三十路ならではの恋愛の仕方12選と大人のモテ行動とは?について
三十路からの恋愛はどう楽しんだらいいのか?仕事も楽しくなってきて、自分自身も落ち着いてくる頃です。

周りがよく見えるようになる分、気づけることもあります。

三十路からの恋愛は色々考えすぎて、どういしたらいいのか分からなくなることもあると思います。

女性はいくつになっても恋愛に振り回されがちです。

この記事では、三十路ならではの恋愛の仕方、そして大人に大切なモテ行動を紹介します。

三十路の恋愛ってどんな感じなの?

三十路の恋愛
三十路の恋愛は落ち着きが見えてきて、今までよりも冷静に考えられるようになる頃です。

だからこその悩みも増えてきて、十代~二十代のころは勢いで突っ走れたことも立ち止まって考えるようになります。

立ち止まって考えることで選択肢の幅も増えてきて、今までお付き合いしたことのないタイプの男性と出会い、お付き合いをすることもあります。

気が付いたら夢中になっていることもあるかもしれません。

周りの人の影響も大きい時期で、友人や同僚が結婚していくことに焦りを感じる人も多いのではないでしょうか。

恋愛=結婚と考えてしまい、心から恋愛を楽しめなくしている可能性もあります。

今しかできない恋愛を楽しみ、三十路を謳歌してもらえたら嬉しいです。

三十路だからこその恋愛を楽しむ

三十路の今だからこそできる恋愛を楽しんで欲しいです。

三十路になると冷静に考えることが増える分、周りもよく見えるようになります。

恋人の些細な変化はもちろんのこと、二人をとりまく環境も見えてくるようになります。

結婚を意識し過ぎて、彼氏が結婚を考えてくれないからと別れを考えるのは早すぎます。

今、お互い好きな気持ちに変わりはないのだから、その時間を大切にしましょう。

三十路のステップアップした今だからこそ楽しめる恋愛を楽しんでください。

三十路ならではの恋愛の仕方12選

三十路ならではの恋愛の仕方はいくつかあります。

三十路はひとつの分岐点であり、成長の過程でもあります。

男女ともに気持ちに余裕が出てきて、自分の将来ビジョンや仕事への考え方がある程度固まってくる頃です。

落ち着いて長い期間恋愛を楽しみたいと考える人もいれば、ある程度仕事が落ち着くまでは恋人よりも仕事を優先したいと考える人もいます。

三十路になった今だからこそ楽しめる恋愛の仕方を知り、彼氏から愛される幸せな恋愛を見つけましょう。

小さな幸せを噛みしめる

三十路の今だからこそ、小さな幸せを噛みしめてください。

人生経験が豊富になってくると、今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなってくることもあります。

仕事場ではフォローされる側からフォローする側になり、恋人とリラックスできる時間も限られてくるようになります。

まず、日々時間に追われながら生活している中で恋人と出会えたことの奇跡、そしてお互い会いたいと思ってデートできる幸せなど些細なことを大切にして、小さな幸せを噛みしめることが大切です。

