フラストレーションは自分の欲求を満たせない状態にあるのですから、なぜ満たせないでいるのかを考えてみることが必要です。

欲求を満たせずにフラストレーションが溜まるということは、負の感情が今にも爆発寸前になっている状態です。

このままでは悪い状況へ向かってしまうことにもなり兼ねません。

それはつまり別れを選択するかもしれないということです。

このフラストレーションを解消するためには別れることですべては解消できます。

その前にまずは自分の中の負の感情をさらけ出すことをしてみましょう。

相手がこれに反応してくれたらそれは良い方向へ進む可能性大です。

自分をさらけ出せずに恋愛から逃げ出すようなことをすると、後々後悔に繋がる可能性もあります。

それよりもまずは自分の気持ちをさらけ出してみることで解決できることもあるのです。

相手の立場で考えてみる

彼との関係の中での解消方法として、相手の立場で考えてみることでしょう。

恋愛は常に自分本位になりがちです。

いつも自分の立場から考えてしまうことが多いと思います。

それは相手に自分の気持ちを理解して欲しいという欲求があるためです。

その欲求が満たされないと感じるとフラストレーションは溜まります。

ですが、ここで相手の立場に立って考えることをしてみてください。

たとえば彼に会いたくて仕方がない気持ちでいても、彼は仕事が忙しく精一杯の状態が続いています。

それでも好きな人ならどんなに疲れていても会いたいと思うはずだと考えてしまいがちです。

それを彼の立場になってみてください。

仕事は男性にとって大切です。

仕事に集中したいときは恋愛は邪魔になることもあります。

それを理解してくれない彼女とは付き合えないと思うかもしれません。

お互いがお互いの状況を考えることが恋愛にとって大切なことなのです。

好きになった理由を思い出す

彼との関係の中での解消方法として、好きになった理由を思い出してみましょう。

あれだけ好きで彼のためなら何でもしてあげたい、尽くしてあげたい、そう思っていたはずなのに付き合っていくうちにどうしても自分本位になってしまいます。

恋愛は満たされていないと相手に求めるものがどんどん大きくなってしまうのです。

そうなってしまうとフラストレーションが溜まる一方です。

ここで一度立ち止まってみましょう。

なぜ自分は彼を好きになったのか、付き合い出したときを思い出してみるのです。

つまり初心にかえるということです。

彼のどこが好きで付き合ったのか、また付き合い出して大切にしたいと思う気持ちがあったはずです。

新たに好きだと思うことができると、フラストレーションもリセットされることでしょう。

すぐに謝り仲直りする癖をつける

彼との関係の中での解消方法として、すぐに謝り仲直りする癖をつけることでしょう。

これはフラストレーションを強くしてしまう前の方法です。

またすぐにフラストレーションを解消できるようになると二人の関係性はパターン化することができるので、たとえ喧嘩をしてもすぐに元通りになれることで心理的にも楽になることは間違いありません。

ただフラストレーションを溜め込むと極限まで耐えてしまうことがあります。

まだ我慢できると思ってしまうと、フラストレーションだけではなく、ストレスもどんどん強くなっていくことでしょう。

ストレスは精神的苦痛のことですが、ストレスも溜めるようになってしまうと、気持ちの収拾がつかなくなってしまうこともあるのです。

その前になんとか食い止める方法として、たとえ躊躇しても仲直りする癖を付けるようにしていきましょう。

感謝の心を意識してみる

彼との関係の中での解消方法として、感謝の心を意識してみるということでしょう。

感謝する、そんな簡単なことが意外とできていない場合があります。

特に近い存在であればあるほど、感謝することは難しいものです。

なぜなら近い存在の人は自分の気持ちをぶつけることができる唯一の相手だからです。

何かしてくれて当たり前という気持ちにもなり、感謝の気持ちを忘れがちです。

ですが自分が甘えられる存在というのはとても大きなものなのです。

そこへ一言「ありがとう」の気持ちを持ったり、実際に口に出して言ってみるとまた関係性を改めて考えるきっかけになります。

また実際に感謝の言葉を言われた側も、感謝されることで気持ちが変化します。