サラリーマンと結婚する9個のメリットとそんな彼と出会えるスポットをご紹介について
多くの女性にとって結婚は大きな夢ですよね。

幸せな家庭を築きたいと願う一方で、相手の職業も気になるものです。

愛さえあれば問題ない!と思いたくても、現実的に考えれば収入や将来を考えることも大切です。

世の中にはさまざまな職業がありますが、大きくくくれば大半の男性がサラリーマンです。

サラリーマンと言うとどのようなイメージを持つでしょうか。

収入が少ない、仕事が安定しているなどいろいろなイメージがありますよね。

今回はサラリーマンと結婚するメリットと出会えるスポットについて詳しく紹介していきます。

サラリーマンと結婚するメリットを理解し、幸せな結婚生活を手に入れましょう。

サラリーマンとの結婚の実際

サラリーマンとは会社企業に勤める給与所得者のことを指します。

一般的には会社役員や医者、弁護士などの専門職を除く幅広い人のことを指します。

サラリーマンに含まない仕事には税理士や社会保険労務士のほか、教師や警察官、消防士などの公務員が該当します。

大企業に勤めていても、ベンチャー企業に勤めていてもサラリーマンには変わりありません。

そのため、同じサラリーマンでも収入や勤務環境、将来性などは人によって大きく異なり、サラリーマンだからと言って安定しているとも言い切れませんし、収入が少ないとも限らないのです。

それではサラリーマンは結婚相手としてはどうなのでしょうか。

まずはサラリーマンが結婚相手としてどうなのかについて詳しく紹介していきます。

サラリーマンは結婚相手としてどうなのか

日本社会の大半はサラリーマンが占めています。

一部の専門職や公務員、自営業以外のほとんどはサラリーマンに該当するので対象範囲が広いのです。

それと同様にサラリーマン男性と結婚する女性もたくさんいます。

サラリーマンと言うと社会の歯車や低収入、残業が多いなどネガティブなイメージを持つ方も多いですが、実は結婚相手としては多くの女性から高い支持を受けています。

ひと昔前の女性は結婚したら仕事を辞め、家庭に入るのが一般的でした。

しかし、女性の社会進出や仕事と家庭の両立を支援する取り組みが盛んになったことから、結婚後も仕事を続けている女性が増加しています。

きちんと稼ぎのある男性と結婚したいという願望は今も昔も変わりありませんが、家庭を維持するために男性が稼がなければいけないお金の基準は変わっています。

共働きが主流となっているため、二人の稼ぎでそれなりの生活ができればいいと考えている女性が多く、必ずしも高収入を絶対条件にしているわけではないのです。

ほかにも女性自身がサラリーマンとして働いている人も多くいます。

働き方が似ているからこそ、価値観が合ったり理解し合えたりするというメリットも人気が高い一因です。

このように高収入を期待しなければ、サラリーマンは結婚相手としてぴったりな職業です。

サラリーマンと結婚する9個のメリット

サラリーマンと結婚するメリット
サラリーマンというくくりは非常に広く、会社企業に勤める給与所得者の多くを指します。

会社役員や医者、弁護士などの専門職、教師や警察官などの公務員は含まれませんが、会社の規模や収入などは関係ないため、さまざまな人がサラリーマンにあてはまります。

サラリーマンと言うと社会の歯車、低収入、残業が多いなどネガティブなイメージを持つ人もいますが、結婚相手としてはとても人気の高い働き方でもあります。

それではサラリーマンと結婚するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

次はサラリーマンと結婚するメリットについて詳しく紹介していきます。

サラリーマンと結婚するメリットをおさえ、自分にぴったりな男性と結婚しましょう!

経済の安定

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、経済の安定です。

会社企業に所属しているサラリーマンは、安定して仕事を受けることができます。

会社企業に属さないフリーランスの場合は自分で仕事を探さなければいけないため、安定した収入を得るためにはイチから信頼を築かなければいけませんし、それなりに時間もかかります。