人はつい欲張りになってしまいます。

いつまでも付き合った頃の新鮮な気持ちを大切にし、お互いを思いやることは三十路からの恋愛を長続きさせるうえですごく大切です。

お互いに自立した安定感

お互いに自立した安定感は三十路からの恋愛だからこそ味わうことができます。

三十路からは社会人経験を積み、家事も一通りできるようになって自分で生活できるようになる人が多いです。

気持ちの面でも自立してくる頃です。

お互い自立しているからこそ、お互いを尊重することができます。

仕事で疲れているときは相手を思いやることができますし、嫌なことがあって落ち込んでいるときはそっと見守ることができるようになります。

お互いに自立した安定感があることで、適度な距離感で相手を大切にしつつ、落ち着いた恋愛ができるのではないかと思います。

心のゆとりのあるお付き合い

心のゆとりのあるお付き合いは三十路の恋愛ならではです。

十代から二十代のころは自分が一番を取りたいという気持ちが強い傾向があります。

心のゆとりのあるお付き合いをすることで、自然と相手を思いやることができます。

些細なことでは喧嘩もしなくなりますし、なんとなくの雰囲気で相手の考えていることが分かることもあります。

交際期間が長くなることで、さらに心のゆとりのあるお付き合いができるようになると思います。

大切に思いやれるような恋人がいることはすごく素敵です。

支え合って協力する

支え合って協力することは三十路の恋愛ならではです。

人生経験を積み、周りのことが三十路になると色々と見えるようになります。

何事も自分一人の力ではできておらず、常に周りの人に支えられていることに気づく時期でもあります。

恋人とも相手に丸投げにせず、支えあって協力することができるようになります。

お互いの得意不得意もよく分かっているので、雰囲気でどちらがリードするかも察することができるようになります。

男性のプライドが、女性はこうあるべきといった固定概念は一切捨て去り、お互いできることをやって支え合って協力することが三十路の恋愛の良さです。

三十路の恋愛を楽しむためにも、何事も支え合って協力することはすごく大切です。

落ち着いた穏やかな日常

落ち着いた穏やかな日常は三十路の恋愛にとってすごく大切です。

十代~二十代のころは野心が強く、勢いもあるので多少のことでも無理をする人が多いです。

恋愛も似ていて、刺激やリスキーな関係に惹かれることもあります。

三十路になると少し落ち着いてきて、恋愛にも落ち着きや癒しを求めるようになります。

三十路からの恋愛は考え方も落ち着き、お互いを大切にする恋愛ができそうです。

恋愛の駆け引きを楽しむよりも、二人で一緒にいる時間を大切にしたいと思うようになります。

素直に自分の気持ちも言えるようになります。

デートはアクティブなデートよりも、温泉旅行やカフェ巡りといった落ち着いたデートを好むようになります。

人それぞれ価値観の違いはありますが、二人でゆっくり過ごすことに幸せを感じるようになることも多いです。

三十路の恋愛は落ち着いた穏やかな日常で、物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、その日常こそ大切にしましょう。

