左利き男性の特徴18個!そんな男性を好きになったら注意すべき4個の事とは?注意点を参考にアプローチしてみようについて
あなたは右利きですか、それとも左利きですか。

もしかすると右と左を使い分けている人もいることでしょう。

そんな左利きですが、なぜか左利きの人がいると注目してしまうことはないでしょうか。

別に不思議なことでもないのですが、左利きの人は周囲から一目置かれます。

今回はそんな左利きの話をしてみたいと思います。

左利きの男性の恋愛も含めて紹介していきましょう。

左利きとは?

一般的に左利きの人を見ると利き手が左手であると周囲の人は認識します。

ただ周囲にこんな人はいないでしょうか。

文字を書くときにペンを持つのは左、でも食事をするときに箸を持つのは右手、そんな両手使いが出来る人もいます。

パッと見は左利きだと思っても、動作によって使い分けている器用な人もいるわけです。

また常に自分は右利きだと思っていても、動作や作業によって左手の方が動かしやすいと感じたことがある人もいるかもしれません。

このように左利きでも右利きであっても、人は使いやすい手で自然に使い分けているということもあります。

左利きの人を見て思わず注目してしまうのは、多くの人は利き手が圧倒的に右手の方が多いことから左利きの人を特別視してしまうある意味偏見があると言えるでしょう。

意味

そもそも「利き手」とはどのような意味があるのでしょうか。

利き手とは、左右の手のうち器用さや運動能力が優れていて多く使う手のことを言います。

また広い意味で捉えると、手や腕以外にも「利き〇〇」はあります。

例えば目にもあり「利き目」がそれぞれにあります。

目だけではなく、脚や耳にもあるわけです。

耳も聞きやすい耳、脚もどちらかと言うとしっくりくる脚があることに意識してみると感じるはず。

多くの人は気が付いたら自然と右手が利き手となっていることに気が付くことでしょう。

右利きとの違い

では気が付いたときに右利きになっているのはなぜなのでしょうか。

そもそも人は生まれたばかりの時は左利きがの方が多いと言われています。

それがなぜ右利きになっているのでしょう。

それは子供の頃に親から矯正されていることがあるからです。

もちろん自然に右利きになることもあります。

ただ世界的に見ても左利きの割合は1割程度とされています。

もちろん国や地域によって多少前後はありますが、それでも割合としては左利きの割合はとても低いです。

ただ親が積極的に左利きから右利きに矯正しようとするのは社会的背景が関係しています。

この世の中はとても左利きには優しくないことがあります。

例えば道具や機械など右利きの人用に作られていることがほとんどです。

野球のグローブも左利き用はもちろんありますが、気にせず購入してしまうと右利き用を買ってしまうということもあるでしょう。

世の中のものは右利き基準であるものがとても多いわけです。

今でこそ両方の手に対応した商品は増えてはいますが、それでも左利きの人にとっては右利き用よりも値段が高いなど厳しいことが多いと言えるかもしれません。

どうして左利きになるの?

