脈あり女性ってどんな人?そんな行動11選と気になる彼にだけやるべきおすすめな行動について
無意識のうちに恋に落ちてしまうこともありますよね。

今まで気にしていなかった男性でも、ふとした瞬間に恋をしてしまうこともあります。

しかし、無意識の恋は自分でも自覚しづらいものです。

燃えるような熱い感情までには到達しておらず、「良い人」止まりになってしまうのです。

それではどうすれば自分の恋心に気付けるのでしょうか。

ヒントは自分の行動の変化に隠されています。

女性の心理は非常に複雑です。

小さなことでも気持ちが左右されやすいので、自分でも迷子になってしまうことがあります。

ですが、恋心が芽生えると無意識のうちに行動が変わっていきます。

この行動の変化をキャッチすることで、男性への好意に気付くことができます。

今回は脈あり女性の特徴や行動の変化について詳しく紹介していきます。

脈あり女性ってどんな人?

脈あり女性とは、男性に対してほのかな恋愛感情を抱いている女性を指します。

その恋心はまだ小さく、自分でも自覚していないこともあります。

一方で行動パターンや習慣に変化が表れることもあります。

これが脈ありのサインであり、自分の奥底にある好意が滲み出ていることを表しています。

それでは自分の脈あり行動を知るメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

次は自分の脈あり行動を知るメリットについて詳しく紹介していきます。

女性が自分の脈あり行動を知るメリット

自分の感情に正直になれることが、自分の脈あり行動を知るメリットです。

女性の中には、相手に恋心を抱いていても照れ隠しでわざとそっけない態度を取る人がいます。

まだ自分が恋心を抱いていることを自覚していないため、仲の良い男友達で止まっているのです。

しかし、このようなツンデレな態度は彼氏であれば可愛く見えますが、まだ片思いの男性では「自分のことがあまり好きではないのかな?」と勘違いされてしまいます。

素直に自分の気持ちを表現できないと、思わぬところでチャンスを逃してしまう恐れがあります。

自分の脈あり行動を把握することで、いち早く自分の恋心に気付くことができます。

早く気付くことができれば、それだけ次の対策を立てやすくなります。

自分の気持ちがわかる

自分の脈あり行動を知れば、自分の気持ちに正直になれます。

流れるように自然と恋に落ちた場合、自分でも恋心に気付かないときがあります。

そのままズルズルと友達関係を続けていると、いつの間にか相手に彼女ができ、その彼女に嫉妬してはじめて男性のことが好きだったことに気付くという事態を起こしかねません。

好意を持つ男性と結ばれるためには、自分が好意を持っていることに気付くことが大切です。

自分の気持ちを正しく理解するためにも、自分の脈あり行動を把握しておくようにしましょう。

脈あり行動は人によって異なります。

ひとつしかない人もいれば、いろいろな行動パターンが表れる人もいます。

自分の脈あり行動を知り、恋愛のチャンスを掴みましょう。

脈あり女性が思わずとってしまう脈あり行動11選!

脈あり行動
それでは、脈あり女性が取ってしまう行動パターンにはどのようなものがあるのでしょうか。

代表的な行動パターンを知り、自分の行動と照らし合わせてみましょう。

次は脈あり女性が思わず取ってしまう脈あり行動について詳しく紹介していきます。

1.思わず目で追ってしまう

恋をすると思わずその男性を目で追ってしまうことがありますよね。

無意識に目で追ってしまうということは、それだけ相手のことを気にしているということです。

嫌いな相手であれば「顔を合わせなければいいな」「会いたくないな」と明確な感情が表れます。

しかし、明確な感情がないということは自然とその男性を探しているということです。

「そういえばいないな」「どこに行ったのかな」と相手の男性を気に掛けるようなことがあれば、無意識のうちに相手に好意を寄せているのかもしれません。

特に相手の男性がいないときに探し始めたら、恋し始めている可能性が高いです。

人は目で見た情報について無意識に考えることはありますが、目では見えない情報をわざわざ考えようとすることはほとんどありません。

わざわざ相手の男性を探してしまうようであれば、それだけあなたの気持ちの中で男性の存在が大きくなっている証拠です。

2.頻繁に連絡をしてしまう

頻繁に連絡
もともと仲の良い男友達であれば、頻繁に連絡をするようになります。

興味のない相手であれば、それほど頻繁に連絡を取ろうとはしないですよね。

明確な恋愛感情がなくても、「この人と話していると安心する」「この人と話していると楽しい」というポジティブな気持ちが自然と連絡を取るという行動に繋がっているのです。

