あまのじゃくな性格の男性とは?特徴や上手な扱い方8選!好きになってしまったらどうすればいいの?について
素直じゃない男性は大人になっても意外と多いものです。

好きな人に対してだけ素っ気ない態度を取ってしまったり、好きな人にだけ攻撃的な態度を取ってしまったり、尊敬している上司なのに反抗してしまったりする人を思い浮かべることができるという人も多いのではないでしょうか。

このように素直じゃない人はたくさんいますが、その中でもかなり厄介なのが「あまのじゃく」な男性だと言われています。

あまのじゃくな男性はどのような特徴を持っているのか、また上手な扱い方について紹介していきます。

あまのじゃくな男性が身近にいて、対応に悩まされている人は参考にしてみてください。

あまのじゃくってなに?

そもそも、「あまのじゃく」という言葉にはどういう意味があるのでしょうか。

あまのじゃくな男性の特徴を知る前に、一度あまのじゃくという言葉自体の意味について確認してみましょう。

あまのじゃくとは、漢字では「天邪鬼」と書きます。

これだけでは意味が分かりづらいので辞書を確認してみると、辞書には「人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者」と載っています。

昔話にもよく登場し、主に悪者として描かれることでも知られています。

昔話の中では「瓜子姫」に出てくるあまのじゃくが有名ですので、読んだことがあるという人も多いのではないでしょうか。

このように古くから知られている言葉であるあまのじゃくですが、日常会話の中で「あの人、あまのじゃくだよね」というように使う場合は「悪者」という意味よりも、辞書の意味通りに「わざと逆らうひねくれ者」という意味で使われるケースが多くなります。

まさに好きな人に優しくできなかったり尊敬している上司に対して反抗的な態度を取ってしまう人を表現するのにピッタリな言葉だと言えるでしょう。

あまのじゃくな男性の特徴や上手な扱い方8選

あまのじゃくというのは一種の性格ですので、老若男女問わずあまのじゃくな性格をしている人はいます。

色々なあまのじゃくに悩まされている人も多いことでしょう。

今回は、その中でも特にあまのじゃくな男性について紹介していきます。

あまのじゃくな男性は、どのような特徴を持つ男性に多いのでしょうか。

また、実際にあまのじゃくな男性が近くにいる場合、上手に扱うにはどのように接するのが望ましいのでしょうか。

特徴

まずはあまのじゃくな男性の特徴を17個紹介していきます。

今から紹介する17個の特徴に当てはまっている数が多いほど、あなたの周りの男性があまのじゃくである可能性は高くなってしまうでしょう。

あまのじゃくな男性とそうではない男性は、円滑な人間関係のために接し方を大きく変えなければならない場合があります。

あまのじゃくな男性に対して適切な接し方を見つけるためにも、身の回りにあまのじゃくの疑いがある男性がいる場合は、これから紹介する特徴にどれくらい当てはまるのか、こっそりチェックしてみるのもおすすめです。

プライドが高い

プライドが高い男性
あまのじゃくな男性はプライドが高い人が多いと言われています。

もちろん適度なプライドは自分の仕事に対して誇りを持つ上でも大切ですが、あまりにも高すぎるプライドは仕事だけではなく、プライベートにおいても自分の成長の邪魔になってしまうでしょう。

プライドが高い男性は、誰かから改善策を指摘されても素直に受け入れることはできません。

「自分がやっていることが正しいに違いない」と考えて、明らかに改善策の方が優れていると自覚できる場合でも、受け入れるのに時間がかかってしまうでしょう。

時にはわざと改善策とは全く違う策を取ってしまうこともあります。

まさに先ほど紹介したあまのじゃくの辞書的な意味と同じ行動を取っていると言えます。

負けず嫌い

負けず嫌いな男性もあまのじゃくになってしまう可能性が高いと言われています。

負けず嫌いな性格の人は、周りの人をライバルだと考えてしまいがちです。

自分より立場が上の先輩に対しても「この人を抜かしたい!」という気持ちが強くなって、素直に教えてもらうことができないでしょう。

もちろん向上心が強いのはとても良いことですが、あまりにも負けず嫌いだと周りのアドバイスを受け入れられなくなってしまいます。

そのため、アドバイスとは違った行動をしてみたり、時にはアドバイスをされそうな雰囲気を察した瞬間に部屋を出てってしまったりするなど、困った行動を取ってしまうこともあります。

