ちんちくりん女子の特徴6個!小さくても魅力的にみせるコツを教えますについて
女性にとって、周りから「ちんちくりん」だと思われてしまうのは屈辱的に感じられることもあるのではないでしょうか。

特にモデルのようにクールでかっこいい女性を目指している人にとっては、ちんちくりんは侮辱されていると感じられることも多いようです。

では、どういった女性は「○○さんはちんちくりんだね」と言われやすくなってしまうのでしょうか。

また、ちんちくりんと言われてしまった場合でも魅力的な女性だと思われるようにイメージを変えることはできるのでしょうか。

この記事では意外と知らない人が多い「ちんちくりん」の意味だけではなく女性の特徴、ちんちくりん女子の魅力やデメリット、そしてちんちくりん女子が好きな人に対してアピールしたいと思った時に効果的な方法を紹介していきます。

もし今までに一度でも誰かにちんちくりんだと言われてしまったことがある人は、ぜひこの記事を読んで自分の魅力を活かしてください。

ちんちくりんの意味

まずは、知らない人も多い「ちんちくりん」という言葉の意味を紹介していきます。

以前は少女漫画などで最初は意地悪な男性が気になる女性に対して「ちんちくりんだな!」と言って怒るような描写も多く描かれていましたが、最近ではそういった描写を見る機会も少なくなったので、なんとなく意味は分かるものの正確な意味は知らないという人も多いのではないでしょうか。

実は女性に使われるイメージが多い「ちんちくりん」ですが、男性にも使われることもあります。

男性に対しても使われる「ちんちくりん」には、2つの意味があるので両方覚えておくようにしましょう。

身長が低い

身長
一般的には、ちんちくりんと言えばこちらの「身長が低い」という意味がよく知られています。

身長が低くて、実際の年齢よりも幼く見える人のことを「ちんちくりん」だと言います。

残念ながら「小さくて可愛らしい」や「若く見えて羨ましい」という褒め言葉のニュアンスはなく、どちらかといえば背が低いことを馬鹿にするような時に使われる言葉です。

そのため人に使うことはあまり推奨されていません。

自分で自分のことを自虐的に「私はちんちくりんなのでそういう服は似合わないんです」のように謙遜で使うことはありますが、その際に「確かに○○さんはちんちくりんですよね!」と同意するのは失礼になってしまいます。

「確かに小柄なので可愛らしい系統の服の方が似合いそうですよね」など表現には注意しましょう。

サイズが小さい

人間に使われることが多い「ちんちくりん」ですが、実はあまり知られていないだけで「サイズが小さい」という意味も持っています。

服の丈が短くて身体に合っていない場合に「ちんちくりんなシャツだね」のように使うことができます。

「ちんちくりん」の他にも「このズボン、つんつるてんだね」という言い方をすることもできます。

同じ意味でも、この「つんつるてん」の方が聞き馴染みがあるという人も多いのではないでしょうか。

ただし、こちらの「ちんちくりん」も服装に対する意味を持っているものの、その奥には着ている人を馬鹿にするニュアンスが込められています。

「そのシャツ、ちんちくりんだね」という言葉の後ろに、明言されていなくても「そんなシャツ着てるなんて、ちんちくりんな服装で恥ずかしいね」というニュアンスがあるでしょう。

人の場合でも服装の場合でも、いずれにせよ誰かに対しては使わない方が良い言葉であることが分かります。

ちんちくりん女子の特徴6個

あまり良い意味がない「ちんちくりん」という言葉ですが、実は「ちんちくりん」と響きが可愛い言葉であることから、悪い言葉であることを知らずに単にある特徴を持っている女性に対して悪気なく使ってしまっている人もいます。

では、どのような特徴がある女性は「ちんちくりんな女性」だと言われやすいのでしょうか。

「ちんちくりん」だと言われてしまいがちな女性の特徴を6個紹介していきます。

1:小柄な身長

ちんちくりんという言葉本来の意味にある通り、小柄な身長の女性は「ちんちくりん」だと言われてしまいがちです。

女性の平均身長は年代によっても違いますが、155cm~158cmくらいだと言われています。

そのため153cmくらいの身長など、少し平均から低いくらいで「ちんちくりん」だと言われることはありませんが、平均を大きく下回っているとちんちくりんな女性だと言われてしまう可能性があるでしょう。

