寝言あるある10選!パートナーが寝ながら言ってた面白エピソードから怖いエピソードまでご紹介します!について
あなたは寝言を言いますか。

寝言なので自分では分かりませんよね。

ですが、パートナーが寝言を言っているのを聞いたことがある人は多いことでしょう。

ソフトな寝言からハードな寝言まで寝言も様々です。

今回は寝言あるあるからいろいろなエピソードまで紹介していきます。

寝言とは?

寝言
寝言とは「眠っている状態で言葉を発すること」です。

自分では寝言を言っているのかどうかは分かりませんが、たまに自分の寝言で目を覚ましたり叫んでいる寝言で家族に起こされた、などという経験をした人はいるのではないでしょうか?

最近は寝言を録音できるアプリなどもあり、自分が寝ているときにどのような状態であるのかも分かる便利な時代です。

たかが寝言、と思われるかもしれませんが、実は病気と関係する寝言があります。

寝言の状態によっては認知症やうつの前兆である場合もあります。

寝言と言えども侮るなかれ。

その寝言に気付いてあげられるのは家族やパートナーだけです。

ぜひ寝言チェックもしてみると良いでしょう。

寝言の原因

そもそも寝言とは何なのでしょう。

そしてなぜ寝ているのになぜ言葉を発するのでしょうか。

その原因はまだハッキリとは解明されてはいません。

ですが、だいたい6割程度はストレスであり、残りの4割は神経変性の病気からであるとされています。

ストレスを抱えているとそれが大きければ大きいほど寝ているときの寝言は激しかったり、身振り手振りがついたり、はたまた叫んだりとストレスの度合を感じることができますね。

ただ本人は分からないことも多く、一緒に寝ている人にとっては驚くことでしょう。

ストレスは心身共に影響を及ぼすことが分かりますね。

またストレスではなく危険な寝言というのがあります。

もしかするとその寝言、病気の可能性もあるのです。

寝言だけにとどまらず体を動かしたり、またまるで起きているかのように起きて人に危害を加えるという怖い症状もあります。

パートナーの寝言が最近変だ…そう思ったときは病院へ行ってみた方がいいかもしれません。

たかが寝言、と思ってはいけません。

寝言に答えて良いの?