一方、サラリーマンは会社企業に属しているため、毎月安定した収入を得ることができます。

多少経済に暗雲が立ち込めてもボーナスカットなどはありますが、基本給がガクッと下がることはありません。

安定した結婚生活を維持するためには、安定した収入が必要不可欠です。

出産や育児、進学など家庭を持てばいろいろなイベントが待っています。

それらを人並みにきちんとするためには、安定した収入がないと不安ですよね。

経済が安定しているという点から考えれば、サラリーマンは毎月決まった収入を得られるので安定していると言えるでしょう。

年収の高い低いに関わらず、安定した生活を望む女性にとってはぴったりな働き方です。

社会的信頼

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、社会的信頼があることです。

結婚をすればマイホームやマイカーを購入するためにローンを組むこともありますよね。

ローンを組むためには銀行の審査をパスしなければいけませんが、サラリーマンはフリーランスや自営業よりもローンを組みやすいというメリットがあります。

銀行はローンを組むときに返済能力があるかをきちんと審査します。

特に住宅ローンは何十年単位で組むものなので、一定の金額を継続的に返済できる能力が求められます。

そのため仕事や収入に波のあるフリーランスや自営業よりも、安定した収入を得られるサラリーマンの方が社会的信頼は高いという判断がされやすいのです。

ほかにも中小企業や設立して間もない企業に勤めているよりも、大手企業や歴史ある企業に勤めている方が社会的信頼は高く、ローン審査が通過しやすいという傾向もあります。

ローン以外で言えば、安定して仕事を得られるのも社会的信頼があるからです。

フリーランスや自営業はイチから事業を立ち上げ、顧客を獲得しなければいけないため、軌道に乗るまではとても大変です。

一方、サラリーマンは会社の名前を使って仕事を受けているため、最初から社会的信頼を得た状態で仕事をすることができます。

生活リズム

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、生活リズムが安定していることです。

ひと昔前はサラリーマンでも徹夜で働いている人や休日返上で働いている人もたくさんいましたが、最近では働き方改革が進み、残業時間も減少傾向にあります。

国をあげて働き方改革を推進しているため、会社企業も対策を講じなければいけないのです。

一方、医師や教師などの専門職はなかなか残業時間削減に至っていません。

慢性的な人手不足も大きな要因ですが、勤務時間が定まっていないのもひとつの理由です。

医師は人命を預かるため、救急の場合は勤務時間外でも対応しなければいけないこともあります。

部活動の顧問をしている教師のなかには、休日返上で引率をしなければいけない人もいます。

どちらも人のため世のためという責任感と、人手不足によって引き起こされている問題です。

その点、サラリーマンは勤務時間がきちんと決まっており、緊急のトラブルがない限りはその時間内で仕事を終えることができます。

休みも固定の会社企業が多いため、予定が立てやすいのもメリットと言えるでしょう。

家族への紹介

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、家族へ紹介しやすいことです。

結婚は二人だけでするものではありませんよね。

結婚が決まれば当然家族へ紹介しなければなりませんし、家族も相手の男性がきちんとした人なのか心配しているでしょう。

結婚相手にふさわしいかどうかは職業や働き方で決まるものではありませんが、やはり不安定な職業よりも安定した職業に就いている人の方が親としても安心ですよね。

サラリーマンは毎月安定した収入を得ることができるため、金銭面でも家族は安心できるでしょう。

他にも会社の知名度や仕事の内容も安心材料のひとつになります。

最近では共働き世帯が増えているため、二人で協力し合えるかも大きなポイントになります。

いくら高収入でも仕事に追われ、ほとんど家にいないとなれば女性にばかり育児や家事の負担がいってしまうのではないかと心配になってしまいますよね。

金銭面だけでなく、生活のリズムも安定しているかどうかも家族としては気になる部分です。

そういう意味でもサラリーマンは家族へ紹介しやすい働き方だと言えるでしょう。

ボーナス

ボーナス
サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、ボーナスがあることです。

正社員の場合、ボーナスが出る会社企業も多くあります。

会社企業の規模や業績、業界によって金額は異なりますが、おおよそ給与1ヶ月分〜2ヶ月分くらいの金額が年に1回〜2回ほどボーナスとして支給されることが多いでしょう。

公務員は期末手当というものがボーナスに当てはまりますし、専門職もボーナスは出ますが、派遣社員や契約社員など非正規雇用の場合は出ないことがほとんどです。

会社企業によっては手当としていくらか支給しているところもありますが、正社員のボーナスとは金額が大きく異なります。

経済が安定していれば非正規雇用でも安定して仕事を得ることができますが、ボーナスがないのは金銭的に大きな打撃となるでしょう。

結婚すれば何かと出費もかさみますし、ボーナスのあるサラリーマンの方が経済的に安定していると言えますね。

福利厚生

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、福利厚生が整っていることです。

会社企業によって内容は大きく異なりますが、多くの会社企業が福利厚生を持っており、社員はそれを規程の範囲内で利用することができます。

福利厚生には家賃補助や食堂・食事補助、健康診断、保養施設の利用、教育支援、レジャー施設の割引、家族手当、出産手当、子供手当などさまざまな種類があります。

大手企業の場合、福利厚生が充実している会社企業が多く、それも大手企業は安定していると言われる一因です。

最近では設立して間もないベンチャー企業でも独自の福利厚生を導入しているところが増えてきています。

福利厚生はさまざまなシーンで有効に活用することができます。

たとえば家族手当や子供手当などは継続して利用することができるため、毎月の収入アップにも繋がります。

保養所やレジャー施設の割引があれば、安く家族旅行に行けますよね。

このように生活に密接したものが多いため、福利厚生を利用できるかは結婚生活のなかでは大きなメリットになります。

扶養

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、扶養に入れることです。

最近は女性の社会進出が進み、共働き世帯が増えているので扶養の有無はあまり関係ないように思えますが、出産や育児を機に働きに出られない可能性も考えられます。

たとえば保育園に入れようと思っていたのに入れなかった、産後の体調がよくない、想像以上に子供の世話が大変で正社員での勤務が困難になったなど、あらゆる予想外があります。

