愛情表現上手な男性の特徴8個!そんな男性を見極めるにはもってこいな出会い方とは?について
愛情表現が上手な男性だと、恋愛していて不安になることがないのですごく素敵ですよね。

現実は恋愛表現が上手な男性ばかりではないので、女性は不安になります。

愛情表現が上手な男性を前もって見分けることができたらどんなにいいだろう?と思うものの、いい雰囲気のときは頭がいっぱいでついつい忘れてしまいがちです。

今回は愛情表現が上手な男性を見極めるもってこいな出会い方と特徴8個について紹介したいと思います。

彼からの愛情表現が少ないと悩んでいる女性は多い

彼からの愛情表現が少ないと悩んでいる女性は多いです。

「好きだよ」「君に会えてうれしい」といった言葉や、キスしたり、ハグしたり、イチャイチャしたりする時間があれば安心できるのに、男の人は無頓着な人が多いです。

いちいち愛情表現をしなくても、こうやって一緒にいるのだから気持ちは伝わるでしょう?と考えている男性がとても多いです。

お付き合いするまでは少なからず愛情表現があったはずなのに、自分の彼女になったとたん安心するのだと思います。

あとは恥ずかしいという気持ちもあります。

女性は彼からの愛情表現があることで、自分は彼に愛されているという安心感で満たされることができます。

そして、彼のことがもっと好きになります。

彼からの愛情表現が少ない悩み、もともと男の人は愛情表現をするのが苦手で恥ずかしい気持ちが強いことをまずは理解してあげてください。

そして、愛情表現をしてもらう方法を考えていきましょう。

女性は男性以上に愛情表現を必要とする

女性は男性以上に愛情表現を必要とします。

女性は気持ちで恋愛をします。

彼氏とお付き合いしている期間は彼氏のことが中心の生活になり、いつだって彼氏のことを考えながら生活しています。

男性は自分の生活である仕事や仲間との時間と恋愛をハッキリと分けています。

自分の時間は自分のモノ、彼女との時間は二人のモノとしています。

そのため、いつも彼女のことを中心としながら生活しているわけではありません。

女性は彼氏のことが中心なのに、彼氏はわりとアッサリしていることが多いです。

そのため、愛情表現を必要とする女性が多いです。

お付き合いがスタートするまでは大なり小なり恋愛の駆け引きがあり、「好きです」「今度デートしてください」といった言葉があったハズですし、キスしたりハグしたりいい雰囲気になったこともあったハズです。

彼氏彼女になり、お付き合いの期間が長くなればなるほど愛情表現は少なくなるのかもしれません。

女性のハートを満たす方法を考えましょう。

伝わりやすいもので愛情を確かめる

彼氏からの愛情表現が少ないなら、伝わりやすいもので愛情を確かめる方法があります。

女性は恋愛は男性がリードするものだと考えていて、デートプランの提案であったり、愛情表現であったりは基本的に男性がリードして欲しいと思っています。

しかし、実際は理想通りにうまくいかないことも多いですよね。

そこで、発想を変えて全てのリードを彼女からしてみてください。

男の人はいくつになっても子供のような一面を持っています。

彼女からうまくリードして、彼氏を自分好みの男性に変えていってください。

彼氏が変わってくれないのなら、自分が変わって彼氏を巻き込んでしまいましょう。

愛情表現が少ないと感じたら、まずは彼女から彼氏へ愛情表現をしてみてください。

疲れているときに優しくしたり、美味しい料理を作ったり、色々やり方はあります。

「〇〇といると落ち着くな」とサラッと言ってしまうのもアリです。

二人の雰囲気がいい感じになってきたら、可愛く彼女からも甘えて愛情表現してほしいことをアピールしてもいいと思います。

男性は愛情表現が苦手

男性は愛情表現をすることが苦手です。

女性は子供を生み育てるために、言葉を話せない相手の感情も理解して行動することがそれとなくできます。

そのためストレートに言葉がなくても、相手の気持ちの変化やして欲しいことを察知することが得意です。

男性は言葉がなくても「察してほしい」と言われるのが苦手です。

彼女がいつ愛情表現して欲しいか分からないですし、間違ったタイミングで愛情表現すると機嫌が悪くなるのではないかと悩むこともあります。

男性は女性は扱いがむずかしいということは分かっています。

彼女の好みではない愛情表現をすると、幻滅されてしまうのではないだろうか?

