朝活のおすすめ14選!朝にしかできない活動で1日をより豊かにしよう!素敵な出会いがあるかもについて
皆さんは、朝活をご存じでしょうか。

朝活には生活を豊かにするたくさんのメリットがあり、心にも体にも良い効果をもたらしてくれます。

ここでは、「朝活するメリット」と「朝活のおすすめ14選」を詳しくご紹介していきます。

この記事を参考にし、明日から朝活を始めてみましょう。

朝活とは?

朝活という言葉を聞いたことはあっても、実際朝活が何かを知らない人もいるでしょう。

朝活とは朝の時間を有効活用し、積極的に行動することです。

朝から自分の趣味や好きなことを行ったり、運動をすることは朝活の1つだと言えます。

今は朝活をする人が増えていて、朝から積極的に行動する人がたくさんいるのです。

朝だからこそ出来ることもたくさんあるので、朝活は日々の生活を豊かにするためには欠かせないことです。

朝活するメリット

「朝活にはどんなメリットがあるの?」と疑問を抱いている人も多くいるでしょう。

朝活にはたくさんのメリットがあり、そのメリットを理解することでより充実した毎日を過ごすことが出来るはずです。

ここでは、「朝活するメリット」を大きく分けて6個ご紹介していきます。

以下のメリットを知れば、朝活への前向きな気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

健康的

朝活は名前の通り朝から活動をするということなので、健康的な生活を送ることが出来ます。

最近は夜起きていて朝に寝るというような夜型の生活をする人も増えていますが、そのような生活は健康的とは言えません。

夜型の生活は体に悪いだけではなく、心にまでも悪い影響をもたらす可能性が高いです。

ですが、朝活をすることで健康的な生活になり、心も体も万全な状態にすることが出来ます。

「ご飯を食べる」「仕事や運動に一生懸命励む」「友達と過ごす時間を楽しむ」など、普段当たり前のようにしていることは、健康だからこそ出来ることです。

体調を崩してしまうことによってやる気や意欲が低下し、何をするにも億劫になってしまいます。

なので、健康でいられることは毎日を楽しく有意義に過ごすためにも大切なことなのです。

朝活は健康的な体や精神状態にしてくれるので、継続して行うと良いでしょう。

生活リズムが整う

朝活をすることで「朝起きて夜寝る」というサイクルが出来上がるので、生活リズムが整います。

生活リズムが整うことでやる気やモチベーションが上がり、充実した毎日を送ることが出来るでしょう。

仕事に対してのやる気が出ることはもちろん、人と会うことが楽しくなるはずです。

逆に生活リズムが乱れてしまうと、心や体に様々な悪影響を及ぼします。

「食欲不振」「運動不足」「やる気や意欲の低下」など、心や体に良くない状態に陥り、毎日の生活を退屈に感じたり、何のために生きているのか分からなくなる場合があります。

当たり前のように思えますが、生活リズムを整えることはとても大切なことなのです。

朝活をすれば生活リズムが整うので、今の生活をより豊かにする手助けをしてくれるでしょう。

慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れてしまえば朝活が楽しくなり清々しい気持ちで朝を迎えられるようになるはずです。

ダイエット

朝活は生活リズムが整うということから、ダイエットにも効果的です。

夜型になってしまうと食事をする時間が不規則になったり、運動する意欲が湧かなくなる可能性があります。

不規則な食生活は体調不良や体重増加に繋がり、ダイエットをすると決めてもなかなか結果を出すことが出来ません。

また、食事は一日3食摂ることが健康的な体やダイエットに繋がるので、不規則な生活はかえって逆効果になってしまいます。

なので、朝活で規則正しい生活をし、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。

野菜だけではなくお肉や魚、乳製品などをバランス良く摂取することが重要です。

食生活だけではなく、朝から運動やストレッチをすると寝起きの体も目覚めスッキリするので、一日を気持ち良く過ごすことが出来ます。

朝活がダイエットに繋がるということは女性にとって嬉しいことでもあるので、積極的に朝活することをおすすめします。

仕事が捗る

仕事
朝活をして清々しい気持ちになることで、仕事が捗るようになります。

仕事に対してのやる気や意欲がないと一日をダラダラと過ごしてしまったり、仕事がスムーズに進まなくなります。

そうなるとやるべきことが疎かになり、期限内に終わらせることが出来なくなります。

また、人間は本来明るいときに活動的になり、夜暗くなると眠るように出来ています。

これは、1万年前の狩猟時代から変わっていないと言われています。

さらに、朝の活動力とやる気は夕方になるにつれて2倍以上にも落ちると言われています。