恥ずかしい出来事19選!人生で赤っ恥な出来事あるあるをみて共感して笑っちゃおうについて
人生の中で、今まで一度も失敗をしたことがない人はいないと思います。

悔しい失敗をしたことがある人もいれば、失敗をしたことが原因で思い出すのが辛いほど恥ずかしい気持ちになってしまったことがあるという人もいるでしょう。

人によって恥ずかしいと感じる出来事には差がありますが、内容によっては数年以上前のことなのに未だに思い出しては恥ずかしさでいたたまれなくなってしまうということもあります。

周りの人が隠している、恥ずかしい出来事にはどのようなものがあるのでしょうか?

ハプニングの内容や思い出してしまうタイミング、そしていざ恥ずかしい失敗をしてしまった時に有効な対処法も紹介していきます。

恥ずかしい出来事があった人も、いつまでも気に病まずに笑い飛ばして乗り越えていきましょう!

恥ずかしい出来事19選

人は、恥ずかしいことがあった時もなかなかそれを周りの人に打ち明けたりはしません。

自分の中で忘れようとして内緒にしてしまう人が多いため、周りの人が失敗していることを知らずに自分だけが恥ずかしい思いをしていると自信をなくしてしまうこともあるでしょう。

しかし、当然ながらそんなことはありません。

あなたと同じように周りの人も恥ずかしい出来事に遭遇しています。

ここでは、よくある恥ずかしい出来事や瞬間を19個紹介していきます。

1:スカートがめくれて下着が丸見え

女性にとってありがちな恥ずかしい出来事は、スカートがめくれて下着が丸見えになってしまうことです。

特にミニスカートを穿いてリュックを背負っている時には、いつの間にかスカートがめくれてしまっているということもあるのではないでしょうか。

前なら自分で気付けますが、後ろだとなかなか気付けませんよね。

周りの人も指摘しづらいので、長時間放置されてしまうこともあります。

なんとなくお尻がスースーすることに気付いてチェックしたら、下着が丸見えになっているという経験をしたことがある人もいるでしょう。

その状態でいた時間が長ければ長いほど、恥ずかしさでいたたまれなくなってしまいます。

2:ズボンのファスナーが全開

ズボンのファスナー
恥ずかしい出来事はスカートの時にだけ襲ってくるわけではありません。

いわゆる社会の窓であるズボンのファスナーが全開になってしまうケースもあります。

朝、慌てて着替えてそのままにしてしまったり、お手洗いの後でうっかり忘れてしまうということもありますよね。

これもスカート同様に、周りの人は指摘しづらい失敗です。

冬場のように丈の長い服を着ていれば気付かれないこともありますが、夏場などの短いトップスの時には周りにバレバレになってしまいます。

来客の応対などをその状態でしていると、もう恥ずかしくて仕方ないでしょう。

3:泥酔してバカ騒ぎ

お酒の勢いで恥ずかしいことをしてしまう人も少なくありません。

その中でもお酒を覚えた成人したての頃は、ついつい自分の許容量が分からずに泥酔してバカ騒ぎしてしまうこともあるのではないでしょうか。

大学生など、お酒を飲めることが嬉しくて気が大きくなり、普段は大人しい人でもバカ騒ぎしてしまうということもありますよね。

翌朝、記憶が残っていればその場で真っ青になることもあるでしょう。

また、記憶をなくしていても一緒にバカ騒ぎをした相手や、迷惑をかけた友達がずっと覚えていると何年経ってからでも「そういえば、あの時は騒いでたよね」と話題になってしまい、会うたびに恥ずかしい思いをしてしまうということもあります。

4:泥酔しておもらし

お酒を飲んで泥酔してバカ騒ぎよりももっと最悪なのが、泥酔しておもらしをしてしまうことです。

それでも、なんとか家に帰ってきて一人の時や家族しかいない場面でならマシかもしれませんが、友達と居酒屋で寝ている時におもらしをしてしまうと、もう最悪です。

酔いつぶれておもらしをしてしまうこともあれば、トイレが間に合わずに漏らしてしまうこともありますよね。

いずれにせよ、その瞬間から帰るまでずっと気まずいことは間違いありません。

友達の服や鞄などを汚してしまった場合は、翌日以降のクリーニング代の支払いも含めて気まずさしかない失敗になってしまいます。

5:人前でおならが出た

おならなどの生理現象は誰でも起きるものです。

どんなに美人でもイケメンでも全くおならをしないという人はいないでしょう。

しかし、人前でおならをしてしまうと恥ずかしいこと間違いありません。

しかも臭いおならだと、もう最悪ですよね。

時には我慢しきれずにおならが出てしまうこともありますが、しーんとした会議の時などは音も臭いも目立ってしまうのでそのまま忍者のように消えてしまいたいと感じることもあるのではないでしょうか。

