する部活や委員会に所属する

本来、部活や委員会は「自分の興味のある物」や「将来を考えて」選ぶのが理想になります。

しかし先生と少しでも接点を増やす為には、好きな先生が所属している部活や委員会に入る事をおすすめします。

学校の教室の生徒数より、部活や委員会の方が所属人数も少ない傾向にありますので、先生と関わる機会も必然的に増えてきます。

勿論、元々貴方が好きな部活や委員会に、好きな先生が所属してくれていたらこれ程良い事はありませんが、もし自分が全く興味の無い部活や委員会に入る事になっても「良い機会」と考えて真面目に取り組んでくださいね。

授業の件でも説明しましたが、それと同様部活であれ委員会であれ真面目に活動している生徒が可愛いのは変わりません。

自分から先生のお手伝いをしにいく

良い先生であればある程、貴方が考えている以上に先生は忙しいので「手伝いをする」というのも、とても良いアピール方法です。

この時に、あくまで先生の望む形や方法で手伝ってくださいね。

「手伝いをする」と必然的に二人になる可能性も高まりますが、先生が求めていないのに手伝うことを押し付けてはいけません。

これは先生と生徒に限らず「恋愛を始める」全ての方に言える事ですが、相手も望む形で無ければ、好感は得られません。

逆に相手が望んでいない事を押しつけても、二人の仲は進展しません。

そのうえ、先生を振り向かせたいのなら、「関心が無い」所から「関心がある」所まで持ってかなければいけないので、再三お伝えしますが、焦りは禁物です。

もし、提案して断られたのなら、引き下がって次の策を考えましょう。

先生と仲良くなって恋バナをする

先生との接点を増やして、ある程度好感を得たと感じ始めたら教師と生徒より少し親密な会話を選んで話してみましょう。

合コンでも「恋バナ」は定番の会話ですが、これは話の中で相手の好みを聞き出す絶好の話題だからです。

恋愛について語る事で、先生の恋愛における価値観や感覚を知る事ができます。

勿論、ある程度は貴方の話もする必要がありますが、振り向いてほしい時は先生にどれだけ「自分のことを話させるか」が重要になってきます。

当たり前だと思うかもしれませんが、教師も人間です。

先生が貴方のことを信用していなければ「恋バナ」というプライベートな話題はあまり乗ってこないでしょう。

もし、貴方が先生に恋バナを振っても先生が話を逸らす様なら、「仲良くなる」という下準備が十分ではなかった証拠です。

逆に「恋バナ」に先生が乗ってくれたのなら、これまでの貴方の努力が報われた証拠でもありますので先生の価値観を引き出しましょう。

2人きりで相談をする

相談
どんな相手を落とすにも二人きりになるというのは有効な方法です。

周りに人が居れば、言えない事やできない行動も多々あるでしょうが、二人であれば貴方はいつも以上に自由な振る舞いができます。

また、「相談する」というのは先生にとって貴方のことが気になるきっかけにもなりやすいです。

教職とは人を教え導く職業ですから、志のある先生なら生徒の相談、問題を解決してあげたいという、心理が働く先生も多いのではないでしょうか。

非常に重要になってくる「相談の内容」ですが、こればかりは今まで先生を見て来た貴方が最善だと思う話題をチョイスするしかありません。

最初に大きな相談をするよりも1つ相談してみて、先生の対応や熱の入り具合を観察してから、勝負に出るのも1つの策かもしれません。

あまり重要でない相談を乱発するのは、信用を損なう可能性があるので避けた方がいいでしょう。

可能なら連絡先をゲットする

現代では、誰と恋愛を始めるにしても連絡先をゲットするのは基本中の基本です。

しかし相手が先生であるだけで、恋愛のスタートラインとも言える連絡先をゲットするまでにも多大な労力を必要とします。

連絡先を聞くタイミングはとても重要なので、慎重に先生の様子を見て提案してくださいね。

一番いいのは「連絡先を交換する正当な理由」を作り出す事ですが、後々嘘がバレるリスクもあります。

先生に相談を持ち掛けた流れで、ゲットできるようなら絶対ゲットしましょう。

連絡先を知る事で、先生との距離を更に縮める可能性が格段にアップしますし、貴方に連絡先を教えるという事は、先生が貴方を気にかけてくれている証拠でもあります。

近年はクラスラインの様にクラスメイト全員が先生のラインを知っている様な場合は逆に注意が必要になりますし、連絡先を知っていても先生との距離が縮んでいるという目安にはなりません。