プライドが高い男性と同じように、負けず嫌いな男性もあまりにもその性格が行き過ぎるとあまのじゃくとして扱いに困ってしまうでしょう。

こだわりが強い

こだわりが強くて職人肌の人は自分だけにしかできない仕事を任されることも多いので、あまのじゃくな特徴を周りにあまり知られないこともあります。

しかしながら、知られていないだけでこだわりが強い男性も、実はあまのじゃくだったというケースは非常に多いと言われています。

あなたの周りの職人肌の男性の行動を観察してみてください。

こだわりが強い男性は、先ほど紹介したようにその人にしかできない独自の仕事を任されるケースが非常に多くなります。

そのため、最初は違っても次第にプライドが高くなってしまって周りの意見を聞き入れることが苦手になってしまうことも珍しくはありません。

あまり人と関わらずに仕事をしているうちに、いつの間にか周りの意見を素直に聞き入れる姿勢を忘れてしまうということもあります。

このように、あまのじゃくは生まれつきの性格だけではなく環境要因によって生まれることもあります。

警戒心が強い

実はプライドが高くて周りの意見を聞き入れるのが苦手な人だけではなく、警戒心が強くて周りに弱みを見せたがらない人もあまのじゃくの可能性が高くなります。

プライドが高い人と警戒心が強い人はそれぞれ真逆の性質を持っていると思われるかもしれませんが、人に対するスタンスは非常によく似ています。

プライドが高い人は、そのプライドのために周りの意見を素直に聞き入れるのが苦手であまのじゃくな行動を取ってしまうでしょう。

しかし、警戒心が強い人は、プライドではなく警戒心のために「人の意見を聞き入れるのが怖い」と思ってしまいがちです。

そのため、結果的にプライドの高い人と同じように人の意見とは真逆な行動を取ってしまうことも珍しくはありません。

理由は違っても、行動だけ見てみるとあまのじゃくな性格をしていると言えるでしょう。

頑固

頑固な男性
頑固な人があまのじゃくな性格をしているというのは分かりやすい特徴の一つなのではないでしょうか。

頑固な人はそもそも周りの人の意見を聞き入れる姿勢を持っていません。

常に自分の意見が一番正しいという強い意志を持っている傾向があります。

そのため、周りの人の意見を聞き入れる必要性を感じることがないのかもしれません。

また、頑固な人には実は恥ずかしがり屋な人も多いと言われています。

本心では他の人からアドバイスがほしいと思っていたり、もらったアドバイスが正しいことが分かっていても、恥ずかしさから素直に聞き入れないこともあるでしょう。

恥ずかしくて、わざとアドバイスとは違った行動を取ってしまう子どもらしい一面もあるかもしれません。

いずれにせよ、頑固な人はあまのじゃくな性格をしている人も多いので注意が必要です。

目立ちたがり屋

あなたの友達の中にも、パーティーなど集まるイベントが好きで、そうしたイベントの時にすごく張り切る人がいるのではないでしょうか。

学生時代のクラスにも体育祭や文化祭の時にとても張り切ったり、会社の同期の中に頻繁に飲み会を企画したりする目立ちたがり屋がいるという人も多いでしょう。

そのような目立ちたがり屋の人は、周りに人が多くて素直な性格をしていると考えられがちですが、実は意外とあまのじゃくな性格をしている人も少なくはありません。

目立ちたがり屋な人にとって、とにかく自分が目立つことが何よりも大切です。

そのため、常に周りからの注目を集めていることを意識しながら行動しています。

そんな中で、他の人の意見を聞き入れる姿勢を見せてしまうと、周りから「あの目立つ〇〇さんにアドバイスをしている△△さんこそすごい人だ」と思われてしまうリスクがあります。

