嫉妬男の痛い行動13選!そんな時の対処法と嫉妬をされすぎないイイ女の行動とは?について
あなたの付き合っている彼が嫉妬男だったらどうしますか?

もしかすると今の彼氏がそんな嫉妬男だという女性もいることでしょう。

嫉妬男と付き合うと厄介です。

今回はそんな嫉妬男について対処法を含めて紹介していきます。

ぜひ嫉妬男のことを知って攻略しましょう。

嫉妬男って女々しくて付き合うのが面倒

そもそも嫉妬とはどんな感情なのでしょうか。

意味を調べると「やきもち」という意味がすぐに出てきます。

また他には、愛する人が他の人を好きになった時に抱く恨み憎む感情であるとする意味もあります。

さらには嫉妬は恋愛だけに抱く感情ではありません。

他人が自分より優れていることに妬んだり恨んだりすること、という意味もあります。

嫉妬する男は実に女々しいです。

いちいち束縛してくるその態度には辟易することでしょう。

男性の女々しさはとても醜いですし、女性以上の女々しさがある男性もいます。

ただ男性にとっては至って真剣な気持ちしかありません。

そこに女性を縛り付けようなどという意図はないのですが、どうしてもやっていることが結果的に束縛ということになってしまうのです。

女性としては信用されていない気分になり、だんだんと付き合うことが面倒になってしまうものです。

男性には愛情であっても女性にははた迷惑な行為で心が離れて行っている原因であることに気が付いていないということでしょう。

最初は束縛も嬉しかったけど…だんだん面倒に

嫉妬男は最初から嫉妬男であったわけではありません。

もともとは単なるやきもちやきであっただけなのに、次第にエスカレートして嫉妬男になってしまったのです。

そうなってしまった原因はやはり彼女にもあります。

つまり彼を不安にさせるような要素があったわけです。

誰とでもフレンドリーにできたり、男友達が多いなど彼氏以外とも交友関係が多いと嫉妬男の嫉妬心が芽生えてしまいがちです。

さらに連絡が取れなくなったり、ドタキャンなどがあるともっと嫉妬は強くなることでしょう。

ですが彼女にも都合はあります。

やましいことはなくても、彼女の行動次第で嫉妬男を作り上げてしまうということなのです。

女性の多くは最初は何でも嬉しく感じます。

たとえ嫉妬されたり束縛されることも、愛情があればこそと受け止めることができます。

ですが次第にそれは面倒になっていくのは目に見えています。

付き合いが長くなればなるほど、束縛は邪魔になる、それがカップルの最大のあるあるではないでしょうか。

嫉妬男の痛々しい行動がもはや笑えてくる

嫉妬男ほど痛々しいものはありません。

嫉妬に狂う、女々しく、そんな姿は滑稽に見えてくることもあります。

それでも至って本人は真剣そのものです。

彼女への愛情はゆるぎません。

ただ、そんな姿は次第に異常に見えてくることがあります。

異常になってくると常軌を逸した行動をすることも。

嫉妬に狂った男性はエスカレートするのは必然なことなのです。

その前に彼女としては彼を安心させてあげることをするべきですし、もし愛情を感じなくなってしまったいる場合は、付き合いを解消することも考えるべきです。

嫉妬男の行動は笑えることさえできなくなることもあるので、彼女としては複雑な心境になることもあるでしょう。

嫉妬男の痛い行動13選

嫉妬男
では嫉妬男はどんな痛い行動を取るのか、具体的に紹介していきます。

あなたの知っている嫉妬男と照らし合わせてチェックしてみてください。

嫉妬男のいろいろな生態が見えてくると思います。

数分返事がないだけで怒る

嫉妬男の痛い行動として、数分返事がないだけで怒ることがあります。

今はLINEなどで簡単に連絡が取れる時代です。

手軽さゆえ、面倒な事も多くあります。

特に嫉妬男が彼氏であった場合、面倒なことになってしまうこともあります。

LINEは忙しいと既読スルーや未読スルーはどうしてもしてしまうことがあります。

ですがそれは嫉妬男には通用しません。

忙しくても自分が返事を待っている以上は、彼女にスルーされることはあり得ません。

そのくせ自分がスルーするのはOKなのです。

嫉妬男は相手に求めることが多いですが、自分はそんなことはお構いなしという性格があります。

