慈悲深い人の特徴15個!優しさで包まれるような恋愛をしたいのならそんな男性を捕まえようについて
「慈悲深い人間」と聞くとどんな男性を想像するでしょうか。

多くの人が想像するように、慈悲深い人は基本的に優しく心が広いため優しさで包まれるような幸せな恋愛ができます。

情熱的な恋愛よりも相手に包み込まれるような穏やかな恋愛がしたいという女性にとって、慈悲深い男性との恋愛はまさに理想の恋愛だと言えるでしょう。

この記事では慈悲深い人の特徴や慈悲深い人の取りがちな行動、慈悲深い人が注意したい点など慈悲深い人について詳しく紹介していきます。

周りに慈悲深い人がいないか探したい人は、特徴や行動をチェックして探してみると見つかるかもしれません。

また、それだけではなく慈悲深い人の恋愛傾向や慈悲深い人と付き合えることになった時に注意したいことも紹介します。

慈悲深い人を探すだけではなく実際に付き合う時にも役立ちますので、ぜひ最後までチェックして参考にしてみてください。

慈悲深いとは

ところで「慈悲深い」とはどういう意味なのでしょうか。

慈悲深い人の特徴を紹介する前に、言葉の意味を把握しておきましょう。

「慈悲深い」とは仏教用語である「慈悲」をたくさん持っているというイメージの言葉です。

「慈悲」とは「周りの人に対する最高の友愛を示す慈」と「周りの人の嘆きに共感して自分も落ち込むことができる悲」が組み合わさっている言葉ですので「周りの人のことを大切にして、一緒に苦しむことができる優しさ」という意味だと解釈することができるでしょう。

つまり「慈悲深い性格」というのは「周りの人のことをしっかり大切にし、落ち込んでいる時は共感して一緒に落ち込めるほど共感性が高く優しい性格」だと考えることができます。

