彼女いらない男性の心理9選!そんな男性を好きになってしまった時の対処法を教えます!について
最近は「彼女がいらない」という男性が増えています。

それは、どのような理由からなのでしょうか。

本当に「彼女がいらないの?」男性の「彼女がいらない」という気持ちは本音なのでしょうか。

建前なのでしょうか・・・。

彼女がいらないという消極的な男性の心

恋愛に消極的な男性は、「女性と出会う」ということから消極的な場合が多いです。

理由は様々ですが、仕事が忙しかったり、過去の恋愛にトラウマがあったり、今は好きなことや趣味に没頭していたいなど、「彼女がいらない」と言っている男性がどのような理由で、恋愛に消極的になっているのか、その心理を探ってみたいと思います。

好きな人が彼女いらない系だったらどうしよう

好きな人が本当に「彼女いらない」と思っているのか、確認してみましょう。

本当は欲しいのに、かっこつけて「彼女いらない」と言っている場合も大いにありえます。

振られて傷つくのが怖くて「彼女いらない」と言っていたり、過去に恋愛でのトラウマがあり、それをまだ引きずっていたり・・・。

また仕事が忙しく、時間的に余裕がなく「今」は彼女いらないと思っている場合もあります。

自分の好きな人が、どのような理由で「彼女いらない」と言っているのか、分析してみましょう。

彼女がいらない男性の心理9選

男性が「彼女いらない」と言った場合は、大きく分けて2つの理由が考えられます。

本当に「彼女いらない」と思っている場合と、建前で「彼女いらない」と思っている場合です。

好きな人がどちらのタイプなのか、探ってみましょう。

恋愛が面倒臭い

お付き合いをするとなると、1人でいる時よりも自由度がなくなります。

考えることも増えますし、時間も取られます。

これは女性にも同じことが言えるのですが、男性の方が1人の時間を楽しむ事を重要視している傾向があります。

また、恋愛は感情のアップダウンなどもあり、それが「面倒臭い」と考える男性もいます。

恋愛は常に「楽しい時間」だけではなく、2人で乗り越えなければならないことや、辛いことがあるかもしれません。

それらを解決できる気持ちの余裕がなければ、男性は恋愛を「面倒臭い」と感じやすくなるのではないかと考えられます。

お金をかけたくない

女性と交際するとなると、デート代や食事など、男性が全て支払ったり、多めに払ったりなど、金銭的な負担があることも事実です。

きっちり全てを割り勘にするカップルもいますが、少数派ではないでしょうか。

女性としても、男性にエスコートしてもらいたいと思いますし、男性に多少多めに支払ってもらいたいという気持ちがあると思います。

この女性の気持ちを男性側も理解していますし、彼女の前では「かっこいい男」でいたいので、少々お財布事情がきつくても、頑張ってしまいます。

となると、彼女ができると男性側の金銭的負担は増加します。

男性側に金銭的な余裕がなかったり、自分の趣味にお金を使いたいと思っている場合は、
今はお金を使いたくないから「彼女を作らない=彼女いらない」と言っている可能性があります。

女性に「お金かけたくないから」なんて、かっこ悪くてはっきりとは言えないですよね。

このあたりを考慮して、男性の金銭的負担を減らしてあげることができれば、問題は解決するかもしれません。

毎回外食や外出デートではなく、おうちデートで一緒にご飯を作ったり、手料理を振舞ってあげたりして、お金のかからないデートを提案してみると、案外「この女性は素晴らしい!」となって、彼女になれる可能性が高くなりますよね。

家でまったりデートもいいですし、ピクニックなんかも楽しいと思います。

仕事が忙しい

仕事が忙しい男性
女性には、にわかには信じがたいかもしれませんが、多忙な男性も多いです。

仕事が忙しい事を口実にしている場合もありますが、男性社会では、勤務している時間だけが仕事をしている時間とは、限らないのです。

休日でも仕事をされている方もいます。

ボーとしているようにしか見えない時も、頭は仕事の事ばかり考えていたり、勤務時間以外の仕事でのお付き合いもあります。

このような場合は、気持ち的に恋愛する余裕もなく、前にある物事をこなすことだけで、精一杯な状態になっています。

せっかくできた彼女を構うことができず、変に誤解されて無駄な釈明が必要になったりすると、仕事だけでもクタクタなのに、プライベートでもやっつけなければならない問題が浮上したら、もう限界・・・となってしまいますよね。

