親がうざい彼氏と付き合ってる人必見!そんな親への対処法11個と上手な付き合い方とは?【10~20代編/30代編】について
彼は大好きだけど、彼の両親はどうも苦手と感じている女性もいると思います。

彼のご両親からしたら、まだ貴方がどんな人か分らないので構えてしまったり、排他的になってしまっているのかもしれません。

特に年齢が上がれば上がるほど、新しいことを受け入れづらくなる傾向があるので、ちょっとした努力も必要ですね。

結婚を意識する年齢になればなるほど深刻になりやすい悩みですが、今日はそんな『うざい』彼の両親の対処法と上手な付き合い方をご紹介していきます。

彼親との関係は避けては通れない

彼との関係を続けていく上で、彼の親御さんとは避けては通れない関係になります。

特にまだ10代の内は親御さんも「○○の彼女」として見ていますが、結婚を意識する30代になってくると「○○の彼女」が「○○の妻候補」にシフトチェンジされやすいので、審査の目も厳しくなる傾向があります。

結婚後も嫁姑問題もそうですが、なるべくなら友好的な関係を築いていきたいと思われると思います。

しかし残念なことに、性格や価値観を知っていて一緒にいる彼と違って親御さんの価値観や考えは貴方にとっては未知数です。

逆に相手からしても貴方の事が未知数であるので、最初の印象もとても大切です。

各家庭ごとに常識が違うなんて事もよくあるので、もし貴方が「ちょっと理解できない」と感じていたら是非『11の対処法』を参考にしてみて下さい。

交際が長くなるにつれ接する機会が多くなる

これは親御さんに限った問題ではありませんが、彼との交際期間が長くなれば長くなるほど、彼のご両親と接点を持つ機会が増えることでしょう。

貴方が好きで一緒にいたいのは彼なので、「別に彼の両親とは関わりたくない」と思うかもしれません。

しかし最初の内はそんなに顔を合わせる機会が無くても、彼と一緒にいる時間が長ければ、彼のご両親も貴方の事が気になってしまうのです。

幼馴染で、お互いの両親を含めて付き合いがあるような場合に比べ、彼のご両親が貴方の事を全く知らない場合だとやはり感覚も違ってくるでしょう。

彼と彼の両親との関係性も一概には言えませんが、特に息子の行動が気になる、把握していきたいタイプのご両親の場合、接点を向こうから持ちたがる可能性も高くなります。

結婚を視野に入れれば家族になる事を考える

最初にも記載しましたが「彼女」と「妻」ではご両親の感じ方が全く違ってきます。

彼女であるなら、これから先どうなるかはまだ分からないのですし、歳が若ければ「他所のお宅のお嬢さん」という意識も強いと思います。

しかし結婚を視野に入れた関係性なら、彼のご両親にとっても貴方は「家族」になるのですから、どんな女性なのか、どんな価値観を持っているのか非常に気になりますし、人によっては『我が家の価値観に従って欲しい』と考えているご両親もいます。

当然ですが、もし貴方が彼と結婚して『彼の実家』から『義実家』になったとしても両者の関係は対等です。

しかし中には、貴方が合わせて当然と考えている様なご両親だと『うざい』と感じてしまう事もあるかもしれません。

彼親をうざいと感じる人は多い

彼のご両親を『うざい』と感じているのは貴方だけではありません。

元々全く違う家庭で育ったのですから、価値観や感覚が違うのは当然なのですが、貴方に高圧的であったり、友好的で無い場合接点を持ちたくないと感じるのは寧ろ普通のことなのです。