夫がサラリーマンであれば扶養に入ることができ、国民年金や社会保険、税制などの面で控除を受けることができます。

個人で加入する必要がないため、家計も助かるでしょう。

家族が増えたり、家庭環境が変わったりすれば、自分の働き方を見直さなければいけない事態に直面することもあります。

そのようなときに結婚相手がサラリーマンであれば、お互いに支え合える環境があるので安心ですよね。

税金の控除

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、税金の控除を受けられることです。

自営業であれば売上から必要経費を差し引いた金額が所得になりますが、サラリーマンの場合は必要経費が認められていないため、不公平になってしまいます。

そこで公平性を保つために、サラリーマンは給与の金額に応じて所得控除を受けられるようになっています。

他にも配偶者の所得に応じて配偶者控除を受けられたり、扶養家族の人数に応じて扶養控除を受けられたりと家庭の状況に応じてもさまざまな控除を受けることができます。

結婚をすれば今までと環境が大きく変わるため、予想外のことに直面することもたくさんあります。

サラリーマンであれば困ったときに国から補助をしてもらえる部分も多いため、安心して人生設計を立てることができます。

休暇制度

サラリーマンと結婚するメリットのひとつは、休暇制度がしっかりしていることです。

休日日数や曜日などは会社企業によって異なりますが、労働基準法によって年間休日数は105日と定められており、最低105日は公休を取らなければいけなくなっています。

有給休暇は年間休日数に含まれておらず、仕事や自分の都合に合わせて原則自由に取得できます。

これらとは別に結婚休暇やバースデー休暇など特殊な休暇制度を導入している会社企業も存在します。

会社企業が公休として定めている休暇や有給休暇は休みを取っても給与に影響しません。

非正規雇用は時間給のため、実働分の給与しか得られませんが、サラリーマンは休みながらもしっかり収入を得られるというメリットがあります。

結婚をすれば家族の時間を持つことも大切です。

きちんと定められた休暇を取り、仕事と家庭を両立できるのもサラリーマンと結婚するメリットと言えるでしょう。

サラリーマンとの結婚での注意点

サラリーマンは社会的信頼が高く、給与も安定していることから結婚相手として選ぶにはとてもいい働き方と言えますが、必ずしもいいことだらけではありません。

サラリーマンだからこそ直面する困難やデメリットもいくつか存在します。

次はサラリーマンとの結婚で注意するべき点について詳しく紹介していきます。

自由がなくなる

サラリーマンとの結婚での注意点は、自由がなくなることです。

会社企業という組織の一員として働いているサラリーマンは、組織のルールや規則に則らなければならないため、自分の好き勝手に働けません。

他にも仕事や案件を選り好みすることはできず、与えられた業務を遂行しなければいけない点においても自由ではないと言えるでしょう。

不得手な仕事であっても、任せられたからには何とか自分の力で成し遂げなければいけません。

一方、フリーランスや自営業であれば仕事の進捗を見ながら自分なりにスケジュールを立てたり、休暇を調整したりすることができます。

他にも自分のスキルと単価を比較しながら値段交渉をしたり、仕事内容を調整したりすることもできるのでサラリーマンよりも自由度が高いと言えるでしょう。

一緒にいる時間が少ない

サラリーマンとの結婚での注意点は、一緒にいる時間が少ないということです。

最近は積極的に働き方改革を行っている企業も多く、残業時間も減少傾向にあります。

以前よりも早い時間帯に退勤できるようになったのは嬉しいことですが、退勤後に接待や上司や部下との飲み会に行かなければいけないサラリーマンもたくさんいます。