具体的には150cm以下の女性はかなりの高確率でちんちくりんだと言われてしまうようです。

社会人であっても小さく、子どものような雰囲気を纏っている女性に対して親しみの気持ちを込めて「ちんちくりんだね」と言う人もいるようです。

2:手足が短め

身長が平均身長より小さいからといって、必ずしもちんちくりんだと言われるわけではありません。

同じくらいの身長の女性であっても、さらにちんちくりんだと言われやすい特徴を持っているのは身長が小さいだけではなく手足も短い女性です。

身長が小さいだけでも幼く見える上に、手足が短いとさらに幼く見えてしまいます。

そのため残念ながら下に見られてしまったり馬鹿にされてしまうことも多く、そうしたことからも「ちんちくりん」だと言われてしまいやすい特徴だと考えられています。

3:ボディラインにメリハリが少ない

実は身長が低い女性に限らず、ボディラインにメリハリが少ない女性もちんちくりんだと言われやすいと言われています。

身長が平均並であってもボディラインにメリハリが少ないと、どうしても実年齢より幼く見えてしまいやすく「ちんちくりんだね~」と言われてしまうことも増えるでしょう。

さらに身長が低くてもボディラインがしっかりしていれば「ロリ巨乳」などと言われることもありますが、ボディラインにメリハリがないことでさらに幼く見えてしまいます。

低身長かつ手足が短く、ボディラインにメリハリが少ないとますますちんちくりんだと言われてしまう可能性は高くなるでしょう。

4:首が短い

首
男女問わず、実は首が短い人はスタイルが悪く見えてしまうと言われています。

実際は160cmの身長があるのに、首が短いだけで顔が大きく見えてスタイルが悪く155cmくらいにしか見られないということも珍しくはありません。

そのため、首が短い女性も実際の身長に関係なく「ちんちくりん」だと言われてしまうことは多いでしょう。

スタイルにメリハリがしっかりある女性でも、周りの女性と比べて首が短いことでそのせっかくのスタイルが注目されずにちんちくりん扱いされてしまうことも決して珍しいことではありません。

5:ぽっちゃりして見える

首が短い女性と同じように、実際のスタイルが身長に関係なくちんちくりんだと言われてしまう人もいます。

それはぽっちゃりして見える人です。

体重はそれほど重くないのに、顔や手足など服の外側に出ている部分がぷにぷにとしている人はぽっちゃりして見えてしまうでしょう。

身体のラインが分かりやすい服を着ても、どうしても顔や手足などの見やすい部分に目が行くのでぽっちゃりに見られてしまうというケースもあります。

そうしたぽっちゃりな女性も、ちんちくりんだと言われてしまいがちです。

「ぽっちゃりして見える=自分の外見にそれほど気を遣わない=ちんちくりん扱いしても良い」と考えて馬鹿にしてくるという人もいます。

6:実年齢より幼く見える

先ほどからも軽く紹介している通り、実年齢より幼く見える女性は総じてちんちくりん扱いされてしまうリスクが高くなります。

どんなにしっかりしている人でも、幼く見えるというだけで周りの人から馬鹿にされてしまうこともあるでしょう。

言動が幼かったり滑舌が悪かったり、あるいは単に童顔なだけでも実年齢より幼く見えてしまうというケースはあります。

そうした女性を愛をこめてからかう意図を持って「ちんちくりんな人だね」と言う人もいますし、明確に悪意を持って「ちんちくりんだなぁ」と言う人もいます。

ちんちくりん女子の魅力

残念ながら馬鹿にされてしまうケースも多いちんちくりんな女性ですが、決して良い面がないわけではありません。

むしろ手足が長くて高身長でモデル体型の女性が持っていない魅力を持っていることもあります。

そうした自分自身の魅力を発揮することができれば、今まで誰かにちんちくりんだと言われて馬鹿にされた経験を持っている人も、もうちんちくりんなんて言われずに済むかもしれません。