ストレートに愛情表現したら、カッコ悪いって思われないだろうか?

なんて色々考えていると、男性は自分のプライドが傷つくのが怖いこともあり、愛情表現から遠ざかっていきます。

女性から愛情表現をしてほしいことを言葉で伝えるのも大切なのかもしれません。

表現するのが恥ずかしい

男性は表現するのが恥ずかしいと思っています。

男性はプライドが高く、そのプライドが傷ついてしまうことを恐れています。

彼女からバカにされたり、ぷいっとそっぽを向かれたりしたらどうしようと不安な気持ちが先走って、表現することを恥ずかしいと思っています。

カッコつけて、記念日にいい雰囲気のレストランを予約して、そのレストランでサプライズのプレゼントとかのプランを練っていたとします。

彼女から少しでも文句を言われたらどうしようという気持ちが出てくると、そのプランはなかったことになります。

彼女に「好きだよ」と言いたいものの、自分のプライドが邪魔をしてついつい「言わなくても分かるだろ?」とカッコつけてしまいます。

男性は表現するのが恥ずかしいことを受け入れ、男性が表現しやすいように二人の雰囲気を丸くしてあげることが大切です。

何でも言い合えるような関係を目指しましょう。

しているつもりになっている

男性は愛情表現が少ないのではなく、しているつもりなのかもしれません。

女性にとって愛情表現は「好きだよ」と言葉で言ってくれたり、キスしたりハグしたり、たくさんデートを重ねることが愛情表現だと思います。

男性にとって愛情表現は女性に伝わりにくいものが多く、彼女の終わりのない話を聞くことに付き合ったり、彼氏が忙しいときも合間をぬって時間を作ってくれたりといったことも愛情表現のひとつだと考えています。

彼氏の愛情表現は少ない!と悩む前に、もう一度彼氏の優しさについて振り返ってみてください。

当たり前になってしまっているだけで、彼氏の愛情表現はさり気ない二人の日常にたくさん詰まっているかもしれません。

まずはさり気ない彼氏の優しさに気付き、きちんとありがとうと言える女性になりましょう。

しなくても伝わっていると勘違いしている

彼氏は愛情表現はしなくても伝わっていると勘違いしています。

男性はいくつになっても少年のような心を忘れていなくて、単純な一面を持っています。

「いちいち愛情表現なんてしなくても、こうやって一緒にいるのだから気持ちくらい分かるだろう?」と思っています。

女性の気持ちを察知することも苦手なので、愛情表現をしてほしいときは彼女からお願いするのがいちばん手っ取り早いです。

彼氏と思わず目の前にいるのは幼い少年だと思ってください。

少年は怒り口調で言うとすぐに拗ねます。

可愛く「〇〇くんに好きだって言ってもらえたら、うれしい気持ちになる。」とアピールしてみてください。

ストレートだし怒っているわけではないので、嫌な気持ちになる彼氏はほとんどいないと思います。

しなくても伝わっているという彼氏の勘違いに時々気付かせてあげてください。

そもそも男女で愛情表現に違いがある

そもそも男女で愛情表現に違いがあることを知ってください。

男性は頭で考えながら行動するので、女性が喜ぶような形あるものや恋人らしいデートなどで愛情表現しようとします。

いつものデートプランはマンネリしてきているのに、彼氏は退屈しないのだろうか?と不満に思うかもしれませんが、実はそれも彼女が好きなものを取り入れた一生懸命の愛情表現かもしれません。

見えていないけれど実はあるものってわりと多いと思います。

彼氏のことが好きで一緒にいる時間がどんなに長くても、彼女とはまったく別の人格です。

彼女が願う愛情表現をしてくれて当たり前だと思わずに、彼氏なりの愛情表現に気付いてあげてください。

男性は物理的なもので表現する

男性は物理的なもので愛情表現します。

男性は愛情表現というものがどういったものなのか掴みにくいので、分かりやすく伝わりやすいもので彼女へ愛情表現しようとします。

クリスマスや彼女の誕生日、彼氏からデートプランの提案やプレゼントのリクエストを聞かれたことはないですか?