誕生日を覚えておく

誕生日
親しく話す間柄になれたのなら、連絡先の次に誕生日を聞き出すのも大切です。

誕生日を聞かれて、すんなり教えてくれる人もいますが、中々教えてくれない人もいます。

これは教師としてではなく、人としての感覚や個性の問題なので一概に「こう言えば教えてくれる」という必勝法が無いのが難点とも言えます。

女性だと特に、占いなどで誕生日を教え合ったりする事が多いと思いますが、男性で占い好きな方はそんなに多くないので、話の流れで聞くのが一番聞きやすいかもしれませんね。

大型連休の前後など、休暇に絡めて聞くのも一つの方法です。

誕生日を聞き出せたら忘れない様に覚えて、必ずその日に「おめでとう」を言いましょう。

祝うことができるかどうかは、その時のタイミングもあると思いますが、祝福の言葉を伝えるだけでも先生の印象に残るはずです。

バレンタインにチョコを渡す

バレンタインの時期は学校全体でちょっと浮かれた空気になりますよね。

勿論、校風によってはチョコを完全に持ち込めないという学校もあるかもしれませんが、もし可能なら先生にチョコを渡してみましょう。

事前に甘いものが好きかどうかをリサーチしておき、嫌いだったら別の何かをプレゼントするのもいいですね。

バレンタインであれば、貴方以外もチョコを誰かに渡しているでしょうし、友チョコなども存在する現代ならば、万が一誰かに先生にチョコを渡している事がバレても義理チョコで逃げ切れる可能性が高いと思います。

提出物でこっそり秘密のやりとり

担任の先生や、貴方が受ける授業で受け持つ科目を持っている先生だったら提出物でのやりとりもおすすめです。

提出物は先生が必ず目を通すので、些細な事でも報告してみましょう。

提出物でのやり取りは、誰かに見られる可能性も否定できないので、明るい内容や人に見られても平気な内容が好ましいですが、先生が返事を書いてくれたらそれを習慣づけることで、更に貴方の存在をアピールする事ができます。

付き合う前の異性と些細な事をラインでやり取りする事ってよくありますよね。

感覚的には同じで、大した内容でなくても「やり取り」をする最中は相手のことを考えたり、思い出したりするものです。

先生が貴方のこと考える時間が増える事が、貴方にとってプラスになるでしょう。

ありがとう報告をする

人から「ありがとう」と感謝されたら誰だって嬉しいものです。

特に男性は女性から感謝される事について、女性より心地よく感じる人が多いのです。

これは「頼りにされたい」という男性心理の表れでもありますし、個人差はあるものの不快に感じる人は殆どいないので、先生には「ありがとう」の言葉を沢山贈ってください。

特に教員である先生は勉学のことで感謝されると嬉しいものです。

例えば「先生のおかげでテストの点数が上がったよ!ありがとう」という言葉の中には、先生の授業の質を認めると共に教員としての先生を肯定する事になります。

プラスで誰かに「役に立った」「感謝されている」という感情を与えることができますので、先生との距離を縮めるのに難航している方は、是非先生に感謝の言葉を伝えて下さい。

アピールもできて、成績も上がるなら良い事づくしですよね。

そして、先生に相談したことが解決した時も必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

真剣に相談に乗ってくれればくれる程、結果が心配になるものですが、中々自分からその話題を蒸し返すことはできないものです。

先生と付き合うための注意点

貴方の努力が実って先生と無事付き合えても、校内に在籍している以上、注意も必要です。

様々な困難を乗り越えてやっと付き合えたのですから、二人の仲を深めたいと考えるのは自然な事ですが、舞い上がって周りにバレてしまったりしたら折角の貴方の苦労が勿体無いです。