仕事が忙しい男性に対しては、安らぎと癒しを与えてあげましょう。

何も言わず、ただそっとそばにいるだけで、彼の支えになっているはずです。

自分の要求ばかり求めていたら、その要求に答えられない男性は、男としてのプライドが傷つきますし、女性に対して申し訳ない気持ちになり、「しばらく恋愛はしない方がいいかもしれない」と思ってしまう人も多いようです。

失恋した直後

失恋した直後は、ちょっと切ない気持ちと、自由になれた気持ちで複雑ですが、少しの間は自分1人の時間を満喫したいという想いが強くなるようです。

今までやりたかったけど、できなかった事とか友達との時間を大切にするなど。

自分を見つめ直す時間でもありますので、この期間はそっとしておいてあげましょう。

この時期は「彼女がいらない」というわけではなく、しばらく1人になって気持ちの整理をしたり、これからの事を考えてみたり、1人でなければできないメンタルケアをしている期間なんです。

失恋は、どんな理由にせよダメージが大きいですよね。

今までそばにいた人がいなくなるって、とっても寂しいですよね。

失恋にも色々なケースが考えられますので、キレイにお別れできたのか、泥沼だったのかでも、立ち直る時間も違ってきます。

さらに、男性の方が失恋に対しての耐性がないようで、結構引きずっているケースも多いのです。

しばらくして元気になってきたら、「彼女いらない」から「彼女欲しいな」と気持ちが移行してくると思うので、この時期は焦らず、男性のペースに合わせてあげるのが良いでしょう。

やりたいことがある

やりたいことがあって、「彼女いらない」と言っているケースです。

やりたいことは色々あって、そちらに時間やお金など全てのエネルギーを注ぎたいので、仮に彼女がいても、寂しい思いをさせてしまうかもしれないと考えている場合があります。

趣味に関すること

趣味
男性にとっての趣味は、女性の想像を超える何かがあります。

男性の場合は、趣味が一番優先順位が高くなることがあります。

趣味といっても、色々ありますよね。

1人で黙々とする趣味もあれば、仲間で集まってする趣味など多種多様ですが、仮に彼女がいても、趣味が第一、その次は趣味仲間・・・という感じになりかねないのです。

そうなると、いらないケンカが耐えず、男性としては趣味に全エネルギーを注ぎたいので、
ケンカに使うエネルギーがもったいない。

そして、面倒臭い。と変換されてしまうこともあります。

男性がどれだけ、趣味を大切にしているかを理解することができるのかが一番の近道ですね。

「趣味をしている時間を邪魔しない。」趣味を大切にしている男性の価値観を理解できなくても、共感してあげることはできると思うので、そこは広い心で対応してあげましょう。

長期的な目標

仕事でも、今後の生活や活動について、長期的な目標で、計画を立てて進めている男性もいます。

とても信頼できる男性なのですが、男性にとって目標達成が一つの節目なので、その節目に到達するまでは、脇目も振らず突き進んでいきます。

そうすると、周りのことがよく見えてないので、ひと段落するまではそのことだけに集中する傾向があります。

この時期を避け、ひと段落するまで待ってみるのをオススメします。

長期的なスパンで目標を立てている。といっても、最終ゴールまで突っ走ることはないと思います。

男性の様子をうかがい、「ひと段落ついたかな?」と思った時に、そっと近づくようにしましょう。

猛ダッシュ中に距離を詰めようとしても、男性にはスルーされてしまうかもしれません。

ここはタイミングを見計らって、「ひと段落」「小休止期間」中に、いつもそばにいるようにすると、気がつくと「いつもそばにいてくれる女性」とインプットされる可能性があります。