慈悲深い人の特徴15個

慈悲深い人の特徴
「慈悲深い人」を分かりやすく言うと「とても優しい人」と言い換えることができます。

では、そんな優しい慈悲深い人はどのような特徴を持っている人なのでしょうか。

慈悲深い人の特徴を15個紹介していきます。

周りに慈悲深い人がいないか探したい人は、この特徴に多く当てはまる人がいないかチェックしてみると良いでしょう。

1:穏やかな性格

慈悲深い人は基本的に穏やかな性格をしています。

争いを好まず、誰かと喧嘩しそうになっても受け流すことができます。

誰かから悪口を言われても腹を立てて反論することはありません。

穏やかに笑って受け入れる心の広さを持っています。

そうした性格に覇気がないと考えて、わざと慈悲深い人に対して嫌がらせをする人もたまにいますが、慈悲深い人はそうした人たちに対しても穏やかに接することができます。

決して同じレベルで喧嘩をしたりしないので、最初は慈悲深い人を嫌っていた人も徐々に穏やかさに感化されて慈悲深い人と仲良くなることもあります。

敵を作らない性格だと言うこともできるでしょう。

2:利他主義

「利他」とは「他人に利益を与えることを優先し、自分よりも他人を大切にすること」を言います。

慈悲深い人はそうした利他主義の人も少なくはありません。

自分がお腹を空かせている時でも周りにお腹が空いている人がいれば、持っている食料を半分分け与えることができるでしょう。

自分が忙しい時でも周りの人の仕事を手伝うこともあります。

慈悲深い人にとって、自分の利益ももちろん大切ですが周りの人が心地良く過ごせることが何よりも大切です。

時には自分のことを放置して周りの人を優先してしまうこともあります。

それくらい慈悲深い人は周りの人のことを常に気にかけているのです。

3:ソフトな話し方

慈悲深い人が敵を作らないのは、性格が穏やかなことだけが理由ではありません。

穏やかな性格に加えて、ソフトな話し方をするのも慈悲深い人の特徴の一つだと言えるでしょう。

多くの人は焦っている時はついつい口調がきつくなってしまいがちですが、慈悲深い人は焦っている時でもソフトに話すことができます。

そのため周りの人をイラだたせることがないのです。

周りの人と話す時だけではなく、部下や後輩を叱責する時でも感情的に怒鳴ることはありません。

何が悪かったのか、今後どうすれば良いのか、今はどうやって挽回すべきかを分かりやすくソフトに伝えます。

そのため周りを委縮させることがないため、後輩や部下にも非常に慕われます。

4:優しい笑顔

優しい笑顔
ソフトな話し方と同様に優しい笑顔を絶やさないのも慈悲深い人の特徴の一つです。

表面的な笑顔だけではなく心の底から優しい顔をしています。

穏やかな性格が表情に表れているということもできるでしょう。

常にそうした優しい笑顔を崩さないので、周りの人を安心させることができます。

どんなに緊張しがちな人でも、慈悲深い人の顔を見ただけで安心して平常心に戻れたという経験を持っている人も珍しくはありません。

5:困っている人を放置しない

常に周りに気を配り利他的に相手のことを手助けする主義の慈悲深い人ですので、困っている人を見かけたら絶対に放置しません。

自分が忙しくても声をかけて、その人が何に困っているのかを聞こうとするでしょう。

困っている事柄が自分には対処できないことだとしても一緒に悩み、どうすれば解決できるかを考えてくれます。

時には解決策が分からなくても、解決策を持っていそうな人を紹介してくれることもあるでしょう。

慈悲深い人は周りに慕われて自然と人脈も広がっていくので「○○さんに声をかけておくよ」のように困っている人を間接的に助けてあげることもあります。

周りの人から「慈悲深い人にお願いすれば、なんらかの案はもらえるだろう」と信頼されているのが慈悲深い人なのです。

6:偏見や先入観を持たない

偏見や先入観で周りの人を判断しないのも慈悲深い人の特徴の一つです。

普通の人であれば「この人は声が大きくて乱暴そう」や「細かい性格をしているから神経質に責めてくるに違いない」や「優しそうだからちょっといじっても怒らないだろう」のように、今までの自分の経験に基づいて良くも悪くも相手に偏見や先入観を持った接し方をしてしまいます。

しかし、慈悲深い人は周りの人を偏見や先入観で判断しません。

そのため全ての人に対してしっかりチャンスを与えますし、「できそうな雰囲気なのに期待外れだった」や「できなさそうな外見なのに意外と良かった」のような偏った評価を下しません。

まさに理想の上司のような人物だと言えるでしょう。

7:平等に接する

偏見や先入観を持たない慈悲深い人ですので、誰に対しても平等に接することができます。

役職や出身校で相手を勝手に差別することはなく、その人本来の実力を見て正当に評価してくれるでしょう。

初対面の人に威圧感を与えてしまう顔つきの人や、前評判が良くない人に対しても実際に自分の目で見るまで先入観を持つことはありません。

最初に会った時点で平等に接し、その時の対応でその人のことを評価してくれます。

簡単なように見えて、意外と難しいスキルです。

8:見返りを求めない

利他主義で周りの人のために動き、周りの人が困っていれば自分が忙しくてもなんらかの解決策を提示してくれるのが慈悲深い人です。

しかしながら、慈悲深い人は自分のそうした行動に対して見返りを求めることはしません。

あくまで「自分がそうしたいと思ったからしている」だけなのです。

ただし慈悲深い人自身は見返りを求めませんが、周りにいる人の大半は慈悲深い人に助けられたことで「自分もいつか恩返しをしたい」と考えます。

そのため自分では何もしなくても自動的に周りの人が助けてくれる環境を作れるのも慈悲深い人特有の才能です。

9:人の話によく耳を傾ける

いつでも困っている人の存在に気付ける慈悲深い人は、普段から人の話によく耳を傾けています。

「○○さんが困っているかもしれない」といううわさ話が耳に入ることで実際にその人のことを助けることができますし、耳を傾けているからこそ直接話している時に普段とは少し様子が違うことにも気付いて、その人に救いの手を差し伸べることもできます。