相手からも自分からもリード

三十路からの恋愛は相手からも自分からもリードすることが大切です。

三十路くらいになると男性、女性共に人生経験も社会人経験も積み、落ち着いた考えができる人が増えます。

恋愛は男の人がリードするべきだという固定概念を捨て去り、女性からもフォローしたりリードしたりできるようになります。

女性が、男性がといった固定概念を捨て去り、相手からも自分からもリードできるようになるのはすごく素敵なことだと思います。

違和感を感じずに、今の関係を大切にしましょう。

思いやりを持った関係

三十路の恋愛は思いやりを持った関係を築くことができるようになります。

十代~二十代の頃はまだまだ幼くて、相手のことを考えているつもりでも余裕がないときは自分中心の考え方になりがちです。

恋人に優しくできないこともあるでしょう。

三十路からはそういったことが少なくなり、お互いの立場を尊重したり、相手の気持ちを配慮した言い方をしたりして、思いやりを持った関係が築けるようになります。

彼氏が忙しいときはそっとしておく、彼女の機嫌が悪いときは余計なことを言わずに黙って様子を見るといったことも同じです。

敢えて口を出さずに、自然の流れに任せることも大切です。

お互い大切に思うからこそ、三十路という年齢を踏まえて将来のことを考えられるようになる時期でもあります。

お互い思いやりを持った関係を大切にして、今まで通り三十路の恋愛を充実したものにしていきましょう。

深く味わい深い関係

三十路の恋愛は深く味わい深い関係になっていきます。

恋愛はお互いのことが好きという気持ちで繋がっています。

それがさらに深みを増すと、相手のどういったところが好きで、何をしているときはすごく幸せな気持ちになって、といったことがすごくよく分かるようになります。

逆のこともあり、相手のどういったところが苦手で、これをされるとすごく嫌な気持ちになるということも見えてきます。

それを踏まえてでも一緒にいるところが味わい深いです。

結婚を考え始める

結婚
三十路の恋愛は結婚を考え始める時期でもあります。

二十代後半から結婚ラッシュになり、結婚式に招待される機会が増えます。

周りの友人もほとんどが既婚者になり、家庭を持つと遊ぶ機会が少なくなります。

休日、友人と過ごす時間が減り、そして友人からの話題の大半が夫や子どもの話題になっていきます。

そうすると自分も家庭を持ちたいと自然と思うようになります。

色々と三十路は落ち着いてくる時期でもあるので、次のステップアップとして安らげる家庭を持ちたいと考える人も多いです。

三十路は結婚を考え始める時期です。

女性から男性にプレッシャーにならない程度に将来の話を持ちかけるのはアリです。

見方を変えると、三十路の女性と恋愛する男性は誠実な人なら、お付き合いがスタートして半年くらいで彼女との結婚を少しずつ考えるようになります。

彼氏がのらりくらりしている様子であれば、新しい恋に飛び込んでみてもいいと思います。

年上との大人な付き合い

三十路の恋愛は年上との大人な付き合いもできるようになります。

三十路になると女性も人生経験を積み、ある程度周りが見えるようになります。

自分よりも年上の男性とでも、違和感なくお付き合いができるようになります。

男性からリードすることもあれば、女性からリードすることもあります。

おしゃれなbarや雰囲気の良いレストランのデートだって、女性が背伸びしなくても自然と楽しめるようになります。

年齢の許容範囲は人それぞれですが、固定概念を捨て去って年上男性との恋愛を楽しむのもアリです。

良いなと思った男性がたとえ十歳以上年上だったとしても、ためらわず飛び込んでみてもいいと思います。

自分の気持ちに正直になり、年上との大人な付き合いも楽しんでください。

年下との楽しい付き合い

年下との楽しい付き合い
三十路の恋愛は年下との楽しい付き合いも醍醐味の一つになります。

