ばぶみを感じる男性の特徴10個!母性を感じる相手にキュンキュンする瞬間10選!について
みなさんは「ばぶみ」という言葉を聞いたことがありますか?聞き慣れない人の方が多いかもしれませんね。

ばぶみはインターネットで生まれ、ネットを通じて広く知れ渡るようになった言葉です。

最近ではばぶみを感じる男性人気も高まっています。

それでは、ばぶみとは一体どのような意味の言葉なのでしょうか。

今回はばぶみの意味と、ばぶみを感じる男性の特徴について詳しく紹介していきます。

ばぶみとは?

ばぶみは2014年頃にTwitterを中心に広まった言葉です。

最初はアニメや漫画好きのオタクの間でオタク用語として流行っていましたが、最近ではオタクに限らず若者の間でも広く使われるようになりました。

意味

ばぶみとは、年下の女性や幼い女性に対して母性を感じることや、年下の女性や幼い女性に対して母性を求めることを意味します。

ばぶみは赤ちゃんの声の「バブー」と形容詞を表す接尾辞の「み」を合わせた造語です。

ばぶみと一緒に使われる言葉に「オギャる」があります。

オギャるは自分が赤ちゃんになってオギャーオギャーと甘えたくなることを表しており、ばぶみを感じる女性に対して甘えたいという意味で使われます。

もともとは男性が年下の女性や幼い女性に対して母性を感じる意味で使われていたため、ばぶみという言葉が誕生した当初は男性が使う言葉として認知されていました。

しかし、最近では若い女性が年下の男性や幼さの残る男性に対して母性を感じるという意味でも広く使われるようになりました。

使い方

ばぶみは本来、年下の女性や幼い女性に対して母性を感じることや年下の女性や幼い女性に対して母性を求める意味として使われてきたオタク用語です。

ばぶみという言葉が誕生した当初は、女性キャラクターに対して「ばぶみを感じる(母性を感じる)」「ばぶみが高い(母性が高い)」などと使われていました。

最近では女性が年下の男性や幼い男性、幼さの残る男性に対して母性を感じるという意味でも使われるようになっています。

さらにアニメや漫画のキャラクターだけでなく、現実世界の男性に使われることも珍しくありません。

ばぶみと併せて「オギャる」という言葉もよく使われます。

オギャるとは、ばぶみを感じる人に対して赤ちゃんのように甘えたい気持ちを表す言葉です。

「バブみを感じてオギャる」などと使いますが、このような言葉は現実世界の男性にはあまり使われません。

オタク用語としての認知が高い傾向にあります。

語源

ばぶみとは年下の女性や幼い女性に対して母性を感じることや年下の女性や幼い女性に対して母性を求めることを意味する言葉です。

2014年頃にTwitterを中心にオタク用語として広く使われるようになりました。

ばぶみは赤ちゃんの「バブー」と形容詞を表す接尾辞の「み」を合わせた造語です。

赤ちゃんのようにバブー、バブーと甘えたくなるような母性の持ち主という意味でこのような言葉が当てはめられました。

ばぶみと併せて「オギャる」という言葉もよく使われます。

オギャるとはばぶみを感じる人に対して赤ちゃんのように甘えたい気持ちを表す言葉です。

こちらも赤ちゃんのようにオギャー、オギャーと甘えたくなる様子という意味でこのような言葉が当てはめられました。

ばぶみが流行り?

ばぶみはもともとオタク用語としてTwitterを中心に広まった言葉です。

そのため、ばぶみという言葉が誕生した当初はごく限られた世界でしか流行っていませんでした。

しかし、オタク以外の層にも少しずつ広まっていき、オタク趣味のない若い女性の間でも広く使われるようになりました。

2017年には情報サイト「マイナビティーンズ」にて「2017年ティーンが選ぶトレンドランキング」のコトバ部門において、ばぶみが9位にランクインしました。

現在でもばぶみという言葉は10代、20代の女性の間でも広く使われています。

しかし、ばぶみは広く使われるようになったことで少しずつ意味が変わってきています。

もともとは男性が年下女性や幼い女性に対して母性を感じたり求めたりする意味の言葉でしたが、それが同じオタク趣味を持つ女性に広まり、女性キャラクターだけでなく男性キャラクターにも同じ意味で使われるようになりました。

