同僚を好きになった時の対処法7選!アタックの仕方次第で素敵な関係になれるかもについて
年齢も近く毎日会うことも少なくはない同僚は、大人になってからでも一生の友達が見つかりやすいと言われています。

もちろん一生の友達だけではなく、相性によっては単なる同僚が一生の伴侶になってくれることもあるでしょう。

では、同僚の男性を好きになった時にはどうすれば良いのでしょうか。

男性が好きな同僚女性にとる脈あり態度や、アプローチをしかける際の注意点も覚えて同僚と素敵な恋愛を楽しみましょう。

同僚に恋愛感情が芽生えやすい理由

まず、同僚に恋愛感情が芽生えやすい理由を考えてみましょう。

学生時代のことを思い出してみると、同じクラスや委員会、学年が違う場合は同じ部活などなんらかの共通点を持った人を好きになることが多かったのではないでしょうか。

同僚もそれと同じで共通点があり話しやすくて話が盛り上がりやすいだけではなく、接する機会が多いため自然と恋愛感情が芽生えやすいと言われています。

話す機会が多ければ多いほど同僚に恋愛感情を抱きやすくなりますし、研修が多かったり部署が同じなど接点が多い同僚ほどその可能性は高くなります。

職場恋愛に興味のある人は多い

人によっては職場恋愛に対してどうしても拒否感があるという人もいるでしょうし、職場によっては規則で職場恋愛自体を禁止している会社もあるでしょう。

また、明言されていないものの同じ職場で恋愛をするとどちらかが異動になってしまう会社も少なくはありません。

しかしながら、裏を返せばそれらは会社が禁止しなければならないほど職場恋愛に興味がある人が多いということの証明にもなります。

社会人が恋愛をしたいと思った時、合コンや街コン、婚活パーティーよりも先に思い浮かべるのは職場恋愛なのです。

同僚を好きになった時の対処法7選

では同僚を好きになった時にはどうすれば良いのでしょうか。

合コンや街コンで出会う男性とは違い、職場恋愛の場合は相手の男性に職場で恋愛相手を探すつもりがないとアプローチがなかなか通じづらくて困ってしまう場合もあります。

そうした鈍感な男性に対しても通じやすいアプローチ方法を7個紹介していきます。

1:笑顔を心がける

笑顔の女性
まずは笑顔を心がけて接するようにしましょう。

職場ですので誰に対しても笑顔で接している人も多いかもしれませんが、その人と話す時や一緒に作業をする時には特に笑顔を心掛けることが重要です。

笑顔は職場恋愛に限らず、恋愛において自分が好意を持っていることを相手にアピールしたい時に非常に有効な方法です。

男性自身が鈍感でなかなか気付けないタイプでも、周りの人から「あの人、お前のこと好きなんじゃない?」と言われる可能性を高めることもできます。

好きな人と接する時には普段よりも笑顔を多めにするように心がけましょう。

2:褒める

笑顔で相手と接するのと同時に、相手に対して褒めることも忘れてはいけません。

相手が疲れている時、大きな仕事を終わらせた時には積極的に褒めていくようにしましょう。

褒める時にも口先だけで「すごいね」と褒めるのではなく「○○できるなんてすごいね」のように具体的に褒めるのが重要です。

具体的に褒めることによって、相手に対して「この人は自分をちゃんと見てくれる人だ」と意識させることができます。

大人になると褒めるのが恥ずかしくなってしまいがちですが、相手に自分を意識させるためにも具体的にどんどん褒めていくようにしましょう。

3:相談を持ち掛ける

男性に対するアプローチとして有効なのは「あなたのことを頼りにしています」ということを言葉や態度で示すことです。

相手のプライドをくすぐり、「この人は俺が守ってあげなければ」という気持ちにさせるためにも、相手に相談を持ち掛けて距離を縮めましょう。

最初は仕事上の相談でも、徐々にプライベートな相談を増やしていくのがおすすめです。

プライベートな相談ができればできるほど、相手との心の距離を縮めることができるでしょう。

相手の負担にならないように加減しながら相談を持ち掛けて距離を縮めていきましょう。

4:関わる機会を増やす

同僚との恋愛とはいえ、職場の環境によっては毎日会うのは難しいという人もいるでしょう。

そういった場合はまずは相手と関わる機会を増やし、自分の長所をアピールしたり相手を飲みに誘うなどのアプローチをしても不自然に思われない距離まで近付く必要があります。

同僚とはいえなかなか話せない人、それほど親しくない人、まだ相手との距離感が掴めない人と恋愛をする場合は急に褒めたり二人っきりで遊びに行くなどのアプローチではなく、関わる機会を増やして長期戦覚悟のアプローチをしていきましょう。

仕事を手伝う

関わりを増やすための一番自然な方法は仕事を手伝うことです。

特に今まであまり話したことのない同僚の場合は、急に二人飲みに誘っても相手に断られてしまう可能性があります。

まずは一緒にいても不自然ではない仲になるためにも相手の仕事を手伝いましょう。

特に残業中に手伝ってあげれば「帰りが遅くなったから食べて帰ろう」のように自然に誘いやすくなります。

自分のスキルアップにも繋がりますので、好きな人が大変な仕事をしているのを見かけたら積極的に手伝って距離を縮めていくようにしましょう。

飲み会などで隣に座る

飲み会
仕事を手伝って十分に距離を縮めることができたら、次は飲み会などで隣に座ってみましょう。

飲み会で隣に座ることができれば、今まで仕事中にしか話したことがなかった相手でも色々な話をしやすくなりますし、酔った勢いで素直に好意をアピールすることもできるでしょう。