特に相手からの返信を心待ちにしていれば恋をしている可能性は高いです。

連絡をしてから何度も携帯をチェックしたり、なかなか返事が来ないのに悶々としたりするのは、それだけ相手の男性のことを気にかけている証拠です。

他愛のないことで頻繁に連絡を取り合うようになったら、それだけ自分が相手に心を許しているということなので見落とさないようにしましょう。

3.絵文字やスタンプを使う

男性とのやり取りに絵文字やスタンプを使うようになるのも脈ありサインです。

脈なしの男性に対してであれば、用件だけを簡潔に伝えるだけでも問題ありませんよね。

わざわざ絵文字やスタンプを選んで使っているということは、相手を意識している証拠です。

絵文字やスタンプを使う背景には、二つの理由があります。

一つは男性と円滑にコミュニケーションを取りたいと思っているからです。

そっけない態度を取ってしまっては、相手からの連絡が途切れてしまうかもしれませんよね。

絵文字やスタンプを取り入れ、感情豊かにコミュニケーションを取ることでなるべく長く相手と連絡を取り合っていたいという気持ちが表れています。

もう一つは男性に良い女性だと思われたいと思っているからです。

可愛い絵文字やスタンプを使うことで「可愛いな」「話していると楽しいな」とプラスの印象を与えようとするため、受けの良い絵文字やスタンプを使おうとします。

これらの行動は女性のあざとさではなく、相手に良く思われたいという自然な行動です。

自分の行動を否定せず、恋が芽生え始めているサインとして振り返ってみましょう。

4.早口になる

人は緊張をすると早口になる傾向があります。

男性と話していて早口になるということは、それだけ相手を意識しているということです。

緊張によって少しパニックになっているということもありますが、その男性とたくさんお喋りをしていたいという気持ちの表れでもあります。

友達同士でも話したいことがたくさんあるとついつい早口になってしまいますよね。

それと同様に、無意識に早口になっているということはそれだけ交流を持ちたいということです。

しかし、あまり早口になり過ぎてしまうと相手が聞き取りづらくなってしまいますし、すぐに用件が済んでしまうとそれだけ男性とのコミュニケーションも短くなってしまいます。

