奢る時7選【カップル編】メリットと注意点5個!たまには彼氏の為にお金をかけて愛を伝えよう!について
カップルの方はデート代はどちらが奢る時が多いですか?割り勘か彼氏が奢るカップルが多数派ではないでしょうか。

女性も時には男性に奢るデートをしたいと思っても、プライドが高い男性も多いので気を遣ってなかなか言いだせないことも多いと思います。

今回は奢る時のタイミングとメリット、そして気を付けたい注意点を紹介します。

女性から奢ることで愛を伝えてみましょう。

女性から奢られて喜ぶ男性は多い

女性から奢られて喜ぶ男性は多いです。

カップルのデート代は割り勘あるいは男性が多め、もしくは全額男性が負担するといったパターンが多く、男性が奢られることは少ない傾向があります。

女性から奢られるとレアなので男性は喜びますし、それだけ自分が愛されているのだと実感できて二人の関係を大切にしようと思うようです。

中にはヒモのように女性にぶら下がり、女性に奢らせようとする男性もいます。

そのような男性には引っかからないように気を付けて、素敵な男性を探してください。

意外とデート代を負担に感じている男性は多い

意外とデート代を負担に感じている男性も多いようです。

昔は男性のほうが経済力があるのが普通だったので、男性が奢るのが当然でした。

しかし今は状況が変わり、女性も男性と同じくらいの経済力を持つカップルもいます。

それでも、デート代は男性が負担するという考え方は残っています。

大切な彼女との時間、男性のほうがお金を出すようにしたい気持ちはあったとしても、それがずっと続くと負担に感じることもあります。

時には彼女にデート代を負担して欲しいなと思っても、男性側からはプライドが邪魔をしてなかなか言いだせません。

女性から男性のプライドを傷つけないように、時々でいいのでデート代を負担するように持って行ったほうが恋愛は長続きすると思います。

奢ってくれようとする気持ちが嬉しい

女性から奢ってくれようとする気持ちが嬉しい男性も多いです。

優しさや思いやりは当たり前になると、する側もされる側もストレスを感じるようになります。

奢ることも同じで、お互い当たり前になるとストレスを感じるようになります。

奢る立場の男性はいつも当たり前のように奢られる彼女に多少の違和感を感じ、いつも奢られる立場の女性はもっと上の贅沢を求めるようになります。

女性から奢ってくれようとする気持ちをアピールすることで、彼氏に普段奢ってもらっていることのお礼の気持ちを伝えることができます。

いつもありがとう、今日は私が奢るね!と自然な感じで提案してみてください。

二人の間で、月数回のデートのうち一回は彼女が奢るといった感じでルールを作るとお互いストレスを感じなくて楽かもしれません。

男性へありがとうの気持ちを伝えるとともに、時には女性から奢ろうとする気持ちも伝えてみてください。

少々面倒くさいかもしれませんが、恋愛の長続きの秘訣です。

対等な関係を望んでいる人も多い

男性は対等な関係を望んでいる人も多いです。

男性も女性も所得が変わらない今の時代、割り勘を希望する男性も多いです。

若い世代だと、ほとんど割り勘に近いこともあります。

対等な関係を望み、女性もそれで問題ないなら「二人の財布」を作っておくとデートのときに楽かもしれません。

支払いを一個の財布ですればいいので、安心です。

女性も奢ることに抵抗はないけれど、完璧な割り勘で対等な関係は嫌だという人もいます。

ドライブデートならガソリン代やレジャー費用を男性が持ち、食事代を女性が持つといった感じで二人でルールを作ってもいいと思います。

奢る、奢られる、割り勘に関してははっきりできなくてモヤモヤするときがあると思います。

女心としては、慣れてきたら割り勘でもいいけれど、最初のころは奢られたい女心もありますよね。

今は男性は対等な関係を望んでいる人も多いことを押さえておき、女性からも支払う姿勢でいることで恋愛に繋げていってください。

そして、親しくなってきた頃に二人の間でルールを作ってみてください。

奢る時7選!【カップル編】

女性が奢るタイミングを7つ、カップル編で紹介します。

カップルだとお互いの性格や考え方をよく分かっている分、どのタイミングで奢るべきか悩んでしまうこともあると思います。

このタイミングで奢ると彼の機嫌を損ねてしまうだろうか?

デートの食事を一度奢ると、彼は毎回奢ってもらえると思わないだろうか?

彼の誕生日プレゼントは用意して、他の食事代やデート代も奢ってもいいのだろうか?

彼氏のことが好きだからこそ、悩みは尽きません。

カップルの女性が奢るタイミングを把握しておき、より良いタイミングで奢るようにしましょう。

1:彼の誕生日