もし、友好的なご両親であったとしても貴方からしたら赤の他人の年長者なのですから、気を使ったり、感覚に違いがあったりと戸惑うことも多いでしょう。

しかし自分の両親ではないので、思ったことをはっきり言ったり分かり合う事も難しいのです。

うざいと感じるには理由がある

『うざい』と感じるには様々な理由があると思いますが、一番は貴方と彼のご両親との距離感が影響しているでしょう。

『彼の両親』って不思議な距離感だと思いませんか。

貴方自身の両親とも自分の恋人とも違って、親しい訳ではないのに口を出されているという感覚に陥ることもあるでしょう。

ご両親からしても、貴方との距離感を難しく感じているかもしれません。

この『距離感』は彼の両親に関わらず様々な人間関係で重要なものですが、双方が心地よいと感じる『距離感』を保てていれば人間関係は比較的うまくいく傾向があります。

逆に双方が図りかねる、もしくは一方が自分の距離感を押し付けてしまうと『うざい』と感じる原因になり得ます。

ではこの距離感が違うと具体的に貴方にどんな不利益があるのでしょうか。

思った事を口に出来ない

自分が不快に思った事などの、負の感情を相手に伝えられる関係性は『うざい』と感じにくいのですが、相手は色々言ってくるのに対して、自分が言えることが限られていると感じると、その人と接する事が『うざい』と感じたりとても疲れてしまったりします。

また、自分も相手も思っている事をはっきり言えない状態だと、相手がどんな事を求めているのか何を考えているのかも分かりにくく、長時間関わると考えすぎたりして『うざい』と
感じやすくなってしまいます。

彼のご両親とは、その特異な距離感からどちらも多々起こり得る為、『うざい』と感じる人も多いのです。

イライラを発散する場所がない

もし、貴方が彼のご両親に言われたことで腹が立ったり、イライラしてもそれを発散する場所って中々ないと思いませんか。

例えば、学校の先生や部活の教師に『イライラ』した時、友達に愚痴を言う事はよくあると思いますが、クラスメイトや同じ部活動の同級生、同僚など同じ立場、状況の人間と気持ちを分かち合う事でイライラを発散させることができると感じる人はとても多いのです。

しかし彼のご両親の場合、彼にとっては全く気にならないけれど、貴方にとってはイライラするという事も多々あると思います。

彼の両親という立場から、彼に愚痴を言うのは気が引けるでしょうし、万が一彼が貴方の意見を否定的にとらえた場合、彼のご両親だけでなく彼に対しても不信感を抱いてしまう可能性もあります。

もし彼のご兄弟や親族がいたとしても、貴方の心情的には同じ家族であるご両親に対するイライラを発散するのはとても難しいのです。

最初は些細なことだったとしても、抑圧される気持ちが溜まっていく事で、徐々に『うざい』と感じやすくなってしまいます。

敵対視される

貴方が何もしていないのに、彼のご両親から、特に彼の母親から敵対視されていると感じた事ありませんか。

相手も貴方の事がどんな人なのか分らない状態なので、構えられたり、排他的な態度を取ってしまうご両親もいらっしゃいます。

その場合、必然的に貴方への物言いがきつくなりがちで、友好関係を築くのはとても難しいです。

嫌なことを言われたり、辛い態度を取られたりしたら貴方だって相手に対して嫌な気持ちを持ってしまうと思います。

そんな時は『距離を置く』のも1つかもしれませんね。

勿論貴方が下手に出たり、忍耐強く我慢する事で好転する可能性もありますが、『敵対視』されてる相手と関わっていくのは茨の道です。

気を遣われすぎる

思いやりから、逆に気を遣われすぎて『うざい』と感じてしまう事もあるかもしれません。

彼のご両親にとっては好意でしている事でも、貴方にとってはあまり嬉しくない、寧ろ有難迷惑なんて事もあります。

この場合、相手に悪気があるわけでないので対処に困ってしまったり、気を遣われる分、自分も気を遣わなければと思って頑張りすぎてしまうと、後々疲れからも『うざい』と感じ始めてしまうことがあります。

とは言え『敵対視』されるよりは、まだ改善の余地がある『うざい』かもしれませんね。

お互いの『うまくやっていきたい』という気持ちがあれば充分、良好な関係に転換させれます。

そんな親への対処法11個とは?

