哀愁漂う人の特徴19個!そんな背中がグッとくる男性ってなんでモテるの?について
哀愁漂っている男性に魅力を感じたことはありませんか?今回は、哀愁漂う男性の特徴や、女性がつい魅力を感じてしまう理由について紹介していきます。

「哀愁」という言葉の意味について知りたい女性や、哀愁漂う男性に片想いしている女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

哀愁とは

「哀愁」と書いて、あいしゅうと読みます。

物悲しい気持ちを表す言葉です。

要するに、ただただ悲しい気持ちとは違い、理由もないのになぜか悲しい気持ちになること。

そのため「哀愁漂う男性=なんとなく悲しい雰囲気がある男性」となります。

特にポジティブな意味が込められている言葉というわけではないのですが、いい意味であったり、褒め言葉として使われることが多いのが特徴です。

哀愁漂う人の特徴19個

「哀愁」という言葉の意味についてお話ししてきましたが、少しでも理解を深めていただけたでしょうか?それでは、ここからは「哀愁漂う人の特徴19個」について詳しく紹介していきます。

なぜだか魅力を感じてしまう哀愁漂う男性には、いったいどのような特徴があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

1:ミステリアスな雰囲気

何度か会話をしてもなにを考えているのか分からない、ミステリアスな雰囲気の男性っていますよね。

特に容姿が優れているわけでもないのに、ミステリアスな雰囲気が漂っているだけで魅力を感じてしまう女性も多いと思います。

ミステリアスな雰囲気の男性は、相手の女性に「もっと、あなたについて知りたい!」と思わせることができます。

そのため、女性側はそれらの好奇心を「好意」だと勘違いしてしまい、ミステリアスな雰囲気の男性をつい追いかけてしまうのでしょう。

2:実年齢より年上に見える

同年代にもかかわらず自分よりも大人っぽい考えで、知的な印象が強い男性は、実年齢よりも年上に見えることがあるでしょう。

女性は年齢や、経験を重ねるにつれて、年上の男性に魅力を感じる傾向にあります。

また、男性は年齢を重ねるごとに、自然と哀愁を漂わせることが多くなるのも特徴です。

それらの理由が混ざり合って、同年代にもかかわらず、実年齢よりも年上に見える男性に魅力を感じてしまうのかもしれません。

3:口数が少ない

口数が少ない男性
口数が少ない男性はなにを考えているのか分からないですし、協調性がないように感じますよね。

ですが「だからこそつい追いかけてしまう」ということがあるのではないでしょうか?基本的に男性は、女性よりも口数が少ない傾向があります。

とはいえ、あまりにも口数が少ない男性と遭遇すると「この人、全然しゃべらないけど大丈夫かな?」と思わず心配してしまうでしょう。

ですが、それと同時に「もっと話してみたい!」と、つい興味が湧いてくることもあると思います。

4:声が小さい

声が小さく、男性としての威厳をほとんど感じられない男性っていますよね。

「声が小さい=自分に自信がない」といったイメージがあるため、つい哀愁を感じてしまうことがあります。

ですが、常にガツガツと大きな声で威張っている男性よりも、自信なさげに小さな声で一生懸命話している男性に興味を持ってしまう女性は多いはずです。

少しでも興味を持ってしまえば、あとは「なんだか守ってあげたくなる」という気持ちが芽生える瞬間を待つのみ。

要するに、相手の男性に母性本能が湧いてしまうことで、そこから好意へと気持ちが変わっていくのです。

5:一人でいることが多い

特に仲間外れにされているわけでもないのに、一人でさっさと行動できる男性に哀愁を感じることがあるのではないでしょうか?ほとんどの女性が、大勢のグループで集団行動している男性よりも、一人でいることを好んでいる男性に魅力を感じる傾向があります。

というのも、女性は大勢のグループで集団行動するのを好むため、その真逆にいる一人でいることが多い男性に興味を抱いてしまうのです。

また、大勢のグループで集団行動していると見えない部分も、一人で行動しているとよく見えるため、ときどき哀愁漂う姿も見逃さずにいられるのでしょう。

6:あまり笑わない

あまり笑わない男性には「過去になにかあったのかな?」と思わず哀愁を感じてしまう女性が多いと思います。

たしかに、あまり笑わない男性はミステリアス、かつクールなイメージがありますよね。

そもそも、男性は女性に比べて喜怒哀楽を表現するのが苦手ですが、あまり笑っている姿を見たことがないと、なぜか気になってしまうはず。

そして「いつか笑っている姿を見てみたい」と気になる気持ちが、だんだん好意へと変わっていくのです。

7:寂し気な笑顔

にっこりと眩しい笑顔ではなく、どこか寂し気な含みのある笑顔の男性に、思わず魅力を感じてしまう女性も多いと思います。

女性は、相手のちょっとした表情の変化を見逃さない力が備わっています。

そのため、ふとした瞬間の寂し気な笑顔に、ついグッときてしまうこともあるでしょう。

普通であればにっこりと笑顔を見せるはずなのに、どこか寂し気な笑顔の裏に隠された相手の本性を暴いてみたいと、つい好奇心が膨らんでしまうのです。

8:伏し目がち

よく伏し目がちになる男性は、自分に自信が持てていないイメージがありますよね。

そのため、こちらから目を合わせようとしても、すぐに目を伏せてしまい、まったく目を合わせてくれない男性もいるでしょう。