あなたは右利きですか、それとも左利きですか。

もしかすると右と左を使い分けている人もいることでしょう。

そんな左利きですが、なぜか左利きの人がいると注目してしまうことはないでしょうか。

別に不思議なことでもないのですが、左利きの人は周囲から一目置かれます。

今回はそんな左利きの話をしてみたいと思います。

左利きの男性の恋愛も含めて紹介していきましょう。

左利きとは?

一般的に左利きの人を見ると利き手が左手であると周囲の人は認識します。

ただ周囲にこんな人はいないでしょうか。

文字を書くときにペンを持つのは左、でも食事をするときに箸を持つのは右手、そんな両手使いが出来る人もいます。

パッと見は左利きだと思っても、動作によって使い分けている器用な人もいるわけです。

また常に自分は右利きだと思っていても、動作や作業によって左手の方が動かしやすいと感じたことがある人もいるかもしれません。

このように左利きでも右利きであっても、人は使いやすい手で自然に使い分けているということもあります。

左利きの人を見て思わず注目してしまうのは、多くの人は利き手が圧倒的に右手の方が多いことから左利きの人を特別視してしまうある意味偏見があると言えるでしょう。

意味

そもそも「利き手」とはどのような意味があるのでしょうか。

利き手とは、左右の手のうち器用さや運動能力が優れていて多く使う手のことを言います。

また広い意味で捉えると、手や腕以外にも「利き〇〇」はあります。

例えば目にもあり「利き目」がそれぞれにあります。

目だけではなく、脚や耳にもあるわけです。

耳も聞きやすい耳、脚もどちらかと言うとしっくりくる脚があることに意識してみると感じるはず。

多くの人は気が付いたら自然と右手が利き手となっていることに気が付くことでしょう。

右利きとの違い

では気が付いたときに右利きになっているのはなぜなのでしょうか。

そもそも人は生まれたばかりの時は左利きがの方が多いと言われています。

それがなぜ右利きになっているのでしょう。

それは子供の頃に親から矯正されていることがあるからです。

もちろん自然に右利きになることもあります。

ただ世界的に見ても左利きの割合は1割程度とされています。

もちろん国や地域によって多少前後はありますが、それでも割合としては左利きの割合はとても低いです。

ただ親が積極的に左利きから右利きに矯正しようとするのは社会的背景が関係しています。

この世の中はとても左利きには優しくないことがあります。

例えば道具や機械など右利きの人用に作られていることがほとんどです。

野球のグローブも左利き用はもちろんありますが、気にせず購入してしまうと右利き用を買ってしまうということもあるでしょう。

世の中のものは右利き基準であるものがとても多いわけです。

今でこそ両方の手に対応した商品は増えてはいますが、それでも左利きの人にとっては右利き用よりも値段が高いなど厳しいことが多いと言えるかもしれません。

どうして左利きになるの?

前項で生まれたときは左利きが多いと紹介しましたが、それは何故なのかは不明のようです。

左利きで産まれる理由としては様々な仮説が唱えられてはいますが、どれも根拠がなく証拠もありません。

例えば遺伝子という説もあれば人間の本能であるといった仮説が存在します。

また昔は左利きであることを障害と考える人もいたようです。

そのため左利きであると強制的に右利きに矯正することが行われた、ということも言われています。

自分の意思に反して無理に右利きにされるわけですから、相当なストレスを感じることは確かだと思います。

また今は無理に矯正しなくても世の中のものが右利き用にできていることが多いため、生活の中で自然と右利きになっていることもあります。

現在ではそれほど絶対的に右利きに矯正するということは以前よりは少なくなってはいるでしょう。

左利き男性の特徴20個

左利き男性
左利きについてある程度理解できたところで、ここからはそんな左利き男性はどのような特徴があるのか紹介してみます。

不思議と左利きの男性に魅力を感じる女性は少なくはないでしょう。

左利きの男性はインテリに見えますし、器用に左手を使っている動作や仕草に興味を持つ女性は多いです。