もしこのまま彼と長く一緒にいたいなら、彼のご両親と友好的な関係を築けた方が、貴方にとっても、彼にとっても、そしてご両親自身にとっても『良い』ですよね。

努力した結果、それでもやっぱり『うざい』『無理だ』と感じる事も0とは言えません。

しかし、もし貴方のちょっとした対応や気配りでうまく行くならこんな良い事はありませんよね。

今日はそんな彼のご両親への対処法11個をご紹介していきます。

貴方と対処法の相性、ご両親と対処法の相性、それぞれあると思うので、自分に合った対処法を見つけて下さいね。

10〜20代編

冒頭にも記載しましたが、彼や貴方がどの年代かによっても対処法は大きく変わってきます。

結婚を意識していない『付き合い』においては、合わないと感じる彼の両親と無理に関わる必要性が少ないからです。

これから家族になるとなればそう簡単にはいきませんが、そうでないなら『会わない』『関わらない』という選択肢も大いにあり得るのです。

1:彼親と会う機会を避ける

これはとても簡単でストレスの少ない対処法です。

実際顔を合わせて嫌な思いをするくらいなら、思い切って会う機会を避けましょう。

彼にもそれとなく伝えて会わない方向にもっていければ、貴方もストレスを感じずに済みます。

彼のご両親にしてもどうしても貴方に会いたい、どんな人か知りたいという強い欲求もまだそんなにある時期ではありません。

勿論そうではない、会いたがりの両親もいると思いますが、会う機会を減らす事は充分可能な時期です。

具体的には彼の実家に行くときは、『ご両親が居ない時間帯にする』のが理想的です。

20代になると、大学や就職で彼が一人暮らしをしている状況なら、滅多に彼の両親に会う機会はないので、前もって断ればいいだけですが、貴方と彼が10代であるなら実家で暮らされている事が多いと思います。

なので、彼の家に行く時に気を付けましょう。

彼に誘われても「人が居ない時がいい」「恥ずかしいからあんまり顔を合わせたくない」など、さりげなく会う機会を避けるアピールをしておくのも大切です。

2:最低限の礼儀・マナーを守る

これはとても大事です。

どんなに友好的に接してくれている彼のご両親でも、最低限の礼儀・マナーを守らなければ一気に『敵対視』されてしまう可能性もあります。

彼の家に行く時は特に気を付けましょう。

貴方の実家のルールと彼の実家のルールが違う可能性も否めませんので、顔を合わせる前に、彼から情報を聞き出しておくとより効果的かもしれませんね。

どんなご両親なのか、簡単に言えば厳しいタイプなのか、過保護タイプなのか、はたまた放任タイプなのか、会ってすぐの第一印象は中々覆せないので、会う前にリサーチするとすごく楽だと思います。

最低限の他、人によって気になる場所が違ってきますからポイントを押さえて、礼儀正しくみせると貴方の負担も減るでしょう。

3:彼に相談する

相談
彼がどんな人かにもよっても変わってきてしまうかもしれませんが、元々彼のご両親の事なのです。

彼に相談するのが一番の近道だと思います。

しかし最初から『うざい』『会いたくない』と言ってしまうのは得策ではありません。

貴方からしてみたら、ただのうざい大人でも彼からしたら世界でたった2人の両親です。

言い方に注意しながらも、「あまり歓迎されてないのかな」「何を話したらいいかわからない」「こんなこと言われて悲しかった」等々、愚痴ではなく、相談ベースで話を振ってみましょう。

その時の彼の反応や行動は彼の本質に近いのでよく観察してくださいね。

ここで貴方の話を軽く扱う彼だと、今後辛い思いをする可能性があります。

4:彼と別れる

別れ
これは「彼と相談」した後に決断する事をおすすめします。

勿論、彼の両親が常識からかけ離れた価値観を持っているなどの場合は話が別で即断してもいいと思いますが、彼に相談しても改善が見られない、彼が貴方より両親の肩ばかりを持つなどの場合、別れを視野に入れる事も仕方ないかもしれません。