サプライズしてくれないことへの不満を持たず、彼氏の優しさをもう一度見直すことで見えてくるものがあると思います。

彼氏とのデート、電話、LINEのやり取りで実は愛情表現してくれているかもしれません。

もしかしたら彼氏はすごく多忙な中も彼女と連絡を取り合っているかもしれません。

彼氏の現状を理解して、男性は物理的なもので愛情表現することを理解してあげましょう。

そして、私が求めているものはこんなものではないと不満を持たずに、彼氏にありがとうという気持ちを持つようにしてください。

プレゼントやスキンシップ

プレゼント
男性はプレゼントやスキンシップで愛情表現をします。

プレゼントは彼女に分かりやすく愛情表現をすることができて、形に残すことができます。

彼女の使うものや好みの品を想像しながら、彼氏なりに一生懸命選んでくれているものです。

スキンシップは男性の欲求的なものもありますが、好きな彼女とのスキンシップの時間はすごく癒しの時間です。

二人の時間をもう一度見直して、ツンツンした気持ちは置いといて何も考えずにイチャイチャしてみてはどうでしょう。

男性は面倒くさいからプレゼントやスキンシップで私の心を満たそうとしているとは思わないでください。

それこそが、不器用な男性なりの愛情表現です。

女性は感情的なもので表現する

女性は感情的なもので愛情表現をします。

女性は感情から先に動くので、大好きな彼氏には「好き」「もっと一緒にいたい」といった気持ちをストレートに伝えることができます。

男性も同じように気持ちをストレートに返して欲しいのに、言うのは自分ばかりで不満がたまっていくのかもしれません。

つい、彼女はわざと嫉妬させるようなことをしたり、子供のように拗ねたりしてしまいます。

男性は感情的なもので愛情表現をするのが苦手なことを理解して受け入れ、今までと同じように感情的なもので愛情表現をしてください。

自分が彼氏のことを受け入れることで、彼氏も彼女のことを受け入れてくれるようになります。

形が違うだけで愛情表現は伝えあうことができると思います。

気持ちを言葉にする

女性は感情的なもので愛情表現をするのが上手なので、気持ちを言葉にすることができます。

好きな人には「好き」だときちんと言えますし、「会いたい」「デートがしたい」といったこともきちんと素直に言うことができます。

時には恥ずかしさや、今までの関係が崩れることを恐れて気持ちを言葉にすることができなくなることもあります。

しかし、女性の良さである気持ちを言葉にすることを活かし、いつだって気持ちを言葉にするようにしてください。

男性は気持ちを言葉にすることが苦手な分、女性がリードしていけばいいと思います。

気持ちを言葉にすることで、二人の雰囲気がすごくいいものになることもあります。

伝えずに後悔するくらいなら、気持ちはたくさん言葉にしてください。

愛情表現が上手な男性の特徴8個!