特定の人に対して早口になってしまう際は、なるべく早く自分の恋愛感情に気付きましょう。

そして男性と話す際は、一呼吸置いて落ち着いてから話しかけることが大切です。

5.つい話しかけてしまう

特定の男性につい話しかけてしまうのも脈ありサインのひとつです。

頻繁に連絡を取り合うことと同様に、興味のない人であればわざわざ話しかけませんよね。

自分から声をかけているということは、それだけ相手に対して心を許しているということです。

相手に好意や信頼を寄せていなければ簡単にできることではありません。

友達関係であればそれは顕著に表れます。

たくさんの友達の中から、わざわざ声をかけるということは無意識のうちに選択をしています。

一方、職場の場合は少し判断が難しいですね。

「業務を遂行するために必要だった」「尊敬できる上司だった」などいろいろな背景があります。

特に尊敬と恋愛感情は似ており、尊敬が恋愛に発展することも珍しくありません。

業務以外のことを頻繁に話しかけるようになれば、それは好意と呼んでも良いでしょう。

話しかける頻度ではなく、話しかけるシチュエーションも含めて振り返ってみましょう。

6.ボディタッチをする又はまったく触れない

好意を寄せいている人に対するボディタッチに関しては二通りあります。

一つはボディタッチの回数が増えるケースです。

相手のことが好きなため、無意識ながらも積極的にコミュニケーションを取ろうとします。

特に酔った勢いでボディタッチをしているのであれば、それは本能に近いと言えるでしょう。

女性の中にはお酒を飲むと本音が出やすくなる人もいるので、ひとつの目安となります。

もう一つは極端に触れなくなるケースです。

極端に触れないということは、触れないように意識しているということです。

特に好意を寄せていない人であれば、気軽にボディタッチをすることができます。

しかし、意中の男性には恥ずかしさや後ろめたさがあって、ボディタッチを拒む傾向があります。

意図的にボディタッチをしないようにしているのは、相手を男性として見ているからです。

ボディタッチは多ければ多いほど好意を寄せていると思われがちですが、実はまったく触れないということも相手を意識している証拠なのです。

7.笑顔になる

笑顔になる女性
恋愛感情の有無に関わらず、相手に好意を持っていれば自然と笑顔が増えます。

相手のことを嫌いであれば、自然な笑顔は生まれませんよね。

大切なのは、その笑顔が自然に出てくるかどうかです。

友達程度の相手にも愛想よく笑顔をつくることもありますが、それは自然ではありません。

自然な笑顔とはふとした言葉や瞬間に思わずこぼれてしまう笑顔のことです。

作り笑いではない「あはは」という笑い声が出れば、それは自然な笑顔で間違いないでしょう。

自然な笑顔を引き出してくれる人はそう多くありません。

相手の言動によって笑顔になれるということは、それだけ素直に相手を受け入れている証拠です。

8.リアクションが大きくなる

女性は好意のある男性に対するリアクションが大きくなる傾向があります。

これは好きな相手と話せることに喜びを感じ、一種の興奮状態であることの表れです。

他にも相手との会話を率先的に盛り上げようと少しオーバーにうなづいてみたり、「私も同じ!」と相手の話に同調しようとする傾向が見られます。

自分の反応によって相手の男性が喜んでくれれば、ますます盛り上げようと気合を入れます。

その結果、空回りをしてしまうこともありますが、多くの男性は自分の話を一生懸命聞いてくれる女性に好印象を抱いています。

男性との会話で盛り上がっている際は、自分が率先して盛り上げているかどうかを確認しましょう。

他よりも相づちを打ったり、話に入ろうとしていたりすれば好意を持っている可能性があります。

分かりづらいときは、他の男性と話しているときの自分と比較してみましょう。

話し終わった後の高揚感に差があれば、それだけ相手を特別視しているということです。

9.声が小さくなる

女性の中には緊張すると声が小さくなる方もいますよね。

特定の男性の前で声が小さくなるということは、それだけ相手を意識しているということです。

他の男性とは普通に話せているのに、なぜかその男性と話すときには自信がなくなり、声が小さくなってしまうということがあれば、それは恋心が芽生えているのかもしれません。

声が小さくなる背景には緊張の他に自信のなさの表れも考えられます。

「相手に否定されたらどうしよう」「ガッカリされたらどうしよう」という不安があるのです。

どう思われても気にしない相手であれば堂々とした態度を取れる人でも、好意を寄せいている相手には悪く見られたくないという心理が働き、保身に走ってしまうのです。

声が小さくなるということは、それだけ相手に良く見られたいと意識している証拠なのです。

10.声のトーンが上がる

好意のある男性に対してリアクションが大きくなりやすいのと同様に、無意識のうちに普段よりも声のトーンが上がることがあります。

これはその男性と話しているのが楽しい、嬉しいといったポジティブな感情の表れであり、気持ちが高まっている証拠です。

女性にとって声のトーンを上げるのは、相手に良い印象を持って欲しいと思っているからです。

ビジネスシーンでもお客様に対して地声よりも高い声を出すことがありますよね。

恋愛においても自分を良く見せるために、無意識のうちに声のトーンが高くなるのです。

11.彼好みの服装を意識してしまう

彼好みの服装を意識
洋服を買う際はどのような基準で選びますか?