目立ちたがり屋な性格をしている人にとって、自分以外の人がすごい人だと思われるのは好ましくありません。

そのため周りからのアドバイスを無視することも多く、結果的にあまのじゃくな行動を取ってしまいがちです。

言葉遣いが悪い

言葉遣いが悪い人は、周りの人から注意をされてしまう機会も多くなってしまいがちです。

多くの人から頻繁に注意を受けていると、内心では自分に非があることを理解していても反発してしまいたくなることもあるでしょう。

反抗期の子どもが、注意してくる自分の両親に対して強い言葉で反発するのと同じように、言葉遣いが悪い人も周囲に対して反発心を抱きがちです。

そういった自分をなんとかしたいと思っていても、注意されるたびにイライラしてしまってあまのじゃくな態度を取ってしまうというケースも少なくはありません。

あまのじゃくな態度を取ってしまうからこそさらに周りから注意を受け、それに対してイライラして言葉遣いが悪くなり、さらに素直になれないという悪循環に陥ってしまうということもあります。

承認欲求が強い

目立ちたがり屋な人があまのじゃくな性格をしているのと同じように、承認欲求が強い人もあまのじゃくな性格をしている可能性が高いと言われています。

承認欲求が強い人は、自分ではなく周りの人が褒められたり認められたり評価されたりしている状況をあまり好みません。

そのため、周りからのアドバイスを素直に聞くことができないはもちろん、周りの人が特定の誰かを褒めている時に「俺は全然〇〇さんのことをすごいとは思わない」のようにひねくれた発言をしてしまうというケースも珍しくはありません。

こうした発言や行動が多いので、あまのじゃくの特徴として承認欲求が強いと言われるのも無理はないかもしれません。

素直じゃない

あまのじゃくの本来の意味に、素直じゃないという意味があります。

そのため、あまのじゃくの特徴として素直じゃない性格があるのも当然といえば当然のことでしょう。

とにかく、あまのじゃくは素直に行動することができません。

誰かにアドバイスをされても聞いていないふりをしたり「今やろうと思っていたから余計なことを言わないでほしい」のように返事をしてしまうこともあるでしょう。

なかなか周りの人に対して素直に感謝を伝えることはできません。

アドバイスだけではなく、褒められた時もめったに素直に喜ぶことはしません。

時には「これくらいで褒めるなんて、馬鹿にしている」と喧嘩腰な態度を取ることもあります。

しかし、本心ではしっかり喜んでいることもある分かりづらい性格をしているのもあまのじゃくの特徴の一つです。

他人に厳しい

他人に厳しい男性
実はあまのじゃくには他人に厳しいという一面を持っている人もいます。

自分に厳しく他人にも厳しい人の場合はストイックな人として周囲に認められますが、あまのじゃくの場合は自分には甘くて他人にだけ厳しいことがあります。

そのため、周りからはやっかいな人だと嫌われてしまうことも多いでしょう。

あまのじゃくが自分には甘いのに他人に厳しく接する理由は、特徴の「目立ちたがり屋」や「承認欲求が強い」で紹介したものと同じです。

自分以外の人が褒められるのを嫌うのがあまのじゃくな性格の特徴の一つなので、自分以外が褒められないように周りをけなそうとすることもあります。

また、あまのじゃくな性格の人が上司になった時は認めている部下に対してこそ厳しく接してしまうということもあります。

人からの褒め言葉を素直に受け取るのが苦手なだけではなく、周りの人を素直に褒めることも苦手というのがあまのじゃくの特徴です。

見栄っ張り

プライドが高いあまのじゃくは、見栄っ張りという一面を持っていることもあります。

誰かに助けてほしい場面でも、素直に周りに助けを求めることが苦手です。

誰かが察して「手伝おうか?」と聞いてくれたような時にも、素直に頷くことができずに「問題ない!」と見栄を張ってしまい、後悔するということもあるでしょう。

あなたの周りにも、明らかにキャパオーバーな状況なのに周囲からの助けを断ってしまって自分を追い詰めている男性がいるのではないでしょうか。

その人は周りから「人と関わるのが嫌いだから仕方ない」と評価されているかもしれませんが、実はそれほど複雑な性格をしているわけではなく単にあまのじゃくな性格をしているだけかもしれません。

あまのじゃくな性格が裏目に出て自分が忙しくなるだけなら周りの人の迷惑にはなりませんが、もし部署全体や会社全体に迷惑をかけてしまうほどあまのじゃくな性格をしているのでしたら、早めに対策を立てないと困ったことになる恐れもあります。

