哀愁漂う人の特徴19個!そんな背中がグッとくる男性ってなんでモテるの?について
哀愁漂っている男性に魅力を感じたことはありませんか?今回は、哀愁漂う男性の特徴や、女性がつい魅力を感じてしまう理由について紹介していきます。

「哀愁」という言葉の意味について知りたい女性や、哀愁漂う男性に片想いしている女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

哀愁とは

「哀愁」と書いて、あいしゅうと読みます。

物悲しい気持ちを表す言葉です。

要するに、ただただ悲しい気持ちとは違い、理由もないのになぜか悲しい気持ちになること。

そのため「哀愁漂う男性=なんとなく悲しい雰囲気がある男性」となります。

特にポジティブな意味が込められている言葉というわけではないのですが、いい意味であったり、褒め言葉として使われることが多いのが特徴です。

哀愁漂う人の特徴19個

「哀愁」という言葉の意味についてお話ししてきましたが、少しでも理解を深めていただけたでしょうか?それでは、ここからは「哀愁漂う人の特徴19個」について詳しく紹介していきます。

なぜだか魅力を感じてしまう哀愁漂う男性には、いったいどのような特徴があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

1:ミステリアスな雰囲気

何度か会話をしてもなにを考えているのか分からない、ミステリアスな雰囲気の男性っていますよね。

特に容姿が優れているわけでもないのに、ミステリアスな雰囲気が漂っているだけで魅力を感じてしまう女性も多いと思います。

ミステリアスな雰囲気の男性は、相手の女性に「もっと、あなたについて知りたい!」と思わせることができます。

そのため、女性側はそれらの好奇心を「好意」だと勘違いしてしまい、ミステリアスな雰囲気の男性をつい追いかけてしまうのでしょう。

2:実年齢より年上に見える

同年代にもかかわらず自分よりも大人っぽい考えで、知的な印象が強い男性は、実年齢よりも年上に見えることがあるでしょう。

女性は年齢や、経験を重ねるにつれて、年上の男性に魅力を感じる傾向にあります。

また、男性は年齢を重ねるごとに、自然と哀愁を漂わせることが多くなるのも特徴です。

それらの理由が混ざり合って、同年代にもかかわらず、実年齢よりも年上に見える男性に魅力を感じてしまうのかもしれません。

3:口数が少ない

口数が少ない男性
口数が少ない男性はなにを考えているのか分からないですし、協調性がないように感じますよね。

ですが「だからこそつい追いかけてしまう」ということがあるのではないでしょうか?基本的に男性は、女性よりも口数が少ない傾向があります。

とはいえ、あまりにも口数が少ない男性と遭遇すると「この人、全然しゃべらないけど大丈夫かな?」と思わず心配してしまうでしょう。

ですが、それと同時に「もっと話してみたい!」と、つい興味が湧いてくることもあると思います。

4:声が小さい

声が小さく、男性としての威厳をほとんど感じられない男性っていますよね。

「声が小さい=自分に自信がない」といったイメージがあるため、つい哀愁を感じてしまうことがあります。

ですが、常にガツガツと大きな声で威張っている男性よりも、自信なさげに小さな声で一生懸命話している男性に興味を持ってしまう女性は多いはずです。

少しでも興味を持ってしまえば、あとは「なんだか守ってあげたくなる」という気持ちが芽生える瞬間を待つのみ。

要するに、相手の男性に母性本能が湧いてしまうことで、そこから好意へと気持ちが変わっていくのです。

5:一人でいることが多い

特に仲間外れにされているわけでもないのに、一人でさっさと行動できる男性に哀愁を感じることがあるのではないでしょうか?ほとんどの女性が、大勢のグループで集団行動している男性よりも、一人でいることを好んでいる男性に魅力を感じる傾向があります。