まずは、男性に「気づいてもらう」事が大切で、気づいてもらえなければ、その先何も始まりません。

この手のタイプの男性には、近づくタイミングが重要なカギとなります。

もっと遊んでいたい

これは、「特定の彼女を作りたくない。」ということになるので、俗にいう「チャラ男」となります。

「チャラ男」が悪いとは思いませんが、たくさんの女性と交流した分、女性の扱い方を学んでいますし、女性が好きそうな言葉を言ってくれることもあります。

このような男性と仲良くなると、男性は女性の事をチヤホヤしてくれるので、自分に自信がない女性にとっては、すごく気分もよくなるし、内側から女性としての自信が出てくるようになります。

「もっと、いい女になりたい!」と思っている女性にとっては、「チャラ男」もコーチングの先生のような存在になるのではないでしょうか。

ですが、あくまで特定の彼女を作りたくない「チャラ男」ですから、特定の彼女になれなかった女性達は悲しい思いをする可能性もあるので、このカテゴリの男性には要注意です。

「自分も遊んでやる!」さらには、「必ず、特定の彼女になってやる!」くらいの、たくましさがないと、傷ついてしまう可能性が高いです。

自由に生活したい

このタイプは「チャラ男」とは、また違った性質を持っています。

時間にもお金にも、そして誰にも束縛されず生活がしたい。と思っている傾向があります。

なので、この「自由」を脅かさないことが重要になってきます。

「好き勝手に生きていきたい。」と言うと、すごく無責任な感じに聞こえるかもしれませんが、「自分のやりたいことしか、やりたくない。」という人たちです。

このような価値観を持っている人たちは、マイノリティなので、なかなか常識では考えられない発言や行動をします。

「自由」を重んじるタイプなので、好き勝手に生きているわけではないのです。

「自由」とは、必ず「責任」が伴います。

「お金、時間、人」から解放された、自分らしい生活を手に入れるためには、相当な努力が必要です。

なぜなら、「お金、時間、人」は、生活する上で、必ず必要になるからです。

それらから解放されるためには、それなりの基盤を作らないと生活が成り立ちません。

夢見がちな人が口にする、「自由に生活したい」とは、訳が違うのです。

なので、「自由に生活がしたい」と言う人は、「規則正しい生活」とは無縁かもしれません。

好きな時に寝て、好きな時に起きて、好きな時間に出かけて、好きな時間に帰宅する。

これが、スタンダードなので、この価値観を理解できないと、「なんで、こんな時間に帰ってくるの?」「遅くなるなら、連絡くらいしてよ」とか、「なんで、こんな時間に寝てるの?」という、「なんで?なんで?」という疑問が出てくるかもしれません。

この価値観を理解できるか、理解できなくても、受け入れられるくらいの器量がないと、関係構築が難しく、さらにこのような人たちは、自分がマイノリティだということを認識しているので、自らの生活をおびやかされるような関係構築をしようとは思わないわけです。

なかなか手強い相手ですが、信頼関係が出来上がってしまえば、穏やかな関係性を維持できる相手ですし、信頼できる相手でもあります。

過去の恋愛のトラウマ

恋愛のトラウマ
恋愛は、出会いと別れの繰り返しで、その中で沢山の事を学びます。

進学や仕事に失敗して、自分を取り戻せない人の話はよく聞くのですが、恋愛だけは、失敗しても続けられ、更にはその失敗を糧に次に進む事ができるのです。

失恋が、恋愛の失敗だと思った事ありましたか。

過去の恋愛で辛い経験をしていたり、まだ傷が癒えてなかったり、あんな思いをするなら、もう恋愛なんてコリゴリ・・・と自分の殻に閉じこもってしまっている人もいるかもしれません。