嫉妬男にとっては数分返事が来ないだけで彼女が浮気をしていると疑ってかかったり、あらぬ想像をしてしまうことがあります。

彼女にとっては彼からの連絡は恐怖を感じてしまうことでしょう。

女友達や家族にすら嫉妬する

嫉妬男の痛い行動として、女友達や家族にすら嫉妬することがあります。

つまり自分の方を常に向いていないことは許せないのです。

よく彼氏ができると女友達と疎遠になる女性がいますが、彼氏からの束縛でそうなってしまうケースもあるわけです。

ただ女性としては彼氏も大切にしたいですし、友達も大切にしたいのは当然です。

理不尽な彼氏の束縛はストレスが溜まります。

そんな嫉妬男ではありますが、実は自分に自信がないことがそうさせてしまうこともあるのです。

自分が男性として魅力的かどうか分からないために、彼女が浮気してしまうのではないかと心配になることで、彼女の行動が気になって仕方がないわけです。

たとえ女友達と会っていると言っても嘘を付いてるのでは、と疑心暗鬼な心が嫉妬男にさせてしまうということでしょう。

服装にいちいち口出しをする

嫉妬男の痛い行動として、服装にいちいち口出しすることがあります。

露出の多い服はまず嫉妬男にとってはNGファッションです。

夏は特に肌の露出は多くなります。

夏はただでさえ気持ちが開放されます。

露出の多い服装で他の男性とのワンナイトラブ、そんなことは嫉妬男には容易に想像できてしまいます。

どんなに暑い夏でも肌が出るような服装は絶対にNG。

スカートの長さも当然ミニはNG。

またダメージジーンズはNGなど、少しでも露出はしない服装をするように強要されます。

多くの男性は、女性がファッションで自分をより綺麗に着飾ることは分かっています。

オシャレな女性はモテますし、普通であれば自分の彼女のセンスが良いと自慢の彼女です。

しかし、嫉妬男においてはそんなことは自分の彼女に限ってはNGです。

いちいちダメ出しされるのは女性もストレスが溜まってしまうことでしょう。

勝手に禁止事項をつくる

嫉妬男の痛い行動として、勝手に禁止事項をつくるということがあります。

親でもないのに禁止事項をつくられるのは理不尽極まりないですが、嫉妬男にとってはそれは当たり前のことです。

例えば彼女の行動はチェックされますし、制約されるのは普通にある禁止事項です。

友達と会う時は誰と行くのか、どこへ行くのか逐一報告することや、その会う友達も彼が気に入らない人であれば会うのはNGです。

出かけるのも場所を限定されたり、飲みに行くのも勝手に門限を決めて家に帰っていなければならないということもあるでしょう。

ひどくなると飲み会に毎回迎えに来るなど、一見優しい彼氏に見えはしますが、どんなに盛り上がっていても必ず時間には彼氏の迎えで帰らなくてはなりません。

ただこうした彼女の複雑な心境は他の人には分かってもらえないこともあります。

「彼氏に愛されているんだね」と一言で終わってしまうでしょう。

愛情の裏返しには恐ろしい嫉妬男の姿があるのです。

男友達に喧嘩を売りに行く

嫉妬男の痛い行動として、男友達に喧嘩を売りに行くことがあります。

まず嫉妬男には彼女に男友達がいることは許されません。

徹底的に男友達を排除しようとする傾向があります。

ただでさえ女友達も会うことを制約されているのに、男友達と会うなどということは絶対にNGであり、あり得ません。

そうは言っても彼女にとっては大切な友達かもしれません。

特に彼氏の悩みは男友達に相談すると、同じ男目線でアドバイスをくれることは間違いないのです。

ただそんな男友達は下心が無いとは言い切れません。

それが嫉妬男には男の本能的なものをを分かっているため、自分の彼女を守るべく変な正義感で男友達に喧嘩を売りに行くという心理があるのです。

彼女のSNSを監視している

嫉妬男の痛い行動として、彼女のSNSを監視していることがあります。

SNSでは自分の本音が出やすいことがあります。

多くの人は自分の心境を吐露して発信することで多くの人に共感してもらったり、アドバイスをしてもらえることで心に支えになることは十分にあることですし、それを求めてSNSをしていることもあるでしょう。