というのも、女性は大勢のグループで集団行動するのを好むため、その真逆にいる一人でいることが多い男性に興味を抱いてしまうのです。

また、大勢のグループで集団行動していると見えない部分も、一人で行動しているとよく見えるため、ときどき哀愁漂う姿も見逃さずにいられるのでしょう。

6:あまり笑わない

あまり笑わない男性には「過去になにかあったのかな?」と思わず哀愁を感じてしまう女性が多いと思います。

たしかに、あまり笑わない男性はミステリアス、かつクールなイメージがありますよね。

そもそも、男性は女性に比べて喜怒哀楽を表現するのが苦手ですが、あまり笑っている姿を見たことがないと、なぜか気になってしまうはず。

そして「いつか笑っている姿を見てみたい」と気になる気持ちが、だんだん好意へと変わっていくのです。

7:寂し気な笑顔

にっこりと眩しい笑顔ではなく、どこか寂し気な含みのある笑顔の男性に、思わず魅力を感じてしまう女性も多いと思います。

女性は、相手のちょっとした表情の変化を見逃さない力が備わっています。

そのため、ふとした瞬間の寂し気な笑顔に、ついグッときてしまうこともあるでしょう。

普通であればにっこりと笑顔を見せるはずなのに、どこか寂し気な笑顔の裏に隠された相手の本性を暴いてみたいと、つい好奇心が膨らんでしまうのです。

8:伏し目がち

よく伏し目がちになる男性は、自分に自信が持てていないイメージがありますよね。

そのため、こちらから目を合わせようとしても、すぐに目を伏せてしまい、まったく目を合わせてくれない男性もいるでしょう。

ですが、逃げれば逃げるほど、相手に興味を持ってしまうもの。

そのため、つい「絶対に目を合わせてやる!」とムキになってしまい、気づけば相手の男性にどんどん歩み寄ってしまうのです。

9:冷めた目をしている

冷めた目をしている男性に、魅力を感じてしまう女性は多いはず。

というのも、冷めた目はどこか哀愁が漂っており、ミステリアスな雰囲気がありますよね。

なにをしてもあまり楽しそうではなく、どこか冷たいイメージを抱くこともあるでしょう。

ですが、もし冷めた目で見つめられようものならば、きっとほとんどの女性が心を奪われてしまうはずです。

それだけ、冷めた目の男性にはなぜだか分からない魅力が溢れ出ているということになります。

10:姿勢が悪い

姿勢が悪く、猫背で丸まった背中をしている男性は哀愁が漂っていますよね。

というのも、姿勢が悪い男性には「元気がない」とか「悲しそう」と思ってしまいます。

また「姿勢が悪い=自分に自信がない」という印象を抱くため、つい「後ろから抱きしめてあげたい」と感じる女性もいます。

男性らしく堂々としている姿に魅力を感じる女性もいれば、姿勢が悪くまるで頼りがいのなさそうな男性に惹かれてしまう女性もいるのです。

11:覇気がない

覇気がない男性
常に気だるく、覇気をまったく感じられない男性っていますよね。

ですが、そんな覇気がない男性に魅力を感じたことのある女性もいると思います。

たしかに、なにに対しても積極的でアクティブに行動ができる男性もすてきですが、気だるげながらも結局は行動している男性に対して、思わず「この人面白いな」と興味を抱いてしまうこともあるでしょう。