寝言に答えてはダメ、と昔から言われていますよね。

それはどのようなことからなのでしょうか。

多くの人は「魂を抜かれる」「夢や現実か分からなくなる」…などなど色々な土地で違いはあってもこの辺の理由が多いのではないでしょうか。

ただこれは比喩的な表現であり、実際のところは寝言に返事をすることにより脳にダメージが蓄積され疲労が抜けなかったり、体調を崩して病気になるということもあるのです。

ここまではオーバーな理由かもしれませんが、寝言には答えないほうが賢明です。

返事をされるとその返事をまたしようと脳を使うことになります。

ここで会話が成立してしまうと、なおさら脳のダメージは蓄積されていってしまいます。

思わず寝言に答えてしまった、ということは仕方がありませんが、敢えて寝言に返事をするということはしないようにしましょう。

寝言あるある10選

寝言
ここまで寝言について説明してきましたが、ここからは寝言あるあるを紹介していきましょう。

寝言にまつわる面白い話、経験などそれぞれにエピソードはあるのではないでしょうか。

ぜひ寝言あるあるをチェックしてみてください。

自分もある!と言うエピソードとシンクロさせてみましょう。

異性の名前を言う

寝言あるあるとして、異性の名前を言うことが挙げられます。

これはよくあるエピソードですよね。

たとえ寝言ではなくても彼女の名前を違う女性の名前で呼んでしまった経験のある男性はいるのではないでしょうか。

それが寝ているときに寝言として言ってしまうのですから、これはもう聞き逃すわけにはいきませんね。

まずその名前は誰なのか、ということです。

元カレや元カノの名前は把握している人もいることでしょう。

もし元カレや元カノの名前ではなく、全くの初耳だったら…と考えると怖いですね。

浮気相手の名前を夢の中で言ってでもいるのでしょうか。

呑気に寝言を言いながら寝ていますが、翌日は相当絞られたことでしょう。

怒る

寝言あるあるとして、怒ることが挙げられます。

突然パートナーが寝ているはずなのに怒り出したら…もうビックリしますね。

寝言で怒るというのはきっと夢の中で部下を怒ってでもいるのでしょうか。

日頃のストレスが溜まっていることが想像されます。

ただ、やはり怒る寝言というのは要注意です。

いくら日頃のストレスを寝言によって発散しているといっても頭の中ではどんどんそのストレスが発散できずにいる状態です。

そのため常に興奮状態にあることが容易に想像できますよね。

これはとても危険なことなのです。

まずはストレスを軽減できることを目指すことが必要です。

このようなことがずっと続くと体調も崩しかねません。

パートナーの怒る寝言は重要なことだと受け止めるようにしましょう。

謝る

寝言あるあるとして、謝ることが挙げられます。

もしかすると仕事でも怒られて謝ってばかりいるのでしょうか。

それとも今日はクレーム処理で仕事が大変だったのでしょうか。

心配になりますよね。

やはり謝るということはストレスを抱えている可能性があります。

決して後ろめたいという気持ちからの謝るという寝言ではなく、もう勘弁して欲しいという逃げたい気持ちからの謝る寝言だと推測できます。

仕事ではさほど気にしていなくても、どんどんストレスは蓄積されていくものです。

それが許容範囲を超えたとき、爆発してしまうことになってしまいます。

そうなってからでは遅いのです。

寝言はある意味それを発散しようと脳が活発になっている状況です。

パートナーが謝る寝言を言うようになったときは、やはりストレス発散と少しの休息を提案してみましょう。

叫ぶ

寝言あるあるとして、叫ぶことが挙げられます。

寝言で叫ぶというのはとても危険な状態である場合があります。

完全に頭は寝ていない状態になっていることも考えられますよね。

とても身体に負担になることもあります。

叫ぶとなるともう寝言という範囲を超えている状態です。

とても大きなストレスを抱えているということが考えられますし、日頃からそのシグナルは出していたかもしれません。

その時に少し休息を取ったり、気持ちを落ち着かせることができると良いのですが、やはり人はそのような時間を自ら進んで取るようなことができずにいます。

自分の現場から取り残されることがもっとも怖いわけです。

ただ、ここまで来てしまうともはや自分で解決するのは難しいかもしれません。

パートナーが寝言で叫ぶということをしたときは一度病院へ行くなど考えてみるようにしましょう。

意味不明なことを言う

寝言あるあるとして、意味不明なことを言うことが挙げられます。

パートナーが突然「?%§*!△…」意味不明な寝言です。

思わず口元に耳を寄せて聞いてしまいそうになりますね。

ここで「え?何って言ったの?」と聞いてはいけません。

黙って聞くのみです。

パートナーの頭の中はいろいろな情報を整理している状態かもしれません。

もしかすると外国人になってどこかの国の言葉を話しているのか、はたまた宇宙人と交信中の可能性もあります。

ですが、意外と普通に話しているのにそれがうまく口から出ないこともあります。

モゴモゴと誰かと会話をしているのでしょう。

まずはゆっくりと寝かせておいてあげてください。

もしかすると翌朝、「昨日夢に宇宙人出てきた」などと教えてくれるかもしれません。

自分の寝言で目が覚める