さらにオタク趣味を持たない10代、20代の女性にも広まったことによって単純に赤ちゃんっぽい、幼い男性や女性を意味する言葉に変化してきました。

若者の間で使われる「ばぶみ」は「赤ちゃんみたい」「赤ちゃんみたいで愛くるしい」という意味で使われることがほとんどです。

他にもばぶみではなく、「ばぶい」と言葉が変化して使われているのも特徴です。

ばぶいもばぶみと同じような意味合いで使われることが多いですが、女子高生や女子大生がその場のノリで使うことが多い傾向にあります。

ばぶみを感じる男性の特徴10個

最近では赤ちゃんみたいな可愛くて母性本能をくすぐる男性にも使われるようになっています。

つまり、ばぶみを感じる男性とは、女性の母性本能をくすぐる男性とも言えます。

そのようなばぶみを感じる男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

次はばぶみを感じる男性の特徴について詳しく紹介していきます。

甘えん坊

甘えん坊の男性
ばぶみを感じる男性の特徴は、甘えん坊なところです。

女性の母性本能をくすぐるのが上手な男性はとても甘え上手です。

甘え上手な男性は相手の心理状態を読むのが上手いため、相手が「しょうがないなぁ」と思わず許してしまう我儘を言います。

たとえば「お金貸してほしいな」と可愛くおねだりしても「お金」というワードが強過ぎて簡単におねだりを受け入れられなくなってしまいます。

しかし、駄菓子やスナック菓子を指差して「お菓子食べたいなぁ」とおねだりしたらどうでしょうか。

もともと買う予定ではなかったものでも何だか子供っぽくて可愛く見えてきませんか?