しつこくしすぎない

先生からレスポンスが遅くても、しつこく要求するのはやめましょう。

教員である先生と貴方の生活スタイルや時間はかなり違っている事が多いので、時間を取ったり、合わせたりすることも非常に難しいのです。

通常のカップルであれば、「時間が無い」「忙しい」は言い訳だと感じる人が殆どだと思いますが、先生と生徒の場合は現実問題として起こりやすいのです。

レスポンスが遅かったり、距離を置きたいと言われる時には必ず学校が関係する理由があるはずです。

広い心で待つことを忘れないで下さい。

そして、そんな時こそ勉学に励みましょう。

自分がいなくても頑張る貴方の姿は先生に好感を与える事ができます。

自分だけ構ってもらおうとしない

恋人になったのなら特別扱いして欲しいと感じるのは当然の事ですが、先生は貴方だけを特別扱いする事はできません。

教員として、全ての生徒を平等に扱う義務がありますし、受け持つ生徒に問題があれば生徒の数だけ対応しなければいけないのです。

クラスが仮に40人だとしても担任の先生が1人しかいないように、生徒はあなただけでは無いのです。

また、そんな重責を背負っている先生に「構ってほしい」としつこく訴えたら先生はどう思うでしょうか。

恋人であれば、貴方を構ってあげたい気持ちをきっと持っていると思いますが、そうできない現実を先生と一緒に受け入れる様にしましょう。

先生の都合を無視しない

もし、貴方が「貴方の都合を無視して付き合う恋人」がいたらどう思いますか?悲しくなったり、愛想を尽かしたりしませんか?先生も同じです。

とは言え「私ばっかり先生に合わせている」と不満に思う事もあるでしょうが、そこは「生徒」の貴方を「恋人」にしている先生のリスクを思いやって我慢してあげて下さい。

そして勿論、貴方も先生に無理して全てを合わせる必要はないのです。

貴方にも進学や就職といった次のステージがあるのですから、先生の対応に我慢ができなければ、一度距離を置いたり、卒業後の交際を視野に入れる事が大切です。

周りにバレないようにする

先生にとって「周りにバレる」というのはとても恐ろしい事です。

周りにバレた事で被る不利益は、貴方より先生の方が格段に高いとお話ししましたが、これは先生の性格や個性ではなく教員としての立場上当然の感情なのです。

それ故、貴方は付き合った後も周りにバレない様、細心の注意を払って付き合ってください。

とは言え「先生との恋愛を誰にも相談できない」という状況は辛いと思います。

先生も人間なので、いつも正しいわけではありませんし、付き合えば教師でも、立派な大人でもない、先生の男の顔を見ることになります。

戸惑いも生まれる事でしょうが、軽々しく多くの人に相談するのではなく、本当に信頼できる口が堅い人だけにしましょう。

しかし万が一、先生から迫られたり、一線を越えそうになったならそれは受け入れないで必ず信頼できる人に相談してください。

卒業まで待つことも視野に入れる

卒業
これは、とても大切な事です。

2人の関係が良好であればある程、貴方が在学して付き合う期間より、卒業後付き合う期間の方が非常に長くなります。

在学中に付き合う事は貴方にとって、そして先生にとっても負担になってしまう事がどうしても多くなってしまうのでもし先生が卒業まで待って欲しいという提案をするのであれば、先生の為にも受け入れる選択も視野に入れて下さい。

そして1度付き合ったからといって、卒業まで待たなくて良いわけでもありません。

1度付き合ってみて、難しいと感じる先生もいます。

繰り返しになりますが、高校を卒業すれば二人の間の障害は「歳の差」と進学などによって生じる物理的な距離くらいで、それ以外は他のカップルと同じく個人的な相性と人間性の問題です。

二人の間の制約は格段に下がり、在学中より自由な付き合いが待っているのです。

先生好きなあなた、その気持ちは大切に持っていて

誰かを好きになるのは、とても素晴らしい事です。

実際、先生と付き合えるかは貴方と相手の先生次第ですが、行動に移せばその分苦労もあります。

どんな時であれ、貴方が後悔しない選択をして下さい。

「先生が好きだ」という気持ちだけは、例え振られたり、相手にされなくても大切にして下さい。

貴方が勉学に励み、次のステージにいった時にきっと「大切な想い出」になるはずです。

最後にお伝えしたいのが、先生がいつも正しい訳でないという事です。

先生と付き合う為に先生の立場を思いやるのはとても大切ですが、その先生が貴方を故意に傷つけたり手を出してくる様なことがあったら毅然と対応しましょう。

貴方のことをしっかり考えて思っている先生なら、不用意にそんな事をしません。

健全な付き合ができる先生や、卒業まで待つという良識がある先生を好きになって下さいね。