寝言あるあるとして、自分の寝言で目が覚めることが挙げられます。

これは経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

寝言で目が覚めるシチュエーションとしては昼寝の時が多いかもしれません。

ちょっと寝る程度というときです。

何となく睡魔が襲ってきて目を閉じてしまい、寝てはいけないと思う気持ちと葛藤してしまいます。

眠ってはいけない…けど眠たい…そのような状態ですね。

そういうときこそ不思議と夢を見るものです。

寝落ちは一瞬であるはずが、結構な夢を見ていた感があることでしょう。

そして寝言を言ったと同時に目が覚める。

これが職場であるととっても恥ずかしい思いをします。

職場で昼食後に睡魔が襲う時がありますね。

こういう時が一番危険です。

助けを求める

寝言あるあるとして、助けを求めることが挙げられます。

夜寝ていていきなりパートナーが「助けて〜!!」と言ったらどうでしょう。

びっくりして飛び起きるかもしれません。

何事が起きたかと思ってしまいます。

でも隣のパートナーは寝言を言ってそのまま寝ている状態です。

どうやら夢の中で何か事件があったようです。

誰かに追いかけられてでもいるのでしょうか。

はたまた苦手な犬にでも追いかけられているのでしょうか。

夢の中とは言え、寝言で助けを求めるくらいですからよほど逃げたかったのでしょう。

「助けて」の言い方にもぜひ注目してみてください。

単なる夢の中で何かから逃げているだけであるのか、もしかすると今の状況から逃げたいという心理であることも考えられます。

パートナーのシグナルを見落とさないようにしてあげましょう。

喋りかけてくる

寝言あるあるとして、喋りかけてくることが挙げられます。

寝ているのに突然「ねぇねぇ」と喋りかけられたらまず驚きますよね。

それよりなにより思わず「何?!」と返事をしてしまうこともあるでしょう。

そして、もし寝言なのに喋ってきたら…これはとても怖いシチュエーションです。

ここで会話をしたい衝動に駆られるかもしれません。

ただ、寝ている相手に話しかけたり、会話をすることはしない方が良いでしょう。

面白がってスマホでその状況を動画で撮る…なんてことはしてはいけません。

もし会話をしてしまうと脳にダメージを与えてしまうことにもなり兼ねません。

喋りかけられて思わず返事をしてしまっても、そのあと寝言だと分かった時点で会話は止めましょう。

ちょっとパートナーが怖くなる瞬間ですが、放っておいて眠りに落ちるのを見守りましょう。

暴言

寝言あるあるとして、暴言を吐くことが挙げられます。

もしパートナーが夜中に「〇ね!!」(NGワード)など暴言などを言っていたら、怖くなって一緒になるのも逃げたくなりますね。

夢の中でよほど腹が立ったのか、ムカついていたのか、とにかくその言葉をぶつける相手が夢の中に居たということでしょう。

それだけで済めば良いのですが、もしこれに身体も伴うことがあるとこれは大変危険な状況である可能性があります。

もしあなたに殴り掛かってきたら、そんなこともあり得るのです。

まずこうした状況になったら、病院へ行くようにしましょう。

危険な寝言もあるわけです。

少なくとも様子を見るということはしてはいけません。

たかが寝言、と考えないようにすることが大切です。

会話が成立

寝言あるあるとして、会話が成立することが挙げられます。

これは喋りかけてくることと通じることがありますが、喋りかけてくると相手が起きていると思ってしまいますよね。

思わず返事をしてしまいそのまま会話が成立…そんなこともあるのです。

そのとき寝ている状態ではなく目が開いている、てっきり起きていると思ってしまうのは当然です。

起きていると思ったら会話もしてしまいますよね。

しかも会話が成立するとなってはもう寝ている状態にはとても思えません。

ですが睡眠障害の中にはこのような行動を取ることもあります。

もうこうなると寝言の範疇ではありませんね。

一度睡眠に関する相談をすることをしましょう。

パートナーが寝ながら言ってた面白エピソードや怖いエピソード

パートナーが寝ながら言ってた面白エピソードや怖いエピソード
ここからはパートナーの寝言エピソードを紹介しましょう。

面白いものもあれば身の毛もよだつようなエピソードもあります。

本人は何も知らない状態ですから、パートナーのこうした姿は思わず画像を撮ってしまう人もいることでしょう。

ここでは面白エピソードと怖いエピソードの両方を紹介してみます。

あなたのパートナーのエピソードはどのようなことがあったでしょうか。

ぜひ頷きながらチェックしてみてください。

面白エピソード

まずは面白エピソードから紹介していきましょう。

面白い寝言は次の日に友達や沢山の人に教えてあげたくなりますね。

またなぜそんな寝言を言ったのかも気になるところです。

パートナーに教えてあげると意外と覚えていない、というのが実態です。

夢は案外覚えていない人が多いものなのです。

そんな面白い寝言を言っていたことを本人に教えてあげると恥ずかしくなってしまうことも。

寝言は笑える程度が良いのかもしれませんね。

必死に謝っている「ごめんなさい」

「夜中に突然パートナーが必死にごめんなさいと謝るので驚きました」(30才/主婦)