単に人と話すのが好きなだけではなく、その人と話すことによってその人の普段の考え方や辛いことがあった時の癖、苦手なことや得意なことを把握することができるのです。

これは「自分も慈悲深い人になりたい」と思っても一朝一夕でできることではなく、普段から周りの人に気を配っているからこそできることだと言えるでしょう。

10:人の失敗を責めない

どんなに慈悲深い人が先回りしてフォローしている状況でも、人によっては大きな失敗をしてしまうこともあります。

そういった時、普通の人であれば「あんなに教えてあげたのになんで失敗するんだ!」や「だから言ったのに!」という言葉で失敗した人を責めてしまうでしょう。

しかし、慈悲深い人はたとえどんなに事前のフォローに時間をかけていた状況で失敗されても、その人を責めたりはしません。

穏やかに「どうしてできなかったのか」「今度成功するためにはどうすれば良いのか」を話し合います。

そのため失敗してただでさえ委縮してしまっている人をさらに委縮させることもなく、建設的な話し合いができるでしょう。

11:悪口を言わない

人の失敗を責めないだけではなく、慈悲深い人は人の悪口を言うこともしません。

「あの人は○○だからダメなんだ」や「○○がなければあの人も良い人なのに」という噂話を口にしたことがないという人はほとんどいないでしょう。

しかし、慈悲深い人はそうした噂話も口にしません。

人を陰で悪く言っても、何も改善されることはないと慈悲深い人は知っているのです。

慈悲深い人が人の欠点や悪口を口にするのは、その人に直接注意する必要がある時だけです。

もちろん、その時も感情的に「○○を直さないとダメだ!」と怒るのではなく「○○を直せばもっと良くなると思うよ」のようにソフトな口調で相手の改善を自主的に促す言い方をします。