特に貴方が本当に悩んで、困って彼の両親の事を真剣に相談したにもかかわらず、彼の対応がいい加減だった時です。

今後も貴方が困ったり悩んでいる時、そういう対応をされる可能性が非常に高い彼だという事になります。

一緒にいて楽しさを感じるだけならいいのですが、付き合いが長くなればもっと先、生活を共にするようになれば貴方が辛い時、悩んでいる時その感情も蔑ろにされる恐れがあるという事です。

互いが弱ったり苦しんだりしている時にどれだけ寄り添えるかはとても大切な事ですから、
冷静な決断を下してくださいね。

別れた方がいいのではなく、そういう選択肢も存在すると考えてください。

30代編

10~20代のお付き合いと30代のお付き合いには決定的な違いがあります。

やはり結婚です。

貴方も彼のご両親も『結婚』という2文字が頭にあるからこそ余計に難しくなってしまうのです。

『彼と別れる』という選択肢も真剣交際や、結婚を意識している30代の方が中々決断しにくいものだと思います。

なので、『うざい』と感じた時も10~20代よりは忍耐が必要になってきます。

勿論ご自身のできる範囲や限界値が人によって違いますから無理は禁物ですが、歩み寄る努力や行動を試みることは非常に重要になってきます。

5:彼親と会う機会を増やす

あまり会っていない状態だと彼のご両親がどんな価値観の方の中分かりませんよね。

勿論、相手も同じなので会う機会を増やしてどんな人間性なのか、価値観なのかを見極める事も『うざい』と感じないようにする第一歩です。

会う機会が増えると、話す機会が増えます。

話す機会が増えるとそれだけご両親の情報も貴方の耳に入ってくるのです。

やはり気まずいと感じるのであれば、実家などではなくレストランの会食などから始めるもの良いと思います。

家だとどうしても、ご両親独自のルールがあって馴染めない可能性もありますから、彼と協力しつつお店をセッティングして和やかで楽しい雰囲気の中を演出できれば友好へも道も促進されます。