その日は旦那の仕事が残業で帰り時間が遅かったんです。

疲れていたみたいでご飯を黙々と食べてすぐにお風呂に入って寝ました。

私は片付けをして後からベッドに入ったのですが、眠りに落ちそうになったときです。

旦那が突然「すみません、すみませんっ、ごめんなさい、ごめんなさい!」と二回ずつ言ったんです。

思わず起きて旦那を見ました。

すごくビックリしましたが、その言い方が仕事モードで必死なんですよね。

相手に必死で謝っているのか、寝てはいますが頭を下げるような仕草をしてもがいていました。

最近旦那は忙しいので色々と苦労しているのだと思いました。

こんな風に職場で謝っているのかな、と何だか愛おしくなりました。

でもそう思った直後です、旦那が布団の中でオナラをしたんです。

もう愛おしい気持ちが失せてしまいましたよ。

臭くて思い切りお尻を蹴ってやりました(笑)

笑い出す「あはははは」

「もうあの寝言はビックリしましたが思わず一緒に笑いました」(28才/営業)

うちの妻は普段はあまり大きい声を出して笑うようなタイプじゃないんです。

笑っても口を押さえて笑う、大人しい女性です。

でもあの夜、寝静まった真夜中です。

突然妻が「あははははは」と笑い出したんです。

もうビックリしましたね。

それも声高らかに聞いたことがないような笑い声だったんです。

もう何事が起きたのかと思いました。

時計を思わず見ると夜中の2時です。

ちょっと気味悪くなりましたが、そんな風に笑ったのを初めて見たので衝撃でしたね。

写真でも撮って記念にしようかと思いましたが、もう笑い終わっていたので撮れませんでした。

でもそんな姿を見て思わず僕も笑いましたね。

食べ物「私の○○食べたでしょ」

食べ物
「うちの妻は食べるのが大好きなんです」(35才/会社員)

ちょっとポッチャリ体型のうちの妻は食べることが大好きで、料理もとても上手いんです。

毎日数種類の料理を作って待っていてくれます。

休日も食べ歩きなどするなど食べることには必死ですね。

そしてあの日も食べ歩きをして帰ってきてちょっと昼寝をすると言って横になっていたんです。

よほど食べて歩いて疲れたのか本気モードで寝入ってしまいました。

そのときです。

「〇〇(旦那の名前)、私の取っておいた冷蔵庫のチョコレート食べたよね?」と言ったんです。

もうビビりましたよ。

本当に食べてしまいましたから(笑)

そのチョコレートは少し値段が高くて、妻はお気に入りのそのチョコレートをいつも大切に少しずつ食べているのは知っていました。

でも、たかがチョコレートですよ。

私も食べてもいいじゃないですか。

きっと帰ってきて食べようと思ったんでしょうね。

外出から帰ってきて冷蔵庫を見て食べようと思ったチョコレートが無かったからショックだったんでしょう。

それがまさかあんな寝言を言うなんて驚きました。

お詫びに次の日に同じチョコを買って帰りましたよ(笑)

緊急事態「逃げて~~」

「うちの旦那は地震が大嫌いでちょっとでも揺れると地震だと言って大騒ぎするんです」(25才/パート)

最近大きな地震が増えていますよね。

うちの旦那は特に地震が苦手で、常に緊急用のグッズを入れたリュックを用意して居間に置いているほどです。

危機管理と言えば聞こえはいいですが、もう災害用グッズで部屋の中はいっぱいなんです。

この前なんか、夜テレビを見ていると少し揺れたんです。

もう大騒ぎです。

でもそれ以上何もないのでその日は大人しく寝ました。

ところが夜中に突然「逃げて!!」と叫んだんです。

地震は来てません。

完全に夢の中で地震が来ているようでした。

次の日に聞くと覚えてはいませんでしたが、さらに災害用グッズは増えましたね。

トイレに行きたがる「漏れそう」

「最近うちの旦那はトイレが近いみたいなんです」(40才/主婦)