また、覇気がないからこそ、なにかを一生懸命やっている姿を見たときに、思わず「ギャップ萌え」をしてしまう女性は多いのです。

12:ゆっくりした動作

ゆっくりとした丁寧な動作で、余裕までも感じられる男性に、思わず魅力を感じてしまう女性は多いと思います。

というのも、なんとなく男性ってテキパキと行動するイメージがありますよね。

そのため、ゆっくりした動作の男性を見ると、つい「マイペースでいいな」と思ってしまうのです。

誰にも流されることなく、自分のペースを貫けるのは、まさに余裕がある証拠。

そんな、ゆっくりした動作で余裕を見せる男性に、心を奪われてしまうのは女性の本能なのかもしれませんね。

13:感情が読みにくい

口数が少なく、喜怒哀楽もあまりない男性の感情は非常に読みにくいですよね。

一般的に男性は感情を表現するのが苦手とされていますが、女性に比べて単純な男性は、勘の良い女性であればすぐにでも感情を読めてしまうはず。

ですが、哀愁漂う男性は、なかなか感情を読ませてくれません。

そのため「私、もっとこの人のことが知りたい!」と、ついムキになってしまい、そこから好意へとどんどん気持ちが進化していくのです。

14:プライベートを明かさない

自分のことは一切しゃべらず、誰かの話を聞いてばかりの男性って、もの凄くミステリアスな雰囲気がありますよね。

特に男性は、自分のプライベートを明かすことで威厳を保っている部分があります。

そのため、プライベートを明かさない男性はもの凄く希少で、思わず魅力を感じてしまうのです。

哀愁漂う男性は、いい意味でほかの男性と違う特徴で溢れています。

ですから「もっと知りたい!私だけが知りたい!」と女性は追いかけてしまうのでしょう。

15:人生経験豊か

人生経験が豊かな男性は大人っぽく、余裕を感じられます。

まさに、その余裕さに女性は魅力を感じてしまうのです。

また、人生経験が豊かだからといって、それを自慢気にアピールすることはなく、いわば背中で語っています。

そんな背中から哀愁を感じて、女性はつい興味を抱いてしまうのだとか。

たしかに、子どもっぽくて経験が浅い男性よりも、いろいろなことを経験して男性としての渋みがある男性の方が人気があって当然ですよね。

16:家庭環境が複雑

家庭環境が複雑な男性は、語らずとも哀愁を漂わせていることが多いです。

というのも、やはりなに不自由なく、豊かな家庭環境で育ってきた男性は明るい性格をしています。

ですが、家庭環境が複雑な男性は明るく取り繕うとも、どこか寂し気な表情が垣間見えるのです。

ですが、女性はそのちょっとした表情の変化も見逃さないため、つい「なぜだか惹かれてしまう」と興味を持ってしまうといえます。

17:知的な雰囲気

哀愁漂う男性はどことなく知的な雰囲気に包まれている印象があると思います。

とはいえ、あくまでも雰囲気でしかないため、本当に知的なのかどうかは話してみないと分かりません。

ですが、哀愁漂う男性に共通するのは、ローカルなものについての知識が豊富なことです。

みんなが知らないような知識を兼ね備えて、発言すれば思わず「なるほど!」と納得してしまうようなことがあります。

18:地味なファッション

地味なファッション
流行に左右されない、地味なファッションの男性からは、哀愁を感じることがあると思います。

やはり、ファッションは自分の個性を発揮するためのものなので、地味であればあるほど、大人しいイメージを抱きやすい傾向があります。

また、服装だけに留まらず、ヘアスタイルも地味な男性からは、非常に哀愁を感じてしまうかもしれません。

もしかすると、ただただファッションに興味がないだけかもしれませんが、地味なファッションの男性には、ほとんどの女性が哀愁を感じてしまうものなのです。

19:他人に興味がなさそう

哀愁漂う男性は、他人に興味がなさそうに見えます。

というのも、ミステリアスな雰囲気で交友関係が見えにくいですし、自分の世界に浸りきっている印象があるから。

そのため、他人に対して興味がなさそうな男性ほど、哀愁が漂いまくっているといえます。

それに、他人に興味がなさそうだからこそ、近寄りがたいと思われたり、話しかけにくいといったイメージを持たれてしまい、一人でいることが多いのかもしれません。

哀愁漂う男性がモテる理由

哀愁漂う男性がモテる理由
ここまで「哀愁漂う人の特徴19個」について紹介してきました。

ミステリアスな雰囲気や寂し気な笑顔など、やはりどこか普通の男性とは違った裏の部分が垣間見える男性ほど、哀愁が漂うものなのです。

それでは、ここからは「哀愁漂う男性がモテる理由」を解説していきます。

女性は、なぜ哀愁漂う男性に魅力を感じてしまうのでしょうか?

