LINEブロックの意味6個!そうしたくなる男性の特徴7個とアプローチされてしまった時の対処法とは?について
昨日までは普通にやり取りしていたはずなのに、突然のブロックは、なんだか悲しいですしショックな出来事ですよね。

では人はなぜLINEブロックをするのか、その意味を詳しく紹介していきます。

ブロックされたことがある人、これからしたいと思っている人、ぜひ参考にしてみてください。

LINEのブロック機能とは?

LINEを利用している人ならLINEブロック機能をご存知の方は多いでしょう。

実際にブロックしたことがある人、またブロックされたという苦い思いをした人もいると思います。

ではLINEブロックとは実際にどのような機能なのでしょうか。

ブロックすると相手にはどのように分かるのか気になるところです。

もちろんブロックをしてもブロック解除も可能なので、再びLINEでやり取りすることももちろんできます。

相手からの通話やメッセージを受け取らないようにする

ブロックした側は、ブロックをすると相手からの通話やメッセージを受け取らないようにすることができます。

片やブロックされた側はメッセージを送ることはできます。

ただトークルームでメッセージを送っても、相手は未読のままなので既読になりません。

ブロックした側にはメッセージは届いていないので未読のままの状態になるわけです。

LINEブロックをするとその相手とのトークルームは必要なくなります。

そのためブロックをした側はそのトークルームを削除して一覧から消すことも可能です。

相手から届かないトークルームをそのままにしておいても邪魔になるだけなので、過去のやり取りが必要ではない場合、トークルームごと削除することもできます。

ブロックを解除することも可能であるため、トークルームをそのままにしておいても問題ありません。

ただ勝手にブロックをしておいて、解除をするというのは少々虫のいい話と捉えられてしまうこともあるでしょう。

相手には通知はいかない

ブロックしたからといって相手にブロックしたという通知は特にはいきません。

そのためブロックされた側は、ブロックをされたことに気がつかない場合があります。

ただブロックをされると多少なりとも分かりうることが出てきます。

例えばブロックされた側が、スタンプなどのプレゼントをしようとしてもできません。

またタイムラインが表示されなくなるなど、ブロックしたされたという影響は目に見えて分かるようになってきます。

たとえ相手には通知はいかないとは言っても、気が付いたらブロックされていたと分かった瞬間、複雑な心境になることは間違いないでしょう。

通知がいかない分、分かったときのショックは大きなものとなることも否めません。

既読にならない為バレる可能性もある

トークルームではまだブロックされた側は気がつかなくても、何度もメッセージを送っても既読にならないとそこで初めてブロックされたことに気がつくこともあります。

もしブロックされているのか確認したい場合は、スタンプなどをプレゼントしてみるのも方法です。

プレゼントすることができないので、そこで初めてブロックされたことを確信することになります。

ブロックはいつかは分かってしまう可能性が高いということです。

LINEブロックの意味6個

ではなぜLINEをブロックするのでしょうか。

相手が嫌であるだけならLINEのやり取りをしなければいいだけの話です。

ですがLINEブロックするという心理はそれぞれに思いがあり、もう関わりたく無いとする気持ちもあります。

ここではLINEブロックするその意味を紹介していきます。

1:嫌いになった

LINEブロックの意味として、嫌いになったということがあります。

これが一番理由としてのあるあるではありますが、ただブロックされた側としては実に腑に落ちないことです。

何かしら前振りがあれば、ブロックされてもすぐに気がつくこともできますが、直前までやり取りをしていたのに突然ブロックされるということは信じられない思いがあるでしょう。