自分の好みの服を買う人もいれば、周囲に好まれるような服を買う人もいますよね。

普段から好みが変わらない人の場合、服の好みが変わったら脈ありサインかもしれません。

女性は恋をすると無意識のうちに自分の容姿を気にするようになります。

「メイクを変えてみようかな」「ダイエットしてみようかな」と同じように服の好みも変わります。

女性は比較的こだわりが強い生き物のため、ちょっとのことでは自分の好みを変えません。

服の好みが変わったということは、気になる男性の好みに合わせようとしているのかもしれません。

心当たりのある方は、最近買った洋服と以前から着ている洋服を見比べてみましょう。

パンツスタイルよりもスカートが増えていたり、女性らしい色の服が増えていたりしませんか?

購入する洋服の好みだけでなく、コーディネートにも同じことが言えます。

可愛らしい色の洋服を組み合わせたり、女性らしいシルエットの服を選んだりするようになります。

男性の中身を知って気になる彼に脈ありだと思わせよう!

男性は女性の脈ありサインに気付いているのでしょうか。

一生懸命アピールをしていても、相手に気付かれていなければ意味がないですよね。

自分の気持ちを的確に伝えるためには、男性の特性を知ることが大切です。

男性の特性を理解し、脈ありサインを送ってみましょう。

男性は鈍感

基本的に男性は鈍感な生き物です。

男性は女性と比較して視野が狭い傾向にあります。

言い換えれば興味のあることはトコトン追求しますが、興味のないものに関してはまったくこだわりを持たないため、多くの情報がスルーされてしまいます。

これは男性と女性の脳のつくりが異なることによって生じるため、仕方のないことなのです。

男性に脈ありアピールをするためには、少しわかりやすいサインを送ることも重要です。

女性にとっては「攻め過ぎでは?」と思うことでも、男性にとってはそれがわかりやすいのです。

さりげなくストレートにサインを送ろう!

それでは男性にはどのようにして脈ありサインを送れば良いのでしょうか。

基本的にはストレートにサインを送ることが最も有効です。

女性はその場の空気や雰囲気を読むことに長けています。

些細な変化にも敏感なため、男性の変化にも気づきやすい傾向にあります。

一方、男性は直感で物事を判断するため、わかりやすい判断材料を必要とします。

空気を読み、あらゆる情報を分析しながら適切な答えを導き出すのが苦手なのです。

そのため、女性は自分が思っているよりも少し攻めたアピールをすることが大切です。

控えめなアピールは男性に伝わらず、スルーされてしまう可能性があります。

男性はプライドが高く傷つきやすい

男性はプライドが高い生き物ですが、その分傷つきやすい生き物でもあります。

個人差はありますが、どんな男性でも少なからずプライドを持って生きています。

特に女性に対しては「頼られたい」「守りたい」という男心が働きます。

そのため、男らしい一面を見せられるシチュエーションは男性にとってチャンスなのです。

たとえば「荷物を運ぶのを手伝って欲しい」「高いところのものを取って欲しい」など簡単なお願いごとでも女性に頼られると、それだけで自分の男らしさを感じることができます。

脈ありサインを送る際は、男性のプライドを守る行動を取るのも非常に有効です。

自分で簡単にできることでも「手伝って」「助けて」と声をかければ、男性は自分が頼られていると感じることができ、頼ってくれる女性を可愛く感じます。

これは付き合ってからも非常に重要なことであり、女性が常に強いポジションを取ってしまうと男性は自分に自信が持てなくなり、そのような関係に不満を持ち始めます。

時には男性を立てるために頼ったり、自分の弱さを見せたりするようにしましょう。

それが男性への脈ありサインになります。

脈ありだと思わせて好意を抱かせよう!

脈ありサインを送ることで、相手男性の好意を引き出すことができます。

人は誰しも興味のないものに対しては目を向けませんが、自分に興味を持ってくれている人には自然と興味がわきますよね。

それと同様に、これまで好意を持っていなかった相手でも、相手から好意を寄せられればそれだけで相手に対する興味が引き出されます。

脈ありだと思わせるためには、相手に対して自分が好意を寄せていることに気付かせましょう。

その際、はっきり「好き」だと告白する必要はありません。

「あれ?もしかして俺のこと好きなのかも」と思わせる程度で十分です。

相手をドキッとさせることができれば、あたなへの興味がぐっと高まります。

気になる彼にだけするべきおすすめの行動とは?