ちんちくりんだと一度言われたことがあっても諦めず、自分にしか出せない魅力を発揮していきましょう。

可愛らしい

実年齢より幼く見えるということは馬鹿にされてしまうこともある一方で、いつまでも少女のような可愛さを保てるというメリットもあります。

ちんちくりん女子は周りの同年代の女性が持っていない可愛らしさを持っているのも魅力の一つでしょう。

年齢を重ねても可愛らしいという魅力を持っている女性は意外と多くはありません。

他の女性がなかなか持つことができない「何歳になっても可愛い」という魅力を活かしていくことができるでしょう。

親しみやすい

さらにちんちくりん女子には親しみやすいという魅力があります。

クールな美人は周りの人から憧れることはあっても、なかなか話しかけづらく男性だけではなく女性からも遠巻きにされてしまうことも珍しくはありません。

しかし、ちんちくりん女子は可愛らしい魅力を持っている親しみやすい存在です。

そのため、周りにたくさんの人が集まりやすいでしょう。

周りから愛されて世話を焼いてもらえることもありますし、自分で意識しなくても友達ができやすいというメリットがあります。

人見知りな性格をしている人でも安心して話しかけられる魅力を持っているのがちんちくりん女子です。

守ってあげたい

可愛らしいちんちくりん女子は、周りの人から妹のように扱われることもあるでしょう。

周りの人に「とにかく構ってあげたい」や「美味しいものを食べさせてあげたい」のように愛されることもあります。

さらに「同年代だと分かってるけど、なんとなく一人にさせておくのが心配」という庇護欲をかきたてることも珍しくはありません。

周りの人に守ってあげたいと思わせるのはちんちくりん女子の大きな魅力だと言えます。

特に男性からのウケは良く、頼られたい気持ちが強い男性からモテるということもあるでしょう。

女性を守りたいという願望が強い男性とちんちくりん女子の相性は非常に良いと言えます。

一生懸命に見える

外見的に実年齢よりも幼く見えるちんちくりん女性は、普通にしているだけでも一生懸命に行動しているように思われがちです。

そのため何もしていなくても「頑張っていて偉いね」となぜか褒められるというケースもあるでしょう。

自分では余裕を持って取り組んでいるのに周りからは必死に見えて、いつの間にか周りの人に協力してもらえるということもあるかもしれません。

また、買い物の際にもちんちくりん女子は得をしやすいと言われています。

実年齢よりも幼く見えて親しみやすく、重たいものを頑張って運んでいるように見えるちんちくりん女子はオマケをしてもらえることも少なくはありません。

特に商店街などの昔からある個人商店で店員さんが年配の方の場合は高確率でオマケをもらえるでしょう。

自然な上目遣い

上目遣い
男性が女性の上目遣いに弱いということは非常によく知られている有名なことです。

しかしながら、知られているからこそ上目遣いで接すると「あざとい」と思われてしまうこともあります。

また、意外と自然な上目遣いは難しく、意識してやろうとすると「睨んでいる」と思われたり、ひどい時には「白目をむいている」と思われたりすることもあります。

しかし、低身長なちんちくりん女子はそのような心配もありません。

男性と話していると自然に上目遣いになってしまうため白目をむいていると思われることもありませんし、睨んでいると怖がられる恐れもありません。

さらには「あの子は小さいから仕方ない」と、あざといと思われるリスクを排除することも可能です。

すなわち、気になる男性がいる時に周りの人に気付かれることなく効果的にアプローチをすることができるのです。

これは恋愛において他の女性が持っていない、ちんちくりん女子ならではの魅力だと言えるでしょう。

高い所に手を伸ばす姿が可愛い

何事も一生懸命に行動しているように見えるちんちくりん女子ですが、その中でも特に高い所に手を伸ばす姿は愛らしく見えるでしょう。

他の人は台を使わずに手が届く場所でも、身長が低くて手足が短いちんちくりん女子だと台を使ったり懸命に背伸びをしなければ手を伸ばすことができません。

毎回脚立や踏み台を用意している姿が一生懸命で可愛らしいと思う人もいますし、そうした足場の上で懸命に動いている姿を見て「危なっかしいから守ってあげたい」と考える男性は多いでしょう。