恋愛は奥手

仕事面では職人肌で自分の仕事を極めることに余念がなかったり、周りの人に助けを求めることができずに困ってしまったり、褒め言葉を素直に受け取ることができずに微妙な雰囲気にしてしまったりすることもあるのがあまのじゃくの特徴として挙げられます。

では、そんなあまのじゃくな性格をしている人は恋愛においてはどのような特徴があるのでしょうか。

実はあまのじゃくな性格をしている人は恋愛に対して非常に奥手という特徴を持っています。

気になる女性ができて自分からアプローチをしたいと思っても、周りの目が気になってアプローチができずに恋が終わってしまうというケースも少なくはありません。

女性の方から声をかけられても、なかなか素直に対応できないため自分で恋愛のチャンスを潰してしまうことも珍しくはないでしょう。

そのため、年齢を重ねても異性に対する上手な接し方が分からず、それを自覚しているからこそ恋愛に関しては非常に奥手になってしまうあまのじゃくも少なくはありません。

計画性がない

何事も用意周到に考えているようにも見えるあまのじゃくの人も多くいますが、実はほとんどのあまのじゃくには計画性がないという特徴もあります。

何事も行き当たりばったりで、〆切当日になってから焦ってしまうということもあるでしょう。

プライベートで旅行に行く時も、なかなか旅行の予定を決めずに荷造りすら進まないということもあります。

あまのじゃくな人に計画性がない理由には、周りから「しっかり準備するように」と言われる言葉に対する反発心があると言われています。

周りから言われた通りに素直に行動することができないので、あえて準備をせずに計画性のない行動をしてしまいがちです。

また「自分は能力が高いから大丈夫」というプライドがあるため、計画を立てずに結果的に失敗してしまうというケースも少なくはありません。

臆病

警戒心が強いのもあまのじゃくの特徴の一つですが、似ている特徴として「臆病」という特徴もあります。

臆病なため周りの人と接すること自体を怖がり、そのため周りの人からのアドバイスも信用できなくなってしまいます。

臆病な性格をしていないあまのじゃくに対して接する場合には、相手のあまのじゃくな性格を理解するだけで接しやすくなるケースがあります。

しかし、あまのじゃくだけではなく警戒心が強かったり臆病な性格をしていたりするあまのじゃくに対しては、まず本人の恐怖心や警戒心を取り除いて信頼を構築してからあまのじゃくな性格を考慮して接する必要があります。

あまのじゃくの中でも、特に対応に苦労することが多いタイプだと言えるでしょう。

友達が少ない

ここまでの特徴を見ても分かる通り、あまのじゃくは身近にいると非常に面倒なタイプです。

わざと言われたことと真逆の行動をしたり、周りの人に対して厳しい言葉を投げつけて空気を悪くしてしまうことがあります。

計画性もなく周りに迷惑をかけてしまっても、素直じゃない性格をしているので謝罪をすることも少ないでしょう。

仕事上で関わらなければならない場合は別として、プライベートでは好き好んで関わりたくない性格だと考える人がいるのも仕方ないかもしれません。

そのため、あまのじゃくは基本的に非常に友達が少ないという特徴を持っています。

あまのじゃくの友達は、同じくあまのじゃくでお互いの性格を理解できる相手か、幼馴染などの古くからの付き合いであまのじゃくの性格をしっかり理解している相手、そしてそれらの知人であまのじゃくへの付き合い方を理解してくれる相手の3パターンに限られてしまいがちです。