12:我慢強い

人の失敗を責めることをせず、周りの人に攻撃されても同じレベルで反撃しないため喧嘩にならない慈悲深い人は、非常に我慢強い性格をしています。

穏やかなだけではなく我慢強い性格をしているので、めったなことで人に声を荒げることもありませんし、周りに対して愚痴を言うこともありません。

しかし一方で、我慢しすぎてしまうこともあります。

自分でも気づかないうちにストレスを溜めすぎてしまって、自分でストレスが制御できなくなってしまう場合もあります。

周りに慈悲深い人がいる場合は頼りすぎないように注意した方が良いかもしれません。

13:共感力がある

「慈悲」の元々の意味にあるように、慈悲深い人は周りの人に対する共感力が高い人が多いと言われています。

一般的には男性はあまり共感が得意ではない人が多いと言われていますが、慈悲深い人の場合はそんなことはありません。

周りの人に対して共感し、その人の悩みを自分のことのように受け止めることができます。

周りの人の悲しみや悩みを他人事ではなく自分のものだと思って受け止めることができるため、しっかり解決策を考えることができるのです。

「この人のためにどうすれば良いか」という視点の他に「自分ならどうするのが最善か」という気持ちを持つことができます。

だからこそ他の人とは違う助言ができるということもあるのではないでしょうか。

14:物を大切に扱う

慈悲深い人は周りの人に対してだけ優しいわけではありません。

人間ではなく物も大切に扱います。

周りの人と共同で使う会社の備品はもちろん、自分専用のボールペンを放り投げることもなければ、ドアの開閉や椅子に座る時にも静かに行います。

穏やかな物腰の人だと評価されるでしょう。

物を大切に扱うということは、周りの人に対して威圧感を与えることもありません。

不機嫌になると足音が荒くなる人もいますが、慈悲深い人はそういった人たちとは対極に位置しています。

音や態度で周りを威圧することがないので、ますます穏やかでソフトな性格の人だと思われるでしょう。

15:人以外にも愛情を持って接する

物を大切に扱う慈悲深い人は、人間に対して非常に愛情深い人だと言われています。

しかしながら、その愛情深さは人間に対してだけのみ発揮されるわけではありません。

人間以外にも愛情を持って接することができるからこそ、慈悲深い人だと言われるのです。

ここでは、動物や自然に対してどのような愛情深い行動をするのか紹介していきます。

動物

動物
動物に対する愛情の深さは、ペットに対する態度で具体的に分かることができるでしょう。

ペットを飼っていても適当に世話をするわけではありません。

自分が眠くてもペットが遊んでほしいといえば遊んであげますし、疲れていて面倒な時でもブラッシングをするなどペットのケアを優先してあげます。

動物は人間の言葉が話せないからこそ、共感力の高さで動物が実際に望んでいることを察してその通りに望みを叶えてあげます。

そのためペットも慈悲深い人に対して非常に懐き、確固たる信頼関係が生まれるでしょう。

もちろん自分のペットだけではなく、友達の家に遊びに行った時にいるペットに対してや、野良犬や野良猫に対しても優しく接することができます。

自然

動物だけではなく、自然に対しても慈悲深い人は愛情を持って接することができます。

動物と比べて反応が返ってこない自然に対してはぞんざいな扱いをしてしまう人もいますが、慈悲深い人はそういったことはしません。

たとえば誰もが面倒な花瓶の水換えなども慈悲深い人は率先して引き受けます。

自分が忙しい状況であっても、それをサボることはなく毎日の日課として責任を持ってこなします。

仮にどうしても無理な時も誰かに託して、勝手にやめることはしないでしょう。

もちろん意味もなく花を折ったり、ポイ捨てをするなどの自然を壊す行為もしません。

慈悲深い人がよくとる行動

慈悲深い人の特徴を15個紹介したところで、非常に優しくて魅力的な人物だということが分かったのではないでしょうか。

今は周りに慈悲深い人がいないという人も、慈悲深い人を見かけたら親しくなりたいと感じることは自然なことでしょう。

では、実際に慈悲深い人を見かけて気付くためにはどういった行動に着目していれば良いのでしょうか。

慈悲深い人がよく取る行動を3つ紹介しますので、こちらも忘れずにチェックしてみてください。

席を譲る

「慈悲深い」というと大げさな人を連想する人もいるかもしれません。

ちょっとした優しさだけでは慈悲深い人だとは言えず、多くの人を救うような人ではないと慈悲深い人ではないと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際は優しさの大小は関係ありません。