前項で生まれたときは左利きが多いと紹介しましたが、それは何故なのかは不明のようです。

左利きで産まれる理由としては様々な仮説が唱えられてはいますが、どれも根拠がなく証拠もありません。

例えば遺伝子という説もあれば人間の本能であるといった仮説が存在します。

また昔は左利きであることを障害と考える人もいたようです。

そのため左利きであると強制的に右利きに矯正することが行われた、ということも言われています。

自分の意思に反して無理に右利きにされるわけですから、相当なストレスを感じることは確かだと思います。

また今は無理に矯正しなくても世の中のものが右利き用にできていることが多いため、生活の中で自然と右利きになっていることもあります。

現在ではそれほど絶対的に右利きに矯正するということは以前よりは少なくなってはいるでしょう。

左利き男性の特徴20個

左利き男性
左利きについてある程度理解できたところで、ここからはそんな左利き男性はどのような特徴があるのか紹介してみます。

不思議と左利きの男性に魅力を感じる女性は少なくはないでしょう。

左利きの男性はインテリに見えますし、器用に左手を使っている動作や仕草に興味を持つ女性は多いです。

魅力溢れる左利き男性の特徴をぜひチェックしてみてください。

直感で行動する

左利き男性の特徴として、直観で行動することが挙げられます。

右利きか左利きかでどちらの脳を優位に使っているか分かります。

例えば右脳は「感覚脳」と呼ばれ直観であるとか閃きをつかさどる脳です。

左脳は「論理脳」と呼ばれ記憶や言語認識をつかさどっています。

右脳は左半身と直結しているため、右脳から出た命令によって左半身の筋肉に運動を起こさせるわけです。

逆に左脳は右半身と直結しているということになります。

つまり左利きの人は右脳が優位であることが言えるわけです。

右脳は感覚脳と呼ばれているので、直感が優れていることが想像できます。

直感が優れていると論理的に考えるよりも、自分の勘を信じ咄嗟に行動することがあります。

直感が優れている人は女性から見るととても行動力があり、決断力にも長けているように見えます。

少々融通が利かない面はありますが、ある意味自分の感覚で生きている姿は魅力的に見える人もいることでしょう。

器用

左利き男性の特徴として、器用であることが挙げられます。

どうしても左利きの人が何か細かい作業をしている姿を見ると、違和感を持ってしまう人は多いのではないでしょうか。

右手の感覚で見てしまうと、左利きの人は不器用に見えてしまうものです。

ですが意外と左利きの人は器用です。

左手で細かい作業も出来てしまいます。

また自分の感覚だけで作業をするので、物作りなどはとても早く終わらせることができます。

つまりマニュアル人間ではないということが言えるわけです。

右利きの人から見ると左手では何かと不便なのではないかと思いがちですが、そんなことはもちろんありません。

右利きよりも器用さがあると言えるでしょう。

想像力が豊か

左利き男性の特徴として、想像力が豊かであることが挙げられます。

左利きの人は感覚脳が優位に働きますから直感がとても研ぎ澄まされています。

そのため想像力も豊かであることがあります。

想像力が豊かであり、直感にも優れているということはその能力は仕事でも大いに役立ちます。

つまりスピード感ある仕事が必要である場合、ゆっくり考えていることができないときはこの想像力が役に立つわけです。

想像力があると決断することにも役立ちます。

あれこれ考えているよりも、想像力があれば先手を打つこともできるのです。

もちろん仕事には失敗も付き物ではありますが、あらゆることを先回りして考えることができることは強みであると言えるでしょう。

頭の回転が早い

左利き男性の特徴として、頭の回転が早いことが挙げられます。

左利きの人は「頭が良い」というイメージがある人も多いかもしれません。

ではなぜ左利きの人は頭が良いと思っているのでしょうか。

それは研究により左利きの人は数学的スキルに長けている、ということが判明したということで根拠が示されています。

「インディ100」では左利きの方が天才である確率が高いという研究報告、さらに「IFLサイエンス」によると、左手を好んで使う人は平均的に右の脳半球より発達している、とされています。

世界の偉人を見てみるとモーツアルト、キュリー夫人、ビル・ゲイツ、オバマ大統領などそうそうたるメンバーが左利きであることを考えると、左利きがいかに優れて頭が良いかということが理解できるでしょう。

