彼氏に冷めたと思ったら、考えたほうが良いこと4選とおすすめな頭の冷やし方について
たとえ付き合いたての時は大好きだった彼氏でも、ふとした瞬間に気持ちが冷めてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は衝動的にならないで。

まずは考えてみるべき4つのことと、クールダウンをする方法をご紹介します。

彼氏に冷めてしまったら・・・考えたほうがいいこと4選

付き合っていると、ふとした瞬間に冷めてしまうことってあるかもしれません。

でもそれは一時のことかもしれないですし、ずっと変わらないことかもしれません。

冷めた瞬間にはどちらであるかは分からないものですし、どう行動すべきかも分からないと思います。

衝動的に勢いで別れてしまうのはキケンです。

別れてからヨリを戻せる人もいますが、そう簡単に出来るものでもないからです。

逆に、いい関係を築けないまま関係をズルズルと続けるのもお互いにとって良くないことです。

まずは自分の気持ちや考え、状況を分析するために、自分の時間を取りましょう。

そしてゆっくりと考えてみましょう。

1.なぜ冷めてしまったのか?

彼氏に冷めた
そもそもなぜ冷めてしまったのでしょうか?理由はもちろん様々だと思います。

冷めてしまったこと自体よりも、その理由が重要なのです。

ちょっとした彼のドジな一面をを見てちょっと冷めたくらいなら可愛いものですし、少し時間が経てば忘れてしまう程度のことかもしれません。

だけど、中には思いとどまって、しっかりと考えないといけない理由もあると思うのです。

なんとなく「冷めたなあ〜」と思いながら付き合い続けたり、何かを我慢し続けながら付き合い続けるのはイエローカードですよ!

自分にとっても、相手にとってもいいことはありません。

しっかりと理由を突き止めましょう。

カップルによって理由はさまざま

先ほどお話したように、カップルによって冷めてしまった理由は本当に様々だと思います。

なので、一概にこうだ!とは言いがたいものです。

ある人の理由は一時のほんのちょっとしたことかもしれません。

けれど、中には本当に”危ない”場合もあるのです。

彼に対して冷めてしまったことを考えると、頭のどこかで後ろめたいようなネガティブな気持ちがあるかもしれません。

けれど、自分のため、今後の人生のためでもあります。

人との付き合いは今後の人生へと鎖のように繋がって行くと思うからです。

自分の正直な気持ちや、今の状況から逃げないで、しっかりと向き合ってみましょう。

相手が悪い場合と自分に原因がある場合がある

冷めてしまった理由として、自分が悪い場合と相手が悪い場合、もしくはお互いに原因があるかもしれません。

どちらかに原因がある場合は、1人で考え込んでも解決出来ないかもしれませんし、相手に伝えられないことで、もやもやとした気持ちが大きくなっていってしまうかもしれません。

付き合って行くと、どんなに仲のいいカップルでも多少なりとも不満は出て来るものです。

そして、そういうネガティブな感情も相手に伝えることは付き合う上でとても大事なことなのです。

それも含めて大事なコミュニケーションです。

自分の中で考えをまとめた上で、まずは率直に彼と話し合ってみるのも必要かもしれません。

2.彼と付き合っていることで被害はあるか?

これはかなり大事なことですよね。

結婚生活だけでなく、誰かと付き合うということも、自分の生活の一部、自分の人生の一部を共に過ごしているのと同じことになります。

彼と付き合っていることで被害はありませんか?

自分の生活が困難になったり、身体的、精神的に傷つけられることはないでしょうか。

「これぐらいまあいいか…」と思っていると、永遠に終わらないかもしれません。

二度あることは三度あるのです。

自分の身を守るために、「これをやったら絶対NG。即別れる。」という基準を作るのもいいかもしれません。

自分にとって”危険性”があるかもしれないと、心当たりがあるのなら、今一度よく考えてみましょう。

お金のトラブルなど

お金の問題はなかなか難しいものかもしれません。

大事な彼が金銭的に困っていたら助けてあげたくなってしまう人もいるかもしれません。

本当に助けが必要で、彼を金銭的に援助しても自分自身も全く問題がないのであれば、人によっては構わないかもしれません。