萌えた瞬間22選!【彼氏・旦那編・彼女・妻編】共感できた行動を彼氏や旦那にしてもらったり、自分で実践してキュンキュンしようについて
あなたは「萌えた」ことがありますか。

いわゆる「キュンキュン」するような気持ちになることを「萌え」と言います。

今回はそんな「萌えた」瞬間や萌えとはなにかということを紹介していきます。

ぜひチェックしてあなたも「萌えた」瞬間を思い浮かべてみましょう。

萌えたとは?

以前は「萌えた」という言葉はあっても今のような使い方をしませんでした。

それが今では普通に使われることも増え、言葉も昔から比べて大きく変化してきました。

そんな中で今回取り上げたのは「萌え」です。

では萌えとは今の時代はどのように使うのでしょうか。

「萌え」とは、調べてみると「ある物や人に対して持つ一方的で強い愛着心、情熱、欲望などの気持ちを言う俗語であり、必ずしも恋愛感情を意味するものではない」という解釈がまず出てきます。

簡単に言うと好きな人やものに思わずキュンキュンしてしまう心、ということになります。

この言葉はアニメや漫画を愛する愛好者から生まれた言葉であり、好きな推しキャラなど思わず「萌え~」と言葉が出てしまうほど好きでキュンキュンする心理を表した言葉です。

萌えた瞬間ってある?

あなたは萌えた瞬間はありますか?萌えは突然やってきます。

例えば好きな人がデートに自分好みのファッションをしてくると思わず萌えることでしょう。

また時々見せる仕草やいつも見えているはずの笑顔が時と場所によって見る笑顔が突然心を突いてくるような笑顔に感じる瞬間もあることも。

萌える瞬間はほんの一瞬でいつやってくるか分かりません。

あなたの心の隙にグッとくるのが萌えです。

ただ萌えた瞬間は見過ごされがちです。

その時はグッと来てもやり過ごされて自分が今「萌えた」ということを思うことはないでしょう。

ですが萌えた瞬間を自覚することでパートナーとの関係性が良くなることがあるのです。

つまり改めてパートナーのちょっとした仕草や言動をしっかりと受け止めることでお互いを見つめ直すキッカケにもなります。

ぜひ最近萌えた瞬間を思い出してみてください。

そして萌えを意識してみましょう。

萌えた瞬間22選【彼氏・旦那編・彼女・妻編】

ここでは実際に萌えた瞬間を紹介していきましょう。

萌えた瞬間と感じるのは個人差がありますし、いつもしていることでもその日によって感じることもあります。

では具体的にどのようなことに萌えた瞬間があるのかそれぞれの立ち位置から見ていきましょう。

彼氏

まずは彼女から見た彼氏に萌えた瞬間を紹介します。

女性の中には男性を子供のように見える人がいます。

それは母性本能のような感覚で見えることもあるでしょう。

どこか可愛い、愛おしくなるような気持ちになりキュンキュンすることも。

さてあなたは彼氏に萌えた瞬間はこの中にありますか?

美味しそうにパンケーキ食べていた

パンケーキを食べる男性
彼氏に萌えた瞬間として、美味しそうにパンケーキを食べていたことがあります。

パンケーキに添えられたクリームを口の端に付けて食べている姿を見ると思わず萌えてしまうことでしょう。

男性にとってパンケーキは子供の頃母親が作ってくれた思い出である人も多いです。

そのためパンケーキにテンションが上がって思わず子供のようにかぶりつくことも。

そんな姿を見ると彼女としては可愛く見え萌えた瞬間となるでしょう。

捨て猫にミルクあげていた

彼氏に萌えた瞬間として、捨て猫にミルクをあげていたことがあります。

最近は猫ブームで猫を飼う人が増えています。

特に単身者で飼う人が増加傾向にあり、彼女が遊びに行くと猫と戯れる彼氏を見ることができます。

ですがそんなペット好きにとって捨て猫を見つけると放ってはおけません。

自分が飼うことができればいいのですが既に先住猫がいたり、ペットが飼えない家に住んでいる人はなんとか助けてあげたいと思うものです。

少しでも栄養を付けてあげたいと捨て猫にミルクをあげる優しい姿を見た瞬間、彼女は萌えることでしょう。

動物を大切に出来る人は優しい人です。

そんな彼氏が愛おしく見るはず。