女性が三十路になると、仕事場で男性の後輩を指導したり、フォローしたりする機会が増えます。

プライベートでも、合コンや飲み会で自分よりも年下の男性と出会う機会が増えます。

年齢に対するコンプレックスを感じず、自分がいいと思った男性ならたとえ年下であっても素直に好きだと伝えてみましょう。

年下の男性は結婚願望がまだないこともありますので、結婚などはお付き合いの期間がある程度長くなってからのほうが安心かもしれません。

年下の男性はいつか自分から離れていくかもしれないといったマイナス思考は捨て去り、三十路の恋愛だからこそ、年下との楽しい付き合いを楽しんでください。

同世代とのフランクな付き合い

三十路の恋愛は同世代とのフランクな付き合いも楽しいです。

同じ三十路の同世代の男性となら、共通の話題があり、価値観も似ていることが多いです。

会話が弾み、一緒にいてもさほどに気を遣わずに済むと思います。

適度な距離感で対等にお付き合いができるので、お互いを束縛し過ぎることも少ないです。

安心感があって、友達よりも少し深くて、恋人だけどそんなに重くなくて、ちょうどいいお付き合いができます。

二人とも社会人経験も長いので、お互いの仕事の忙しさや責任の重さもきちんと理解できる世代でもあります。

会えない期間が長いからと責め合うことが少なくなります。

お互い結婚を意識し始める世代でもあります。

お付き合いをスタートする時点で、女性から結婚前提でないとお付き合いできないということを伝えるのもいいと思います。

三十路だからできる大人のモテ行動

大人のモテ行動
三十路だからできる大人のモテ行動はあります。

三十路だからもう自分は若くないと落ち込むのはやめましょう。

そして、自分が今まで頑張ってきたことに自信を持って、自分を褒めてください。

自然と自分のことが好きになれて、周りの人にも大人の対応ができるようになります。

人間関係の一つがうまくいくと、他のことも自然とうまくいくようになります。

三十路だからできる大人のモテ行動をリサーチして、自分にできることから少しずつ取り入れてみてください。

合コンや婚活の場で声を掛けられることが増えるかもしれませんし、気になっている男性といい雰囲気になれるかもしれません。

大人の女性らしい品のある言動

大人の女性らしい品のある行動は三十路だからできる大人のモテ行動と言えます。

三十路になると社会人経験を積み、何事も感情任せにならずに冷静に判断できるようになります。

そして、周りへの気配りもできるようになります。

自分に似合う大人の女性らしい美しいコーデやメイクもできるようになるでしょう。

お箸の持ち方や鉛筆の持ち方、椅子に座る姿勢といったマナー面も大切です。

改めてマナーbookを買ったり、研修に参加したりしてもいいと思います。

自分に自信を持ち、大人の女性らしい品のある行動を心がけましょう。

いつもポジティブで明るい

ポジティブで明るい女性
いつもポジティブで明るいことは、三十路だからできる大人のモテ行動と言えます。

三十路になると全体を見渡すスキルが培われてきます。

落ち込んでいる気持ちや怒っている気持ちをオープンにするよりも、いつもポジィティブで明るくいるほうが男女問わず好印象であることも分かるようになります。

人生経験も豊富なので、いちいち落ち込まずに何とかなるだろうといった楽観的な考え方もできるようになる頃です。

リーダーや管理職を任されている人なら、自分が不安になることで周りの人も同調することもよく分かっています。

多少無理をしてでも、いつもポジティブでいることはすごく大切です。

小さなことでクヨクヨしない

小さなことでクヨクヨしないことも大切です。

三十路の恋愛で大切な大人のモテ行動だと言えます。

小さなことを気にしていつまでも落ち込んでいるパートナーよりも、おおらかな気持ちでいつでもどんと構えてくれるパートナーのほうが良いと思うのは男性でも女性でも同じです。