小さい子がお手伝いをしている姿を微笑ましく眺める人が多いように、ちんちくりん女子が高い所に手を伸ばす姿を見て「今日もちんちくりん女子は可愛いなぁ」と癒される人も少なくはありません。

頭が撫でやすい

男性にとって女性の頭を撫でるのは一種の憧れです。

女性に対して優位に立っている気持ちになれますし、「この人のことを自分が認めてあげている」という満足感も得られます。

特にプライドの高い男性にとって、女性の頭を撫でることは非常に満足感の高い行為です。

男性とあまり身長が変わらない女性に場合、男性が頭を撫でようと思っても不格好になってしまいますが、低身長なちんちくりん女子ならその心配もありません。

プライドの高い男性もかっこ良く頭を撫でることができるので満足できるでしょう。

さらに女性の中にも人の頭を撫でるのが好きだという人は少なくありません。

ちんちくりん女子の場合、一般的な女性よりも身長が低いことが多いのでそうした女性も満足するでしょう。

まさに男女共に愛される存在だと言えます。

女の子らしい服が似合う

女の子らしい服
年齢を重ねると「女の子らしくて可愛い服」はなかなか似合わなく、着づらくなってしまいます。

自分の趣味は関係なく「年齢に合った女性らしくて綺麗めな服装」を選ばざるを得ない人は増えてくるでしょう。

しかしちんちくりん女子は元々実年齢よりも幼く見えるため、あまりそうした配慮は必要ありません。

周りが綺麗めの服を着ている時でも、安心して可愛くて女の子らしい服を着ることができます。

綺麗めな服装を好む場合、ちんちくりん女子でも着やすいものを着ることができます。

それに加えて女の子らしくて可愛い服装を着こなすこともできます。

必然的にコーディネートの幅が広がりおしゃれを楽しみやすくなるでしょう。

ちんちくりん女子のデメリット

世間的なイメージよりも魅力がたくさんあり、悪いことばかりではないのがちんちくりん女子です。

しかしながら、ちんちくりん女子にはちんちくりん女子なりのデメリットも存在しています。

どのようなデメリットをちんちくりん女子は抱えやすいのか、自分を客観的に知るためにもチェックしておきましょう。

似合う服が限られる

ちんちくりん女子に向けた綺麗めな服装もあるとはいえ、どうしても平均身長の女性たちに比べて数は少なくなってしまいます。

また、数が少ないということは値段も高いためなかなか手を出しづらいこともあるでしょう。

そのため、子供服を買うなど可愛らしい服装がコーディネートの主軸になってしまうことも珍しくはありません。

似合う服が限られてしまうので、あまり服にお金をかけたくない人にとってはファッションを考えるのが憂鬱な場面も多くあるでしょう。

さらに、子供と同じ服装をしていると安っぽく見えてしまったり、コーデによっては「年齢を考えずに無理して若ぶっているイタイ人」に見えてしまう恐れがあります。

可愛らしい服装を着こなすことができるちんちくりん女子ですが、組み合わせを考えないとちぐはぐな印象を与えてしまう恐れがあることは覚えておいた方が良いでしょう。

子供扱いされる

実年齢よりも幼く見えるため必然的に愛されやすいちんちくりん女子ですが、どうしても子供扱いされてしまう場面も増えてしまいます。

真面目な話をしているつもりでも「はいはい、後でゆっくり話を聞くからね~」と軽く扱われてしまったり、同年代の人に馬鹿にされてしまうこともあるでしょう。

また、初対面でお互いの年齢を知らない相手にいきなり馬鹿にされてしまうということもありますし、社会人であれば自分より後輩から知らずにため口をきかれたり、年齢を教えてからも舐められて指導に支障が出てしまうというケースもあります。