LINEはとても簡単にコミュニケーションを取ることができるツールです。

ですが簡単すぎるがゆえに、人の気持ちに対する思いが希薄になっています。

もしブロックをされたら相手はどう思うのか、ということも考えずに自分本意で行動してしまうことはあまりよくないかもしれません。

嫌いになったのであれば、やはり会話をして嫌いになったという意思表示をすることも大切です。

それからのブロックでも良いはずです。

嫌いになったという意思表示でブロックをどんどんしていくと、対人関係が軽々しいものになってしまうこともあるので、ブロックは慎重にするようにしましょう。

2:彼氏が出来た

彼氏
LINEブロックの意味として、彼氏ができたということがあります。

彼氏が出来たのですから、他の男性を排除しようと思うのは女性としては当然です。

もし彼氏に他の男性とのLINEをしているのがバレるとまずいことになることも。

新しい彼氏との恋愛のために過去は清算しておこう、そう思うのも女性の心理としてはあります。

ただ納得いかないのはブロックをされた男性です。

彼氏ができたことなど微塵も感じていなかったこともあるため、たとえブロックされても何が起きたのか会いに来ることもあるかもしれません。

察しが良い男性であれば、それで終わりと納得できる人もいますが、男性によっては怒りを感じる人もいることでしょう。

女性も誠意を持って男性と清算することを考えることも大切です。

彼氏ができたからと言って簡単にブロックすることはできます。

ですが、まずはそれまでの相手との関係性を考えたうえでお互いに納得した終わり方をするように心がけましょう。

その方が後腐れなく終わらせることができます。

3:返信をするのが面倒

LINEブロックの意味として、返信がするのが面倒であることがあります。

返信が面倒なだけでブロック…?と思う人もいることでしょう。

ですがこの面倒というのは少々意味合いが違います。

つまりその相手とのLINEがもう嫌なのです。

LINEはやはり返信義務を感じてしまいます。

すぐに返信しなければ文句を言う人もいるわけです。

既読スルーや未読スルーなどにもツッコミが入るなど、どこか束縛されている気がすることもあります。

そんな心理がLINEブロックをさせるのです。

女性はLINEを返信するときには、どう返信するべきなのか真剣に考える傾向があります。

丁寧に返信するので、気乗りがしない相手とのLINEは面倒になってしまうのです。

4:社交辞令でLINE交換しただけ

LINEブロックの意味として、社交辞令でLINEを交換しただけということがあります。

社交辞令であるので相手もメッセージを送ってくることはさほどないことですが、それでもLINEブロックをしてしまう人もいます。

たとえば合コンで会った相手である場合、そのときはノリでLINEを交換しても後から考えるとそうでもなかったかも、と女性の気持ちの変化はよくあることです。

そうなると連絡は取りたくないという気持ちになってしまうのです。

相手からLINEが来る前にブロックしてしまおうという心理になります。

ただそうは言ってもすぐにLINEを送ってくる男性がいます。

時すでに遅しという場面ですが、そのような場合はLINEを少し続けてみる女性は多いと思います。

その中でその人が自分に合わないと確信したときに、ブロックは女性の中で決定事項となります。

5:喧嘩中で一時的に連絡を取りたくない

喧嘩中
LINEブロックの意味として、喧嘩中で一時的に連絡を取りたくないということがあります。

一時的でもブロックしてしまう人もいます。

連絡を取りたくないだけであればスルーすればいいだけです。

それが敢えてブロックするのは、相手に対するパフォーマンス的な気持ちがあります。

つまり喧嘩して怒っている、ということを相手に知らしめたいという心理があるのです。

自分の中で怒りが収まった頃にブロックを解除して、相手にごめんなさいのメッセージを送ります。

ただ喧嘩中なのでブロックしている間も相手はLINEはまったく送ってきていなかった、ということもあり得るわけです。

そのためブロックされていたことも知らなかった、ということもあります。

喧嘩で一時的であってもブロックするのは独りよがりであることもあるのです。

6:興味がない

LINEブロックの意味として、興味がないということがあります。

興味がなければ放っておけばいい話ですが、相手からどんどんメッセージが来る場合は面倒であり、興味がないのですからメッセージを返信する時間も無駄に感じてしまいます。

そんなときはやはりブロックしようと思うことがあります。

LINEで友達を増やしたいと思う人は多いですが、意外とLINEで自分がメリットのない相手であると思うとあっさりとブロックする人は多いものです。

興味のない相手ほどLINEをしていてつまらないことはありません。

ではもし興味がなければスルーしておけばいい、と考える人もいることでしょう。

ですがスルーをしてもメッセージを送ってくる人はいます。

それをスルーし続けることよりもブロックした方が早い、ということになるわけです。

人間関係がドライである、ということもブロックする人の心理にあるということでしょう。

そうしたくなる男性の特徴7個

女性にとってLINEブロックしたくなる相手というのがいます。

楽しくLINEのやり取りができる男性であればブロックすることはありませんが、女性を嫌な気持ちにさせたり、価値観の違いなどがあるとLINEブロックをしたい気持ちになることがあります。

では女性はどんな男性に対してLINEブロックしたくなるのか、男性の特徴を紹介していきます。

1:頻繁すぎるほど送ってくる

頻繁に送ってくる男性
LINEブロックしたくなる男性の特徴として、頻繁すぎるほど送ってくる人です。

朝起きると夜中にメッセージを送ってきていたり、朝は「おはよう」メッセージ、出勤途中に画像付きメッセージ、などなどうんざりすぎるほど送ってくる男性というのはいるものです。

