ストレスが溜まると何でもマイナスに受け取ったり、聞く気持ちになれなかったりします。

拒否することを、逆ギレという方法で感情表現しているのかもしれません。

やり場のないストレスを発散させるために逆ギレしている可能性もあります。

ストレスが溜まっているときは本人が気持ちをコントロールできるようになるまで、何もしないで放っておくのが一番です。

逆ギレしている人をなだめたり、感情でやり合ったりすると自分自身も疲れてしまいます。

一度注意しても受け入れてもらえないときは、少し時間を置いた方がいいです。

マナー違反へのイライラを減らすには

マナー違反へのイライラを減らすには、自分の考えが絶対と思わないのが一番です。

自分はマナー違反だと思って注意しても、言われた相手からすればそれはマナー違反ではないと考えているかもしれません。

細かいところまでこだわらないことも大事です。

きちんとすることも大事ですが、窮屈に感じない程度に緩めるようにしてください。

マナー違反をすぐにストップして欲しいくらいのストレスであれば、引っ越しを考えたり、自分の自宅の窓を閉めきって人との交流を絶つくらいの決断が必要です。

広い気持ちで人と対応できるようにすることはとても大事です。

色んな価値観があることを理解する

自分にとっての常識やマナー違反に該当するような行為は、他の人全員とまったく同じとは限りません。

マナー違反だと周囲の人が感じたとしても、本人はまったくそういった意識を持っていない可能性もあります。

色々な人と会話をして、人脈を広げていってください。

そして色んな価値観があることを理解し、頭から自分の意見で話し出すことを控えてみてください。

柔軟な発想や受け入れは、何かトラブルが起きた時に自分の役に立ちます。

スマートに対応し、大人の女性を目指してみてください。

相手の心理を考える

誰かにマナー違反を注意するとき、言われた相手の心理まで考えるようにしてください。

なぜ相手はマナー違反をしたのか?急いでいたり、体調がよくなかったり、やむを得ない理由があったのかもしれません。

落ち着いて立ち止まって考え、いきなり感情的な言い方をすることはやめたほうがいいです。

注意された相手は、たとえそれがマナー違反であったとしても、配慮のない言い方をされることで心が傷ついてしまいます。

マナー違反をしている人に注意するとき、時間が許されるのであれば「なぜ、マナー違反にあたるようなことをしたのか?」事情を聞いたほうがいいです。

明らかに相手が悪いと分かっていても、注意するときは前もって「急に申し訳ないですがいいですか?」と前置きをしたほうがいいです。

マナー違反をしている人も一人の人、相手が悪いと一方的に決め付けずに、まずは自分から歩み寄るようにしてください。

他の楽しい事に意識を向ける

マナー違反をしている人に対してイライラしたら、他の楽しい事に意識を向けてみてください。

落ち着いて対応することが一番大事です。

他の楽しい事を考えることで、マナー違反を見てイライラした気持ちを落ち着かせるようにしてください。

さらに、注意するにしても心を落ち着かせたほうがいいです。

他の楽しい事は公共の場であれば静かでも楽しめるもの、本を読んだり、休日の予定を考えたり、何かできることを探してみてください。

自宅や自分の仕事場のデスク周りへは、好きな癒しグッズやキャラクター製品を並べて癒しを表現してもいいです。

他の楽しい事に意識を向けることで、新しい楽しみを見つけたり、自分のゆっくりする時間を作ったりすることにも配慮してください。

マナー違反にはスマートに対応しよう

マナー違反をしている人を見かけると、どうしても嫌な気持ちになります。

スマートに対応して、トラブルなくその場にいる人たちが穏やかな気持ちで過ごすことができるように配慮することが一番大事です。

感情的になってマナー違反をしている人と同じ土俵に立たないようにして、落ち着いて対応することで美しい女性を目指してみてください。