接待は顧客と円満な関係を築くために必要なものですし、上司や部下との飲み会も組織力やコミュニケーションを高めるために欠かせないものです。

時には接待と飲み会が重なってしまい、一緒にいる時間が少なくなってしまうこともあります。

会社企業で働き、上司もいる立場ですから、男性も易々と断ることができません。

仕事に欠かせないことと言っても給与が出るわけでもないため、腑に落ちない女性も多いでしょう。

しかし、そこは将来のために我慢することも大切です。

刺激がない

サラリーマンとの結婚での注意点は、刺激がないということです。

サラリーマンは会社企業という組織のなかで働いているため、仕事がルーティン化しやすいというデメリットがあります。

仕事内容によってはやりがいを感じられず、自分のことを毎日同じことをさせられている作業員と認識してしまっている男性もいます。

スキルアップや新しいことを提案できる環境であれば、組織のなかでも刺激を受けながら仕事に邁進できますが、ルーティン化された環境では刺激や喜びを見つけるのも難しくなってしまいます。

人によっては仕事にやりがいを見出せず、転職を希望することもあります。

転職をして環境が改善されればいいですが、失敗して環境や待遇が悪化する可能性もあるでしょう。

そういう意味では、仕事に刺激がないというのは一種のリスクでもあります。

結婚相手に与える問題点で言えば、劇的に生活がよくなることはないということです。

サラリーマンの収入は安定していますが、収入が爆発的に上がるということはありません。

コツコツとお金を貯めながら生活する力が求められます。

そのため、派手な生活を夢見る女性にとっては刺激が足りなく感じてしまうかもしれません。

結婚する前に自分の理想と相手の現実をよく比較した方がいいでしょう。

収入の制限

サラリーマンとの結婚での注意点は、収入に制限があるということです。

サラリーマンと結婚するメリットに安定した収入を得られることが挙げられますが、逆に言えば劇的に収入が上がることもありません。

営業の成績がよく、インセンティブで給与が増える月があっても、それを継続するのは難しいでしょう。

もっと稼ぎたいと思っていても、基本給を上げるためには昇給制度をパスしたり、長く勤めたりする必要があります。

昇給のタイミングは年1回〜2回と定めている会社企業が多く、毎月チャンスがあるわけではありません。

どちらもある程度の時間がかかってしまいます。

さらに会社企業によっては副業を禁止しているところもあります。

残業が削減された分、副業で稼ごうと思っても会社企業の規則によってそれが制限されている可能性もあり得ます。

サラリーマンと結婚する際は、今の収入のなかでやりくりをしていかなければいけないという気持ちを持っていた方がいいでしょう。

そのなかでボーナスが増えたり、特別手当が出たりしたときにラッキーだと思うくらいが安心です。

旦那に合わせた生活

サラリーマンとの結婚での注意点は、旦那に合わせた生活になることです。

サラリーマンは定時や休暇、繁忙期などがある程度決まっているため、その時間や時期に合わせた生活が求められます。

旅行や遊びに行くためには休みを合わせなければいけませんし、繁忙期に残業が増えてしまうのはある程度許容しなければいけません。

時には子供の行事やイベント、休んで欲しいときがあっても応じられないこともあります。

組織のなかで働いているからこそ、融通が利きづらいこともあるのです。

そのような点ではあなたひとりで乗り越えなければいけないこともありますし、苦労することもあるでしょう。

共働きであればお互いに時間を調整し合わなければいけませんが、専業主婦になった場合は旦那に合わせた生活が求められがちです。

サラリーマンと結婚する際は、事前にどのような生活リズムなのか、自分の生活リズムとどれくらい合っているのか、結婚してから許容できるかなどをチェックするようにしましょう。