甘え上手な男性は相手が許してくれる我儘の範囲と、それを伝える方法を的確に判断することができます。

ただ可愛く甘えるように言うのではなく、相手が「しょうがないなぁ」と思わず許してくれる範囲もきちんと分析しているのです。

このような微妙な駆け引きを計算で行っている男性もいますが、なかには無意識に上手く甘えられる男性もいます。

無意識で甘え上手な男性は、もともと甘えん坊気質で幼い頃から上手く甘える術を身につけている人が多いでしょう。

どちらにしても、可愛くおねだりされたら母性本能がくすぐられてつい許してしまいますよね。

恥ずかしがり

ばぶみを感じる男性の特徴は、恥ずかしがり屋なところです。

実は恥ずかしがり屋な男性に母性本能をくすぐられる女性はたくさんいます。

素直に気持ちを伝えたいのに上手くいかない、みんなの輪の中に入りたいのに上手く入れない、そのような不器用だけど健気に頑張る姿を見ると胸がキュンとしますよね。

素直に気持ちを伝えたいのに上手く言えないときは、じっと彼の言葉を待ち、心のなかでは頑張れ!とつい応援したくなってしまうでしょう。

みんなの輪の中に入りたいのに上手く入れないときは、さりげなく話題を振って会話に入りやすいようにサポートしてあげたくなりますよね。

何とかサポートして彼の助けになってあげたい!彼の不器用でも頑張ろうとする姿を見ていると母性本能をくすぐられ、ドキドキしてしまう女性もたくさんいるはずです。

マザコン気質

ばぶみを感じる男性の特徴は、マザコン気質なところです。

マザコン気質というと、つい敬遠してしまう女性も多いでしょう。

母親に頼ってばかりで精神的に自立しておらず、頼りないイメージを持っている人も多いかもしれませんね。

しかし、マザコン気質な男性は女性の母性本能をくすぐるポイントをたくさん持っています。

マザコン気質の男性は精神的に自立していない人も多いです。

ちょっとしたことでも誰かを頼ろうとしたり、甘えようとしたりします。

そのだらしないところが女性の母性本能をくすぐり、「私がどうにかしてあげなきゃ」という気持ちを引き出すのです。

特に男性に尽くすことに喜びを感じる女性は、マザコン気質な男性に惹かれやすい傾向にあります。

マザコン気質な男性と合うかどうかは人によって異なります。

マザコン気質な男性は生理的に受け付けないという女性もいれば、抵抗はあるけれど実際に一緒にいると彼の魅力にハマってしまうという女性もいます。

今はまだマザコン気質な男性に抵抗感を抱いている人も、マザコン気質な男性が持っているばぶみに触れることによって、その魅力の虜になってしまうかもしれませんね。

優しい

ばぶみを感じる男性の特徴は、優しいところです。

母性本能をくすぐる男性は、優しくてふわふわした印象の人が多い傾向があります。

優しい男性は純粋無垢なイメージを持っているため、幼い子供のような印象を与えやすいのです。

大人になると良くも悪くもずる賢くなります。

恋愛においてもどうすれば相手の心を射止められるか、ライバルに負けないためにはどうすれば良いのかと色々と打算しようとします。

しかし、ばぶみを感じる男性は計算された優しさではなく、自然な流れで優しい言動を選べる能力を持っています。

たとえば笑顔で話を聞いてくれたり、悲しいときに一緒に涙を流してくれたりするのも優しさのひとつです。

何か特別なプレゼントやサプライズがなくても、普段の生活のなかで優しく接してくれることで心がじんわりと温まり、純粋無垢な彼を大切にしたい、守ってあげたいという気持ちが生まれるのです。