愛されキャラとして得をすることも多いちんちくりん女子ですが、一方で初対面から低く見られて辛い思いをすることも同じくらいあるでしょう。

高い所に手が届きにくい

高い所に手を伸ばしている姿が一生懸命に見えて可愛らしいのはちんちくりん女子にしかない独特の魅力です。

しかし、周りの人から見れば愛らしく見える姿でも、本人にとってはデメリットになることもあるでしょう。

他の人が手の届く場所でもいちいち脚立を用意しなければならないというのは非常にストレスがかかる行為です。

毎回脚立を用意するのも面倒ですし、だからといって毎回物を取ってもらう時に人に頼むのも気が引けてしまうでしょう。

周りから「作業が遅い」と思われるかもしれないと心配になってしまうこともありますし、場合によっては「脚立を用意する姿をアピールしてあざとい」と悪意をぶつけられてしまうこともあります。

さらに、台所や洗面所、看板の目線などは平均身長に合わせて作られているものです。

そのため賃貸などに入居すると家が使いづらいこともありますし、貼ってあるポスターを見るために首が疲れてしまうこともあるでしょう。

注文住宅にする場合でも平均身長の人よりお金がかかってしまうなど、不便な点も少なくはありません。

人ごみに埋もれてしまう

人ごみ
さらに低身長なちんちくりん女子は人ごみに埋もれてしまうという不便な点もあります。

周りの人より身長が低いため手足も短く、人が多い場所では人の流れに沿って歩くだけで疲れてしまうでしょう。

自分の進んでいる方向が合っているか確認したくても、背が低くて目線も低いため看板を確認するのも一苦労です。

非常に背が低いちんちくりん女子の場合は、看板を確認したくても周りの人の頭で隠されてしまい確認できないこともあります。

なかなか流れに乗って歩けないため、気付いたら友達とはぐれてしまっていたという経験を持っている人も多いでしょう。

満員電車や夏祭りなど、人が集まる場所では息苦しくなってしまって休憩を頻繁に取らないといけない場合もあります。

友達とはぐれてしまいやすいので迷惑をかけたくなくて、人ごみを避けてしまうという場合も少なくはありません。

彼と手をつなぎにくい

人ごみに埋もれてしまうのが嫌であれば、彼と手をつなげば良いのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。