またここまで根拠を知らずとも小さいころから学校で頭の良い同級生が左利きだった、と思い出す人は多いのではないでしょうか。

クラスで一目置かれる、そんな存在の人は意外と左利きの方が多いのかもしれません。

リーダーシップがある

左利き男性の特徴として、リーダーシップがあることが挙げられます。

左利きの人は感覚脳が優れていますから、何事にも直感的に自分の思う通りに行動する傾向があります。

しかもその直感は正しいことが多いです。

頭の回転も早いことから直観力、決断力に長けていることで周囲の信頼を得られることは必然です。

また左利きの人は、どこか他の人とは違う雰囲気を醸し出しています。

それはオーラ的なものやカリスマ性といった不思議な魅力です。

ただ本人的にはそこまで意識はしていません。

そもそもの性格がそうなっただけであり、まったく普通にしているだけです。

それでも目立ってしまうのは、人を惹きつけるものがあるからだと言えるでしょう。

ストレスを溜めやすい

ストレスを溜めやすい男性
左利き男性の特徴として、ストレスを溜めやすいことが挙げられます。

左利きの人は繊細です。

また感覚で動いているため、人より疲労を感じやすいということもあります。

さらに世の中がなんでも右利き用にできていることが、よりストレスを溜めやすくさせています。

右利きの人にとっては恐らく何も感じたことはないでしょう。

ですが周りを見渡してみると、実に右利きの人が生きやすいようにできているかが分かります。

例えば包丁やハサミです。

ここで初めて包丁やハサミに利き手があることを知った人もいるのではないでしょうか。

普通に販売されているものは右利き用となります。

また駅の改札なども右利きの人用です。

見渡してみるといかに右利きの人用に全てが出来ているかお分かりいただけるでしょう。

些細なことかもしれませんが、左利きの人にとってはこの世の中は居心地が悪いと感じる場面は多々あるわけです。

そうしてストレスを溜めてしまうことも数多くあると言えるのです。

天才肌

左利き男性の特徴として、天才肌であることが挙げられます。

前項でも紹介しましたが、左利きは天才である確率が高いことは研究で分かっています。

また学生の頃はクラスの頭の良い同級生はやはり左利きだった、と納得できることもあるものです。

左利きの人はどこか言うこともやることも人とは違ったりします。

例えば何かアイディアを出すときも、誰もが思いつかないようなアイディアを出してきたり、突拍子もないことを言ってそれを実行に移してしまうなど、まさに天才肌であるからこそできることがあるわけです。