よくそんな暇があるな、と思えるほど送ってくる男性はいます。

ただやはり男性も好意があればこそ送ってきているのであり、女性が迷惑していることなど感じていないこともあります。

要するに自己満足なタイプの人です。

頻繁すぎるほど送ってくる男性には辟易してしまうものです。

そんな男性はLINEブロックしたくなることでしょう。

スタンプの連投

LINEはスタンプが豊富です。

スタンプだけでも十分に楽しめるツールですが、そんなスタンプの乱用をするような男性はやはりブロックしたくなる男性です。

連投してくるのはいいですが、とにかくつまらないスタンプであったり、マニアック系のスタンプなど女性が楽しめないスタンプもあります。

女性の気持ちが読めない男性はブロックされる可能性が高いでしょう。

もし男性がスタンプを連投してくる場合は、女性もスタンプ連投で応対しましょう。

うんざりするようなスタンプは適当に返しておく方が無難です。

一方的なメッセージ

LINEに慣れていない人というのはいるものです。

相手の気持ちや返事などまったく考えずに一方的なメッセージを送ってくる男性もブロックされる可能性はあります。

LINEは会話を楽しむツールです。

相手の反応を見ながら言葉を返す、そのやり取りがLINEでは面白いものなのです。

ですがそんなやり取り無視の人というのはいます。

一方的なメッセージ過ぎてこちらから返す余地を与えないような男性は、やはりブロックを考えてしまうことでしょう。

独りよがりな男性とのLINEのやり取りは実に難しいものです。

2:返答に困る内容が多い

LINEブロックしたくなる男性の特徴として、返答に困る内容が多い人です。

こうしたツールの向き不向きというのは必ずあります。

そのなかでどう返答したら良いのか悩むようなメッセージを送ってくる男性は少なからずいます。

要するに会話が噛みあわないタイプの男性です。

本人的にはあまり自覚はしていませんが、相手との会話で空気を読んだり、相手の反応を感じ取れないということもあるのです。

会話が噛み合わない人ほど楽しくないことはありません。

そのような男性はブロックされる可能性は高いです。

もし返答に困ったら、無理に返信しないほうが良いでしょう。

女性は真剣に返信を送ることを考えてしまいますが、意味不明な内容は相手に違うように受け取られてしまうこともあります。

まずは返答に困るときは返信はしないでスルーするようにしてみましょう。

3:自分の写真を送ってくる

自分の写真
LINEブロックしたくなる男性の特徴として、自分の写真を送ってくる人です。

写真は止めて欲しいと思う女性も多いです。

それが顔のみならずボディー含めての写真だと引いてしまうこともあります。

こうした男性は自己愛に溢れている傾向があります。

例えば変顔の写真を送ってくるなど女性を楽しませようとしているかもしれませんが、送られてきた方は面白くもなんともありません。

やはりこうした男性はブロック候補になってしまいます。

もし男性が遊びに行ったりしたときの写真であればまだ良いですが、自撮りの写真で自分が中心である場合は、ブロックする前にまずは写真を送ってくることを止めてもらうように言うことも大切です。

言わないと分からないタイプの人もいるので、しっかりと嫌であるという意思表示をしましょう。

4:返事の催促をしてくる

LINEブロックしたくなる男性の特徴として、返事の催促をしてくる人です。

返信が来るのを待てないという人もいます。

それも急ぎの用件ではないにも関わらず、返信がすぐこなければイライラしてくることもあります。

なぜこのような心理になるのかというと、自分の価値観で考えてしまう傾向があるためです。

自分とLINEを交換してくれたのだから自分と同じ思いをしているはずという思い込みがあるかもしれません。

ですが相手にも予定があります。

こうした男性は自己中心的な傾向があると言えます。

未読スルーであればまだしも、既読スルーされるとたちまちメッセージを連発で送ってくることもあります。

メッセージを読んだらすぐに返信してほしいと思ってしまいがちです。

そんな男性はやはりブロックされてしまうかもしれません。

5:非常識な時間にも構わず連絡してくる

非常識な時間に連絡してくる男性
LINEブロックしたくなる男性の特徴として、非常識な時間にも構わず連絡してくる人です。

いくら手軽に連絡できると言っても非常識な行動はあり得ません。

世の中には守るべきマナーやモラルがあり、それが守れない人はブロックされる可能性があります。

女性は特にマナーやモラルを守れない人は苦手と感じる傾向があります。

常識ある人とは楽しくLINEをすることはできますが、そうでは無い人とは続けることはできません。

もし非常識な時間にメッセージを送ってきたり、仕事をしている最中にも何度もメッセージを送り続けてきたり、電話を掛けてくるような人は空気を読めない人としてブロックすることがあります。