愛情表現が上手な男性の特徴
愛情表現が上手な男性の特徴を8個紹介します。

男性と女性では考え方や価値観に違いがあり、男性は気持ちを言葉にすることが苦手なことは受け入れたとします。

それでも、時々でもいいので「好き」「一緒にいたい」といった甘い言葉が欲しいと願うのが女心です。

複雑な恋する女心を理解してくれて、モヤモヤする気持ちにならないで済むのはやはり愛情表現が上手な男性です。

女性の願う恋する気持ちを全て受け入れてくれるわけではないですが、愛情表現が上手な男性の特徴を知ることで新しい恋をするときの参考にしてください。

1:マメである

愛情表現が上手な男性はマメです。

愛情表現が上手な男性は女心をきちんと理解していて、マメに連絡をくれます。

突然連絡がストップしたり、デートをキャンセルされたりすることに女性は不安を感じることをよく知っているからです。

気になっている男性といい雰囲気になったら、どんなに忙しくても一日一回くらいはLINEのやり取りや電話ができて、デートも定期的にできそうか様子を見てください。

すべてパスできるなら、マメな男性です。

マメな男性はどんなに忙しくても、彼女への連絡は欠かさないと思います。

どうしても連絡がストップするときは、〇月〇日~〇月〇日までは長期出張で連絡できないといった感じで前もって伝えて彼女を不安にさせないようにします。

マメな男性はわりとモテます。

本人もそれを分かっていて、実は何股か平気でかけられる男性もいます。

他にいい雰囲気の女性の影がないかチェックしてから、お付き合いするかどうか決めた方がいいかもしれません。

2:女性の扱いに慣れている

愛情表現が上手な男性は女性の扱いに慣れています。

女性が愛情表現が上手だと感じる男性は、それだけ女心を理解している人です。

どんなタイミングでどういった行動すれば女性が喜ぶか、時に怒ってしまうかを把握しています。

女性が不安にならないように、スキンシップやプレゼントでの愛情表現はもちろんのこと、言葉での愛情表現も欠かしません。

女性の扱いに慣れている人はモテるので、時にチャラチャラした印象を受けるかもしれません。

しばらく様子を見て、誠実な男性であればあまり疑わずにお付き合いをスタートしてみるのもアリだと思います。

女性の扱いに慣れている男性にはライバルが多いですが、本命彼女になることができればすごく心穏やかな恋愛をすることができます。

彼を信じて、素敵な女性を目指すことが恋愛のステップアップのきっかけとなると思います。

女兄妹がいる

愛情表現が上手な男性は女兄弟がいます。

女兄弟がいると、幼いころから女兄弟に「女はこういうとき喜ぶ」「男のこういった行動や言葉は女の怒りのツボとなる」といったことを耳がタコになるくらい聞かされながら育ちます。

実際に女兄弟に怒られながら育ったので、どういったことが原因で女性が怒ってしまうのかもきちんと把握しています。

自然と女心を理解するようになり、女性が望むような愛情表現が上手になるのだと思います。

女兄弟に押されながら育つと、ちょっと押しの弱い優しい男子に育つこともあります。

彼女が上手に操縦して、リードもできる素敵な彼氏に育てていってください。

彼氏の女兄弟は気を遣う存在かもしれませんが、より良き理解者ともなってくれます。

タイミングが合えば親しくしておくといいと思います。

3:自分の気持ちに正直

愛情表現が上手な男性は自分の気持ちに正直です。

自分の気持ちに正直に生きていると、周囲の雰囲気を崩さないために自分の気持ちをセーブしたり、計算しながら理性的に行動したりする機会が少なくなります。

彼女のことが好きなら、周囲に人がいても、彼女に別の恋人がいてもストレートに「好きだ」と何度も伝えて、自分のモノになるように必死に動くでしょう。

恋人になった後も彼女の手を離すことのないよう、会うたびに愛情表現をしてくれます。

自分の気持ちに素直な分、「もっと一緒にいたい」「デートしたいから明日も休みたい」といった可愛いわがままもさらっと言えてしまいます。

時々子供のような一面も見せますが、彼女である自分が受け入れてあげてください。

4:感受性が豊か

愛情表現が上手な男性は感受性が豊かです。

感受性が豊かだと、人が言った言葉にたくさんの感情を持ったり、彼女と過ごす時間をすごく幸せに感じたり、ひとつひとつの出来事を大切に受け止めて言葉にすることができます。

