サラリーマンと結婚する9個のメリットとそんな彼と出会えるスポットをご紹介について
多くの女性にとって結婚は大きな夢ですよね。

幸せな家庭を築きたいと願う一方で、相手の職業も気になるものです。

愛さえあれば問題ない!と思いたくても、現実的に考えれば収入や将来を考えることも大切です。

世の中にはさまざまな職業がありますが、大きくくくれば大半の男性がサラリーマンです。

サラリーマンと言うとどのようなイメージを持つでしょうか。

収入が少ない、仕事が安定しているなどいろいろなイメージがありますよね。

今回はサラリーマンと結婚するメリットと出会えるスポットについて詳しく紹介していきます。

サラリーマンと結婚するメリットを理解し、幸せな結婚生活を手に入れましょう。

サラリーマンとの結婚の実際

サラリーマンとは会社企業に勤める給与所得者のことを指します。

一般的には会社役員や医者、弁護士などの専門職を除く幅広い人のことを指します。

サラリーマンに含まない仕事には税理士や社会保険労務士のほか、教師や警察官、消防士などの公務員が該当します。

大企業に勤めていても、ベンチャー企業に勤めていてもサラリーマンには変わりありません。

そのため、同じサラリーマンでも収入や勤務環境、将来性などは人によって大きく異なり、サラリーマンだからと言って安定しているとも言い切れませんし、収入が少ないとも限らないのです。

それではサラリーマンは結婚相手としてはどうなのでしょうか。

まずはサラリーマンが結婚相手としてどうなのかについて詳しく紹介していきます。

サラリーマンは結婚相手としてどうなのか

日本社会の大半はサラリーマンが占めています。

一部の専門職や公務員、自営業以外のほとんどはサラリーマンに該当するので対象範囲が広いのです。

それと同様にサラリーマン男性と結婚する女性もたくさんいます。

サラリーマンと言うと社会の歯車や低収入、残業が多いなどネガティブなイメージを持つ方も多いですが、実は結婚相手としては多くの女性から高い支持を受けています。

ひと昔前の女性は結婚したら仕事を辞め、家庭に入るのが一般的でした。

しかし、女性の社会進出や仕事と家庭の両立を支援する取り組みが盛んになったことから、結婚後も仕事を続けている女性が増加しています。

きちんと稼ぎのある男性と結婚したいという願望は今も昔も変わりありませんが、家庭を維持するために男性が稼がなければいけないお金の基準は変わっています。

共働きが主流となっているため、二人の稼ぎでそれなりの生活ができればいいと考えている女性が多く、必ずしも高収入を絶対条件にしているわけではないのです。

ほかにも女性自身がサラリーマンとして働いている人も多くいます。

働き方が似ているからこそ、価値観が合ったり理解し合えたりするというメリットも人気が高い一因です。

このように高収入を期待しなければ、サラリーマンは結婚相手としてぴったりな職業です。

サラリーマンと結婚する9個のメリット

サラリーマンと結婚するメリット
サラリーマンというくくりは非常に広く、会社企業に勤める給与所得者の多くを指します。

会社役員や医者、弁護士などの専門職、教師や警察官などの公務員は含まれませんが、会社の規模や収入などは関係ないため、さまざまな人がサラリーマンにあてはまります。

サラリーマンと言うと社会の歯車、低収入、残業が多いなどネガティブなイメージを持つ人もいますが、結婚相手としてはとても人気の高い働き方でもあります。

それではサラリーマンと結婚するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

次はサラリーマンと結婚するメリットについて詳しく紹介していきます。

サラリーマンと結婚するメリットをおさえ、自分にぴったりな男性と結婚しましょう!

経済の安定

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、経済の安定です。

会社企業に所属しているサラリーマンは、安定して仕事を受けることができます。

会社企業に属さないフリーランスの場合は自分で仕事を探さなければいけないため、安定した収入を得るためにはイチから信頼を築かなければいけませんし、それなりに時間もかかります。

一方、サラリーマンは会社企業に属しているため、毎月安定した収入を得ることができます。

多少経済に暗雲が立ち込めてもボーナスカットなどはありますが、基本給がガクッと下がることはありません。

安定した結婚生活を維持するためには、安定した収入が必要不可欠です。

出産や育児、進学など家庭を持てばいろいろなイベントが待っています。

それらを人並みにきちんとするためには、安定した収入がないと不安ですよね。

経済が安定しているという点から考えれば、サラリーマンは毎月決まった収入を得られるので安定していると言えるでしょう。

年収の高い低いに関わらず、安定した生活を望む女性にとってはぴったりな働き方です。

社会的信頼

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、社会的信頼があることです。

結婚をすればマイホームやマイカーを購入するためにローンを組むこともありますよね。

ローンを組むためには銀行の審査をパスしなければいけませんが、サラリーマンはフリーランスや自営業よりもローンを組みやすいというメリットがあります。

銀行はローンを組むときに返済能力があるかをきちんと審査します。

特に住宅ローンは何十年単位で組むものなので、一定の金額を継続的に返済できる能力が求められます。

そのため仕事や収入に波のあるフリーランスや自営業よりも、安定した収入を得られるサラリーマンの方が社会的信頼は高いという判断がされやすいのです。

ほかにも中小企業や設立して間もない企業に勤めているよりも、大手企業や歴史ある企業に勤めている方が社会的信頼は高く、ローン審査が通過しやすいという傾向もあります。

ローン以外で言えば、安定して仕事を得られるのも社会的信頼があるからです。

フリーランスや自営業はイチから事業を立ち上げ、顧客を獲得しなければいけないため、軌道に乗るまではとても大変です。

一方、サラリーマンは会社の名前を使って仕事を受けているため、最初から社会的信頼を得た状態で仕事をすることができます。

生活リズム

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、生活リズムが安定していることです。

ひと昔前はサラリーマンでも徹夜で働いている人や休日返上で働いている人もたくさんいましたが、最近では働き方改革が進み、残業時間も減少傾向にあります。

国をあげて働き方改革を推進しているため、会社企業も対策を講じなければいけないのです。

一方、医師や教師などの専門職はなかなか残業時間削減に至っていません。

慢性的な人手不足も大きな要因ですが、勤務時間が定まっていないのもひとつの理由です。

医師は人命を預かるため、救急の場合は勤務時間外でも対応しなければいけないこともあります。

部活動の顧問をしている教師のなかには、休日返上で引率をしなければいけない人もいます。

どちらも人のため世のためという責任感と、人手不足によって引き起こされている問題です。

その点、サラリーマンは勤務時間がきちんと決まっており、緊急のトラブルがない限りはその時間内で仕事を終えることができます。

休みも固定の会社企業が多いため、予定が立てやすいのもメリットと言えるでしょう。

家族への紹介

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、家族へ紹介しやすいことです。

結婚は二人だけでするものではありませんよね。

結婚が決まれば当然家族へ紹介しなければなりませんし、家族も相手の男性がきちんとした人なのか心配しているでしょう。