妙な色気がある

ミステリアスな雰囲気や、人生経験が豊かそうな哀愁漂う男性は、普通の男性からは感じられない妙な色気がありますよね。

というのも、やはり「この人についてもっと知りたい!」という気持ちが、好意へと変わることはよくあります。

そのため、ミステリアスな雰囲気で近寄りがたかったり、人生経験が豊かそうで冷静に一歩引いている姿を見ると、女性は一気に興味が湧いてしまうのです。

ガツガツしていない

口数が少なく、声が小さい男性からは哀愁が漂っており、ガツガツとした印象はあまりありませんよね。

もちろん、口数が少ないところからも協調性を感じません。

やはり、男性の大きな声や、威張っている姿が苦手な女性は非常に多いです。

そのため、ガツガツしていない、哀愁漂う男性は女性からモテます。

また、声が小さいということは「自分に自信がないのかな?」と女性は、その消極的な姿に思わず母性本能が湧いてしまうことがあるのでしょう。

一緒にいると落ち着く

ゆっくりとした動作が特徴的な哀愁漂う男性は、時間の流れを忘れさせてくれるため、一緒にいると落ち着きます。

やはり、忙しい女性にとって、一緒にいるだけで落ち着ける哀愁漂う男性は理想そのもの。

口数が少ないといった部分もありますが、だからこそ自分の話ばかりをするのではなく、相手の話をじっくりと聞いてくれるといった優しさがあります。

もちろん、たくさん話をしてくれる男性はユーモアが溢れていてすてきですが、ゆっくりと時間を忘れさせてくれるような哀愁漂う男性の方が、女性は惹かれてしまうものなのです。

守ってあげたくなる

覇気がなく、背中の丸まった姿を見ると、ほとんどの女性が「守ってあげたい」と思うものです。

たしかに、自信に満ち溢れた男性は威厳があってすてきですが、あまりにもプライドが高すぎると「私も彼と釣り合うように頑張らなくちゃ」と疲れてしまうこともあるでしょう。

ですが、哀愁漂う男性は、どことなく弱々しいといえます。

だからこそ、女性も無理をすることなく、自然体で一緒にいることができるため魅力を感じてしまうのです。

好奇心を刺激される

哀愁漂う男性は口数が少ないため、自分のプライベートも一切明かすことがありません。

そのため、女性は「この人のことが知りたい!」と、つい好奇心を刺激されてしまうのです。

不思議なことに、人は簡単に手に入らないものほど、追いかけてしまう習性があります。

要するに、自分の素顔を簡単には明かさない、哀愁漂う男性に魅力を感じてしまうのです。

それもこれも、好奇心が徐々に好意へと変わっていくからといえるでしょう。

ギャップ萌えする

感情が読みにくい、哀愁漂う男性だからこそ、ギャップを感じる場面はたくさんあります。

というのも、哀愁漂う姿は、あくまでもこちらから見た想像に過ぎません。

伏し目がちな仕草や、口数が少ないからといっても、仲良くなれば本当は明るい性格であることもあります。

そのため、哀愁漂う男性が思いっきり笑うと「笑った!」と勝手にギャップを感じてしまい、どんどん興味が湧いてしまうことがあるのです。

冷静で頼りがいがある

周りに流されない、マイペースな性格の哀愁漂う男性は、どんなことにも冷静なイメージを抱く女性が多いと思います。

また、人生経験が豊かそうなイメージもまた頼りになります。

やはり、男性は冷静で頼りがいがある方が、女性からモテる傾向があるため、それらのイメージが強い哀愁漂う男性に魅力を感じるのかもしれません。

それに、周りに流されずに、マイペースな性格を貫けるということは「自分の意思を持っている」ということにもなりますので、覇気がなくとも男性らしさを感じることがあるのでしょう。