6:アプリの招待が多い

LINEブロックしたくなる男性の特徴として、アプリの招待が多い人です。

例えばゲームです。

ゲームに興味が無いにも関わらず自分がやっているから、と無理にゲームに招待して来る人はブロックする可能性があります。

つまり女性は強要してくる男性は好きではありません。

アプリの招待のみならず、このような男性は全てにおいて強要してくる可能性があります。

アプリに招待されるのはいいですが、人の興味や好みがあります。

無理強いしてくるような男性はブロックされてしまうかもしれません。

7:未読・既読スルーが多い

LINEブロックしたくなる男性の特徴として、未読・既読スルーが多い人です。

仕事中の未読や既読スルーをするのは問題ありません。

つまり仕事中に返信をできなかったことに対するファローがあるか無いかです。

時間が空いたら「返信遅れてごめん」という一言を添えて返信をしてくれる人は当然であり、女性も理解を示すことでしょう。

ですが、未読既読スルーをするばかりかいつまでたっても返信が来ず、忘れたころにメッセージを送ってくるような男性はブロックしたくなる男性です。

メッセージの重要性に関わらず、メッセージがきたら時間のあるときに返信するというのが常識ある人の行動です。

ですが、そんな気遣いが一切できずにいる男性はブロックの対象者となることでしょう。

そんな男性からアプローチされてしまった時の対処法とは?