その時は「仕事」「接待」ぐらいの気分で挑んだ方が疲れないという人もいるかもしれませんね。

6:料理などを積極的に手伝う

もし彼の実家に招かれるなど、料理をするシーンがあったら積極的に手伝ってください。

古今東西、料理ができる女性はやっぱりポイントが高いです。

料理はあまり得意ではないという女性も勿論いらっしゃると思います。

そんな方は「教えてください」「彼の好みの味を覚えたいです」と教えを乞うスタンスで台所に立ちましょう。

他所の台所にお邪魔するので、あくまで主役はその家の母親である彼のお母さんです。

料理される方なら経験がある方も多いと思いますが、人によって好みのやり方やペースがあるので、料理が得意だからと言って出しゃばり過ぎも控えましょう。

ここで需要なのは美味しい料理を作るという事ではなく、あくまでお母さんのお手伝いをする事なのです。

もし、貴方の手伝いを心地いいと感じてもらえれば一気に距離を縮められるかもしれません。

7:彼親の前で彼を立てる

彼のご両親の前で彼を貶すのは絶対にやめてください。

自分の息子を貶されて喜ぶ親は殆どいませんし、敵対視されかねません。

逆にいつも以上に彼を立てて、褒めるくらいで丁度いいのです。

「なぜ私がそんなことを」と思われる方は、仕事の付き合いくらいに思ってください。

契約を成立させる為、円滑に仕事を進める為にお世辞を言うことは誰にでも一回はあると思いますが、それと同じです。

勿論、お世辞なんかじゃなく彼には立てるところが満載だと感じている方はそのまま表現して下さい。

『自分達の息子を高評価している女性』という印象を与える事が大切です。

8:周りの家族・親戚を味方につける

もし彼のご両親だけではなく親族の方と接する機会も多いのなら、その中から自分と合う人を味方につけるのも大切です。

例えば彼のご両親とはイマイチ相性が悪いけれど、彼のお姉さんとは話が合うという事も中にはあるかもしれません。

もし、仲良くなっておけば何か困ったことがあった時でも、自分の両親と貴方両方の言い分や立場を考慮して仲裁に入ってくれる可能性もあります。

また彼の両親からしても、貴方から直接言われるより身内から言われた方がすんなり受け入れられる事もあると思います。

大家族の中に入っていくのは大変に感じるかもしれませんが、その分自分に合う人を探せるチャンスでもあります。

もし、彼と家族なりたいと考えているのであれば、彼の両親だけでなく周りの家族、親族にも目を向けるといいでしょう。

9:何を言われても聞き流す

貴方からしたら、失礼だったり不愉快なことを言ってくる可能性もあります。

貴方とは年代が違いますから、価値観が違うと諦めて聞き流すことも大切です。

我慢の限界や、許せない事もあると思いますから、そういう事を言われた時は

ハッキリ意思表示する事も大切ですが、小言であるなら聞き流しましょう。

10:結婚しても同居はしないと決める

もし貴方が彼のご両親を『うざい』と感じたことがあるならば、同居はお勧めしません。

同居をすることで貴方のプライベートまで彼の両親に口を出される可能性があります。

たまに会う関係だからこそ、忍耐や対処をしようという気になれるかもしれませんが、これが毎日となれば大変かもしれません。

そして曖昧な態度を取っているうちに、同居になってしまったという話はとても多いのです。

彼のご両親と何の問題もない円満な関係を築いていた方でも、同居して嫌になってしまうという事はあります。

結婚に向けて彼のご両親と友好関係を築く努力はとても大切ですが、同居だけはお世辞ではやっていけません。

これはご両親だけでなく彼とも予め相談しておいた方がいい内容になりますで、それとなく彼の意思も探っておきましょう。

同居が結婚の条件という縁談をたまに聞きますが、一生同居しても結婚する価値があるのか、立ち止まって真剣に考えてみて下さいね。

11:好かれることを諦める

もし貴方の涙ぐましい努力にも関わらず、一貫して『うざい』ままである、もしくは好かれたいとすら思えないのなら、好かれることを諦めましょう。

友好関係は最終的に一方通行では成立しません。

相手にもその意思が無ければ、貴方がどんなに頑張っても辛いだけなのです。

『諦めが肝心』なんて言葉もありますが、無理だと思ったら諦めましょう。

一度彼親から嫌われると関係修復は難しい

これは彼の両親に限った話ではありませんが、対人関係、特に歳を重ねてから知り合った関係性は一度嫌われてしまうと修復するのは難しい傾向があります。

難しいと言うよりも不可能に近いという表現の方が正しいかもしれません。

学生時代であれば友人と喧嘩したり、嫌われたりしてもふとした拍子に仲直りした、最初の印象は悪かったけど、仲良くなったということもあるかもしれません。

しかし、大人になってから特に彼のご両親との関係性から修復するよりも、最初の印象を良くしようとした方が賢明だと言えるでしょう。

息子の嫁になる人への審査は厳しい

これから息子の嫁になる女性に対する審査は厳しくなってしまいがちです。

これから家族になっていくのですからご両親から不安もあるでしょうし、どうしても最初は疑ってかかってしまうのです。

本来は貴方だってご両親の人となりを審査していいはずですが、年配の方はどうしても『嫁に来る』というスタンスで考えている方が多いので、ここは努力も必要です。

第一印象から良いイメージを持たせる事が大切

人の第一印象は、会ってから数秒で決まると言われています。

『数秒』でその人の何が分るのか?と疑問に思われるかもしれませんがその通りで、数秒では事実その人がどんな人か判断する事は難しいです。

それ故、第一印象とは雰囲気が重要なんです。

そしてどうしても人はその雰囲気を元に印象を決定づけてしまう傾向があります。

例えば初めて会った時にすっぴんにスエットで登場した知人がいたら「おしゃれには興味がなさそう」と判断してしまいませんか?

実際はおしゃれが好きだけど、その日は出来ない理由があったのかもしれません。

その人と何回も会ってる人であれば、今回たまたますっぴんだという事情を想定できますが、初めて会う人にはそれが難しいのです。

それ故、表面から分かりやすい場所、服装やメイク、立ち振る舞いや表情の工夫が、第一印象をよくする近道になります。

彼親から好かれる女性の特徴とは?