そんなごくごくプライベートな部分も嫉妬男に監視されてしまうのです。

またSNSでは写真をアップする人がほとんどですが、もしかすると自分に隠れて遊びに行っていたり、男性と会って楽しんでいるかもしれません。

嫉妬男にとっては自分の知らない彼女がいることが許せないのです。

彼女のことの全てを把握しなければ気が済まないということでしょう。

スマホを勝手に覗き見する

嫉妬男の痛い行動として、スマホを勝手に覗き見することがあります。

これは嫉妬男のあるあると言えるほどメジャーな行動です。

彼女のことはすべて把握しなければ気が済まない嫉妬男には毎日の日課と言えます。

当然浮気防止のためもありますし、酷い時は画像チェックなどすべて確認されます。

嫉妬男である彼が恐れているのは、やはり自分の知らない彼女がいるということでしょう。

自分の知らないところで彼女は何をしているのか、そして自分を裏切っているのではないかという疑心暗鬼な気持ちが葛藤しています。

ここまですると人として問題があるかもしれません。

いくら彼女であると言ってもプライバシーの侵害は許されるものではありません。

どんなに彼女を愛しているとしても、この行動が二人に亀裂を作ってしまう原因にもなり兼ねません。

喧嘩になっても絶対に折れない

喧嘩
嫉妬男の痛い行動として、喧嘩になっても絶対に折れないことがあります。

嫉妬男は彼女の全てを支配しなければ気が済みません。

そのため自分が絶対だと思っています。

自分の言うことはたとえ間違っているとしても、自分が思うことに間違いはありません。

そこへ彼女が反論するということはあり得ないことだと感じています。

つまり彼女は黙って自分に付いてくればいいと思っているわけです。

彼女が彼に間違いを指摘したり、意見を言ってくることは気に入りません。

そこで喧嘩になっても絶対折れることもなく、彼女に自分の気持ちを押し付けることをしてしまいます。

それもこれも自分に自信がないゆえの行動ですが、素直に間違いを認めることができない性格だと言えます。

彼女にとっては納得のいかないことであり、このような積み重ねはどんどん気持ちが離れていく原因になってしまいます。

駄々っ子のようにわがままを言う

嫉妬男の痛い行動として、駄々っ子のようにわがままを言うことがあります。

嫉妬男は基本的に自己中心的な傾向があります。

自分の気に入らないことがあるとたちまち駄々っ子のようになります。

とても不機嫌になるので、彼女としてはご機嫌を取ることに苦労することでしょう。

また嫉妬男は世間体をとても気にします。

自分はいかに良い人間なのかを見せるため、彼女は素敵な彼氏を持っていると周囲からは思われます。

そのギャップがなおさら彼女を苦しめることになることもあります。

二人でいるときはそんな良い人間ということからは程遠いため彼女としてはそのギャップに困惑することでしょう。

男性の駄々っ子でわがままな姿を女性は求めていません。

男性からすると甘えているということなのでしょうが、女性は頼れる男性であることが分かっているからこそ甘えることも許すことができます。

嫉妬男は頼れる男ではないこともただただ痛い行動と見えてしまうことでしょう。

男のくせに泣き落としで攻めてくる

泣く男性
嫉妬男の痛い行動として、男のくせに泣き落として攻めてくることがあります。

嫉妬男はすぐ泣く傾向があります。

強がる男性ほどよく泣くものです。

もちろん普段は頼れる男性を演じているので人前で泣くことはありません。

自分の弱さを見せることができる相手であるからこそ泣き顔を見せるわけです。

ただ女性としては男性の泣き顔は見たくないと思う人も多いです。

もちろん気持ちが弱っているときや、仕事に失敗をして悔し涙を流している男性は、一生懸命生きている証として泣いているとただただそばで守ってあげたくなるものです。

ですが嫉妬男の場合は、そんな女性の心理をうまく突いてきます。

少しでも面白くないことがあると駄々っ子になると同時に泣いて訴えてくることもあります。

女性は男性の涙に弱いため泣いてしまうと何も言えなくなりますし、むしろ慰めてしまうことでしょう。

男性の泣く姿を利用した悪どい行動と言えます。

よく分からないポエムを送ってくる

嫉妬男の痛い行動として、よく分からないポエムを送ってくることがあります。

嫉妬男はロマンチストです。

当然LINEなどで思いついたポエムなどを送ってきます。

ただ女性は意外と現実派であるため、そんなポエムが送られてくるとドン引きします。

もしそのポエムが心に訴えかけてくるような素敵なものであれば彼の才能を感じて共感することができるかもしれません。

でも送られてきたポエムは意味不明。

思わずスルーしたくなるところですが、ここでスルーをすると大変なことになるため、いちいち反応しなければなりません。

ロマンチストが決して悪いわけではなく、嫉妬男の幼稚な行動が女性にはどうも受け付けないこともあるということなのです。

言葉だけ達者で攻撃してくる