素直

ばぶみを感じる男性の特徴は、素直なところです。

母性本能をくすぐる男性は、とても素直な性格の持ち主です。

自分が得をしようと計算しておらず、常に自分の直感に頼って行動します。

そのため、時々相手に失礼なことをしてしまったり、怒らせてしまったりすることもあります。

大人としては欠けているようにも感じますが、失敗を失敗と素直に受け止めて反省するのも素直な男性の魅力のひとつです。

このように打算的なところがなく、素直な性格の男性は子供っぽく女性の母性本能をくすぐります。

素直な性格によって失敗することもたくさんありますが、大人として「こういう時はこうするのよ」とアドバイスをしたくなるのも母性本能をくすぐるポイントのひとつです。

大人になると色々と気遣わなければいけない場面に直面します。

自分の意見を飲み込み、相手を立てることに疲れてしまっている人も多いでしょう。

そのようななかで自分の気持ちに素直で真っ直ぐな男性を見ると癒されるという人もたくさんいます。

疲れている

疲れている男性
ばぶみを感じる男性の特徴は、疲れているところです。

本来、男性はプライドの高い生き物で自分の弱いところを見せたがりません。

そのような男性が自分の前では隠すことなく、疲れた様子を見せてきたらどうでしょうか。

信頼されている、癒してあげたいなどとキュンキュンしてしまうこともあるでしょう。

グチグチと仕事の愚痴を聞くのはうんざりしてしまいますが、たまに小さな溜息をついたり、ふとした瞬間に居眠りをしたりする姿は母性をくすぐられます。

他にも私だけが彼を理解できるという特別感を感じる面も存在します。

彼がなぜ疲れているのか、どうすれば癒されるのかなどを理解できているという自負も母性本能と大きく関わっています。

ストレスがある

ばぶみを感じる男性の特徴は、ストレスがあるところです。

男性は仕事や人間関係で大きなストレスを受けています。

自分なりに一生懸命仕事に取り組んでいても、思うような結果を得られないときもあるでしょう。

そのようなときは無性にイライラしてしまったり、落ち込んでしまったりと精神的に大きな負荷がかかります。

ストレスを感じていると気持ちが沈んでしまうこともありますよね。

自分はダメな人間だと塞ぎ込んでしまう人もいますが、弱った姿に思わず母性本能をくすぐられる人もいます。

本来、男性はプライドの高い生き物で自分の弱みや情けない姿を見せようとしません。

ストレスを溜めているんだなと周囲が感じるというのは、それほど気持ちが弱っている証拠かもしれません。

ストレスを溜めている男性を見ると自分が癒してあげたい、力になってあげたいと思う女性も多いでしょう。

これは弱った男性の姿に母性本能がくすぐられるからです。

もともと母性本能は子供や年下の者を守りたい、育てたいという強い願望や本能のことを指します。

つまりストレスを感じて弱っている男性を癒してあげたいと思うのは、まさに母性本能の表れであることがわかるでしょう。

優柔不断

優柔不断な男性
ばぶみを感じる男性の特徴は、優柔不断なところです。

ばぶみを感じる男性は良い意味でどこか欠けています。

女性の扱いに慣れていて、常にスマートにエスコートしてくれる男性も素敵ですが、欠点のない男性にはばぶみを感じられません。

どこか抜けているところがあって、それを補ってあげたいと思うのがばぶみを感じる男性の特徴です。

優柔不断であることもばぶみを感じる男性の特徴のひとつです。

何を決めるにも優柔不断でおろおろしている姿は情けないようにも見えますが、「一緒に考えてあげるよ」「一緒に決めよう」とつい助け舟を出してあげたくなってしまいます。

他にも物事を一生懸命考えている姿に母性本能をくすぐられる女性もいるでしょう。

いくつかのものを比較し、一生懸命考え込んでいる姿に子供がお菓子を選ぶような可愛らしさを感じる人も少なくありません。

頼る

ばぶみを感じる男性の特徴は、頼るところです。

一般的に多くの男性は、女性と接するときに自分がリードしようと張り切ります。

同じく女性も男性にスマートにリードしてもらいたいと望んでいる人がたくさんいます。

かっこよくリードしてくれるのも素敵ですが、素直に頼ってくれる男性の魅力も見逃せません。

