マナー違反者への上手な注意の仕方7選!正義感をもって毎日を気持ちよく過ごそうについて
マナー違反者を見ると、注意しようか迷って通り過ぎてしまうことはありませんか?

正義感をもって注意したいものの、自分がトラブルに巻き込まれることを想像すると億劫になってしまいます。

今回はマナー違反者へ上手に注意することで、お互いが気持ちよく過ごせる方法について書いています。

マナー違反の様々なケースも紹介しています。

うまくいかないこともあるかもしれませんが、1人が行動することで全体が変わっていきます。

勇気の一歩を踏み出してもらえたらうれしいです。

街で見かけるマナー違反の例

私たちが一番目につくのは、街で見かけるマナー違反です。

街では幅広い世代の人たちが行き来していて、いろんな人がいます。

中には良識に欠ける人もいて、マナー違反に該当する行動をします。

普段は常識のある人でも、イライラしたりストレスを抱えていたりすると、勢いでマナー違反に該当する行動をするかもしれません。

自分には関係のないことで素通りしてしまうと、同じことが繰り返されます。

マナー違反の例を頭の片隅に押さえておき、トラブルにならないように注意する方法も理解しておくと声を掛けやすくなります。

街で見かけるマナー違反の例を紹介します。

まずは自らが行動を起こし、変えていく人となれるようにスタートラインに立ってください。

歩きタバコ

歩きタバコは立派なマナー違反です。

自分はきちんと見ているから問題ないと考えていても、いつどこでタバコが原因で誰かに危害を加えるか分かりません。

特に乳幼児は大人の手元辺りに顔がくるのでとても危険です。

受動喫煙のリスクも含めて、決められた場所で喫煙したほうがいいです。

タバコを吸う人にとってタバコはリラックスそのものであり、吸うことでイライラする気持ちを消化させているのかもしれません。

しかし、吸わない人への配慮が大事です。

歩きタバコをしている人を見かけたら、あまり周囲に近づかないようにしてください。

そして、お互い立ち止まって話せるくらいの時間の余裕があれば、タバコを吸わないで欲しいと声を掛けてあげてください。

小さいお子さんがいる女性は、歩きタバコの人を見ると特にヒヤヒヤすると思います。

できるだけ近寄らず、お子さんから目を離さないようにしてください。

歩きタバコが少しでも減るよう、一人一人が意識して声を掛けていく必要があります。

歩きスマホ

歩きスマホ
街での歩きスマホは見ていてヒヤヒヤしますし、マナー違反に該当します。

歩きスマホの状態だと、スマホ画面にのみ目線が集中してしまいます。

そして周囲を見れなくなってしまい、通行人とぶつかったり、自分自身が怪我をしたりします。

日々時間に追われている私たちにとって時間はとても貴重です。

歩いている間にスマホをチェックして、やり取りしたいと考えます。

しかし、そうすることで大きな損失を負う可能性だってあります。

歩きスマホをしている人を見かけたら、人が少なければ「スマホを触ったまま歩くと危ないですよ。」と声を掛けてあげてください。

人混みですれ違いざまに声を掛けることがむずかしい場合は、歩きスマホの人に衝突しないように自分自身が配慮するようにしてください。

ついつい見てしまうスマホ、自分自身もマナー違反をしていないか立ち止まって考えるようにしてください。

友達とのやり取り、アプリ、電話、ついつい触りたくなってしまいます。

スマホをいじるときは、立ち止まるように自分から心を入れ替えることが大事です。

ゴミのポイ捨て

ゴミのポイ捨ては、一人一人が心がけないとあっという間に街は汚れてしまいます。

ゴミのポイ捨てはマナー違反です。

少しぐらいいいだろう。誰も見ていないから、路肩に捨ててしまおう。

こういった一人一人の緩んだ気持ちが積み重なって、あっという間に道や川を汚してしまいます。

ゴミのポイ捨てをする現場を見かけることは滅多にないかもしれませんが、自分自身が心がけて、出たゴミは持ち帰るようにしましょう。

屋外でのアウトドア、ピクニック、お花見、キャンプなどは特にたくさんのゴミが出ます。

あらかじめゴミ袋を持参して、自分たちで持ち帰る心がけが大事です。

1本のペットボトル、空き瓶や空き缶、コンビニのレジ袋といった少量のゴミだって同じです。

少しくらい大丈夫と気軽に捨ててしまわずに、持ち帰るようにしてください。

誰かが見ていないからいいだろうと思わずに、みんなが使う場所を綺麗にキープする心がけを一人一人が持つ必要があります。

行列の割り込み

行列の割り込みをすると、後に並んでいる人たちはとても嫌な気持ちになります。

立派なマナー違反ですし、どんなに急いでいても最後尾に並ばないといけません。

行列に並んでいる人たちは全員時間を割いて並んでいます。

それなのに1人でも割り込むと、嫌な気持ちになります。

たった1人くらい割り込んでもさほどに変わらないだろうという問題ではありません。

人気のあるレストランの行列、新作の商品を得るための行列、昨今だとマスク購入のためにドラッグストアにできる行列、すべて朝早く起きたり、早めに出かけたりしてできるだけ目的を達成するためにみんな必死です。