嫉妬男の痛い行動として、言葉だけ達者で攻撃してくることがあります。

嫉妬男は弁が立ちます。

頭の回転が良い人であれば、女性も言いくるめられてしまうこともしばしです。

また嫉妬男は自分の心の中で思いを留めておくことはできません。

彼女に対して不満があるとすぐに口に出して言いますし、彼女の服装が気に入らなかったり、自分の意に沿わないことはどんどん言葉の攻撃をしてきます。

そのくせ聞く耳を持っている、ということを主張します。

ですが、聞いてはくれてもその倍ほどの言葉の攻撃が返ってくることもあります。

彼女も反論する気もなくなり、次第に何も言えなくなりますし、言っても無駄であると思ってしまこともあるかもしれません。

自分の気持ちに任せて思いっきり言葉をぶつけてくるため、厄介な彼氏だと言えるでしょう。

勝手に行き先についてくる

嫉妬男の痛い行動として、勝手に行き先についてくることがあります。

嫉妬男は彼女が友達と遊ぶときなど黙ってついてくることもあります。

車で待ち合わせ場所へ送ってくれたり、目的地まで友達も一緒に送ってくれるという彼氏はいます。

ですが嫉妬男の場合は監視という目的でついてきます。

ただ彼女が家族と過ごすときはついてきません。

彼女の家族にはあくまでも良い彼氏で通したい、という心理があるのです。

彼女が友達と会う、というのは本当に友達と会うのか確かめるということもありますが、もしそこで他の男性にナンパなどをされることもあるわけです。

そんなときに守る気持ちもあります。

ですがそれは正義感ではありません。

少しでも彼女が他の男性に目を向けることが許せないのです。

こんなことが続くと彼女も友達と会うことさえできなくなってしまいます。

彼氏ができると友達に疎遠になる人がよくいますが、このような事情がある場合もあるのです。

嫉妬男と付き合っちゃった場合の対処法

ここまで嫉妬男の痛い行動を紹介してきましたが、どのように感じたでしょうか。

ドン引きした人もいるでしょうし、まだまだこれくらいなら大丈夫、そんな人もいることでしょう。

ですが実際に自分の彼氏が嫉妬男であったり、これから付き合う男性が嫉妬深い男性だったら、どうしていいか分からなくなるかもしれません。

そこで、ここでは嫉妬男と付き合ってしまった場合の対処法を紹介していきます。

もし今まさに嫉妬男と付き合っているという人もぜひ参考にしてみてください。

2人の間でルールを作る

ルール
嫉妬男と付き合っちゃった場合の対処法として、2人の間でルールを作ることをしましょう。

恋愛はお互いが尊重し合うことがもっとも大切なことです。

それが成立しないとき、恋愛はうまくいかなくなるものです。

嫉妬男と付き合っていると女性は多くの精神的負担を感じます。

まるで頭を押さえつけられているような気持ちになることも。

それでは息苦しくなることは間違いありません。

いかに2人がうまく、そして長く恋愛関係を続けていくために2人のルール決めをすることを提案してみてください。

もし彼がそれを拒否するようなことがあった場合は、別れることも視野に入れておきましょう。

決して我慢する必要はありません。

マメに連絡を返してあげる

嫉妬男と付き合っちゃった場合の対処法として、マメに連絡を返してあげることをしましょう。

彼が嫉妬男であっても彼のことは嫌いになれない、そして好きな気持ちは変わらないと思っている人はやはり正面から彼と向き合うことが大切です。

嫉妬をするのは自分に自信がないためですし、自分から彼女が離れていくのではないかという不安があることも要因です。

そんな彼を安心させてあげることで、彼も嫉妬をせずに済むかもしれません。

意外と嫉妬するというのは疲れます。

彼も精神的に追い込まれての行動であることもあるので、彼の気持ちに余裕を持たせることも方法でしょう。

疑われないようしっかり伝える

嫉妬男と付き合っちゃった場合の対処法として、疑われないようしっかり伝えることをしましょう。

彼が嫉妬をするのはいろいろな誤解が生じるためです。

彼女の説明が不十分であったり、疑わしいことがあることで疑心暗鬼な気持ちは加速するばかりです。

そうならないためにまずはしっかり話すことが大切です。

ただ人はどこかで察して欲しいという気持ちがあります。

人それぞれに事情や知られたくはないこともあるものです。

たとえ彼氏だとしても一から十まで言うことは面倒であり、ある程度のところで納得して欲しい気持ちになることでしょう。

ですが残念ながら嫉妬深い彼には通用しないかもしれません。

自分があらぬ疑いをかけられないようにしっかりと伝えるようにしましょう。

彼氏を友人に紹介する

彼氏を友人に紹介する女性
嫉妬男と付き合っちゃった場合の対処法として、彼氏を友人に紹介することをしましょう。

予め友達に紹介しておくことで彼に友達のことを理解してもらうことができますし、信頼できる友達であるということをアピールしておくことで友達と出かけることも容易になるかもしれません。