たとえば席を譲るといった小さな親切を行えるだけでも慈悲深い人の可能性があります。

年配の方や妊婦さんはもちろん、具合の悪そうな人に対して席を譲れるのは慈悲深い人です。

「席を譲った方が良いかな」と思っているだけではなく、勇気を出して声をかけるのはなかなかできることではありません。

しかしながら、それでも行動できるのは間違いなく相手の辛さを自分のものとして考える共感力が高いからでしょう。

ボランティア活動

ボランティア活動
ボランティア活動に積極的に参加するのも慈悲深い人にありがちな行動です。

もちろんどこかの団体が募集しているボランティア活動に協力して、被災地の復興支援や大きな活動を行うのも間違いなく慈悲深い行動でしょう。

しかし、そうした活動ばかりが慈悲深い人の取る行動ではありません。

道端にちょっと落ちているゴミを拾うだけでも慈悲深い行動になります。

自分は急いでいてもきちんとゴミを拾ってゴミ箱に捨てるという行動は、なかなかできることではありません。

道端はもちろん、会社で少し汚れている部分を積極的に掃除するなど、周りの人が「誰かがやってくれるだろう」と見過ごしてしまうことを積極的にするのが慈悲深い人です。

寄付

慈悲深い人もスーパーマンではないので、自分が忙しくてどうしても活動できない場合もあります。

しかし、その時に「忙しいから今は何もできなくても仕方ない」と諦めることはありません。

自分が実際にボランティア活動などができないのであれば、寄付行為などで他の人の役に立つために動くことができます。

災害の時に多額の金銭を寄付することもありますし、コンビニやスーパーの募金箱に毎回小銭を入れることもあるでしょう。

一回一回は数十円などの少額な寄付であっても、買い物のたびに続けることで多くの人を救うことができます。

自分の貯金よりも誰かのために募金ができるのは間違いなく慈悲深い人だからなのです。

慈悲深い人の注意点

周りの人のために行動し、周りの人を助けることができる慈悲深い人は多くの人を助けることができます。

しかしながら、先ほども触れたように慈悲深い人は決してスーパーマンではありません。

周りの人のことばかりを考えていると、自分が疲れてしまうこともあります。

では、慈悲深い人にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

慈悲深い人が抱える2つのリスクを解説していきます。

自分が後回しになる

慈悲深い人は利他主義です。

自分が困っている時でも周りの人を助けることができますし、それによって周りの人から感謝されて人脈が広がることもあるでしょう。

しかし、周りの人を助けることに気を取られすぎると自分が後回しになってしまうこともあります。

たとえば旅行のお土産でお菓子をもらった時にそれを好きだという人にあげていたら、自分の食べる分がなくなってしまうこともあるでしょう。

それがお菓子だけなら良いですが、仕事の場合は大問題です。

人が困っているのを助けすぎて自分の仕事が終わらないと、怒られて周りからの評価が下がってしまうでしょう。

周りの人を助けるのは良いことですが、周りを優先しすぎて自分が疎かにならないように「自分の最低限のことをこなしてから周りに目を向ける」のようにメリハリをつけた方が良い場合もあります。

人に都合よく利用されることも

慈悲深い人の周りの人が全員優しく、慈悲深い人に助けられたら「いつか自分もあの人を助けよう」と思ってくれる人ばかりであればそれほど問題はありません。

しかし、残念ながら世の中はそうした善人ばかりではありません。

慈悲深い人の優しさを利用して「いつでもあいつに押し付ければ良い」と考えてしまうズルい人もいます。

そうした悪意を持った人に都合よく利用されると、慈悲深い人は損ばかりしてしまいます。

周りに悪意を持った人しかいない場合は慈悲深い人が都合よく利用され続けて、時にはどうしても余裕がなくて「今回だけはどうしても無理です」と断っても「今まではやってくれていたのに急に手のひらを返してひどい奴だ」と、なぜか責められてしまうこともあります。