歳なんでしょうか。

最近うちの旦那は夜中に必ず目が覚めて一度はトイレに行くんです。

ちょっと心配はしていたんですが、あまり気にしてはいませんでした。

それがついこの前のことです。

夜中に上半身を起こして「漏れそう」と言ったんです。

いつも黙ってトイレに行くのでそのときは私もびっくりして目が覚めました。

まさか寝言だとは思わなかったので「大丈夫?」と言ってしまいました。

今までそのような寝言を言ったことはなかったので。

すると旦那はまたそのまま横になって寝出したんです。

どうやら夢の中で漏れそうになっていたみたいです。

次の日にそれを言うと覚えてはいませんでしたし、なんとか漏らしてもいませんでした。

もしかするとトイレのプレッシャーがストレスになっていたのかもしれませんね。

寝ながら眠いという「眠い~~」

「実は彼女、寝るのが大好きで週末はいつも寝ているぐうたら彼女なんです」(22才/運送業)

今同棲している彼女の話なんですが、仕事が終わって家に帰ると彼女が寝ていたんです。

寝るのが趣味なので(笑)

そうしたら突然寝ているのに「眠い〜〜」とボソッと言ったんです。

あれ?起こしてしまったかなと思って彼女を見たら寝ているんです。

思わず笑いましたね。

寝ているのに眠いんか〜い(笑)

どんだけ寝れば気が済むんだろうと思いましたよ。

彼女曰く、寝ても寝ても眠いらしいんです。

夜にしっかり寝ても昼間も眠くなって急に倦怠感に襲われると。

心配になってネットで検索してみたんです。

彼女のような症状に似ている病気があって「過眠症」と言うらしいんです。

もし彼女がその病気だったら。

近いうちに一緒に病院へ行って見ようと思っています。

寝言からこんな病気が発覚するなんて、怖いなって感じました。

怖いエピソード

面白エピソードはいかがでしたでしょうか。

みなさんパートナーとの生活を楽しんでいますよね。

そんな中でクスッと笑える寝言エピソードはホッとするものがあります。

ではここからは怖いエピソードを紹介していきましょう。

どんなエピソードがあるのか知るのは怖いですが、ぜひチェックしてみてください。

会話が成り立つ

「一年前くらい前ですが旦那が突然夜中に「お腹空いた」って言ったんです」(32才/会社員)

その日は私の食事当番の日だったんです。

少し仕事で遅くなったんですが、ちょうど豚肉が安くなっていたので豚カツにしようと思いました。

先に旦那が帰って来ていたのですが、料理を作ってくれることもなくスマホを見て晩御飯を待っていました。

豚カツを食べて疲れていたので私は先に寝たんです。

すると突然旦那が私に向かって「お腹空いた」と起こすんです。

私は寝ていたのに目が覚めて「さっき豚カツ食べたよね?」と答えました。

旦那は「食べてないけど。早く晩御飯にして」と怒っているのです。

もうビックリして私は体を起こして少し気持ちを整理しようと思いました。

私の方が間違っているかも、と思ったからです。

そうして旦那を見るとちゃんとパジャマを着て寝ていたみたいなのです。

そのとき寝言だ、と気がつきました。

旦那は目は開いてこちらを見ていましたが少し虚ろではありました。

そのまま無理に横にならせてそのまま旦那は寝入りました。

翌朝、旦那に昨晩のことを聞きましたが全然覚えていませんでした。

ちょっとゾッとした夜だったのを覚えています。

浮気している「○○ちゃん好きだよ」

「彼氏はイケメン…だと私は思っています」(25才/保育士)

私の彼氏はわたし的にはイケメンだと思っています。

でも友達は否定するのですが、正直モテると思っていていつも浮気しているのではないかとヒヤヒヤしてます。

でも今のところ二人の関係はラブラブです。

ですがそんなラブラブな関係に暗雲が立ち込めるような事件があったのです。

私たちは今半同棲しています。

週末だけ彼氏の部屋で過ごしているのですが、先日一緒に寝ていると突然彼氏が「〇〇ちゃん、好きだよ!」と寝言を言ったのです。

驚いて彼を見ると寝ていたので寝言だとすぐに分かったのですが、その寝言で言った〇〇ちゃんの名前にショックを受けました。

いつも彼氏の愚痴を聞いてもらっている友達だったんです。

まさか浮気してる?!
次の日彼氏を問い詰めましたが絶対にしていないと否定しています。

肝心の友達には今はまだ確認していません。

知るのが怖くて、もし本当に浮気をしていたら友達も彼氏も失うかも、と今は辛い毎日を過ごしています。

叫ぶ「うわああああああ」

「この前寝ていると突然旦那が叫んだんです。あの夜を思い出すと怖くて」(40才/主婦)