でも、その辛い想いも時間と共に風化され、また前を向いていけるようになります。

良い思い出がない

彼女がいた時の「楽しかった」とか、「素晴らしかった」などの素敵な思い出がないということは、ないと思うのです。

まだ、前の恋愛に対して執着していて、別れたことを受けとめられていない状態で、その恋愛での傷が癒えてないのかもしれません。

あるいは、あまり相手のことを好きではなかったのか。

なんとなく、そんな感じになったから、交際が始まったものの、最初からあまり好きではない相手とお付き合いをしていたため、良い思い出として記憶されてないのではないでしょうか。

人は、その時は辛く悲しい事だったとしても、時間が経てば「良い思い出」しか思い出せないようになっています。

辛い記憶は忘れるようにできているのです。

まだ、辛い過去を癒せるほどの時間が経過されていないのかもしれませんね。

もしくは、以前の恋愛に執着しているのは、過去の恋愛を手放せるほどの女性に出会えていないのか。

いずれにせよ、時間が解決してくれる問題なので、そっとその時を待ってみましょう。

そして、いつでも味方でいることをアピールしておくのもお忘れなく。

浮気をされた

今も昔も、男性は女性の浮気に対してなぜか嫌悪感を抱きます。

男性の浮気は甲斐性だとかいうわりには、女性の浮気に対しては、大らかではいられないのです。

これをベースに考えると、男性は女性に浮気をされると、相当なダメージを受けるようです。

自分は浮気をしていても、彼女が浮気をしたら、「即刻お別れする。」などのご意見はよく耳にします。

これは、どういう心理が働いているのかわからないのですが、男として、「ダメなヤツ」と烙印を押されたように感じるのでしょうか。

「男性の浮気はよくて、女性の浮気はよくない。」ということはないと思うのですが、一般論的に言わないだけで、ふわっとそんな感じを受ける事がありますよね。

そもそも男女とも、浮気をしようと思ってお付き合いをしているわけではないので、そのような気持ちが芽生えた時は、一度冷静になって自分を見つめ直してみてください。

特に、男性にとって女性に浮気をされた事は、女性からすると想像を超える痛手を負う事になるようです。

なので、男性は相手を思いやれる心境ではないし、冷静に考える事もできなくなります。

そして、とても素敵な恋愛だったはずなのに、浮気をされた事しか覚えてないような状態になってしまいます。

その結果、次の恋愛でもまた浮気をされるのではないかと、疑心暗鬼になってしまうようです。

男性が自分の感情をコントロールできない状態になってしまっているようですね。

泥沼な関係になった

楽しいはずの恋愛が、いつしかお互いを責め続け、傷つけあい、泥沼のような状態になってしまう事もあります。

きっかけは些細な事だったのかもしれませんし、重大事件のような出来事だったのかもしれませんが、泥沼に発展してしまえば、きっかけの程度問題なんてどうでもいい事になってしまいます。

もつれた糸が、簡単に元に戻らないように。

どちらかが、冷静になり状況を把握し、素直に謝罪をしたり、気持ちを落ち着かせる事で、泥沼まで発展する事はなかったのかもしれません。

ただ、一度火が付いた感情には抑えがきかず、自分を守る事ばかりを優先してしまう事になりがちです。

このような泥沼の恋愛を経験した人は、しばらくは恋愛から遠ざかりたいと思ってしまうのも、無理はないと思います。

少し恋愛から離れて、自分らしさを取り戻す時間が必要なのではないでしょうか。

酷い別れ方をした

別れ
こちらも、「浮気」や「泥沼」の属性に近いですね。

「酷い別れ方をした・・・。」といっても、色々なケースが考えられます。

「浮気」や「泥沼」は、自分たちが蒔いたタネが原因で、炎上からお別れするという自体に発展する可能性が高いのですが、「酷い別れ方」となると、お互いに傷つけあっての結果じゃない場合もあります。

例えば、家族からの反対や、当人同士以外からの攻撃で、なくなく別れることを決意しなければならない事も考えられます。

気持ちだけ残されて別れる事ほど、辛い事はないと思います。

自分の気持ちを優先する事ができない事は、どうにかして自分の感情をコントロールしなければならないので、これはメンタル的にすごく過酷な状態となり、相手のことを忘れられず、いつまでも引きずってしまうケースになるのではないでしょうか。