あまのじゃくは友達が少なく、また友達が少ないことで自分のコンプレックスとなり、さらに強がってしまい素直じゃなくなってしまうというケースもあります。

友達が少ないあまのじゃくは、さらに自分から孤立してしまうという悪循環に陥ってしまうケースが非常に多いと言われています。

単独行動が好き

友達が少ないあまのじゃくはもちろん、幸いにも理解者が周りにたくさんいて友達がいるあまのじゃくも基本的には単独行動を好むという特徴があります。

単独行動は寂しさを感じることはあるものの、周りの人の目を気にせずに行動できたり周りの人の指示に従う必要がなかったりするなどの気楽なメリットがたくさんあります。

あまのじゃくな人にとって、人と関わることでトラブルになる可能性が少ない単独行動は非常に魅力的な行動方法だと言えるでしょう。

そのため、友達がどんなにたくさんいるあまのじゃくでも基本的には単独行動を好みます。

忘年会や送別会などの欠席できない行事を除いて「久しぶりにみんなで飲み会に行こう」などの誘いは断ることも珍しくはありません。

基本的に寂しがり

単独行動が好きなあまのじゃくですが、基本的には寂しがり屋という特徴もあります。

自分で「一人で行動したい」と言っておきながら、誰かに「そんなこと言わずに一緒に行こうよ」と言われないと悲しくなってしまうという面倒な一面も持っています。

あまのじゃくな性格で誤解されやすく友達も少ないですが、そのことに対して人一倍強いコンプレックスを抱いているという人もいるでしょう。

誰かに頼るのも褒められるのも、逆に誰かに頼まれたり褒められたりするのも苦手なのに、本心ではいつも寂しいので誰かに声をかけられるのを待っているという一面もあります。

しかしながら、寂しがり屋な性格をしていてもあまのじゃくであることに変わりはないので、せっかく誰かに声をかけられても素直に応じることができないような、いわゆる「ツンデレ」の対応をしてしまうことも少なくはありません。

上手な扱い方

あまのじゃくの面倒な特徴を17個読むと、周りに思い当たる人がいるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、あまのじゃくの特徴を知れば知るほど「一緒にいると面倒だから距離を置きたい」と思ってしまう人が増えるのも仕方のないことです。

プライベートであればあまのじゃくな人が面倒で距離を置くこともできますが、一方で仕事の上司や部下、同僚や取引先があまのじゃくな性格をしている場合は、自分の気持ちだけで簡単に距離を置くことはできません。

時にはストレスを溜めながらも、あまのじゃくに接していかなければならない場面もあるでしょう。

では、そんなあまのじゃくと上手に接するためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、あまのじゃくの上手な扱い方を8つ紹介していきます。

実際にあまのじゃくな人に接していて、どうすれば良いのか分からないという人は参考にしてみてください。

理解する

まずはあまのじゃくの性質を理解しましょう。

口では強がった発言をしていても、それは本心ではないかもしれません。

そのことを知らずにあまのじゃくと一緒にいると「どうしてこんなひねくれたことばかりを言うんだろう」とイライラしてしまいがちですが、あまのじゃくの性質であることを理解できれば「こんなことを言っていても本心は違うんだ」と余裕を持てることもあります。