普通の人は「できっこない」と躊躇する気持ちがあっても、天才肌であるとやってみなければできないかどうか分からないという心理で動くことがあるわけです。

つまり不屈の精神を持っているのも天才肌である所以です。

天才とは努力をしなくても頭がいいと思われがちですが、努力をしてそれを実らせることも天才ならではということが言えるでしょう。

素直

左利き男性の特徴として、素直であることが挙げられます。

素直であるというと聞こえは良いかもしれません。

ですがここで言う素直とは「空気が読めない」ことに近いことがあります。

それは思ったことを思わず言ってしまったり、空気を読めない言動が目立つことがあるわけです。

それはやはり感覚的に生きているということも関係しています。

これを言ったりしてしまうとどうなるだろう…ということがどこか考えられないこともあるわけです。

だからといって性格が悪いわけではありません。

あくまでも素直であるということですから、正直すぎる素直、と言えるのです。

左利きの人の素直さは、ある意味愛されキャラ的存在だと言えるでしょう。

気が短い

左利き男性の特徴として、気が短いことが挙げられます。

ここで少し空気の読めなさが出てしまうことがあります。

どこか自分と同じ目線で他人を見てしまうことがあるため、自分がこう思っているのだから相手も同じように思っているであろう、という考えを持ってしまいます。

ところが相手は自分とは違う考えを持っていたり、言動が遅いなどが目立つとイライラしてしまうところがあるのです。

自分の感覚で生きているため、人も同じだと勘違いしてしまうところがあります。

また頭の回転が早いので先を読んでしまうと、周囲の遅さがさらにイライラしてしまいます。

そのためどんどん自分で何でもしてしまうということもあるわけです。

ただ何でも率先してやってくれるため周囲としては便利な存在なのです。

気が短いことはありますが、それを周囲に押し付けることはなく自ら行動で示すので周囲からの信頼は厚いと言えるでしょう。

友達が少ない

左利き男性の特徴として、友達が少ない傾向があります。

友達に左利きの人が多くいれば同じ気持ちも共有できますが、やはり右利きの人が多いため一緒にいても居心地が悪く感じてしまうこともあるようです。

左利きの人は感覚的に生きているところがあるので、論理的な考えの人とは気の合わない面もあるわけです。

気の合わない人と無理に友達でいるよりも、一人で居た方が楽に感じることもあります。

かと言ってコミュニケーション能力が低いわけではありません。

男性なので四六時中友達と一緒ということはないので、あくまでも自由に日々を過ごしているということが言えるでしょう。

応用力がある

左利き男性の特徴として、応用力があることが挙げられます。

左利きの人は頭の回転が早い人が多いです。

頭の回転が早いので一つのことをいろいろと想像を広げることに長けています。

つまり応用力があるので、多方面から一つの物事を見ることができるわけです。

様々なバリエーションがあると、より物事が進みやすいことがあります。

特に仕事ではこの応用力が必要な場面はとても多いです。

応用力があると仕事の進行も早いですし、大きな仕事もこなすことができます。

左利きの人はアイディア力もあるため、この応用力と合わせるとより力を発揮することができるでしょう。

このことから信頼を得ることはもちろん、多くの仕事を任されることも多いです。

ただ頼りにされることは良いのですが、仕事の量が偏り過ぎるのは考えものかもしれません。

感情的

感情的な男性
左利き男性の特徴として、感情的であることが挙げられます。

少々せっかちな傾向がある左利き男性。

イライラする場面も多々あるわけですが、ある意味素直であるため感情的になる場面もあります。

ですが感情的になるのは左利きの人に限ったことではありません。

ですが左利き男性の場合は、その場ですぐに感情的になってしまうこともあるので、感情をコントロールできないということも少々あります。

それはあくまでも素直な言動ではありますが、人としてそれでは空気を読めない人として扱われてしまうことにもなり兼ねません。

周囲としてはもし感情的になってしまいそうな場面はフォローをしてあげることも大切でしょう。

甘える

左利き男性の特徴として、甘えることが挙げられます。

左利き男性は甘え上手です。

自分の感情に素直であるので恋愛でも彼女に甘えることはごくごく自然なことです。

また左利き男性と付き合うと行動力があるため、女性としてはとても付き合いやすい反面、ストレスが溜まることもしばしばです。

なんでも勝手にしてしまったり、彼女の意向を聞かずに決めてしまったり、行動力があるのは良いですがこれではお互い尊重し合うことはできません。

ただ頼りになる存在ではあるのは間違いありません。

女性としてはこれを良しとするか、あるいは自分のことも尊重して欲しいと思うのか、それは考え方一つです。

ただ甘え上手なので、女性の心に入ってくることに長けていると言えるでしょう。

明るい

明るい男性
左利き男性の特徴として、明るいことが挙げられます。

左利きの男性は友達が少ない傾向がありますが、特にそれを気にすることはありません。

男性なので女性のような密接な関係はなく、求められれば遊びに行くなど自由です。

そして左利きの男性は、人とのコミュニケーション能力はとても高いです。

生き方としては理論的に考えるよりも本能的な感性で生きていることもあるため、色々と考えるよりも何とかなるという考え方をしていることもあるわけです。

つまり楽観的な一面があり性格は明るいですが、そもそも繊細な性格であるため意外と生活ぶりは地味です。

繊細ではありますがそこも楽観的な性格がカバーしています。

左利きの人には自分をコントロールする器用さがあるといえるでしょう。

結論を言いたがる

左利き男性の特徴として、結論を言いたがることが挙げられます。

左利きの人は頭の回転はとても良いです。

そのことからも人を言い負かすほどの頭の良さがあります。

つまりは少々偏屈な一面があるわけです。

そんな偏屈な性格ではありますが、素直な性格でもあるため物事を結論から言いたがる傾向があります。

あれこれ途中経過はあってもすべては結論へと繋がります。

左利きの人はせっかちなことがあるので、まずは結論を言ってからそこまでの過程を話すという傾向があるのです。

物事はいろいろなことから成り立っていますが、最終的には結論ありきであるということが言えるでしょう。

包容力がある

左利き男性の特徴として、包容力があることが挙げられます。

左利きの男性はどこか達観しています。

いろいろと考えることよりも自分の直感で生きていることもあるため、その感覚が将来を見据えたり、想像することができるわけです。

そんな左利きの男性は右利き社会の中で我慢を強いられて日々過ごしているところがあります。

そうして生きていると細かいことを考えるよりももっと広い視野で生きて行かなければなりません。

左利きの人は器量が大きくなければストレスが溜まってしまいます。

いちいち細かいことに悩んでいると生きづらくなってしまいます。

それが大きな包容力となることは必然です。

恋愛では特にその包容力が発揮されることもあるため、付き合う女性は気持ちが楽だと言えるでしょう。

変人

左利き男性の特徴として、変人であることが挙げられます。

やはり左利きの人は少々変わっている傾向があります。

変わっていると言っても性格に難があるというわけではなく、つまりは良識あることと変人であることは紙一重であると言えるのです。

変人であることは意外と仕事には役に立ちます。

仕事ではあまりに普通の考えだけでいると、働きぶりは実に平凡であくまでも普通です。

ですが変人さがあるといろいろな考えを持ち、時には突拍子もない言動を起こすため注目をされたり、思いもよらないアイデアで大きな仕事を乗り越えることもあります。

少々変わっている人、そんな人こそ行動的で多くのアイデアが溢れてきます。

普通ではないことは周囲から引かれることもありますが、だからこそ気兼ねなく行動することができるわけです。

せっかち

左利き男性の特徴として、せっかちであることが挙げられます。

左利きの男性は感覚脳が優位であるため、自分の思い通りに行かなければ少々イライラしてしまいがちです。

また常に直感で行動する傾向があるので、周囲の人は実に行動力が無いことに日頃から苛立つこともしばしばです。

それに対して素直に言葉で言ってしまうこともあるため周囲からは反感を持たれることもありますが、後腐れの無い性格であることもあり、すぐに何事もなかったかのように過ごせるというある意味良い性格だとも言えるのです。