素敵なサラリーマンと出会えるスポット

一口にサラリーマンと言ってもさまざまな業種、職種が存在します。

業種や職種によって収入や働き方は大きく異なるため、自分の理想とする仕事や働き方の男性と出会うことがとても大切です。

とは言え、自分の理想とする男性と出会うのは難しいですよね。

どうすれば理想の男性と出会えるのだろうかと悩んでいる女性もたくさんいるでしょう。

そこで次は素敵なサラリーマンに出会えるスポットについて詳しく紹介していきます。

素敵なサラリーマンに出会えるスポットをおさえ、理想の男性をゲットしましょう!

狙うはサラリーマンの集まるオフィス街!

素敵なサラリーマンと出会うためには、サラリーマンの集まるオフィス街が狙い目です。

オフィス街にはさまざまな会社企業のオフィスが密集しているため、素敵なサラリーマンと出会える確率がグンッと高まります。

オフィス街にある居酒屋やバーには近隣にあるオフィスに勤めている男性がたくさんいます。

各オフィス街の特徴を理解し、理想のサラリーマンがいるだろうスポットを狙っていけば効率よく出会いを求められます。

それでは次は素敵なサラリーマンが集まるオフィス街について詳しく紹介していきます。

新橋

新橋
新橋は言わずと知れたサラリーマンの聖地です。

駅前のSL広場でサラリーマンが街頭インタビューに答えているのをテレビで見たことのある人も多いでしょう。

他にもサラリーマンに嬉しい低価格の居酒屋が多いのも新橋の特徴のひとつです。

近隣の銀座よりもリーズナブルな価格で美味しいお酒や料理が楽しめるため、多くのサラリーマンから愛されるようになったのもサラリーマンの聖地と呼ばれるようになった所以です。

新橋駅周辺にはANAホールディングスや三井化学などの大手老舗企業のオフィスが多く存在します。

一方、ソフトバンクグループや電通本社、日本テレビなどメディアやIT企業が多いのも特徴です。

広告代理店や制作会社に勤めるサラリーマンと出会いたい方にはぴったりなオフィス街です。

銀座

銀座と言えばハイブランドのお店が軒を連ねているイメージを持つ人も多いでしょう。

駅周辺には東急プラザ銀座や松屋銀座などの大型商業施設もたくさんあります。

そのようなハイブランドのお店で働いている男性と出会えるのも銀座の特徴のひとつです。

関東大震災以前は、アクセスの良さからマスメディアが銀座に集中していたことがありました。

現在の毎日新聞や朝日新聞、読売新聞などの新聞社も銀座にオフィスを構えており、それに伴って印刷会社や広告会社も数多くありました。

現在は多くの企業が移転してしまいましたが、それでも中越パルプ工業や王子製紙、時事通信社、大日本図書、読売広告社など古くから残っている企業もあります。

他には商社も多いため、商社マンをゲットするためにコリドー街でナンパ待ちをしている女性もいます。

六本木

六本木
六本木と言えばバーやクラブなど派手で遊ぶイメージを持つ人も多いですが、実は都内でもオフィスの多いエリアのひとつでもあります。

六本木ヒルズや泉ガーデンには有名企業のオフィスも数多く入っており、素敵なサラリーマンとの出会いも期待できるでしょう。

六本木エリアには外資系企業、IT企業、コンサルティング関連企業などが多く、ハイスペックな男性がたくさん働いています。

サラリーマンのなかでも高収入の男性と結婚したい場合は六本木に繰り出し、ハイスペック男子との出会いをゲットしましょう。

恵比寿

恵比寿は住みたい街ランキングでは常に上位に君臨している人気のエリアです。

オシャレな飲食店や商業施設が多いため、仕事帰りにふらっと立ち寄れるのも人気の一因です。

恵比寿にはサッポロホールディングスやカルピスなどの飲料メーカーやコロプラやカカクコムなどのIT系企業の本社もあります。

業界的には建設業や金融業、情報通信業の企業が多いのも特徴として挙げられます。

オシャレな街で働くサラリーマンと結婚したい!という女性は、恵比寿駅周辺の居酒屋やバルなどに足を運んでみるのもいいでしょう。

丸の内

丸の内
丸の内と言えば東京屈指の人気オフィス街のひとつです。

丸の内には三井住友ファイナンシャルグループ本社や三井住友銀行本店、三菱UFJ信託銀行本店、三菱UFJリース本社、大和証券グループ本社などの金融関係の企業の本社や本店が多数あります。

