京美人の特徴15個!そんな女性の見習うべき6個のポイントとは?モテるための第一歩を学ぼうについて
皆さんは京美人という言葉をご存知ですか?またどんな印象を持たれていますか?

京美人には見習いたい様な素晴らしい特徴が沢山あり、それはモテに直結すると言っても過言ではないかもしれません。

今日はそんな男性の理想を詰め込んだ様な京美人の特徴と見習うべきポイントについてご紹介していきたいと思います。

京美人とは?

京美人とは京都市とその近郊に住む美人を指す言葉ですが、明確な定義がなく美人を含めて主観的な部分が大きい言葉でもあります。

それでも京都には美人が多いと昔から言われるのは、それなりの理由があると考える人も多いのではないでしょうか。

一説には京の町家は間取りから全体的にあまり日当たりが良くないと言われていますが、これが京美人の色白に繋がっているのではと考える諸説もあるようです。

他にも京都の夏では鱧が有名ですが、鱧には乾燥肌を防ぎアンチエイジング効果のある美容成分が多く含まれています。

おばんざいなどの野菜も含めそうした食生活が美肌に導いている可能性を上げる一説や、京都が名水の都であり清らかな水に満ちているからだと考える一説などもあります。

今回はそんな日本の三大美人であり秋田美人、博多美人と並ぶ京美人にスポットライトを当てて解説していきたいともいます。

京美人の特徴15個

皆さんが想像する京美人の特徴にはどんなものがありますか。

京都は古くから日本の都でしたから、沢山の人の出入りがあった事から美人が多かったとも考えられるようですが、ここでいう美人とは何も顔の造形だけではなく、京美人の奥ゆかしさや立ち振る舞いも含まれているのではないでしょうか。

現在日本の首都は東京ですから東京にもその人口や土地柄、美人は多く存在すると想像できます。

しかし東京で遭遇する美人に「はんなり」という印象を抱くことはそう多くないかもしれません。

それは京都の女性の立ち振る舞いなのか、それとも京都という土地柄がそういった女性を育てたのかは「卵が先か、鶏が先か」という話なので少し置いておく事にしましょう。

次はそんな京美人の特徴15個をご紹介してきます。

優しい

京美人と言えばやはり大和撫子を想像する人も多いのではないでしょうか。

優しく上品で綺麗な女性、そうは言っても「優しい」幅広く使われる言葉ですから優しさの定義ってなんだと思いますか。

「人を憂う」と書いて優しいと書きますので、人が憂う気持ちに寄り添う事ができる人、人の心を思い遣る事の出来る人の事を優しいと表現する事が多いのではないでしょうか。

恋愛において「優しいだけではつまらない」と考える人も居ますが、「だけでは」が重要なのであって優しいという事柄自体を否定的に捉えている訳ではありません。

優しさは行動や言動のみに留まらず、時が経つにつれてその人の人相にも影響を及ぼすという考えもあります。

何となく「優しそうな人だな」「怖そうな人だな」「明るそうな人だな」と誰かに感じた事はありませんか。

これはその人がしている表情によって顔の表情筋でよく使っている筋肉と使われない筋肉が異なるからだと言われています。

女性に限らず、優しい人や優しい心遣いに美しさを感じるのは複雑な感情や情動を持つ人故特に感じやすいのかもしれませんね。

気配り上手

職場で評価が高い人の中に気配りが上手な人はいませんか。

実績に基づいて評価される事も多いかもしれませんが、人からの印象で「あの人はいい人だな」「仕事を一緒にしやすいな」と周囲に思わせる事ができる人は、気配りが上手である可能性が高いです。

人は相手、特に親しい友人や家族で無いビジネスシーンや他人に自分の思っている事をすべて話したりはしません。

人によって程度の差はあると思いますが、飲食店や店舗を訪れた時「こうしてもらったら嬉しいな」「こうして欲しい」という要望を持っていたとしても「ここまで求めるのは図々しいかな」「相手も忙しそうだから今それを言ったら大変かな」など状況に合わせて要望を飲み込む事はよくあると思います。

そんな時相手が、口にしていない自分の要望を察して提案してくれたら些細なことでも非常に嬉しく感じたり、また来たいと感じませんか。

この例はお客と店員という立場の違いがありますが、察するという事は恋人や友人同士においても大切な気遣いです。

そして何より重要なのは、それが強制されずに自然にできる人間性であるという事です。

仕事であれば、察する事ができない=売り上げや評価に繋がりますが、プライベートの人間関係では察せなくてもはっきりとしたマイナス評価を告げられたりしません。

しかしどんな人でも気配りができる人とできない人を心の中で同一に感じているとは考えにくいです。

どれだけ気遣いが出来るか、またそれを本人がどれだけ負担に感じるかという能力とキャパも人それぞれ違ってきます。

自然に負担なくできる気配り上手は正に京美人の特徴かもしれませんね。

礼儀正しい

礼儀や作法は一朝一夕で身につくものではありません。

礼儀正しい人は幼い頃からそれを教えられたり、時には厳しいと感じる躾を体験している可能性もあります。

そんな本人にとっては苦労と感じる事も大人になれば、非常に有難い教えだったと感謝する事も増えるかもしれません。

どんなに可愛らしくても、愛嬌があって優しくても礼儀を知らない、作法が分らない事で一定の不利益を被ってしまう事は様々な場面で起こり得ます。

時にはその地方や会社独自の礼儀、作法なども存在しますので、すべてを網羅する事は難しくても日本は常識を重んじる国です。

多くの人が知っている、学んできているはずの礼儀や作法を知らない、できないという事で困る事は容易に想像がつくと思います。

そんな中で、礼儀正しい女性が高い評価を得、それが美人とされることもある意味では必然かもしれません。

聞き上手

聞き上手な女性
男女に限らず対人とコミュニケーションをとる上で相手の話を聞くことは非常に重要です。

仕事などでは自分の意見を発信する事も大切ですが、誰かとの会話の中でどちらか一方が喋っているだけ、聞いているだけよりも心地よく話を聞いてくれる、話やすい雰囲気を作ってくれる人に強い魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。