では実際どんな女性が彼のご両親から好かれるのでしょうか。

人としても相性もあると思いますが、基本的には職場の上司とうまくやる感覚に近いと思います。

勿論、恋愛というプライベートの延長線での出会いなのでもう少し込み入ってきますが、結婚というワードが重要な為、良妻賢母風な女性が彼のご両親から好かれる傾向にあります。

家事全般をこなせる

家事
結婚しても共働きなら勿論、彼にも家事をしてほしいと感じると思いますが、貴方ができないとなると彼のご両親から厳しい目にさらされる可能性があります。

特に彼のご両親が専業主婦だった場合、家事ができない女性というものを受け入れ辛くなってしまいます。

それ故、家事全般がこなせるというだけで、彼のご両親から高評価をもらえる可能性が高くなります。

経済的に安定している

昨今は共働き夫婦が増えているので、女性にも経済力を求める結婚も多くあります。

また収入の対象に関わらず、安定した職に就いている、お金にだらしなくないというのは当たり前の事の様ですが、彼のご両親から好かれやすいです。

結婚に向けて当人同士は愛が重要だと思いますが、彼の両親から見たら信用が解り易く、大切なのです。

明るく愛嬌がある

明るく愛嬌がある女性
やはり対面した時に一番ものを言うのは、明るさと愛嬌であると思います。

同じような失敗をしてしまっても、許される人と許されない人がいるという経験をした事がある方も多いと思いますが、人は誰にでも平等に接することができるわけではありません。

どうしても好意的な人には対応が優しくなりますし、苦手な人や得意でない人には冷たくなりがちです。

明るさと愛嬌にはそんな人の相性を越えるとも劣らない力があるのです。

特に最初の第一印象で、明るく愛嬌があると相手に思わせる事が出来る女性はとても好かれやすいです。

自分の親を大切にしている

彼のご両親から見ても、自分の両親を大切にできない女性が、自分達とうまくやっていけないと感じるのは当然です。

人を1人育てるというのは、大変な労力がいりますから、親を大切にできる女性はその感謝を持っている女性と彼のご両親にも映る事でしょう。

中には、親とは不仲、絶縁状態という方もいらっしゃると思います。

各家庭それぞれに事情があるのでそれが悪い訳ではありません。

ただその過程は相手の両親にはどうしても伝わりづらいので、どうしても親を大切にしている女性の方が好かれやすいのです。

質素だけど清潔感のある服装

清潔感のある服装
服装は人の個性を表すアイテムです。

貴方がどんな服装が好きでも貴方の自由ですが、彼のご両親からしたら、どうしても質素で清潔感のある服装をした女性が好まれます。

これは先程紹介した第一印象と同じ原理ですが、貴方の事をそこまで知らない彼のご両親からしたら、質素で清潔感のある服装をしているだけで、質素で清潔な女性に見えてしまうのです。

アナウンサーの服装に似ていますが、あんな感じの服装が万人に受け入れられやすのも同じ理由になります。

服装に迷ってしまったら、アナウンサー、もしくはオフィスカジュアルが最適かもしれませんね。

あなたの心がけ次第で彼親と良い関係が築けるはず!

世の中、何をやってもダメな時もあります。

彼のご両親との関係も同じで、貴方がどれだけ頑張っても難しい時はご縁が無かったと諦める事も必要かもしれませんが、貴方の心がけ次第で良い関係が築けることも多いです。

難しく考えずに人に好かれやすい女性を目指すことが、一番の近道かもしれませんね。

そして一度いい関係を築いてしまえば、自分の思っている事や考えも格段に言いやすくなるので、今後長い付き合いがかなり楽になるでしょう。

逆に『うざい』と感じたままだと、これから長い事その気持ちを持ち続けなければなりません。

貴方が今、彼の両親といい関係を築きたい為にした努力が必ずあなたの人生を豊かにするでしょうから、是非貴方のできそうなことからチャレンジしてみて下さいね。