パートナーのどちらかがいつも落ち込んでクヨクヨしていると、家庭内の雰囲気が悪くなります。

将来夫婦になることも踏まえ、小さなことでクヨクヨしない女性でいたほうがモテます。

多少のことは右から左に流し、元気でいることが大切です。

何か楽しみを作っておくことでストレス発散ができ、小さなことでクヨクヨしないようにもなります。

休日の恋人とのデートや旅行を心の栄養にして、何事もおおらかな気持ちでいられるようにしましょう。

物事の本質を見る

物事の本質を見ることで、三十路だからできる大人のモテ行動をアピールできます。

三十路になると、色々な荒波を乗り越えて今がある人が多いです。

トラブルを解決してきた人だからこそ、物事の本質を見るスキルはあります。

仕事やプライベートで三十路になると色々な人脈ができます。

目の前にいる人は自分を本当の友人として慕ってくれているのか、それともその場限りの関係だと思っているのかもなんとなく読めるようになります。

うまい話には裏があることも分かるようになります。

些細なことでは騙されなくなりますし、恋愛も勢いですることがなくなります。

恋人の失敗も上手にフォローし、お互いを支え合うことができるようになります。

物事の本質を見ることで、お互い信頼して落ち着いた恋愛をすることができると思います。

三十路からの恋愛は深く考えすぎず、それでいて本質はじっくり見極めることが大切です。

寛大な心で相手を許す

寛大な心で相手を許すことで、三十路だからできる大人のモテ行動をアピールできます。

三十路になると自分自身も色々と失敗し、トラブルをくぐりぬける経験をしています。

そのため、周りの人の同じような失敗やトラブルも寛大な心で許せるようになります。

たとえ何かに巻き込まれても、自分自身で解決するスキルが身についてきます。

それもあり、寛大な心で相手を許せるようになります。

多少の考え方の違いはお互い受け入れられるようになりますし、多少の物事の考え方の違いや価値観のズレも許せるようになります。

いちいち目くじらを立ててイライラするよりも、もっと他に楽しいストレス発散をする方法や遊びがあることが分かってくる年齢でもあります。

何かあったときは、寛大な心で相手を許すことでモテる女性を目指しましょう。

相手の仕事の邪魔をしない

相手の仕事の邪魔をしないことは、三十路だからできる大人のモテ行動と言えます。

男女問わず、三十路になると仕事で責任ある立場を任されたり、後輩のフォローをしたりする機会がぐんと増えます。

そのため、お互い相手の仕事の大切さを理解できるようになります。

相手の仕事の邪魔をせず、男性の立場を尊重することでモテる女性を目指しましょう。

男性とデートの約束をしていたのに、ドタキャンされたとします。

一回目は責め立てず、許してあげましょう。

二回目以降は少し彼氏の様子を観察してみてください。

休日に疲れて寝ているときは、無理をさせないことも大切です。

どこかに遊びに行くことだけがデートではないので、どちらかの自宅でゆっくり過ごしたり、あえて会わずに一人の時間を味わうのもいいと思います。

相手の仕事の邪魔をしないことで、自然とお互いを大切に出来る関係が築けます。

まずは仕事の忙しい相手を責めずに、じっくり見守ることが大切です。

周りをよくみて気配りする

周りをよくみて気配りすることで、三十路だからできる大人のモテ行動を目指してください。

自然と相手の気持ちに配慮することができるようになります。

普段は気配りのできる女性であっても、出会いの場や仕事の多忙な時期は心に余裕がなくなります。

周りの人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

三十路の人生経験の長さを武器にして、周りをよくみて気配りすることを大切にしてください。

周りをよくみて気配りし、モテるだけではなく、人間関係も良好になるとなお良いです。

お互いを大切に思うなら、気配りのできる女性を将来のパートナーとして考えるのはアリだと思います。

大人な励まし方をする

大人な励まし方をすることで、三十路だからできる大人のモテ行動を目指してください。

人生経験を積んだ三十路の大人だからこそ言える言葉はあります。

何かうまくいかないとき、ただ彼氏あるいは彼女がいつもサポートする関係よりも、夫婦対等にやりとりできる関係の方が理想的です。

彼女は自分よりもできない、彼氏は自分よりもできないといった考え方は捨て去り、今の自分だからこそ言えるような大人な励まし方をしてください。

言葉で伝えるのがむずかしいなら、手紙か何かで大人な励まし方をされたことへのお礼を添えてもいいと思います。

受け取った側も幸せな気持ちになります。

今はスマホという便利なものがある中で、メールでやり取りしている人はレアです。

そういった意味でも注目を集めると思います。

わがままを言わない

わがままを言わないことで、三十路だからできる大人のモテトークを楽しむこともできます。

自分たちの考え方だけでわがままを言いだしても、すべて取り入れることは難しいです。

相手のことを思って言う言葉は、決して迷惑なわがままではないと思います。

相手にとってマイナスとなるようなわがままは控えた方がいいです。

二人で過ごす休日を大切にして、何かしらのストレス発散方法を見つけることは大切です。

わがままを言わないことで、安定感のある恋愛を楽しんでみてください。

些細なことに感謝をする

些細なことに感謝をすることで、三十路だからできる大人モテ行動になります。

些細なことに感謝をする気持ちは、彼氏が何かしらの行動を起こしたことにまず感謝します。

そして、今まで自分たちを支えてくれた人へ感謝するようになります。

ありがとうの言葉が自然と多く出る人の周りには、たくさんの人が集まります。

交友範囲を広げるためにも些細なことに感謝し、人間関係を円滑にすることがすごく大切です。

いつまでも横柄な態度を続けていると、恋愛から仕事まですべてうまくいかなくなることもあります。

少しでも時間をかけて、お肌のお手入れをするようにしてみてください。

そして、ありがとうと伝えることも大切にしてください。

人の悪口を言わない

人の悪口を言わないことで、三十路からのモテ行動を目指してください。

モテる女性になるためには、周りの人から好かれ、そして信頼されることが大切です。

そのためには、人の悪口を言わないことが基本です。

人に悪口を言うと、そのときは一瞬スッキリした気持ちになるかもしれません。

しかし、だんだんと罪悪感が勝ってしまい、最終的には自分が疲れることになります。

相手の話に共感する

相手の話に共感することで、三十路からの恋愛に信頼関係がうまれます。

そのため、彼氏の話はできるだけ最後まで聞き、共感するようにしましょう。

どんな些細な話でも、たとえ自慢話であっても、相手の話に共感するようにしてください。

話を聞いてくれて、しかも共感してくれる人との間には大きな信頼関係が生まれています。

男性もモテるためには、相手の話に共感することが大切です。

叱る時はちゃんと叱る

叱る時はちゃんと叱ることで、三十路からの恋愛を楽しむこともできます。

相手のことを大切に思うなら、たとえよくないことでも自分の気持ちはしっかりと伝えることも大切です。

三十路だからこそ楽しめる恋愛がある

三十路は人生経験を積み、色々と長い目で見られる時期です。

何事も落ち着いて考え、感情に流されないことも大切です。

どうすれば自分と周りの人がうまくいくのかを考えながら過ごすようにしましょう。

三十路だから、もう失敗できない。

三十路だから、これはできないといった考え方はやめましょう。

三十路だからこそ楽しめる恋愛もあります。