そうならないためにも、慈悲深い人は初めから「相手を助ける範囲」を最初からしっかり決めておくと良いでしょう。

ストレスが溜まりやすい

ストレス
周りに優しい人ばかりで利用されることがない環境でも、慈悲深い人はストレスを溜めやすい可能性があります。

自分のしたことに対して感謝されて誰かが助けてくれても、その人に寄り添ってその人の悲しみや悩みを自分のこととしてとらえるだけでストレスになってしまうのです。

自分では自覚していなくても「この人の悩みが自分の状況だったらどうするか」と考えるだけで少しずつストレスが溜まっていってしまいます。

しかし、慈悲深い人にとっては悩んでいる人を見過ごすのも別のストレスになってしまうでしょう。

そのため慈悲深い人は誰かを助けながら上手に自分でストレスを発散できる方法を確立しておく必要があります。

買い物でもカラオケでもなんでも良いので、自分がつぶれないようにストレスを発散させる癖をつけましょう。

慈悲深い人の恋愛傾向

慈悲深い人は非常に素敵な人です。

恋人になると愛情深く接してくれるでしょう。

では、慈悲深い人はどのような恋愛をするのでしょうか。

慈悲深い人の恋愛傾向から3つの特徴を紹介していきます。

献身的に尽くす

単なる同僚に対してでも親身になって悩みを聞き、優しく接してくれるのが慈悲深い人です。

それが同僚ではなくさらに自分にとって大切な恋人であれば、もっともっと献身的な態度で尽くすでしょう。

恋人が悩んでいれば全力で相談に乗りますし、恋人が落ち込んだり嫌な思いをしたりしないように常に気を張っています。

恋人が楽しい気分でいられるように積極的にデートの下調べを行ったり、忙しくても恋人が会いたがっていれば寂しくないように時間を作って恋人の家に会いに行くでしょう。

元々尽くすことが好きなタイプですので、このように恋人に対しては非常に献身的な態度を取ってくれます。

慈悲深い人と付き合うことができれば「愛されている」という実感を常に抱くことができること間違いなしです。

依存されることも

恋人がしっかり自立している人であれば、慈悲深い人に尽くされても慈悲深い人を労わって尽くし返すことができます。

自立した人同士の恋愛であれば、慈悲深い人との恋愛は非常に愛情深く心地良いものになってくれることでしょう。

ただし、恋人が依存体質の場合はそういった理想的な恋愛は難しいです。

恋人が「この人は自分に尽くしてくれるのが当然の人」だと認識してしまうと、慈悲深い人が一方的に依存されて消耗されるだけの関係になってしまいます。

慈悲深い人が辛い時でも恋人が要求だけを押し付けてきて、慈悲深い人が疲れてしまうでしょう。

周りの人が「あんな恋人とは別れた方が良い」と言っても、慈悲深い人は「あの人は自分がいないとダメだから」と別れを切り出せないこともあります。

そうするとますます恋人に依存されるという悪循環に陥ってしまう恐れもあります。

欠点が多い人に惹かれやすい傾向

基本的に面倒見が良く、世話好きな性格をしているのが慈悲深い人です。

そのため他の人は避けるような欠点が多い人に惹かれやすい傾向があります。

「この人の面倒を見てあげたい」というポイントが多いほど、慈悲深い人にとっては魅力的な人に見えていくでしょう。

欠点が多い人は普通の人であれば「魅力的だけど面倒すぎる」というように避けられてしまいがちです。

しかし、慈悲深い人には「○○をしてあげたい」というポイントが非常に多く素敵な人に見えるのです。

こういった点を考えると、慈悲深い人はヒーロー願望の強い人だと言い換えることもできます。

周りの人から感謝などの見返りが得られなくても、誰かを助けることで自分の満足感を満たすタイプの人かもしれません。

困難も力を合わせて乗り越えられる

依存するタイプの人や欠点が多いタイプの人と付き合うと、慈悲深い人だけが一方的に尽くすばかりで疲れてしまう関係性になってしまう恐れがあります。

しかしながら、ちゃんと自立していて、尽くしてくれる慈悲深い人に対して自分もしっかりと愛情を返せる人と付き合うことができれば、理想的なカップルになれるでしょう。

何か二人にとって困難が降りかかってきた時も、慈悲深い人だけが苦労することはありません。

二人で知恵を出し合い、協力し合って困難を乗り越えていくことができるでしょう。

人生のパートナーとしてお互いに自立して支え合い、どちらかが辛い時は尽くすことができます。

誰もが憧れる理想的な二人になっていくことができるでしょう。

慈悲深い人と付き合う時の心構え

では、慈悲深い人と付き合う時にはどういったことに注意すれば良いのでしょうか。

めったにいない慈悲深い人と付き合えることは非常に幸運なことです。

素敵な恋愛を楽しむためにも、注意点をしっかり覚えておくようにしましょう。

嫉妬や束縛をしない

慈悲深い人は魅力的な人なので、いつ他の異性に目移りしてしまうか不安になってしまうこともあるでしょう。

しかしながら、そこで慈悲深い人の気持ちを疑うのはおすすめしません。

慈悲深い人の気持ちを信じて、過度な嫉妬や束縛はしないようにしましょう。

慈悲深い人はその性格が理由で色々な人に好かれます。

中には魅力的な異性から興味を持たれて、あなたという恋人がいるにも関わらずアプローチをされることもあるでしょう。

しかし、そこで心配する必要はありません。

慈悲深い人は恋人のことを何より大切に想っているため、そういったアプローチはしっかり断ることができます。

むしろ過度な嫉妬や束縛をしてしまうと、慈悲深い人の魅力である「色々な人を助ける性格」という部分がなくなってしまう恐れがあります。

不安な気持ちがあっても慈悲深い人を信じて努力をしましょう。

こちらがサポートしてあげる

仕事でもプライベートでも慈悲深い人のことを頼る人はたくさんいます。

さらに恋人には献身的に尽くしたいと考えるタイプのため、慈悲深い人は自分でも気づかない間に疲弊してしまいがちです。

慈悲深い人と付き合うことができた際には、こうした慈悲深い人をサポートしてあげる気持ちを強く持ちましょう。

慈悲深い人は非常に尽くしてくれますが、そうした環境に慣れてしまうとあなた自身が慈悲深い人にストレスを与える存在になってしまいかねません。

たとえどんなに尽くしてくれる相手であっても、「自分が恋人を支える」という気持ちを忘れないことで良い関係を築いていくことができます。

理想的な二人になるためにも、慈悲深い人をしっかりサポートしてあげましょう。

慈悲深い男性と素敵な恋愛を育もう

慈悲深い人は男女ともに多くはありません。

しかしながら、そんな慈悲深い人と付き合うことができたら幸せな恋愛を楽しむことができるでしょう。

慈悲深い人の行動や性格などをしっかり把握し、慈悲深い人と素敵な恋愛を育みましょう。