他にも旭硝子本社や古河電気工業、日本郵船本社、新日鐵住金本社、コニカミノルタ、三菱電機本社、出光興産、日新製鋼など歴史ある企業が多いのも特徴的です。

大手企業に勤めるサラリーマンと結婚したい女性は、丸の内周辺で素敵な出会いを探してみましょう。

日本橋

江戸時代には江戸城建設に伴い、日本橋にたくさんの商人や職人が集まってきました。

そこから日本経済の中心地へと成長していき、現在でも歴史ある企業が多く存在します。

日本橋にはコーセー本社や日本メナード化粧品関東支社、第一三共ヘルスケア本社、天藤製薬東日本営業部など化粧品メーカーや製薬会社のオフィスがあります。

他にも野村證券日本橋本社や東海東京フィナンシャル・ホールディングス本社、東日本銀行本店、三菱UFJメリルリンチPB証券本社などの金融系の企業が多いのも特徴的です。

専門的知識や資格を持って活躍しているサラリーマンと結婚したいという女性は、日本橋で結婚相手探しをしてみるのもいいでしょう。

赤坂

赤坂と言えばTBS放送センターを思い浮かべる人も多いでしょう。

赤坂にはユニバーサルミュージック赤坂オフィスや毎日放送東京支社などもあります。

テレビ局が近いと言うことで、制作会社や広告会社などが多いのも特徴のひとつです。

テレビ局と言うと芸能人のイメージが強いですが、放送局の運営や番組制作には膨大なサラリーマンが関わっています。

メディア系や広告系企業で働くサラリーマンと結婚したい場合は、赤坂周辺でリサーチしてみるのもいいでしょう。

他にも赤坂にはホテルグランドフレッサ赤坂やホテルザ・ビー赤坂、ANAインターコンチネンタルホテル東京、ザ・キャピトルホテル東急などのホテルも多数あります。

紳士でスマートなイメージの強いホテルマンを狙ってみるのもおすすめです。

品川

新幹線や各種JR線、京浜急行などさまざまな路線が乗り入れている品川駅周辺には、アクセスの良さからさまざまな企業がオフィスを構えています。

日本マイクロソフトやNTTテクノクロス本社など情報通信系やIT系企業、ニコン本社やソニー本社などメーカー系企業が多いのが特徴です。

他にも富士通パーソナルズ本社やキヤノンマーケティングジャパン本社など大手企業のグループ会社なども多く存在します。

大手勤務のサラリーマンだけでなく、技術系のサラリーマンと結婚したいという女性にはぴったりなオフィス街です。

新宿

西新宿は都内有数のオフィス街のひとつです。

西新宿には超高層ビルが多数立ち並んでおり、そこには数々の企業がオフィスを構えています。

他のオフィス街より大規模なため、企業規模や業種などは多岐に渡ります。

設立して間もないベンチャー企業や中小企業もあれば、日本を牽引する大企業も多いのが特徴です。

特に東証一部上場企業だけで言えば圧倒的に西新宿エリアが最も多く、不動産業界で言えば野村不動産ホールディングスや飯田グループホールディングス、住友不動産、住友不動産販売、タカラレーベン、FJネクストなどがあります。

IT系で言えばKDDIやTIS、LINE、オービックビジネスコンサルタントなどがあります。

とにかくサラリーマンとの出会いを増やしたい!という方は、西新宿周辺で出会いを探してみるのがいいでしょう。

サラリーマンとの結婚は安定した幸せが待っている

ひと昔前はサラリーマンと言うと給料が安いうえに残業が多いというネガティブなイメージもありましたが、現在は働き方改革によって多くの企業が残業削減に取り組んでいます。

高収入とは言えませんが、毎月安定した収入を得られるのは長い結婚生活を共にするうえで非常に大切なポイントです。

近年では共働き世帯が増えているため、収入以外にも生活のリズムや休日休暇の日数などにも注目しなければなりません。

安定した生活を得ると言う意味では、サラリーマンはとても魅力的な働き方です。

自分に合った素敵なサラリーマン男性を見つけ、幸せな結婚生活を築きましょう。