モテるためには、さり気なく好意を振りまいておくことも大切です。

いきなり恋が芽生えることは極稀ですから、最初のきっかけづくりが大切です。

しかし、気になる男性がいる場合は闇雲に好意を振りまくのは控えましょう。

男性によっては軽い女性と見られてしまう危険性があります。

それではどのような行動に注意すれば良いのでしょうか。

次は気になる彼にだけするべきおすすめ行動について詳しく紹介していきます。

特別なことを相談する

相談
気になる彼には特別な相談をしてみましょう。

他の男友達には言えない相談をしてくれるということは、それだけ信頼されているということです。

多くの男性は女性に頼られることを誇りに思うため、男心をくすぐることができます。

しかし、特別な相談を周囲に吹聴されるのは嫌ですよね。

まだ信頼関係が構築されていない人に言ってしまうと、後にトラブルを招くことがあります。

特別な相談をするのは好きな人だけにしておきましょう。

その方が余計なトラブルも防げますし、男性にとっても特別感が増します。

ご飯に誘う

気になる彼をご飯に誘ってみるのも効果的です。

多くの女性は気のない男性と二人きりでご飯に行くのを避けようとします。

男性もそんな女性の心を知っているため、勝算のない女性を食事に誘うことはあまりありません。

女性から男性を食事に誘うということは、それだけ相手に気を許しているということです。

つまり、男性からしてみれば「俺のこと好きなのかも」と感じるのに十分な誘いなのです。

しかし、好意のない人をご飯に誘ってしまうと相手に誤解を与えてしまう可能性があります。

人によっては思わせぶりをされたと悪く思われることもあるため、二人きりの食事は避けましょう。

次の約束もする

好意のある男性と食事に行った際は、次の約束をしましょう。

次の約束をするということは、二人きりの食事が楽しかったというサインになります。

男性にとっても初めての食事を楽しんでもらえたかは非常に気になる点です。

脈ありであることを伝えるためにも、女性側から次の約束の話を切り出してみましょう。

明確なサインを送れる一方、使う相手を間違えると誤解を与えてしまう恐れがあります。

一度食事をしてみて好意が薄れてしまった場合は、無理に誘わずに帰りましょう。

思わせぶりな態度を取ってしまうと相手を傷つけることにもなりますし、思わぬトラブルを招いてしまう危険性もあります。

さりげなくボディタッチをする

好意のある男性に対しては、さりげなくボディタッチをしてみましょう。

ボディタッチが許される範囲はお互いの親密度によって変化します。

恋人には許せても、普通の男友達には触られたくない場所がありますよね。

女性から男性に対するボディタッチもそれと同様です。

男女ともに触られて不快に思いづらい場所は肩や背中、足などです。

一方、触られて不快に思う場所は胸やお腹、お尻などです。

柔らかい場所や性的な部分に近い場所は触られると不快に思う可能性があるので注意しましょう。

冗談が言い合えるくらいの仲であれば肩や背中がオススメです。

笑いながらポンッと軽くたたくことができるため、比較的気軽にボディタッチすることができます。

足は自然とぶつかってしまったように装いましょう。

あからさまに手で触ると不快に感じる男性もいるので、足を軽めに当ててみるのがオススメです。

連絡を途絶えさせない

好意のある男性との連絡は小まめに行いましょう。

連絡を続けるということは、それだけ相手に対してポジティブな感情を抱いているということです。

好意のない相手であれば、適当なところで連絡を切ってしまいます。

女性の好みははっきりとしているので、これまで連絡を切られた経験を持つ男性も多いでしょう。

女性から他愛のない話を振られるということは、それだけ脈ありということです。

しかし、短い時間のなかで頻繁に連絡を取るのは控えましょう。

相手にも都合があるため、お互いのプライベートな時間を尊重することも重要です。

相手に引かれない程度の距離を保ちつつ、連絡を続けることが大切です。

さりげなく目を合わせる

さりげなく目を合わせるのも脈ありサインを送る効果的な方法です。

男性の多くは、特定の女性と頻繁に目が合うと好意を寄せられていると感じます。