自分の目の前で行列の割り込みをする人がいたら、まず周囲に知り合いらしき人がいないか観察してみてください。

誰かに頼んでいた感じでなければ、後ろに並んでくださいと声を掛けたほうがいいです。

行列の割り込みに注意すると、そのあと口論になってトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

判断はむずかしいですが、まずは自分自身が行列の割り込みをしないようにしましょう。

電車内で大声で会話

電車内で大声で会話することは他の人の迷惑になり、ルール違反です。

電車内にはこれから職場や学校へ向かう人、静かに本を読む人、疲れて寝ている人、友達や家族や恋人と談笑している人、色々な人が乗車します。

中には体調不良の中、無理をして電車に乗車している人もいるかもしれません。

大声で周りの人のことを考えずに会話すると、多くの人が電車内で落ち着いて過ごせなくなります。

そればかりか、無意識のうちに自分の個人情報やプライベートな話をたくさんの人に打ち明けている可能性だってあります。

大声で話していると周りが見えなくなってしまいます。

電車内では落ち着き、小声で話すように心がけてください。

電車内で大声で会話する人を見かけたら、声の大きさを下げて欲しいとお願いしましょう。

声を掛けづらいときは、自分から車両を離れたり、毎日乗車する電車の時間帯を変えたりしてマナー違反をする人と出くわさないようにする方法もあります。

自分自身も電車内で大声で話すことのないよう、普段から心がけが大事です。

映画館でのスマホ使用

映画館でのスマホ使用
映画館でスマホ使用すると、周囲の人の迷惑になりルール違反です。

スマホ使用することで周囲が明るくなり、映画が見づらくなります。

それだけではなく、万が一スマホが鳴ったときには居づらくなります。

映画館でのスマホでの録画は禁止されていますし、自分の身を守るためにも映画館にいる間はスマホの電源を切っておいたほうがいいです。

映画館でスマホ使用している人を見かけたら、「電源オフしたほうがいいですよ。」と一言声をかけてあげてください。

気まずい雰囲気になると映画そのものの楽しみが半減するので、様子を見ながらでいいと思います。

空席が目立つようであれば、スマホ使用している人から離れた席に座りなおしてもいいでしょう。

スマホを触っているとつい気が緩んでしまいますが、自分で気持ちを引き締めるようにしてください。

映画を楽しむ時間、スマホで新しい情報を探し出す必要はありません。

映画のみに集中して、映画館にいる人達全員が気持ちよく過ごせるようにしましょう。

飲食店で走り回る子供

飲食店で走り回る子供たちは食事の邪魔になり、ルール違反です。

たとえ飲食店が子供OKのファミレスやレストランであったとしても、ドタバタと走り回る子供がいると落ち着いて食事することができません。

小さい子供なのだから多めに見て欲しいと考えず、子供が飽きないおもちゃを持参したり、やむを得ないときは動画タブレットを用意したりしておくと便利です。

家族で食事に行くときは子供向けのメニューがあって、キッズスペースがある場所を選ぶとさほどに気にならなくなるかもしれません。

飲食店で走り回る子供たちを見かけたら、怪我をする前に一言座るように声を掛けてあげてください。

むずかしいときはスタッフにお願いしてもいいと思います。

子供だから許してもらって当然という考え方ではなく、できるだけ周囲の人たちにも配慮できるようにしてください。

小さい子供がいる間は外食しづらく、外食してもゆっくりと食べることがむずかしいです。

かといって自炊が続くと母親の負担は大きいため、上手に出前やお惣菜の力も借りるようにしてください。

マナー違反者への上手な注意の仕方7選

マナー違反者への上手な注意の仕方
マナー違反者へは注意の仕方でトラブルを避けることができますので、上手に注意しましょう。

マナー違反者を見るとついついカッとなってそのまま声を掛けてしまいがちですが、そうではなく落ち着いた対応ができるようにしましょう。

マナー違反者である本人はやむを得ない理由があって、マナー違反をしている場合もあります。

よくないことに変わりはありませんが、相手を理解する姿勢は大事です。

何事も感情に任せて行動すると自分が損をしてしまいます。

目先の物事にとらわれず、長い目で見てどうしたらいいか考えながら行動してください。