たとえばデートコースは決めてくれるのに、いつも道に迷ってしまう男性もどこか抜けていて可愛いですよね。

「あれ?迷っちゃった」とオドオドしている姿を見ると「しょうがないなぁ」「私に地図見せてみて」と困っている彼を助けてあげたくなります。

常に彼女の力に頼り切っているのではなく、自分で頑張ろうとしているのに上手くいかない不器用さに多くの女性はばぶみを感じるのです。

このように不器用に頑張る姿は、幼い子供のようで可愛いですよね。

癒されたい

ばぶみを感じる男性の特徴は、癒されたいところです。

多くの男性は女性に対して癒しを求めています。

20代30代くらいの男性は毎日仕事に追われ、多忙な日々を過ごしています。

肉体的にはもちろん、精神的にも疲れ切っています。

日々の疲れを彼女に癒してもらいたいと望んでいる男性も少なくありません。

ばぶみを感じる男性は、癒されたいという気持ちをストレートに伝えてくれます。

たとえば膝枕をおねだりしたり、ハグをおねだりしたりとスキンシップも恥ずかしがりません。

子供のように体を寄せ、スキンシップを取って癒されている姿を見るとほっこりしますよね。

ばぶみを感じる男性はとても素直な心の持ち主です。

時と場所はわきまえますが、彼女と二人きりになると途端に甘えてきます。

そのような飾りっ気のない素直なところも、ばぶみを感じる要素のひとつなのです。

母性を感じるそんな男性にキュンキュンする瞬間10選

母性を感じるそんな男性にキュンキュンする瞬間
母性を感じる男性は子供っぽいあどけなさを持っています。

大人の恋愛では気持ちの駆け引きをしたり、相手の心理を読み取ろうとしたりと頭を使います。

それが大人の恋愛の楽しみでもありますが、緊張状態が続くと疲れてしまいますよね。

その点、ばぶみを感じる男性は自分の気持ちにも素直なので下手な心理戦をしなくて済みます。

ストレートに気持ちをぶつけてくれるところも魅力的なポイントのひとつです。

それでは母性を感じるそんな男性にキュンキュンする瞬間にはどのようなものがあるのでしょうか。

次は母性を感じるそんな男性にキュンキュンする瞬間について詳しく紹介していきます。

食べたいものが可愛いものばっかり

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、食べたいものが可愛いものばかりのときです。

男性が好きな食べ物といえば肉料理やガッツリ、コッテリした料理を思い浮かべる人も多いでしょう。

ガツガツとワイルドに食べる姿も男らしくて素敵ですよね。

しかし、食べたいものが可愛いものばかりの男性もギャップがあって素敵です。

テレビのスイーツ特集を見て「あれ食べたい!」と言ったり、街中にあるスイーツショップのショーウィンドウを目を輝かせながら見たりする姿は子供っぽくて可愛いですよね。

他にも駄菓子やカレー、ハンバーグなど子供が好きな食べ物ばかりを選ぶのも可愛く感じるポイントです。

いつも同じメニューを頼んだり、わかりやすい食べ物ばかりを選んだりするのも可愛く感じますよね。

ギャップ

恋愛においてギャップはキュンキュンするポイントのひとつです。

ギャップとは大きなズレや食い違いを意味します。

「世代間のギャップ」などと使うこともありますよね。

ネガティブな印象もありますが、実は恋愛においてギャップはとても重要な役割を担っています。

たとえば細身で頼りなさそうな男性が実は力持ちで重い物を運ぶのを手伝ってくれた、というシチュエーションはどうでしょうか。

細身でナヨナヨした印象だったのに、男らしく重い物を運んでくれたというギャップにキュンキュンしてしまいますよね。

このように恋愛においてギャップは思わぬ一面を見せることで、相手をキュンキュンさせる効果があるのです。

大きなズレや食い違いもポジティブな意味であればプラスにはたらくのです。

いざとなったら守ってくれる

それでは母性を感じる男性の場合はどうでしょうか。

普段は子供っぽく幼い印象の強い男性ですが、いざとなったら男らしく守ってくれる人だったらキュンキュンしてしまいますよね。

たとえば道を歩くときはさりげなく彼女を内側にエスコートしたり、寒そうにしているとそっとジャケットを貸してくれたりと、大人な対応をされると思わずドキッとしてしまうものです。