ただ嫉妬男はどこか人を信用していない面があります。

たとえ友達を紹介されても疑いは晴れないことも。

そのため友達がどんな人であるのかを彼に知ってもらうことが大切です。

例えば彼氏と友達とで食事をしてプライベートな話しをしたり、また友達の彼氏も含めて会うことで嫉妬深い彼も少なからず気持ちに余裕が出てくることもあるでしょう。

とにかく彼女は自分の全てを彼に見せておくこと、それが大切です。

できないことははっきり言う

嫉妬男と付き合っちゃった場合の対処法として、できないことははっきり言いましょう。

嫉妬男は彼女に求めることが多いです。

それは彼仕様の彼女を作り上げたいという気持ちがあるためです。

服装にしてもヘアスタイル、ファッションに対してはうるさく言ってくることは当たり前です。

また男性は母親をどこか意識しているため、彼女に母親を求めることがあります。

つまり理想の母親像を彼女に当てはめようとしているのです。

料理なども自分の口に合うようにうるさく言ってくることもあるでしょう。

ですが彼女にもアイデンティティがあります。

彼女以外の何者でもありません。

母親を求められてもできないことはきちんと言うべきです。

そして彼女本人を認めてもらえるように主張していきましょう。

嫉妬男にさせないようなイイ女とは

女性は自由に日々の生活や恋愛をしたいと感じる人は多いものです。

それが彼氏が嫉妬深いことで恋愛だけではなく、毎日も辛くなることがあるかもしれません。

そこでそのための対処としては、やはり彼を嫉妬男にさせないことが先決です。

彼が嫉妬男にならないためにはまずは女性が変わることが必要です。

ここでは、そんな嫉妬男にさせないようないい女とはどんな女なのかを紹介していきます。

ぜひ自由な恋愛を楽しめるようにしていきましょう。

安心させる言葉をかけている

嫉妬男にさせないようなイイ女とは、安心させる言葉をかけていることです。

彼氏を嫉妬させるようにさせてしまう彼女というのは実は要領が悪い傾向があります。

彼氏の気持ちは後回しで、自分のことばかりをまず考えてしまうと彼の気持ちはどんどんストレスが溜まっていきます。

男性はストレスを溜め込む性格である人が多いので、それが爆発してしまうと嫉妬男が出来上がってしまうことにもなり兼ねません。

そうならないために彼女も要領よくすることが大切です。

例えば友達と旅行へ行くときは旅行の打合せを彼氏がいる前でしたり、友達と彼氏が自由に会話できるような雰囲気を作っておくことが必要です。

大切なことは閉鎖的になることです。

彼氏に全てをオープンにしておくことで彼も安心することができるでしょう。

普段から誠実な行動をとる

嫉妬男にさせないようなイイ女とは、普段から誠実な行動を取ることです。

彼が嫉妬するのは彼女を疑ってしまう気持ちがあるからです。

例えば女性は良いことや楽しいことは聞く側が疲れるほど話してくるのに、秘密などはまったく言いませんし、隠し事をするという習性があります。

ですがそんなミステリアスな部分は彼氏には見せてはいけません。

彼女の秘密を知ってもらうことも彼氏を安心させる材料となります。

どんなことも彼に話をして誠実な自分を知ってもらうこと、そしてコソコソと行動はせずどんどん自分の姿を見せることで彼は何も言わなくなる可能性があります。