マナー違反者への上手な注意の仕方を紹介します。

よくないと感じたとき、参考にしてみてください。

1:一旦冷静になる

マナー違反者に出くわしたときは、一旦落ち着いて冷静になってください。

イライラした気持ちのまま感情に任せて注意すると、マナー違反者との間で口論になってしまう可能性があります。

そうなるとトラブルに巻き込まれるだけではなく、自分自身の評価も下げることになりかねません。

マナー違反を止めてもらい、現状を変えるには何がベストなのかを考えてください。

マナー違反されてカッとなったとしても、深呼吸してゆっくりと落ち着いて話すようにしましょう。

勢いに任せて話すと、支離滅裂になってしまいます。

マナー違反者の中には力では敵わない男性もいます。

怪我をしてはいけないので、周囲に人がいるかどうかも確認しながらのほうがいいです。

マナー違反者に注意した後、自分自身を守ることができるのかじっくりと見極めてください。

そしてむずかしいときは、他の人の力も借りましょう。

2:視線を向ける

マナー違反している人を見かけたら、じっと視線を向けるようにしてください。

マナー違反している本人は多少なりとも良心の呵責に苦しみながらマナー違反をしています。

周囲の人たちからの視線を感じることで、マナー違反を止めてくれるかもしれません。

声を掛けるのがむずかしいときは、視線を向けるのが一番です。

あまりにもじっと見つめると視線が合ってしまうので、遠巻きから見つめる程度にしておいてください。

マナー違反者が男性の場合、女性からすれば声を掛けるのはとても勇気がいります。

それならちらりと視線を向ける程度にとどめておき、静かなサインを送りましょう。

3:スタッフに依頼する

マナー違反者に声をかけづらいときは、その場にいるスタッフに依頼してください。

マナー違反者の中にはすぐに声を荒げたり、手を出したりするような人もいます。

トラブルに巻き込まれないようにするために、スタッフに依頼するのが無難です。

レストランで騒ぐ人たちがいたら、その場にいるスタッフにお願いしましょう。

現場の責任者に当たる人がきちんと対応してくれます。

公共の場でマナー違反者を見かけたら、駅なら鉄道勤務のスタッフ、道沿いの場合はお巡りさんに相談といった形での対応となります。

スタッフ自身が落ち着いて対応し、自分で手に負えないときは責任ある人に依頼してくれます。

第三者が入ることで、トラブルを避けることができます。

特に女性はスタッフに依頼したほうが無難です。

4:丁寧な口調で指摘する

マナー違反者を見かけたら、あくまでも丁寧な口調で指摘するようにしてください。

マナー違反者に大声で乱暴な声で注意しても、相手と同じ土俵に立つことになります。

丁寧な口調で指摘することで、落ち着いて上から対応することができます。

マナー違反者である本人も丁寧にお願いされることで、自分がしている事の重大さに気付いて謝罪してくれる可能性もあります。

ケンカ腰にならず、あくまでも落ち着いて対応することはとても大事です。

5:相手に恥をかかせないよう配慮する

誰かに注意するとき、相手に恥をかかせないように気遣いが大事です。

マナー違反者に注意してトラブルになってしまう原因の大半が、「第三者に注意されたことで多くの人から注目されたことへの怒り」です。

よくないことをしていると分かっていても、公開処刑されたことへの怒りがおさまらないのです。

どんなによくないマナー違反をしていても、一人の人格のある人です。

他の人に分からないようにそっと声を掛けたり、筆談やスマホ画面で伝えたり、やり方はいくらでもあります。

声を掛ける前に、「急に声を掛けてごめんなさい。」という一言の声がけがあると、相手も気を落ち着かせて聞けるはずです。

マナー違反者は注目を浴びて当然という意見もありますが、トラブルを避けるためにも相手が周囲の人たちから注目されないように配慮することはとても大事です。

6:複数人で対応する

誰かにマナー違反を指摘するときは、複数人で対応するとトラブルを避けられます。

一対一でやり取りをすると、口論になったときに守れる人がいなくなります。

万が一手が出てしまうと、どちらかが怪我をしてしまう可能性だってあります。

複数人で対応することで、相手も反論できないようにパワーを静めることができます。

複数人で対応するとき、できれば男性や目上の人が一人いると心強いです。