もしLINEで噛み合わない、ブロックしたいと思っている男性からアプローチされたらどうでしょうか。

まず断る前提でやり取りをしながら自然にフェードアウトできれば良いですが、なかなかそうもいきません。

ここでは、もしLINEブロックしたくなるような男性からアプローチされてしまったときの対処法を紹介してみます。

ぜひ参考にしてみてください。

ストレートに想いをぶつける

LINEブロックしたくなるような男性からアプローチされてしまったときの対処法として、ストレートに想いをぶつけることです。

やはり黙ってLINEブロックするということは、常識ある大人はしてはいけません。

できることならもう関わり合いたくないと思っていた相手からアプローチされるとは夢にも思ってないし、計算違いだったでことしょう。

そんな男性にはまずストレートに想いをぶつけてみましょう。

自分の気持ちを言って相手に納得してもらうことが大切です。

黙ってフェードアウトしたいと思うのは誰でもです。

ですが、後味悪い終わり方では未練が残ってしまう可能性もあります。

問題は自分が良ければ良いのではなく、相手があることなので相手がどう思うかです。

自分が嫌だと感じたら、自分に素直にぶつけてみましょう。

曖昧な言葉や遠回しな言い方はダメ

ストレートに想いをぶつけるのは良いのですが、まずは注意すべきことがあります。

それは曖昧な言葉や遠回しな言い方はダメだということです。

ついつい人は自分を良く見せようとハッキリと言うことをしません。

そうなると自分の言いたいことは相手には伝わりにくいです。

自分が言いたいことはダイレクトに言うこと。

曖昧さは相手をいくら思っているとしても、相手もそれなりに思いやりだと思って受け止めてしまうこともあります。

ここは、はっきりとストレートに言うことを心がけましょう。

彼氏ができたと嘘をつく

LINEブロックしたくなるような男性からアプローチされてしまったときの対処法として、彼氏ができたと嘘をついてみましょう。

大抵の男性はそう言われるとまずは諦めます。

しかし、そこで引かない男性も少なからずいます。

男性の方の思いが強いとこのようなことを招いてしまうこともありますが、その男性に対してきちんと対応しないと後から大変なことになる可能性もあります。

もし彼氏ができたと嘘をついても諦めてくれない場合は、女性はLINEブロックをして連絡がつかなくなると大丈夫だろうと安易な気持ちでいるかもしれません。

そんな女性の身勝手さは後から後悔することもあります。

もし彼氏ができたと嘘をついても諦めてくれないときは、きちんと向き合って本心を伝えることも大切なことです。

LINEは手軽過ぎて簡単に相手のことも切ることができると思われがちですが、あくまでも相手の気持ちがあるということを考えましょう。

そっけない態度をとる

LINEブロックしたくなるような男性からアプローチされてしまったときの対処法として、そっけない態度を取ることをしてみてください。

優しい人は、無理にそっけない態度を取ることは難しいかもしれません。

多くの人は相手に不快感があっても、上辺だけでも応対することができます。

ですが、相手の男性がどうしても苦手だと感じたときは、そっけいない態度や冷たい態度で接するようにしましょう。

勘がいい男性であればそこで何かを察します。

ここで困るのは、察することが苦手な男性です。

そっけない態度を女性にされても、それはそれで好きな男性もいます。

女性の思いとは真逆に好きな気持ちを増長される可能性もなきにしもあらず、というわけです。

こうなると、そっけない態度は効果も期待できなくなる可能性もあります。

会話やLINEのやりとりは盛り上げない

そっけない態度をとっても男性に響かないときは、徹底的に相手との距離を取ることも必要です。

まずはLINEが来ても、スルーはせず要所要所で返信しましょう。

いちいち相手のメッセージに返信する必要はありませんが、もしスルーをしても返信が来るまでメッセージを送ってくる可能性もあります。

そうなると逆に面倒ですし、たとえブロックしても直接会いに来てしまうなど効果は望めないかもしれません。

つまり適当にあしらう、徹底的にLINEの盛り上げないなど女性が楽しく無いという態度を示していくこともしてみましょう。

また返信するときは文章で返すのではなく、「はい」「いいえ」「別に」など会話にならないような返信で済ませるようにしてみてください。

やり取りが続かないと感じ、メッセージを送ってくる頻度が少なくなってくれば効果ありです。

自分からは一切質問しない

相手と距離を取りたいと思うのであれば、やはり自分からは一切メッセージをしてはいけません。

特に質問はしないようにしましょう。

質問をすることで相手の答えを求めているわけですから、相手もきちんと答えようとしてきます。

女性はどうしても心の波があります。

たとえ嫌だと感じている男性でも、女性自身の気持ちが不安定であったり、誰かにすがりたいという気持ちになってしまうと、嫌だと思っても手っ取り早く連絡が取れる相手にすがってしまうものです。

それでは元の木阿弥です。

これでは再びその男性と繋がってしまいます。

本当に相手とそれ以上の関係性を持ちたくないと思うのであれば、その男性は頭の中から排除するようにしていきましょう。

必要性のない内容には返信しない

LINEブロックしたくなるような男性からアプローチされてしまったときの対処法として、必要性のない内容には返信しないようにしましょう。

相手はアプローチするくらい好意を持っているわけですから、どんどんメッセージを送ってくることもあります。

ですができる限りそのメッセージへの返信は必要があるときだけ、そして短く返信するように心がけましょう。

またたとえ必要性があっても必要最低限の返信で済ませることが大切です。

ここで女性がそうできない場合もあります。

それは男性に頼られたり、甘えられたりしたときです。

女性の中にはそれを見過ごせない、つまり情を掛けてしまう人もいるのです。

つまり男性が情に訴えてくると女性は弱いということなのです。

女性も助けてあげたいという気持ちになってしまうと、そこで対処することはできなくなります。

あくまでも強い気持ちを持ち対処することが大切です。

最終的には苦手である意思表示をする

LINEブロックしたくなるような男性からアプローチされてしまったときの対処法として、苦手である意思表示をすることをしましょう。

いつまでも先延ばしにしていてもきりがありません。

女性はアプローチされて男性が引き下がってくれることを待ってしまうかもしれません。

ですがこれでは埒が明かない場合があります。

理解をしてくれない男性も中にはいます。

苦手であれば苦手であり、それ以上の関係にはならないという意思表示を明確に示しましょう。

男性にとっては最初は難色を示すこともあるかもしれません。

ただそこでLINEブロックをしてしまうと相手は納得していない状態であるため、理解をしてくれるまで意思表示は続けるべきでしょう。

優しさは不要!期待をさせない為にも厳しく接しよう

いかがでしたでしょうか。

LINEはとても便利で手軽で人とのコミュニケーションツールとして今やなくてはならないものです。

ですがその手軽が逆に人を苦しめることもあります。

女性にとっては男性とのやり取りで負担に感じることも増えてしまうこともあるでしょう。

そんなときにはLINEブロックはとても便利な機能ですが、それが女性にとってフリになる可能性もあります。

まずは苦手だと思った男性に情を掛けないこと。

それ以前に相手を期待させないということが女性には必要です。

LINEを便利に楽しく使うためにも、しっかり自覚を持ってするようにしましょう。