旦那は会社員です。

今は部下もいて中間管理職で毎日遅くまで仕事をしています。

最近は悩みもあるみたいなのですが、家では仕事の話はほとんどしません。

元気のない日もあって聞いても大丈夫と言うばかりで一人で抱え込んでいるみたいなのです。

体調を崩さないかと心配していた矢先の先日、とうとう心配が現実になったと思いました。

夜寝ていると隣のベッドで寝ている旦那が突然「うわああああああああ」と叫んだのです。

もうビックリして心臓が飛び出るかと思いました。

見ると旦那の額が寝汗でビッショリでした。

苦しそうだったので思わず起こしてしまったのです。

旦那は内容は覚えていないけれど怖い夢を見たとのこと。

仕事のストレスが叫びの寝言となって出たのかもしれません。

殺人事件「殺される~」

「私の妻は最近、人間関係で悩んでいるようです」(36才/自営業)

妻は近所のスーパーでパートをしています。

もともとあまり人付き合いがよくないようなのですが、スーパーの同僚とどうやら上手くいっていないようなんです。

スーパーは女性が多い職場なのでお局のような古株のパートがいて、どうやら派閥があるらしいのです。

妻は詳しいことは話してはくれませんが、狭い職場の中で陰湿なイジメがあるようです。

直接妻は被害にあったことはないとは言っていますが、最近はパートを辞めようかと言っているのでよほどのことがあったのだと思います。

私には話してくれませんが友達には相談しているようです。

男の私には言っても理解してくれないと思っているようで。

そんな矢先、私が仕事をしていると寝室から突然妻の声で「殺される〜!!」と叫び声が聞こえたのです。

もうビックリして寝室へ駆け込むと妻は寝てはいましたが、首をしきりに触っていたのです。

たまたま妻は目を覚まし、どうやら自分の叫び声で起きたようです。

聞くと知らない男性に首を絞められる夢を見たらしいのです。

最近のストレスで心身ともに辛いようで、少し休息を取るように言いました。

先日パートを辞めて今は自宅で療養しています。

溺れてる「息できない~」

溺れる
「最近彼女がよく水で溺れる夢を見るらしいのです」(26才/会社員)

彼女は同じ職場の同僚です。

まだ付き合ったばかりなのですが結婚をしたいと思っています。

近々同棲する予定で部屋を探している最中です。

そんな彼女が最近ある夢を頻繁に見るらしいのです。

それが海か川か分かりませんが、とにかく気がつくと水の中に落ちて溺れている、というのです。

溺れてもがいていると目を覚ますと言います。

先日私は彼女のそれを見てしまいました。

一緒に寝ていると突然彼女が「息ができない…助けて〜」と声も切れぎれに訴えるのです。

私は目が覚め彼女を見ると苦しそうな顔になりもがいています。

こういう時どうして良いのか分からず、かと言って起こしてはいけないと思ったので収まるのを見守っていました。

とにかく恐怖を感じましたが頻繁に同じ夢を見るというので心配になり、ネットで夢占いを検索しました。

すると精神的な不安を抱えていることがある、ということを目にしました。

確かに結婚をする予定ではいるのですが、彼女がイマイチ乗り気ではないように感じていることに私は気がついていました。

もしかしたらそれが彼女の悪夢の原因なのだろうか…と私も悩んでいます。

寝言まで愛せるパートナーを見つけよう

いかがでしたでしょうか。

たかが寝言と思っていた人も、今回色々と紹介する中で深刻なこともあるということが理解できたのではないでしょうか。

寝言はその時の心身の状況を表すことが多いにあります。

またもしかするとそこから病気が発覚することもあるのです。

パートナーがそのような状況になるのは心配ですよね。

そうは言っても心配よりもそのようなパートナーと一緒にいることが恐怖に感じる人もいるのではないでしょうか。

心配よりも怖い思いをしたくないと思うことはいけないことではありません。

ですが大切なパートナーだからこそ寝言を含めて全てを受け止めてあげる器量を持ってあげることが大切です。

ぜひ寝言まで愛せるパートナーとお互いに気持ちを補い合える関係になっていきましょう。