一人対複数人だと不公平では?と思われるかもしれませんが、マナー違反を注意するのはとても勇気がいります。

複数人で対応するくらいがちょうどいいと言えます。

7:すぐにその場を去る

マナー違反を注意したら、その場にとどまらずにすぐにその場を去りましょう。

注意された相手はしばらくの間驚いて何も言わないかもしれませんが、落ち着いてくると反論したり、感情的になったりする可能性があります。

逃げるわけではありませんが、トラブルから自分を守るためにはすぐにその場を去ることが大事です。

注意する相手は、もともと顔見知りでない人がほとんどです。

すっとその場を離れることで、口論にならずに済みます。

言い合いになると多くの人から注目されてしまい、自分もマナー違反をしていたと誤解を招いてしまうリスクもあります。

今はSNSが普及してどこからトラブルが発生するか未知数です。

自分を守るためにも、すぐにその場を離れるようにしてください。

マナー違反者への直接注意はリスクも伴う

マナー違反者へ自分から声を掛けて注意することは、時にリスクも伴います。

マナー違反をしている人はモラルに欠けることが多く、自己中心的な考えである人が多いです。

注意されることで感情的になり、手を出してくる人もいます。

注意された相手は逆恨みして、つきまとい行為をする可能性だってあります。

誰かにマナー違反を注意するときは、落ち着いて考えてから行動したほうが無難です。

自分を守ることを一番に考え、そのうえで注意するようにしてください。

逆ギレされる

逆ギレ
マナー違反を直接注意されることで、逆ギレする人もいます。

マナー違反を注意されると、多くの人から注目をあびる可能性があります。

怒りの矛先を向ける相手がいないので、注意してきた人に逆ギレすることになります。

マナー違反をしているという自覚のない人もいますので、自分の言動を否定されたことに怒りを感じるパターンもあります。

逆ギレされると女性だけでは太刀打ちできないため、相手が男性の場合は直接注意しないほうがいいです。

複数人での対応、代わりの人に依頼するといったやり方が無難です。

その場の秩序を守ることが大事ですが、自分自身を守ることを一番に考えてください。

にらまれる

マナー違反を指摘すると、相手からにらまれるパターンもあります。

マナー違反だと分かっていても分かっていなくても、誰かに声を掛けられて否定されることは気持ちのいいものではありません。

抑えきれなかった感情が溢れ出て、にらんでしまうのだと思います。

相手からにらまれた時、何も反応せずにそのままその場を去るのが一番いいです。

にらまれたのが嫌だったからにらみかえした、にらまれたから再度注意したといった形で反応すると、余計に相手を刺激してしまいます。

相手がどのような人か分からない以上、必要最低限のやり取りにとどめておくのが無難です。

暴言を吐かれる

注意したり否定したりすると、暴言を吐かれてしまうかもしれません。

マナー違反をしているときは、普段よりも心がすさんでいたり、急いでいたり、何らかの事情があるはずです。

普段はできていても、メンタルが荒れているとマナー違反をしてしまいがちです。

たとえ暴言を吐かれても、何も反応せずにその場を去ることが一番無難な対応です。

女性対女性であったとしても、暴言に対して暴言をかぶせたり、手を出したりすると自分が不利な立場になってしまいます。

トラブルを避け、自分の立場を不安定にさせないためにも一時の感情で突っ走らないようにしてください。

暴力を振るわれる

誰かにマナー違反を注意すると、その場で暴力を振るわれることもあります。

マナー違反を指摘されたことに苛立ち、感情をそのまま暴力で表現してしまう人もいます。

特に女性は弱く見られるので、気を付けたほうがいいです。

暴力を振るわれそうになったらその場から離れ、誰かに助けを求めてください。

もし暴力を振るわれて怪我をしてしまったら、警察に被害届を出したり、病院で治療を受けたり、大事になる可能性だってあります。

マナー違反がよくないと分かっていても、自分よりも力のある人や威圧的な態度の人には何も言わないようにしたほうがいいです。

女性は怪我をしないよう、相手の様子を見ながら注意するようにしてください。

無視される

たとえマナー違反を指摘したところで、それを聞かずに無視されることもあります。