確かに平均的な身長の女性であれば、彼氏と手を繋いで歩くことではぐれることもありませんし、周りの人から押されてしまうことも減ります。

彼と手をつないで歩くのはお互いにとってもメリットが多いと考えることができるでしょう。

しかし、残念ながらちんちくりん女子にとっては彼と手をつなぐのもそれほど楽なことではありません。

彼が平均的な男性の身長をしている場合でも、お互いの手の高さが合わずにお互いに疲れてしまうリスクがあります。

さらに男性が平均的な身長よりも高身長の場合はお互いに余計に疲れてしまうこともありますし、見た目もそれほどよくありません。

彼と手をつなぎたくても、なかなか手をつなげないのがちんちくりん女子なのです。

ちんちくりん女子の効果的なアピール方法

確かにちんちくりん女子にはここで紹介したように色々なデメリットもありますが、魅力的なポイントもたくさんあります。

体型によってメリットもデメリットもあるのは、ちんちくりん女子に限らずどんな身長や体型の女性でも同じことです。

高身長でモデル体型の女性も嫉妬されやすかったり遠巻きにされるというデメリットもありますし、平均的な女性でも特徴がないなどのデメリットもあります。

ちんちくりん女子の場合も、デメリットにばかり目を向けずに自分の魅力をアピールしていく方法を考えることで恋愛を成功させられる可能性は高くなるでしょう。

ちんちくりん女子は自分の気になる男性にどのようなアピールをしていくのが効果的なのか、実際に5つのアピール方法を紹介していきます。

可愛らしさをそのまま活かす

ちんちくりん女子の一番の特徴は何よりも可愛らしいことです。

全てのちんちくりん女子に共通しているので、そのメリットは十分に活かしていきましょう。

無理に綺麗めの服装を着たりクールな女性を目指しても、ちぐはぐな印象を与えてしまって失敗してしまう可能性があります。

ちんちくりん女子の可愛らしさは、他の女性には決して真似できないちんちくりん女子特有の武器になってくれます。

何歳であっても自分らしい可愛さを活かして男性にアピールすることで、馬鹿にされるだけではなく周りに愛される存在になることができるでしょう。

上目遣いでお願いをする

先ほど紹介したように、上目遣いはかなりのテクニックが必要なスキルです。

多くの男性を落としている魔性の女性でも上目遣いは難しいと言っている人も少なくはありません。

しかし、そのような高等テクニックが必要な上目遣いも、ちんちくりん女性なら違和感なく使いこなすことができます。

周りに対してもあざといというマイナスイメージを持たれずに済むのもちんちくりん女子ならではのメリットでしょう。

そのため、ちんちくりん女子はお願いする時は常に上目遣いになるように意識ていきましょう。

ただし、自分で「上目遣いにしよう」と思う必要はありません。

意識しすぎると、他の女性と同じように白目になったり睨んでいるように見えたりするリスクがあります。

そのままで上目遣いになるので、自信を持って可愛くお願いしましょう。

内面とのギャップを見せる

幼く可愛く、時には頼りなく見られてしまうのがちんちくりん女子です。

しかし、決して中身まで可愛くて幼く、人より頼りないわけではないでしょう。

外見はちんちくりん女子の特徴を満たしていて誰が見てもちんちくりん女子であっても、内面までがそうとは限りません。

むしろ、外見的にちんちくりん女子であればあるほど内面とのギャップが大きくなって効果的なアピールが可能になります。

周りの男性に「可愛いだけじゃなくしっかりしていて、まさに理想の奥さんだ」と思わせるのも無理な話ではありません。

外見がちんちくりん女子だからといって諦めて愛されキャラに甘んじるだけではなく、積極的に内面とのギャップもアピールしていくようにしましょう。

努力している姿を見せる

ちんちくりん女子は親しみやすい愛されキャラなので、そのままでも多くの人に愛されて構ってもらうことができます。

ちょっと困っている顔を見せるだけで、何も言わなくても周りの人が率先して助けてくれるという恵まれた環境にいる人も多いでしょう。

しかし、それだけではなかなかあなた本人の魅力をアピールすることはできません。

魅力をアピールするためには努力している姿を見せることが重要です。

努力している姿を見せることで「この人は周りに甘えているだけではなく、しっかり自分でも頑張れる女性なんだ」と思わせることができるでしょう。

普通にしているだけでも一生懸命に見えるちんちくりん女子が努力することで、効果的に努力のアピールが可能です。

一方で、注目を集めやすいちんちくりん女子ですので努力を怠って甘えてばかりいるとそうした姿が目立ってしまうという一面もあります。

「周りが助けてくれるからって、努力しない人なんだな」と思われるとマイナスイメージになるだけではなく、年齢を重ねるほど自分が不利な立場に追い込まれてしまうでしょう。

しっかり自分でも努力してアピールしていくことが重要です。

男性の気遣いに素直に感謝する

自分で努力しているちんちくりん女子ほど、周りの人から「手伝ってあげたい」と思われるでしょう。

特に男性にとっては幼く見えて可愛いちんちくりん女子は助けてあげたいと思わせる存在です。

自分で頑張っている時に手助けしてくれようと声をかけてくれる男性も非常に多いのではないでしょうか。

その時には「自分でできます!」などと意地を張ってはいけません。

ちんちくりん女子に声をかけている男性は「自分が女性を守りたい」や「女性に感謝されたい」という気持ちの強い、いわゆるヒーロー願望を持っている男性であることがほとんどです。

そういったタイプの男性に対して意地を張ってしまうと「可愛げがない」と一気にイメージが悪くなってしまう恐れがあります。

自分が頑張っている場面でも助けてくれた男性に対しては素直にお礼の言葉を言うようにしましょう。

本当に自分の力だけでやり遂げたい内容に関しては「ありがとうございます。でも、これは大丈夫です」のように断る場合も最初に感謝を言うことで感謝を真っ先に表現することが重要です。

ちんちくりん女子の魅力を最大限に活かそう

持っているデメリットも多いですが、周りの女性は決して持っていない魅力を持っているのもちんちくりん女子です。

ちんちくりん女子の魅力を最大限に活かして男性を虜にしていきましょう。