哀愁漂う男性が敬遠される理由

哀愁漂う男性が敬遠される理由
ここまで「哀愁漂う男性がモテる理由」について解説してきました。

一般的に女性は男性に「守ってもらいたい」と思うものですが、哀愁漂う男性は女性に「守ってあげたい」と思わせることができます。

やはり、普通の男性にはない妙な色気が溢れ出ているからこそ、哀愁漂う男性は女性からモテるのですね。

それでは、ここからは「哀愁漂う男性が敬遠される理由」について解説していきます。

女性からモテるとはいえ、普通ではない哀愁漂う男性は、敬遠されることも多いようです。

近寄りがたい

哀愁漂う男性って暗い印象があるため、なんとなく近寄りがたいですよね。

もちろん、ミステリアスな雰囲気に興味が湧いたとしても「無視をされたどうしよう」と近寄れない女性は多いと思います。

それに、いつも一人でいるイメージが強いと「やっぱり変わった人なのかも」と、つい距離を置きたくなってしまうはず。

そのため、哀愁漂う男性は興味を持ってもらえたとしても、ほとんどの場合敬遠されてしまう方が多いのです。

コミュニケーションが取りにくい

口数が少なく、自分については一切しゃべってくれない男性とは、コミュニケーションが取りにくいですよね。

たとえこちらから歩み寄ったとしても、向こうからはなにもしゃべってくれなければ、一向に距離は縮まりません。

それに、やはり人との交流で1番大切なものはコミュニケーションですから、口数が少ない哀愁漂う男性は敬遠されてしまっても仕方がないといえるでしょう。

喜怒哀楽が分かりくい

コミュニケーションを取っている際にも、喜怒哀楽が1つも分からない男性には、恐怖すら覚える女性も少なくありません。

やはり、なにを考えているのか分からない相手とは、コミュニケーションを取っていてもまったくもって楽しくないはず。

面白いときには笑って、嬉しいときには喜んでくれなければ、とても人とコミュニケーションをとっているように思えないでしょう。

場が盛り上がらない

哀愁漂う男性は、やはりどうしても暗い印象があるため「あいつがいたら場が盛り上がらないから」と敬遠されてしまいがちです。

というのも、日頃から口数が少なく、喜怒哀楽も分からない哀愁漂う男性は、いるだけで空気が重たく感じます。

もし、実際の性格は知らずに、哀愁漂う姿がイメージだけであったとしても、イメージが与えるものは重要ですから、勝手に敬遠されてしまうこともあるのです。

ですから、明るい性格で、よくしゃべる人からすると、余計に敬遠されてしまうことがあるかもしれません。

気を遣う

感情が読み取れない哀愁漂う男性には、思わず気を遣ってしまう人は多いはずです。

喜怒哀楽が分かりやすい人であれば、口でわざわざ言わなくても、なにを考えているのか分かるため、コミュニケーションを取るのも難しいものではありません。

ですが、感情を読み取れず、なにを考えているのかまったく分からない哀愁漂う男性は「今、なにを考えているのか?」と、なにをするにも気を遣ってしまいます。

「どう話しかければいいのか?」とか「これは聞いても大丈夫なのか?」と、相手にたくさん気を遣わせているうちに、一人になってしまうこともあるのでしょう。

気取っている雰囲気

哀愁漂う男性は、非常にマイペースといえます。

そのため、周りから見ると「自分の世界に浸っている、自惚れたやつ」とマイナスなイメージを抱かれてしまうことが多いでしょう。

やはり、周りに合わせられない姿からは、気取っている雰囲気を感じてしまうのは仕方ありません。

ですから、気に入らない相手からは、とことん敬遠されてしまうことがあるでしょう。

特にプライドの高い男性や、サバサバとした性格の女性からは「可愛げがない」と思われてしまい、敬遠される可能性が非常に高いといえます。

哀愁を感じる瞬間

ここまで「哀愁漂う男性が敬遠される理由」について解説してきました。

ミステリアスな雰囲気と、大人っぽく見える姿で女性からモテる傾向がある哀愁漂う男性ですが、やはり周りに馴染めない、気取ったようにも見える姿に好感を抱かない人も多いようです。

ですから、本人はまったく気にせずにやっていることが、相手からすると「自惚れている」と勘違いされてしまうこともあるということ。

それでは、ここからは「哀愁を感じる瞬間」を紹介していきます。

世の中の女性は、男性のどのような姿を見たときに、哀愁を感じるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