自分はマナー違反をしているという自覚がない、プライドを傷つけられたことへの苛立ちで相手への配慮ができないといった様々な理由が考えられます。

無視されたときは、それ以上深入りしないほうがいいです。

相手が感情的になって口論になったり、怪我をしたりするかもしれません。

特に女性は自分を守るためにも、線引きしておいたほうがいいです。

マナー違反をした人が家族や友達、恋人といった特別な相手でない限り、何もしないのが一番です。

親が逆ギレすることも

子供のマナー違反を指摘すると、親が逆ギレすることもあります。

自分の子供は可愛いから何をしていても許されるという考えの親もいて、第三者が子供のことを注意すると謝るどころか逆ギレしてしまいます。

逆ギレしてきた親はとてもイライラしているはずです。

落ち着いて会話することはむずかしいので、深入りしないほうがいいです。

余計なことを言ったことをお詫びし、その場をすぐに離れるようにしましょう。

外出先では子供が騒ぐのをセーブしきれないかもしれません。

場所を変えたり、気を紛らわせたりすることで周囲への配慮が必要です。

マナー違反者が逆ギレする理由

マナー違反を注意されたことを受け入れず、逆ギレしてしまうのには理由があります。

逆ギレすることで自分を守り、相手を受け入れないようにしています。

注意されたことを受け入れると、マナー違反をしていたことを認めることになってしまうからです。

どんなに常識のある人でも、追い込まれるとマナー違反をしてしまうかもしれません。

頭から否定せず、まずは相手を受け入れることが大事です。

マナー違反を注意するとき、言葉や態度には気を付けるようにしてください。

上から目線で言うよりも、丁寧な言い方をすることで逆ギレを予防できると思います。

注意を「攻撃された」と感じる

誰かに「マナー違反をしている」と指摘されると、攻撃されたと感じてしまうのかもしれません。

逆ギレすることで自分を守り、相手を否定しようとしています。

言われた人からすれば、初対面の人や何の事情も知らない人に注意されるのは気分のいいものではありません。

攻撃することで、自分のテリトリーに相手を入れないようにしています。

マナー違反を指摘しても聞いて貰えず、逆ギレの対応をされたときは同じように感情的にならないようにしてください。

落ち着いて対応し、会話にならないときはその場を離れることが一番です。

逆ギレした相手の気持ちを落ち着かせ、さらにマナー違反を注意するには時間が必要です。

それ以上の深入りは避け、女性は誰かのサポートを求めるようにしてください。

「やってはいけない事」と認識している

注意されたことはやってはいけない事だと分かっているからこそ、誰かに注意されると恥ずかしくなり、逆ギレすることで自分を強く見せようとしているのかもしれません。

よくないことだと分かっているからこそ、注意されることは面白くないのです。

逆ギレしてきた相手と一対一で会話しようとしても、女性一人ではハードルが高いです。

落ち着いてもう一度注意したり、逆ギレに対して感情的に言い返したりすることはやめましょう。

それ以上何も言わず、その場から離れたほうがいいです。

マナー違反を注意することで、さらに大きなトラブルを引き起こしてはいけません。

ハードルが高いと分かった時点で、誰かに相談するようにしてください。

自分の非を認めたくない

マナー違反を注意されたことに対して素直に謝ると、自分がマナー違反者であることを認めることになります。

自分の非を認めたくないがために、逆ギレすることで相手を跳ね返そうとすることがあります。

誰しもプライドを持っています。

人から何かを指摘されたことが許せないという考えの持ち主は、少しでも注意されるとすぐに感情的になって逆ギレする傾向があります。

子供が大人に怒られて、苦しい言い訳をしながら泣きわめいている状態に似ています。

逆ギレしてきた相手に対して、もう一度注意したり怒ったりすることはしなくていいです。

怒ることも注意することもエネルギーを使います。

逆ギレまでして話を聞いてくれない人には、それ以上深く話をしようとしなくていいと思います。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている男性
ストレスが溜まると普段は受け入れられることも受け入れられなくなってしまいます。