それと同時に、これまで恋愛対象でなかった相手にも自ら好意を寄せるようになります。

女性にも同様のことが言えますが、男性の方が圧倒的に好意を寄せやすい傾向にあります。

そのため、好意を寄せている男性にはさりげなく目を合わせるようにしましょう。

ふと遠くを見るふりをして男性を見たり、ちらっと目くばせしたりするのが効果的です。

しかし、あまりキョロキョロし過ぎると、違う人に目くばせをしてしまうので注意が必要です。

気になる彼を落とすのにおすすめな方法と注意点については、以下の記事もご覧ください。

【関連記事】脈ありと思ったら?気になる彼を落とすのにおすすめな12個の方法と注意点

注意!男性が脈なしだと思ってしまう行動とは?

それでは男性が脈なしだと思ってしまう行動とはどのようなものなのでしょうか。

せっかく好意を寄せていても、自分の気持ちが相手に伝わっていなければ意味ないですよね。

きちんと自分の気持ちを伝えるためにも、脈なし行動をチェックしておきましょう。

次は男性が脈なしだと思ってしまう行動について詳しく紹介していきます。

LINEやメールで一言しか返さない

男性はLINEやメールの返信が素っ気ないと脈なしだと思ってしまいます。

文字数はもちろん、絵文字やスタンプがないのも味気なく見えてしまいます。

LINEやメールの返信の背景には文章を構成し、内容に適した顔文字を選ぶ労力があります。

多くの男性はいかに女性が自分のために尽くしてくれたかで、愛情をはかる傾向があるのです。

他にも、女性側から質問を投げかけてみるのも効果的です。

質問をするということは、相手を知りたいという気持ちの表れでもあります。

好意を寄せいている男性には、なるべく丁寧に返信をするようにしましょう。

元カレの話をする

好意を寄せいている男性に元カレの話をするのは控えましょう。

意外と男性は嫉妬深い生き物です。

「元カレの話を易々とできるのは、自分のことを異性として見ていないのでは?」と勘違いされてしまう可能性があります。

女性の中には、相手を嫉妬させて愛情をはかろうとする人もいますが、逆効果なこともあります。

相手の気持ちを冷まさないためにも他の男性の話はせず、ポジティブな話題を振りましょう。

彼氏がいらないと言ってしまう

強がって「彼氏はいらない」と言ってしまうこともありますよね。

男友達であれば良いですが、好意を寄せいている男性に言うのはNGです。

せっかく男性の気持ちが高まっていても、その一言で恋愛感情が冷めてしまいます。

「彼氏が欲しい」とガツガツする必要はありませんが、自分の気持ちに素直になることが大切です。

好意を寄せいる男性には、ストレートに脈ありのサインを送るようにしましょう。

わかりやすく自分も好意を寄せている雰囲気を醸した方が、男性の気持ちに火をつけられます。

LINEやメールの返信をしない

男性はLINEやメールの返信がないと脈なしだと判断してしまいます。

返信がないということは、自分に興味を持っていないと思われてしまうのです。

忙しくてまともに返信ができないときも「忙しいからまた連絡するね」と一言メッセージを送るだけで相手が受ける印象も変わります。

好意を寄せいている男性への返信は遅くても1日以内には送りましょう。

小まめに連絡を取ることで、男性への脈ありアピールをすることができます。

話を聞かない

男性は自分の話を真面目に聞いてくれない態度に脈なしだと感じてしまいます。

好意を寄せている男性に限らず、相手が話をしているときはきちんと聞き手に徹しましょう。

携帯をいじったり、よそ見をしたりしながら聞くのは相手に対して失礼です。

相手の話を聞く際は適度に相づちを打ち、「そうなんだ」「知らなかった」「私もそう思う」などリアクションを取ることが大切です。

一生懸命に話を聞いてくれる姿に男性はキュンッとしてしまいます。

脈ありの行動を知って恋愛を成就させよう!

脈あり行動の多くは無意識のうちに行われています。

自分の脈あり行動のパターンを把握することで、恋愛感情に気付くことができます。

素直な気持ちを持ち、自分の恋愛感情を大切にすることで恋心は育まれていきます。

好意を寄せる男性に適確な脈ありアピールを行い、恋愛を成就させましょう。