普段、あどけないところばかりを見ていると、スマートに対応されたときにより大人っぽい魅力を感じやすくなります。

寝ているときにこっそりキスしてくる

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、寝ているときにこっそりキスしてくるときです。

母性を感じる男性は無邪気な人が多いです。

常に子供っぽい可愛さを持っており、男らしさや頼りがいなどを感じる機会は少ないかもしれません。

そのような母性を感じる男性は恋愛に対して奥手なところがあります。

たとえば手を繋いだりハグをしたりするのは、その場の勢いでできてもキスするのは緊張してできないという人も少なくありません。

そんな奥手な男性があなたの寝ているときにこっそりキスしてきたらどうでしょうか。

キスするのは緊張してできないけど、実はキスしたいとは思っていたという彼の気持ちがダイレクトに伝わってきますよね。

そんな彼の本音を垣間見て思わずキュンキュンしてしまうでしょう。

手をつないで寝てくれる

手をつないで寝る
母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、手を繋いで寝てくれるときです。

前述した通り、母性を感じる男性は真剣な愛情表現が苦手な傾向があります。

その場の勢いで手を繋いだりハグをしたりするのはできますが、相手の目を見て真剣に愛を囁くような愛情表現は恥ずかしくなってしまうのです。

そんな母性を感じる男性の愛情表現はいつも控えめです。

たとえば手を繋いで寝るのも愛情表現のひとつです。

寝るときであれば二人きりですし、周囲の目を気にせずに素直な気持ちを伝えることができます。

眠ろうとするあなたの手をギュッと握り、すやすやと寝始める姿は小さな子供のようで思わずキュンキュンしてしまうでしょう。

「好きだよ」と2人になると言ってくる

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、「好きだよ」と2人になると言ってくるときです。

前項でも紹介した通り、母性を感じる男性はストレートな愛情表現が苦手です。

その場の勢いで手を繋いだりハグをしたりするのはできますが、公の場で甘えたり愛情表現をしたりするのは恥ずかしくなってしまうのです。

そんな彼ですが、二人きりになると少し大胆になります。

周囲に人がいないか確認し、恥ずかしそうに「好きだよ」と言われたら思わずキュンキュンしてしまいますよね。

不器用ながら一生懸命に自分の気持ちを伝えようとする健気さも愛おしく感じてしまいます。

フレンチ・キスが多い

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、フレンチキスが多いときです。

母性を感じる男性はキスなどの直接的な愛情表現が苦手です。

キスしたい気持ちはあるものの、どのタイミングでどのようにキスして良いのかわからなくなってしまうのです。

そんな母性を感じる男性はフレンチ・キスが多い傾向にあります。

小鳥が唇を啄むような軽いキスはフランクに愛情を伝えることができます。

周囲に人がいるときは恥ずかしくてできませんが、二人きりになるとテレビを見たり、部屋でリラックスしたりしているときにフレンチ・キスをしたがります。

情熱的なキスも魅力的ですが、恥ずかしそうに唇を啄むフレンチ・キスもたどたどしいところが残っていて可愛く感じられますよね。

ニコっと笑った時

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、ニコッと笑ったときです。

母性を感じる男性には笑顔が素敵な人が多い傾向にあります。

母性を感じる男性は子供っぽいあどけなさを持っており、他愛のない話でもニコニコと笑って聞いてくれます。

いつもニコニコと笑っている男性は彼女だけでなく、周囲の友達や同僚、上司からも好かれやすいですよね。

母性を感じる男性は自然と人を惹きつける魅力を持っているのです。

そんな男性にニコッと笑顔を向けられたらどうでしょうか。

子供っぽさの残るあどけない笑顔に思わずキュンキュンしてしまう人も多いでしょう。

裏表のない純粋無垢な印象を強く受けるはずです。

家事を知らない間に全部やってくれた時

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、家事を知らない間に全部やってくれたときです。

最近は共働き世帯も増え、男性も家事や育児に参加するようになりました。

とは言ってもまだまだ女性のように完璧にこなせる人は少なく、やらなくてはと思っていても実行に移せない男性もたくさんいます。

そのようななかで家事を知らない間に全部やってくれたらどうでしょうか。

私の負担を軽減するために家事をやってくれたと思わずキュンキュンしてしまいますよね。

特に「知らない間にやってくれる」という部分が嬉しいポイントです。

男性のなかには少し家事をしただけでこれ見よがしにアピールしてくる人もいますが、当たり前のようにやってくれるところに頼もしさや感謝を感じるでしょう。

辛い時ギュッと抱きしめてくれた時

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、辛いときギュッと抱きしめてくれたときです。

母性を感じる男性は基本的に甘えん坊気質です。

彼女を上手くリードするよりも、彼女に甘えて自分が癒されることに長けています。

そのため、普段の生活のなかでは男らしさや頼りがいなどはあまり感じられないかもしれませんね。

そのようななかであなたが辛くて悲しんでいるとき、黙ってギュッと抱きしめてくれたらどうでしょうか。

今まではナヨナヨとしていて子供っぽく、頼りがいがないと思っていた彼がいきなり男らしく慰めてくれたら思わずキュンキュンしてしまいますよね。

母性を感じる男性は不器用さんではありますが、彼女が辛く悲しんでいるときは少しでも力になってあげたいと優しく寄り添ってくれる人です。

体調が悪い時に大げさに甘えてくる

母性を感じる男性にキュンキュンする瞬間は、体調が悪いときに大げさに甘えてくるときです。

男性は女性よりも体が弱い傾向があります。

女性の場合はちょっとの体調不良であれば市販薬と気概で治してしまいますが、男性はちょっとの体調不良なのに大病を患ったかのようにダウンしてしまいます。

そんな男性が体調の悪いときに大げさに甘えてきたらどうでしょうか。

「ああ、熱が出てダメかもしれない」「一人で寝てるのは寂しい」などと体調不良をここぞとばかりにアピールしたり可愛いワガママを言ったりする姿は子供っぽくて可愛いですよね。

弱っている彼の姿を見て、母性本能をくすぐられる女性も少なくないでしょう。

大したことなくても思わず「私が守ってあげないと」「私が支えになってあげないと」と妙な使命感を感じてしまうものです。

ばぶみを感じる男性でキュンキュンしちゃおう

ばぶみとは男性が年下の女性や幼い女性に対して母性を感じたり求めたりする意味の言葉です。

もともとは男性が女性に対して抱く感情でしたが、最近では女性が男性に対してばぶみを感じたり、「ばぶみ=赤ちゃんみたい」などの意味で使われたりすることも増えてきています。

女性にはもともと母性本能があり、自分よりもか弱く幼い者を守り育ててあげたいという本能を持っています。

スマートに女性をリードしてくれる男性もかっこいいですが、私がいないとダメなんだと思わせるような不器用な男性も魅力的です。

ばぶみを感じる男性の特徴をとらえ、ばぶみを感じる男性でキュンキュンしちゃいましょう。