寂しそうな背中を見た時

なんとなく寂しそうな背中を見ると、つい哀愁を感じてしまうことがあると思います。

特に理由はなくても寂しそうにしている背中には、思わず母性本能が芽生えて優しくしてあげたくなる女性は多いはずです。

また、猫背で丸まった、姿勢の悪い背中を見たときも、同じように母性本能が芽生える女性は少なくありません。

一人でポツンとしている時

男性が一人でポツンとしている姿に、哀愁を感じる女性は多いと思います。

たとえば、お昼ご飯を一人でポツンと食べている姿や、外の風景を一人でポツンと眺めている姿など。

哀愁漂う男性からすると、好んで一人でいるのかもしれませんが、女性から見ればそれが寂し気に映ることもあるのです。

集団の中にいる時

集団の中にいるにも限らず、一人だけ寂し気な雰囲気を漂わせている男性には、哀愁を感じてしまうことがあるでしょう。

人は集団の中にいるとき、思わずサボりたくなってしまいます。

そのため、小人数で行動しているときよりも、素の部分を出してしまいがちなのです。

ですから、集団の中にいるときに、一人だけ笑っていなかったり、どこが寂し気だったりする場面が垣間見えるときがあるのです。

普段とのギャップを感じた時

普段はニコニコ笑っている男性が、いきなり寂し気な表情を見せたときは、思わずギャップを感じると思います。

もちろん、普段から大人しいイメージの男性であれば違和感を抱くことはないのですが、普段とは違うからこそのギャップに哀愁を感じざるを得なくなってしまうのです。

緊張が解けた時

緊張しているあいだは非常に気が張り詰めた状態ですから、素を出せる人ってほとんどいません。

ですが、緊張が解けた瞬間はどうでしょうか?きっと、今まで気が張り詰めていた分、どこであろうともつい素の部分が出てしまうはず。

そのため、緊張が解けた瞬間はホッとして表情が緩むこともあれば、疲れがドッと来て暗い表情になる人もいるでしょう。

その、後者側の男性を見たとき、思わず哀愁を感じてしまうことがあるといえます。

哀愁漂う男性と距離を縮める方法

ここまで「哀愁を感じる瞬間」について紹介してきました。

集団の中にいるときや緊張が解けたときなど、思わず哀愁を感じる瞬間って日常の中にあると思います。

それでは、ここからは「哀愁漂う男性と距離を縮める方法」について紹介していきます。

普通の男性と違って、距離を縮めるのが少し難しい気がする哀愁漂う男性とは、いったいどうやって距離を縮めていけばいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

積極的に話しかける

哀愁漂う男性は口数が少なく、ガツガツもしていないため、女性の方から積極的に話しかける必要があります。

普通の男性であれば、女性の方から話しかけられると「思わず意識してしまう」といった場合が多いのですが、哀愁漂う男性はすぐにはそう思ってくれないかもしれません。

話しかけるにあたって、感情が読みにくく、一向に興味を持ってくれないようにも感じるかもしれませんが、すぐには諦めないことが肝心です。

哀愁漂う男性はなかなか心を開いてくれないかもしれませんが、諦めずに積極的に話しかけ続ければ、いつかいろいろなことを話してくれるようになるかもしれません。

相手のペースに合わせる

哀愁漂う男性は、非常にマイペースな性格をしているため、誰かに合わせるということが苦手です。

ですから、そんな哀愁漂う男性と距離を縮めるためには、相手のペースに合わせてあげることが重要といえるでしょう。

ゆっくりと行動している姿を見ても「早く早く!」と急かしてしまうのでなく、心を広く持ち気長に待ってあげるのです。

哀愁漂う男性が「自分に合わせてくれている」と気づいてくれれば、少しでもあなたに心を開いてくれるでしょう。

きちんと褒める

哀愁漂う男性には、やみくもに褒めるのではなく「○○くんのこういうところがすてきだと思う」といったふうに、きちんと理由を提示して褒めることが大切です。

普通の男性に比べて、どこか気難しいタイプの哀愁漂う男性は疑り深い部分があるといえます。

そのため、ただただ褒め言葉を並べるだけでは「なにが目的?」と考え、余計に距離を置かれてしまう可能性があるでしょう。

ですから、理由を明確にした上できちんと褒めてあげることが大切なのです。

哀愁漂う人は独特の魅力がある

哀愁漂う男性の特徴や、女性からモテる理由について紹介してきました。

普通の男性とは違うからこそ思わず魅力を感じることもありますが、その一方で敬遠されているのも事実です。

ですが、哀愁漂う男性も一人の男性であることには間違いありません。

そのため、今回紹介した内容を参考にして、少しずつ哀愁漂う男性に歩み寄っていきましょう。

最初はなかなか距離が縮まらずに落ち込む場面もあるかもしれませんが、積極的に歩み寄り続けることで、いつか心を開いてくれる日が来るはずです。