このような状態であれば無理強いはせずに、そっと悩みを聞いてあげたり、相手の心を開いてあげて共感する事ができれば、その男性の気持ちを浄化してあげる事ができるようになるのではないでしょうか。

心の負担が軽減された男性は、以前の恋愛から解放され、もう一度「恋愛を楽しもう」という思いがムクムクと湧き上がってくるのではないでしょうか。

相手に寄り添う事というのは、「何もしてあげられない。」のではなく、寄り添うだけでその人のお役に立てているという事になります。

ただ興味がないだけ

「恋愛に興味がない。」という男性は少ないと思うのです。

これは全てを説明するのが面倒臭いので、「興味がない」と言っている可能性があります。

「恋愛に興味がない。」と言っている男性の場合、恋愛ではなく「あなたに興味がない」と遠回しに伝えている可能性があります。

本当の事を伝えたら傷つくのはわかりきっているので、オブラートに包んでいるというわけですね。

あとは、女性に対して理想が高い男性もいらっしゃいます。

「そんな理想的な女性は、どこにいるの?」と思うくらい理想が高いこともあります。

この場合、男性自身も「理想が高い」という事を認識していて、その説明をすると女性側から攻撃されることもわかっているので、「恋愛に興味がない」という言い方をされる事があります。

「恋愛に興味がない」という言葉はとても便利なので、断る理由として使いやすいのではないかと思います。

女性の事を否定せず、恋愛自体に興味がないと伝えれば、誰も傷つかずに済みますからね。

恋愛に興味がないと言われた場合、過去には恋愛してきた事があるのか、さらにはなぜ恋愛に興味がないのか、質問してみるといいかもしれません。

興味がない本当の理由がわからなければ、どう対処していいかわからないですからね。

ちょっとでもチャンスがありそうなら、理想の女性に近づくように努力することもできますし、他にもっといい男性がいるかもしれないと思えば、スパッと諦めることもできますよね。

どちらにせよ、判断基準が欲しいところなので、色々となぜ「興味がないのか」というところを質問してみましょう。

彼女がいらない男性を好きになってしまったときの対処法

「彼女がいらない。」と、豪語している男性を好きになってしまった場合、なぜ彼女がいらないのか、その理由が知りたいところですよね。

理由がわからなければ、戦略も練れませんからね。

まずは、すぐに彼女になろうとは思わず、少しずつ相手を理解する方向でせめてみましょう。

親友ポジションを狙う

親友
親友ポジションになれれば、もうその男性の彼女になれたようなものです。

真っ先に狙いたいポジションですね。

下手な駆け引きなどせずいつでもそばにいられて、かつ、そばにいることに男性も違和感を感じません。

さらに、人は会う回数や、一緒にいる時間が長い人の事を好きになる傾向があるので、ぜひ親友ポジションを確保してください。

良き理解者となってそばにいる

男性の良き理解者となって、常に男性の価値観や考えに共感する事ができるといいですね。

時には、女性としてのアドバイスなんかもできるようになると、いい友人関係が構築できますので、まずは友人として、常に彼の味方である事を主張しておくと、男性にとっても居心地のいい相手となり、心を開いてくれるようになります。