困ったことがあれば、常に彼に頼ることで彼も男らしい姿を見せてくれることでしょう。

とにかく隠し事はしないこと、これがポイントです。

しっかり連絡をとっている

嫉妬男にさせないようなイイ女とは、しっかり連絡を取っていることです。

女性は毎日忙しいです。

彼氏も大切ですが友達や家族も大切です。

そして趣味や習い事など自分の人生を充実させるべく毎日頑張っているのです。

ところがそれが理解できないのが嫉妬男です。

男性にとっては2人で過ごす時間こそが重要であるという人もいます。

嫉妬男であればそれは絶対です。

日々忙しくてなかなか連絡が取れない彼女は疑うべきことが満載です。

彼が一番して欲しいのはしっかり連絡をして所在が分かっていること、それにつきます。

忙しい女性には一仕事増えてしまいますが、ぜひ彼氏の不安を払拭するべく連絡をマメにしましょう。

嘘をつかないで事前に報告する

嫉妬男にさせないようなイイ女とは、嘘をつかないで事前に報告をすることです。

人は自分が不利になることは言いたくありませんし、秘密にしたがる傾向があります。

ですが秘密はバレるときが来る可能性は高いのです。

ましてや彼氏には絶対に知られたくないことなどは必ずと言っていいほどバレます。

そうなってしまうと彼氏の嫉妬は加速することでしょう。

彼が嫉妬に狂ってしまう前に正直に素直に嘘をつかないで言うことが大切です。

つまり信頼を失わないということがポイントです。

一度嘘をつくと、嘘に嘘を重ねて収拾がつかないこともあるのです。

それほど醜いことはありません。

正直に彼に言うことは2人がうまく関係を続けていくために重要なことです。

彼に嫌われたくない気持ちが嘘をつかせてしまうのだとしたら、それはまやかしの関係になってしまいます。

絆を深めていくためには真向から彼と向き合っていきましょう。

強気な態度で男を躾けている

嫉妬男にさせないようなイイ女とは、強気な態度で男を躾けることです。

嫉妬男は力技でねじ伏せることもしてみましょう。

あらぬ疑いを掛けられて嫉妬されることよりも女性も自衛することが必要です。

疑われるようなことをしていないのであれば、自信を持って生きることが大切です。

女性はどうしても彼氏に強く出られると何もできなくなってしまいます。

ですが今は女性も自立しても良いのです。

お互いに尊重し合える付き合い方をするためにも、強気な態度で彼氏を躾けしていきましょう。

嫉妬男は上手にコントロールして対処しよう

いかがでしたでしょうか。

嫉妬男が彼氏であると恋愛関係も難しくなることもあり得ます。

そうならないために対処することも大切ですし、彼氏を嫉妬深くならないように女性も努力することが必要です。

嫉妬男を上手にコントロールすることができるようになると付き合い方も自然にできるようになります。

大切なことは彼を嫉妬男にしてしまうのではなく、あくまでも2人がいかに心地良く付き合っていけるか考えていくということです。

彼氏を嫉妬男にしてしまうかどうかは女性の手腕に掛かっています。

ぜひ嫉妬男を上手にコントロールできるように対処できる力を身に付けて恋愛を楽しみましょう。