彼女といる時間が幸せだと感じたら、もっと一緒にいたいから一緒に暮らしたいと歯の浮くようなセリフだってストレートに言えてしまいます。

その感受性の豊かさゆえに傷つきやすい一面もありますが、彼女がうまくフォローすることでいい関係が築けると思います。

5:寂しがり屋

寂しがり屋な男性
愛情表現が上手な男性は寂しがり屋です。

寂しがり屋な面を持っていると、一人でいる時間に人一倍の寂しい感情を持つことになります。

その寂しい気持ちを彼女への愛情表現で埋めようとします。

寂しがり屋の男性は一人でいることを苦手とするので、空いている時間は誰かと一緒に過ごしていることが多いです。

彼氏が寂しがり屋だなと感じたら、出来る限り彼氏と一緒に過ごす時間を大切にしてあげてください。

彼氏を放ったらかしにすると、他の女の子に手を出してしまう可能性だってあります。

彼氏が寂しい気持ちにならないくらい、彼女の愛で満たしてあげてください。

6:彼女に愛情表現を求める

愛情表現が上手な男性は彼女にも愛情表現を求めることもできます。

女心をきちんと理解していて、女性が喜ぶような愛情表現が上手な男性は自分の気持ちも満たしたいと考えます。

彼女にも同じくらい愛情表現して欲しいと願っています。

彼氏に甘えられると、疲れているのに面倒くさいと思うかもしれません。

普段気を揉みながら仕事している彼氏にとって、彼女との時間はかけがえのない休息の時間です。

できる範囲で彼に愛情表現をして、お互いを安心感でいっぱいにしてください。

7:自然にスキンシップができる

愛情表現が上手な男性は自然にスキンシップができます。

愛情表現が上手で言葉で「好きだ」「愛している」とためらいなく言える男性は、恋人同士のいい雰囲気を作るのも上手です。

まずは言葉で女性をリードし、スキンシップで完全に自分のペースに持ち込みます。

女性も恥ずかしい気持ちは置いておき、彼氏からスイッチを入れた甘い時間は思いきり楽しんでください。

男性から自然にスキンシップできる関係を築いていくことで、長続きする恋愛ができるようになると思います。

8:外国人・ハーフ

外国人
愛情表現が上手な男性は外国人やハーフに多い傾向があります。

外国の文化やお国柄、ストレートに愛情表現をする国もあります。

日本は黙っている派の人が多いですが、外国人やハーフは女性が喜ぶような愛情表現が上手です。

今の恋がマンネリしてきていて、どうしても刺激が欲しい!と思ったときは外国人やハーフとの恋愛もアリかもしれません。

そんな男性を見極めるにはもってこいな出会い方とは?

愛情表現が上手な男性を見極めるもってこいな出会い方があります。

愛情表現が上手な男性は恋愛にも積極的です。

恋人がいても別れたタイミングで新しい恋愛を探しに行き、いつも恋人がいる状態を良しとしています。

愛情表現が上手な男性と出会うことが出来る場を紹介します。

ぜひ、心が満たされるような恋愛探しの参考にしてください。

友人の紹介

友人の紹介は愛情表現が上手な男性を見極めるもってこいな出会い方です。

友人の紹介は一番手堅く、自分が希望するような理想の男性に近い人を紹介してくれます。

普段から自分と接している友達だからこそ、自分の性格や理想の男性像を把握してくれています。

友人の紹介を希望するときは、「彼氏を探しているからいい人がいたら紹介して欲しい。愛情表現ができるだけ豊かな人がいい」といった感じで希望を添えておくといいと思います。