ストレスが溜まると何でもマイナスに受け取ったり、聞く気持ちになれなかったりします。

拒否することを、逆ギレという方法で感情表現しているのかもしれません。

やり場のないストレスを発散させるために逆ギレしている可能性もあります。

ストレスが溜まっているときは本人が気持ちをコントロールできるようになるまで、何もしないで放っておくのが一番です。

逆ギレしている人をなだめたり、感情でやり合ったりすると自分自身も疲れてしまいます。

一度注意しても受け入れてもらえないときは、少し時間を置いた方がいいです。

マナー違反へのイライラを減らすには

マナー違反へのイライラを減らすには、自分の考えが絶対と思わないのが一番です。

自分はマナー違反だと思って注意しても、言われた相手からすればそれはマナー違反ではないと考えているかもしれません。

細かいところまでこだわらないことも大事です。

きちんとすることも大事ですが、窮屈に感じない程度に緩めるようにしてください。

マナー違反をすぐにストップして欲しいくらいのストレスであれば、引っ越しを考えたり、自分の自宅の窓を閉めきって人との交流を絶つくらいの決断が必要です。

広い気持ちで人と対応できるようにすることはとても大事です。

色んな価値観があることを理解する

自分にとっての常識やマナー違反に該当するような行為は、他の人全員とまったく同じとは限りません。

マナー違反だと周囲の人が感じたとしても、本人はまったくそういった意識を持っていない可能性もあります。

色々な人と会話をして、人脈を広げていってください。

そして色んな価値観があることを理解し、頭から自分の意見で話し出すことを控えてみてください。

柔軟な発想や受け入れは、何かトラブルが起きた時に自分の役に立ちます。

スマートに対応し、大人の女性を目指してみてください。

相手の心理を考える

誰かにマナー違反を注意するとき、言われた相手の心理まで考えるようにしてください。

なぜ相手はマナー違反をしたのか?急いでいたり、体調がよくなかったり、やむを得ない理由があったのかもしれません。

落ち着いて立ち止まって考え、いきなり感情的な言い方をすることはやめたほうがいいです。

注意された相手は、たとえそれがマナー違反であったとしても、配慮のない言い方をされることで心が傷ついてしまいます。

マナー違反をしている人に注意するとき、時間が許されるのであれば「なぜ、マナー違反にあたるようなことをしたのか?」事情を聞いたほうがいいです。

明らかに相手が悪いと分かっていても、注意するときは前もって「急に申し訳ないですがいいですか?」と前置きをしたほうがいいです。

マナー違反をしている人も一人の人、相手が悪いと一方的に決め付けずに、まずは自分から歩み寄るようにしてください。

他の楽しい事に意識を向ける

マナー違反をしている人に対してイライラしたら、他の楽しい事に意識を向けてみてください。

落ち着いて対応することが一番大事です。

他の楽しい事を考えることで、マナー違反を見てイライラした気持ちを落ち着かせるようにしてください。

さらに、注意するにしても心を落ち着かせたほうがいいです。

他の楽しい事は公共の場であれば静かでも楽しめるもの、本を読んだり、休日の予定を考えたり、何かできることを探してみてください。

自宅や自分の仕事場のデスク周りへは、好きな癒しグッズやキャラクター製品を並べて癒しを表現してもいいです。

他の楽しい事に意識を向けることで、新しい楽しみを見つけたり、自分のゆっくりする時間を作ったりすることにも配慮してください。

マナー違反にはスマートに対応しよう

マナー違反をしている人を見かけると、どうしても嫌な気持ちになります。

スマートに対応して、トラブルなくその場にいる人たちが穏やかな気持ちで過ごすことができるように配慮することが一番大事です。

感情的になってマナー違反をしている人と同じ土俵に立たないようにして、落ち着いて対応することで美しい女性を目指してみてください。