複数人で対応することで、相手も反論できないようにパワーを静めることができます。

複数人で対応するとき、できれば男性や目上の人が一人いると心強いです。

一人対複数人だと不公平では?と思われるかもしれませんが、マナー違反を注意するのはとても勇気がいります。

複数人で対応するくらいがちょうどいいと言えます。

7:すぐにその場を去る

マナー違反を注意したら、その場にとどまらずにすぐにその場を去りましょう。

注意された相手はしばらくの間驚いて何も言わないかもしれませんが、落ち着いてくると反論したり、感情的になったりする可能性があります。

逃げるわけではありませんが、トラブルから自分を守るためにはすぐにその場を去ることが大事です。

注意する相手は、もともと顔見知りでない人がほとんどです。

すっとその場を離れることで、口論にならずに済みます。

言い合いになると多くの人から注目されてしまい、自分もマナー違反をしていたと誤解を招いてしまうリスクもあります。

今はSNSが普及してどこからトラブルが発生するか未知数です。

自分を守るためにも、すぐにその場を離れるようにしてください。

マナー違反者への直接注意はリスクも伴う

マナー違反者へ自分から声を掛けて注意することは、時にリスクも伴います。

マナー違反をしている人はモラルに欠けることが多く、自己中心的な考えである人が多いです。

注意されることで感情的になり、手を出してくる人もいます。

注意された相手は逆恨みして、つきまとい行為をする可能性だってあります。

誰かにマナー違反を注意するときは、落ち着いて考えてから行動したほうが無難です。

自分を守ることを一番に考え、そのうえで注意するようにしてください。

逆ギレされる

逆ギレ
マナー違反を直接注意されることで、逆ギレする人もいます。

マナー違反を注意されると、多くの人から注目をあびる可能性があります。

怒りの矛先を向ける相手がいないので、注意してきた人に逆ギレすることになります。

マナー違反をしているという自覚のない人もいますので、自分の言動を否定されたことに怒りを感じるパターンもあります。

逆ギレされると女性だけでは太刀打ちできないため、相手が男性の場合は直接注意しないほうがいいです。

複数人での対応、代わりの人に依頼するといったやり方が無難です。

その場の秩序を守ることが大事ですが、自分自身を守ることを一番に考えてください。

にらまれる

マナー違反を指摘すると、相手からにらまれるパターンもあります。

マナー違反だと分かっていても分かっていなくても、誰かに声を掛けられて否定されることは気持ちのいいものではありません。

抑えきれなかった感情が溢れ出て、にらんでしまうのだと思います。

相手からにらまれた時、何も反応せずにそのままその場を去るのが一番いいです。

にらまれたのが嫌だったからにらみかえした、にらまれたから再度注意したといった形で反応すると、余計に相手を刺激してしまいます。

相手がどのような人か分からない以上、必要最低限のやり取りにとどめておくのが無難です。

暴言を吐かれる

注意したり否定したりすると、暴言を吐かれてしまうかもしれません。

マナー違反をしているときは、普段よりも心がすさんでいたり、急いでいたり、何らかの事情があるはずです。

普段はできていても、メンタルが荒れているとマナー違反をしてしまいがちです。

たとえ暴言を吐かれても、何も反応せずにその場を去ることが一番無難な対応です。

女性対女性であったとしても、暴言に対して暴言をかぶせたり、手を出したりすると自分が不利な立場になってしまいます。

トラブルを避け、自分の立場を不安定にさせないためにも一時の感情で突っ走らないようにしてください。

暴力を振るわれる

誰かにマナー違反を注意すると、その場で暴力を振るわれることもあります。

マナー違反を指摘されたことに苛立ち、感情をそのまま暴力で表現してしまう人もいます。

特に女性は弱く見られるので、気を付けたほうがいいです。

暴力を振るわれそうになったらその場から離れ、誰かに助けを求めてください。

もし暴力を振るわれて怪我をしてしまったら、警察に被害届を出したり、病院で治療を受けたり、大事になる可能性だってあります。

マナー違反がよくないと分かっていても、自分よりも力のある人や威圧的な態度の人には何も言わないようにしたほうがいいです。

女性は怪我をしないよう、相手の様子を見ながら注意するようにしてください。