仲をキープし続ける

男性との仲を友人としてキープし続けましょう。

この距離感がとっても大切になります。

この時、身の回りにお世話などをしてしまうようなことはしないように。

親友というより、都合のいい女になってしまう可能性があります。

また、この関係が壊れるくらいなら、親友としてのこのままずっと友達でもいいかもしれないと思うこともあるかもしれません。

それは、どっちがいいのかはわかりません。

自分の気持ちを見つめ直し、親友という関係に満足できないと感じるのであれば、怖いかもしれませんが、自分の気持ちを素直に伝えてみるといいかもしれません。

ずっと親友だと思っていた女性から、気持ちを伝えられると、男性は最初は戸惑うかもしれませんが、いい返事がもらえる可能性もあります。

また、彼女になれなかったとしても、親友のまま仲良く関係性を継続しておけば、どこかのタイミングで交際に発展する可能性もあります。

彼女がいらない理由に共感する

男性の「彼女がいらない」という理由はざまざまなので、どんな理由であれその理由に共感することをオススメします。

人は共感してくれる人に対して好感を持つようになりますので、理由を否定せず、まずは彼の味方なのだということをアピールしておきましょう。

彼に対して気遣いをする

これは、彼に媚びるということではなく、人として思いやりを持って接するということですね。

彼に対してだけ、気遣いをするのではなく、彼の周りにいる人達にも気遣いができる女性でいるということです。

彼からしたら親友だと思っている女友達が、自分以外の人にはマナーや態度が悪いとなると気まずいですよね。

人として、恥ずかしいと思われるような行動や態度は慎むようにしましょう。

彼にとって理想の女性になる

これはもうその通りで、彼の「理想の女性」に少しでも近づけるような努力をしてください。

それは、外見も、内面もです。

最初は、女性として意識されてなかったかもしれませんが、何かのキッカケで「理想の女性がこんなにも近くにいた!」となると、彼の方から「友達のままではいられない」と、アプローチされる可能性もあります。

グイグイ迫りすぎない

男性の気持ちも考えず、自分の感情だけで、グイグイ迫りすぎると逆効果になってしまう場合があります。

男性からしたら、「ちょっと怖いかも・・・」とか「少し距離を置こうかな?」と思われてしまうかもしれません。

自分の気持ちを持て余し余裕がなく、彼に「女性として、かまってもらいたい。」という女心はわからないでもないのですが、ここは男性の気持ちも考えて、相手のペースに合わせるということも大事になります。

迫りすぎて、嫌われたら意味がなくなってしまいますからね。

辛抱強く待ち続ける

「彼のペースを重視する。」ということです。

人にはそれぞれのペースがあります。

そのタイミングに合わせることが重要です。

彼のペースに合わせるのは、すごく長く感じると思いますし、自分の感情が込み上げてきてすぐにでも距離を縮めたいと思ってしまうかもしれません。

ですが、彼のペースを無視して自分の気持ちを伝えてしまっては、彼は心準備が整ってないので、断られる可能性があります。

人はすぐに判断できないことは、とりあえず反射的に「NO」と言ってしまうことが多いからです。

反射的に答えているので、好きとか嫌いとかの感情ではないことが多いです。

自分の感情をコントロールできず、抱えきれなくなった場合は、何か夢中になれる趣味などを見つけて、少し彼から距離をとることをオススメします。

ここは辛抱強く、彼の気持ちの変化を待ち続けましょう。

そして、反射的な「NO」回答を回避しましょう。

居心地の良さをつくる

彼にとっての居心地のよい存在になることです。

「一緒にいると安心する。」とか、「一緒にいると落ち着く」などの癒しだったり、「一緒にいると元気になる。」、「明るくなれる。」など、前向きな気持ちにさせてくれるような存在でいられるようにしましょう。

また、彼の愚痴を聞いてあげられる存在になれれば、彼の心のケアもできますよね。

それもまた、男性にとっての居心地のよさに繋がります。

ただ、我慢してまで「彼の居心地のよさ」を追求する必要はありません。

自分にとっても「居心地のいい環境作り」を目指して、お互いが一緒にいることが自然で、楽な関係になれると、必然的に一緒にいる時間も多くなります。

彼女いらないと言われてもまだ諦める必要はナシ!

いかがだったでしょうか。

「彼女いらない」と言われても、それは本当の気持ちではないということがお分かりいただけたのではないかと思います。

「彼女いらない」と言われたからと言って、諦める必要はありません。

「彼女いらない」という言葉の裏に真実が隠されています。

それを紐解いていけば、彼女になれる可能性は十分にあります。

彼の言葉に一喜一憂せずに、本音がどこにあるのかじっくりと考察してみましょう。