友人にも時間や予定があるため、期限を設けて急かしたり、理想の男性像をあまりにも高くしたりするのはよくありません。

もし、理想に近い人がいたら紹介して欲しいくらいの軽い程度でお願いしておきましょう。

その方が友人もプレッシャーを感じずに紹介相手を探すことができます。

あらかじめどんな人か聞いておく

友人の紹介はあらかじめどんな人か聞いておくと安心です。

あらかじめどんな人か聞いておくことで、愛情表現が上手な男性かどうかを見極めることができます。

あまりにも理想と離れた感じなら、考え直した方がいい場合もあります。

友人の紹介は友人に手間と時間をかけるので、あまりにもなミスマッチを防ぐためにも軽く自分の理想の男性像は伝えておくと安心です。

ナンパ

ナンパは愛情表現が上手な男性に出会えそうな場です。

初対面の女性にナンパできる時点で女性慣れしていて、女性の扱いも上手です。

どういったことをすれば女性が喜び、愛情表現が伝わるかも理解しています。

ナンパで声を掛けられるとその場限りの関係をイメージされるかもしれませんが、そんなこともありません。

友達に誘われてナンパに付き合っている人もいますし、偶然すれ違った相手に一目ぼれをして思い切ってナンパしている人もいます。

ナンパは遊び人がするものという固定概念を捨て去り、目の前にいる彼氏との出会いを信じた方が幸せになれるかもしれません。

たとえ失敗したとしても、多少の失敗は新しい恋愛をするために大切なものとなります。

長くお付き合いを続けるためにも、最初の声かけがナンパであった彼氏の愛情表現を受け入れ、彼氏との時間を大切にするのがベストです。

ナンパで出会った人が理想的な男性だったら、連絡先を交換しておきましょう。

そして、次の機会を作っておいてください。

恋活・婚活パーティー

婚活・恋活パーティは愛情表現が上手な男性に出会える場です。

愛情表現が上手な男性はモテるので、彼女がいない期間があまりありません。

恋人と別れると色々な方法で新しい出会いを探しに行きます。

結婚適齢期を迎えると恋活・婚活パーティーで新しいパートナーを探そうとします。

学生時代はたくさんあった出会いも、社会人になると限られてきます。

愛情表現が上手な男性は色々な方法でパートナーを探すので、婚活・恋活パーティも上手に活用します。

なかなか理想の男性と出会えないとイライラしがちなのが恋活・婚活パーティーですが、出会いのツールのひとつとして上手に活用してみてください。

女性は参加費が無料、もしくは3,000円くらいまでと、わりと良心的な価格であることが多いので、時間が空いた休日に思いつきで参加するくらいでもいいと思います。

マッチングアプリ

マッチングアプリ
マッチングアプリは愛情表現が上手な男性に出会える場です。

いつも恋愛に貪欲な気持ちを持っているからこそ、フリーの期間は色々なツールで恋愛探しをします。

マッチングアプリもそのひとつです。

マッチングアプリにのめり込むようなことはなく、あくまでもいい出会いがあればいいなくらいの軽い気持ちで取り組んでいます。

自分の都合に合わせて手軽にできるのがマッチングアプリの良さでもあります。

ぜひ、恋愛探しのツールのひとつとして活用してみてください。

合コン

合コンは愛情表現が上手な男性に出会いやすい場です。

愛情表現が上手な男性はコミュニケーションスキルも高く、交友関係も幅広いです。

自然と合コンに誘われる機会も多く、フットワークが軽いので参加する機会も多いです。

合コンで意気投合した男性がいたら、愛情表現が上手だから遊び人かもしれないといった警戒心を持つことをやめ、新しい恋をスタートさせてみてください。

合コンは友人の紹介と似ていて、共通の知り合いがいるので安心感があります。

周りに人がいる状況の方が見極めやすい

周りに人がいる状況の方が愛情表現が上手かどうかを見極めやすいです。

二人きりのときは「好きだよ」「愛している」と言えても、周りに人がいると恥ずかしさやプライドが先走って言えなくなる男性も多いです。

周りに人がいてもストレートに愛情表現ができる男性は本物です。

いつだって恋人が望むような愛情表現をしてくれると思います。

周りにいる人の意見も参考にしつつ、愛情表現が上手なパートナーを探してください。

たくさんの女性がいるということは、それだけライバルも多いということです。

それがより刺激となり、自分が理想とするような愛情表現をくれる男性を彼氏とするために頑張れるかもしれません。

周りを気にせず自己表現できる人は愛情表現も上手

周りを気にせず自己表現できる人は愛情表現も上手です。

周りを気にしてしまうと、自分の気持ちの半分くらいしか表現できなくなります。

それを気にせずに自己表現できるということは、愛情表現も上手です。

彼氏が自分の言いたいことを堂々と言える人だと、彼女もいい意味で影響を受けて言いたいことを言えるようになります。

お互い対等ないい関係を築けると思います。

お互いが安心できるよう、女性が理想とするような愛情表現をしてくれます。

周りを気にせず自己表現できる人はモテるので、素敵な女性を目指してください。

愛情を伝え合って甘い恋愛を楽しもう

愛情を伝え合い、甘い恋愛を楽しんでください。

男性と女性とでは愛情表現の形は違うこともありますが、それを楽しむことで甘い恋愛を楽しんでください。

その恋愛の甘さをより楽しむには、愛情表現の上手な男性とのお付き合いが一番近道です。

甘い言葉は女性を美しく生き生きとさせます。

自分に磨きをかけ、愛情表現の上手な男性と甘い恋愛を楽しめるように頑張ってください。

甘い砂糖のような愛情表現は女性にとって大切なものです。

いつまでも自分を輝かせてくれる大切な成分です。