ただせっかちは簡単に直せるわけではありません。

すぐに結論を求めてしまいますし、仕事では特に自分以外の仕事の遅さに常にイライラしている状態であると言えるでしょう。

物事を考えることに時間を要する

左利き男性の特徴として、物事を考えることに時間を要することが挙げられます。

左利きは直感型で行動するため理論的に考えることが苦手です。

考えるよりも行動に移したほうが早く進めることができます。

左利きの人は直感タイプであるため、どうしても物事を考えることは時間が掛かるわけです。

ただそこでイライラするので考えることを止めたくはなりますが、たとえ考えることを止めて行動してしまうと失敗することも多々あります。

物事をじっくり考えることに慣れていないため、どうしても時間が掛かってしまうことは致し方ありません。

思いやりがある

左利き男性の特徴として、思いやりがあることが挙げられます。

左利きであるがゆえに、相手の気持ちを考えることをしてしまうことがあります。

その理由は左利きは何かと苦労することが多いからです。

自分が苦労することを考えると、人が苦労したり悩んでいるのを見過ごすことができないのです。

思いやりがあるというよりも自分自身がそうであるため、自然と困っている人は助けたくなる本能的なものがあるということでしょう。

左利き男性を好きになったら注意すべき4個の事

ここまで左利きの男性の特徴を紹介してきましたがどう感じたでしょうか。

実に不思議な存在であると感じた人も多いことでしょう。

ではそんな左利き男性を好きになったらどうでしょうか。

ここではその注意すべき事を紹介します。

今好きな人が左利きの人、あるいは将来好きになるかもしれない左利きの男性を想像しながらチェックしてみてください。

横並びのとき

横並び
左利き男性を好きになったら注意すべきこととして、横並びのときに気をつけましょう。

利き手が左なので、もし手を繋ぐとなると利き手を空けておきたい男性もいます。

手を自然に繋ぐときは臨機応変さが求められるわけですが、やはり咄嗟に手が出るときは左手です。

横並びで歩いたりするときは、左手が動きやすい程度の距離感を保つことも大切です。

もし左利きの男性を好きになったら、少し気に留めておくことも必要でしょう。

物を置く位置

左利き男性を好きになったら注意すべきこととして、物を置く位置に気をつけましょう。

世の中は右利き用になっている物や事が多いです。

右利きの人にとってはそれが当たり前のようになっているため、気にしたことはないかもしれません。

ですが左利きの人はそれがストレスとなっていることもあるのです。

世の中のものはすべて逆、そうして日々を過ごしてきたため無意識に生活するということは無理があるわけです。

また物を置く位置も、右利きの人は自分の感覚で置いてしまうかもしれません。

それも左利きには逆の位置になることもあるのです。

常に相手の左利きを意識することは難しいですが、気遣いも必要になってきます。

喧嘩

左利き男性を好きになったら注意すべきこととして、喧嘩には気をつけましょう。

左利き男性は頭の回転が早く、頭が良い人も多いです。

そのため、喧嘩をしても負かされてしまうことが多いと思います。

喧嘩をしないことが理想ではありますが、喧嘩をしたときは冷静に相手の間違いを誘う技術を身につけることが大切でしょう。

そのためには男性よりも頭の回転を良くすることが必要となります。

プライドが高いのでなんでも褒める

左利き男性を好きになったら注意すべきこととして、プライドが高い人が多いのでなんでも褒めることをしてみましょう。

どうしても右利き社会の中で生きていくには、プライドを高くて持っていなければモチベーションは下がってしまうこともあります。

つまりプライドを奮い立たせることで、なんとかうまく日々を過ごしていけるということなのです。

人は褒められると思わず笑顔になり、褒められて嫌な気持ちになる人はまずいません。

なのでなんでも褒める事、そして常に優位に立たせてあげることでいつも機嫌が良くなります。

ぜひやってみましょう。

左利き男性の特徴や注意点を参考にしてアプローチしよう

いかがでしたでしょうか。

あなたの周囲に左利きの男性はいるでしょうか。

左利きの人と出会うことはなかなかないかもしれません。

左利きの男性はどこかミステリアスでとても興味を惹かれる人が多いです。

色々なことから興味をそそられる左利き男性ですが、ぜひ特徴や注意点を参考にしてアプローチしてみましょう。

刺激的な恋愛を経験することもできるかもしれません。