心の余裕を持ってあまのじゃくに接することができれば、それほどイライラしないでしょう。

また、あまのじゃくの本心を察することもできるので、自ずと上手な扱い方が分かる場合もあります。

まずはあまのじゃくの口先の言動に騙されずに性質を理解するように努めてみてください。

割り切る

あまのじゃくを理解しようと思っても、どうしても理解できない人はいるでしょう。

特に素直でまっすぐな性格をしている人にとって、あまのじゃくはわざと場の空気を乱して喜んでいるように思える場合もあります。

そのような人にとって、あまのじゃくは迷惑な存在でしかないでしょう。

しかし自分が理解できないからといってあまのじゃくと距離を置くことができるわけではありません。

どうしてもあまのじゃくと接する必要がある場合には、割り切るのも一つの有効な手段です。

「この人はこういう性格で変わらないから仕方ない」と諦めれば、あまのじゃくに対して期待もしなくなりイライラすることもなくなるでしょう。

褒める

褒める
褒めても基本的にあまのじゃくは素直に受け取ることはしません。

「こんなことで褒められても嬉しくない」と褒めたこと自体を否定するような言動をすることもあるかもしれません。

しかし、あまのじゃくに対しては褒めるという行為が実は非常に有効です。

誰かに褒められた時に嫌な気分になる人はめったにいないでしょう。

あまのじゃくに関してもそれは同じで、口では嬉しくないと言いつつも褒められると本心では喜んでいます。

そのため、何を言われてもあまのじゃくを褒め続けることで、次第にあまのじゃくも素直な反応を返してくれる可能性もあります。

ただし、褒め方が皮肉に聞こえてしまうとトラブルの元になるので、いつも本心から褒めるようにしましょう。

はっきり言う

理解しても褒めても、あまのじゃくな性格がいつまで経っても変わらないこともあります。

時には重大な局面なのにわざとあまのじゃくな発言をして、周りの人たちをイライラさせることに喜びを覚えるような性格の悪いあまのじゃくもいます。

そういったあまのじゃくに対しては、はっきりと指摘することが必要な場合もあるでしょう。

ただし、指摘する場合にあまのじゃくな性格に対して指摘してしまうと、論点が個人の人格否定になってしまって違うトラブルが発生してしまう恐れがあります。

そうならないためにも、指摘する場合は「こういう状況で〇〇のような発言はやめてほしい」のように、逐一ピンポイントな指摘をするようにしましょう。

嫉妬させる

あまのじゃくがあなたに好意を持っているのに、あえて嫌がらせのような言動をしてきて困っているということもあるでしょう。

実はそうしたあまのじゃくの行動は「この人は嫌がらせをしても本気で嫌がらずに反応してくれる」という余裕に基づいた行動だと言われています。

そのため、そうした嫌がらせへの対処法としてはあまのじゃくを嫉妬させるのもおすすめです。

あまのじゃくを嫉妬させることで「嫌がらせをしていると嫌われてしまうかもしれない」と焦らせ、嫌がらせをやめさせることを期待できます。

上手に他の男性の影をチラつかせながら、あまのじゃくを操縦してみましょう。

肯定する

あまのじゃくは子どもっぽい性格をしている場合が多いので、自身のあまのじゃくな発言や行動に対して周りの人がイライラする様子を期待しています。

そのため、あまのじゃくの期待を裏切ってあまのじゃくの行動を肯定することで、拍子抜けしてあまのじゃくな言動をやめることもあるでしょう。

たとえば「Aが良い」というアドバイスに対してあまのじゃくが「Bの方が良いと思う」と言った場合、明らかにBが間違っている時でも「そうだね、ならBでやってみたら?」と肯定して突き放してみてください。

あまのじゃくも本心ではAが良いことは分かっているので、焦って「いや、やっぱりAの方が良いかも」などのフォローをしてくるかもしれません。

その時にはっきりと指摘することで、あまのじゃくな性格を改善させることも可能になります。

リードさせる

先ほど説明したように好きな人に嫌がらせをするあまのじゃくな行為は、本心からは嫌われないという余裕があるからこその行為です。

それと同じように、仕事上であまのじゃくな言動を繰り返すのも、自分に責任がないことが分かっている余裕からふざけている可能性もあります。

そんな甘えた性格のあまのじゃくには、あえてあまのじゃく自身に責任を持たせてリードさせてみましょう。

自分の責任があるとあまのじゃくな発言をしてふざけている暇はなくなるので、行動が改善されるというケースもあります。

甘える

甘える
リードさせるのと同じくらい効果的な方法として、あまのじゃくに甘える方法もおすすめです。

あまのじゃくに甘える機会を増やすことで、自然にあまのじゃくを褒める回数も増えるでしょう。

結果的に、最初は素直になれないあまのじゃくも褒められ慣れていって心を開いて素直になってくれるかもしれません。

何を考えているのか分からないあまのじゃくに甘えるのは怖いという人もいるかもしれませんが、簡単なことから甘えることであなた自身も徐々にあまのじゃくを信頼できるようになります。

少しずつあまのじゃくに甘えることに慣れてみるのも良いかもしれません。

あまのじゃくな男性を好きになってしまったら?

非常に厄介な性格をしているあまのじゃくな男性ですが、それでもどうしても惹かれて好きになってしまうこともあるでしょう。

そういう場合、アプローチ方法にも工夫が必要です。

一般的なアプローチをしていては、あまのじゃくな男性に「この女性は自分のことを好きだから離れて行かない」という余裕を与え、あまのじゃくな言動を加速させてしまう恐れがあります。

好意を見せては離れたり他の男性の影をチラつかせるなど、あまのじゃくな男性に本心を悟られないようにしながらアプローチをして、とにかく自分のペースに持ち込むようにしましょう。

あまのじゃくな男性と付き合ってラブラブになっちゃおう

癖の強いあまのじゃくな男性ですが、一度付き合うと周りからは分かりづらい魅力を持っている不思議な男性です。

難しい男性と付き合ってラブラブできるという優越感を抱くこともできるでしょう。

近くにあまのじゃくな男性がいる場合は、素敵な部分を見つけてみてください。