男友達同士では絵文字やスタンプのやり取りが少ないため、よけいに女性らしさを感じられます。

一方、絵文字やスタンプのない文章だけのメッセージは冷たい印象を与えてしまう恐れがあります。

ちょっとしたやり取りであっても一つくらいは絵文字を入れ、メッセージに色を添えましょう。

具体的な日にちを決めて会う約束をする

好意を寄せている男性にアプローチするためには、具体的な日にちを決めて会う約束をしましょう。

会話の中で「食事に行こう」「遊ぼう」というワードが出ても実現されないこともたくさんありますよね。

具体的な日にちを決めないと冗談やノリで言ったのだととらえられてしまう可能性があります。

約束をより現実的にするためには、具体的な日にちを決めることが大切です。

「今度ご飯に行こう」とノリで言ったとしても、女性側から「いつ行きますか?」「次の休みはどうですか?」など具体的な反応が返ってきたら、男性は思わずドキッとしてしまいます。

それだけ積極的に日にちを決めようとしてくれるのは、自分に好意があるからなのでは?と深読みしてしまう男性もいるでしょう。

反応に強弱をつけることではっきり言葉にしなくても好意を伝えられます。

デートした後はしっかりお礼を言う

好意を寄せいている男性にアプローチするためには、デートした後にしっかりお礼を言いましょう。

デートが終わってそのまま放置するのではなく、きちんとお礼を言うことで礼儀正しい印象を残せます。

多くの男性は控えめで礼儀正しい女性に魅力を感じます。

たとえ好きで奢っていても「奢ってもらって当たり前」という態度と取られるとイラっとしてしまいます。

デート後は「今日はごちそうさまです」「とても楽しかったです」など丁寧にお礼を言いましょう。

たった一言のメッセージですが、相手に与える印象は大きく異なります。

このような小さなやり取りを繰り返していくことで、男性に対して良い印象をつくることができます。

彼の好みを調べておく

好意を寄せている男性にアプローチするためには、彼の好みを事前に調べておきましょう。

相手のことを知るというのは、効果的にアプローチするために必要不可欠なことです。

たとえば何か口実をつくって会うにしても、彼の好みを知っていた方が食事や映画、スポーツ観戦など彼の好みに合わせた口実で誘うことができます。

他にも誕生日にサプライズのプレゼントを贈ったり、ちょっとした差し入れを持って行くにしても彼の好みに合ったものの方が喜んでもらえますよね。

このように彼の好きなものをちょこちょこ提示することで、気の合う女性という印象を与えられます。

どうしても積極的になれないときは?

好きな男性に対してどうしても積極的になれないときもありますよね。

好意を寄せいているからこそ、下手な行動はできないと身構えてしまうこともあるでしょう。

どうしても緊張して上手くアプローチできない場合は、基本だけでもおさえるようにしましょう。

次はどうしても積極的になれないときの対処法について詳しく紹介していきます。

焦らず、自分ができそうなことを探そう

高度な話術がなくても焦る必要はありません。

アプローチの方法は高度なテクニックや話術だけに限ったものではありません。

まずは焦らず、自分ができる範囲のことを取り入れてみるのが大切です。

実は効果的なアプローチの土台にはコミュニケーションの基本があります。

まずは基本のコミュニケーションを身につけ、自然に話せるように心がけてみましょう。

あいさつ

まずは挨拶をすることからはじめましょう。

彼と目が合ったら「おはよう」「お疲れ様」など短くてもいいので挨拶をすることが大切です。

挨拶は最も簡単にできるコミュニケーションのひとつです。

まったく挨拶をしないのと目が合ったときに挨拶をするのでは、相手に与える印象も大きく異なります。

一方、最もやってはいけないのは目をそむけることです。

目が合ったのにパっとそらされたら「嫌われているのかな?」とマイナスな印象を与えてしまいます。

緊張に負けず、まずは基本の挨拶ができるようにしましょう。

笑顔で会話をする

次は笑顔で会話をするように心がけましょう。

良いコミュニケーションを取るためには、笑顔で対応することが必要不可欠です。

他愛のない会話をしているのに、いつまでもブスッとした顔をしていたら感じが悪いですよね。

気を利かせたリアクションを取らなくても、ニコニコと笑顔でいるだけで相手に好印象を与えられます。

実は話し上手な女性よりも聞き上手な女性の方がモテる傾向があります。