マニュアル化は面倒ですが、一度マニュアル化してしまえばあなただけが仕事をしなくても手が空いた人ができるようになります。

新入社員でも簡単にできるほどマニュアル化しておけば、今までその仕事に割いていた時間で業務効率化に取り組んだり、早く帰って余暇を堪能してリフレッシュしたりすることができるようになるでしょう。

外注

自分の部下や後輩に任せるだけではなく、時には外注することも必要です。

社内の得意な部署にお願いしたり、時にはお金を払って専門機関に頼んだ方が早い場合もあるでしょう。

コストがかかるように見えても時間をお金で買うと考えれば効率的な場合もあります。

外注した方が効率的なものに関しては、積極的に外注していくのもおすすめです。

できない仕事は断る

業務の効率化を進めて生産性を上げていくと、余裕があるように見えて周りからどんどん仕事を頼まれてしまう恐れがあります。

もちろんそうした仕事を受けることも大切ですが、どうしても無理な仕事や時間的に厳しい仕事、キャパオーバーになってしまうような仕事は勇気を持って断ることも大切です。

八方美人にならないように注意しましょう。

生産性を高めて効率よく仕事しよう

生産性を高い人は元から有能な人に見えることもありますが、実は能力的には周りの人とそれほど変わらず単に効率化が上手いだけということもあります。

そうした人のまねをしつつ自分の生産性を高め、効率良く仕事をして余暇を満喫するようにしましょう。