愛情表現上手な男性の特徴8個!そんな男性を見極めるにはもってこいな出会い方とは?について
愛情表現が上手な男性だと、恋愛していて不安になることがないのですごく素敵ですよね。

現実は恋愛表現が上手な男性ばかりではないので、女性は不安になります。

愛情表現が上手な男性を前もって見分けることができたらどんなにいいだろう?と思うものの、いい雰囲気のときは頭がいっぱいでついつい忘れてしまいがちです。

今回は愛情表現が上手な男性を見極めるもってこいな出会い方と特徴8個について紹介したいと思います。

彼からの愛情表現が少ないと悩んでいる女性は多い

彼からの愛情表現が少ないと悩んでいる女性は多いです。

「好きだよ」「君に会えてうれしい」といった言葉や、キスしたり、ハグしたり、イチャイチャしたりする時間があれば安心できるのに、男の人は無頓着な人が多いです。

いちいち愛情表現をしなくても、こうやって一緒にいるのだから気持ちは伝わるでしょう?と考えている男性がとても多いです。

お付き合いするまでは少なからず愛情表現があったはずなのに、自分の彼女になったとたん安心するのだと思います。

あとは恥ずかしいという気持ちもあります。

女性は彼からの愛情表現があることで、自分は彼に愛されているという安心感で満たされることができます。

そして、彼のことがもっと好きになります。

彼からの愛情表現が少ない悩み、もともと男の人は愛情表現をするのが苦手で恥ずかしい気持ちが強いことをまずは理解してあげてください。

そして、愛情表現をしてもらう方法を考えていきましょう。

女性は男性以上に愛情表現を必要とする

女性は男性以上に愛情表現を必要とします。

女性は気持ちで恋愛をします。

彼氏とお付き合いしている期間は彼氏のことが中心の生活になり、いつだって彼氏のことを考えながら生活しています。

男性は自分の生活である仕事や仲間との時間と恋愛をハッキリと分けています。

自分の時間は自分のモノ、彼女との時間は二人のモノとしています。

そのため、いつも彼女のことを中心としながら生活しているわけではありません。

女性は彼氏のことが中心なのに、彼氏はわりとアッサリしていることが多いです。

そのため、愛情表現を必要とする女性が多いです。

お付き合いがスタートするまでは大なり小なり恋愛の駆け引きがあり、「好きです」「今度デートしてください」といった言葉があったハズですし、キスしたりハグしたりいい雰囲気になったこともあったハズです。

彼氏彼女になり、お付き合いの期間が長くなればなるほど愛情表現は少なくなるのかもしれません。

女性のハートを満たす方法を考えましょう。

伝わりやすいもので愛情を確かめる

彼氏からの愛情表現が少ないなら、伝わりやすいもので愛情を確かめる方法があります。

女性は恋愛は男性がリードするものだと考えていて、デートプランの提案であったり、愛情表現であったりは基本的に男性がリードして欲しいと思っています。

しかし、実際は理想通りにうまくいかないことも多いですよね。

そこで、発想を変えて全てのリードを彼女からしてみてください。

男の人はいくつになっても子供のような一面を持っています。

彼女からうまくリードして、彼氏を自分好みの男性に変えていってください。

彼氏が変わってくれないのなら、自分が変わって彼氏を巻き込んでしまいましょう。

愛情表現が少ないと感じたら、まずは彼女から彼氏へ愛情表現をしてみてください。

疲れているときに優しくしたり、美味しい料理を作ったり、色々やり方はあります。

「〇〇といると落ち着くな」とサラッと言ってしまうのもアリです。

二人の雰囲気がいい感じになってきたら、可愛く彼女からも甘えて愛情表現してほしいことをアピールしてもいいと思います。

男性は愛情表現が苦手

男性は愛情表現をすることが苦手です。

女性は子供を生み育てるために、言葉を話せない相手の感情も理解して行動することがそれとなくできます。

そのためストレートに言葉がなくても、相手の気持ちの変化やして欲しいことを察知することが得意です。

男性は言葉がなくても「察してほしい」と言われるのが苦手です。

彼女がいつ愛情表現して欲しいか分からないですし、間違ったタイミングで愛情表現すると機嫌が悪くなるのではないかと悩むこともあります。

男性は女性は扱いがむずかしいということは分かっています。

彼女の好みではない愛情表現をすると、幻滅されてしまうのではないだろうか?

ストレートに愛情表現したら、カッコ悪いって思われないだろうか?

なんて色々考えていると、男性は自分のプライドが傷つくのが怖いこともあり、愛情表現から遠ざかっていきます。

女性から愛情表現をしてほしいことを言葉で伝えるのも大切なのかもしれません。