6:人前で思いきり転んだ

おもらしやおならなど、汚いものばかりを恥ずかしいと思うわけではありません。

人前で豪快に転んでしまって恥ずかしい思いをしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

急いでいる時は足元がおろそかになってしまいがちですので、転んでしまうこともあるでしょう。

特に女性の場合、ヒールを履いているとさらに転びやすくなってしまいます。

周りに友達しかいないのであれば、笑い話として忘れることもできるでしょう。

ですが、街中など知らない人が多い場面や、好きな人の前で思い切り転んでしまうと忘れようと思っても忘れられませんよね。

転んで怪我をして周りに迷惑をかけてしまったり、スカートで転んでスカートの中が見えてしまうとさらに一層恥ずかしくなってしまいます。

7:ヒールがマンホールの蓋の溝にハマった

女性のあるあるな恥ずかしい出来事として、ヒールがマンホールの蓋の溝にハマってしまうという失敗談もあります。

街中をヒールで闊歩していると急に足元がガクンとなって、慌てて見てみるとマンホールに捕まってしまっていることもあるのではないでしょうか。

慌てれば慌てるほどマンホールから抜け出すことはできませんし、周りの人の注目も集めてしまうので最悪な出来事ですよね。

新品のヒールを履いてかっこよく歩いている時ほど、こういう失敗をしてしまいがちです。

しかも、それで約束の時間に遅れたりヒールが折れてしまったりすると、それ以来マンホールがトラウマになってしまうという人もいるのではないでしょうか。

8:トイレの鍵を閉め忘れて開けられた

トイレの鍵
誰もがほっと一息つけるトイレにまつわる失敗談も少なくはありません。

お腹の調子が悪かったり、なかなかトイレに行く機会がなくて慌てて駆け込んだトイレで鍵を閉め忘れてしまうということもあるでしょう。

すぐに気付くことができれば大丈夫ですが、気付かずに用を足している時に扉を開けられると、自分はもちろん相手も気まずくなってしまいますよね。

学校のトイレのように複数個あれば、その人がいなくなるのを待ってから出ることもできますが、カフェのトイレのように一つしかない場所では逃げることもできません。

トイレから出て顔を合わせた時の気まずさも忘れられない思い出になるでしょう。

9:男子トイレと女子トイレを間違えた

大人になってからはほとんどないかと思いますが、学生時代に男子トイレと女子トイレを間違えた経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

学生の時は男子トイレと女子トイレが隣接しているので、慌てていると間違えてしまうことも多いですよね。

そこで、使用中の異性がいると最悪です。

男性だったら痴漢に間違われて通報されてしまうかもしれませんし、女性でも周りから痴女扱いをされてしまうかもしれません。

学生であれば、その間違いがきっかけでいじめに繋がりかねないほどリスクが高いと言わざるを得ません。

10:変身ポーズをしているのを見られた

実は周りに誰もいない時に色々なポーズを決めて遊んでいるという人も多いのではないでしょうか。

家の中で昔好きだったキャラクターの決め台詞を言ってみたり、自分のオリジナルのポーズを決める人もいるでしょう。

しかし、そういう姿を誰かに見られてしまうと恥ずかしくて仕方ないですよね。

誰もいないと思って道で変身ポーズを決めているのを見られたり、家の中だからと安心して1階でポーズを決めていたらカーテンが開いていて知らない人と目が合うこともあります。

上手にごまかせずに、ちょっと体操していただけなんて装って回避した経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

11:ノリノリな姿を人に見られた

変身ポーズと同じくらいにありがちなのが、ノリノリな姿を人に見られてしまうことです。

作業をしていて楽しくなってしまいアニメのキャラクターのような動きをしてしまったり、イヤホンで大好きな音楽を聴きながら道を歩いているとテンションが上がってしまってアーティストの動きを真似てしまうようなこともあるでしょう。

変身ポーズを見られるのと同じくらい、ノリノリな姿を人に見られてしまうのも恥ずかしいものです。

その動きが日常の動きと違うものであればあるほど、恥ずかしくてどうごまかせば良いか分からなくなってしまうでしょう。

ちょっと転んだふりをしてみたり、全力ダッシュでその場から逃げ出したりすることもあるかもしれません。

いずれにせよ、本人は上手にごまかせたつもりでも実際は全然ごまかせていないことも珍しくはありません。

12:電車で知らない人の膝の上に座ってしまった

毎日残業続き、朝も早くから出勤してばかりだと疲れてしまって判断力も落ちがちです。

通勤中の満員電車で、運良く席が空いているとそこに向かって周りを気にする余裕もなく突進してしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、疲れているのはあなただけではありません。

他の人たちも同じように疲れていて、空いている席に向かって突進しているでしょう。

そうすると、少しのタイミングのズレで誰かの膝の上に座ってしまうことがあります。

椅子取りゲームのようにそんな状況になってしまうと、座られた方ももちろん座ってしまった人も周りの人も気まずい雰囲気になってしまいます。

13:人違いで知らない人に話しかけてしまった

この世の中には同じ顔をしている人が3人いると言われています。

同じ顔だけでも3人もいるんですから、顔が似ている人や後姿が似ている人は何万人もいても不思議ではありません。

そういう人が近くにいると、ついつい間違えてしまうこともあるでしょう。

道端で学生時代の友達を見つけて、当時のノリでアダナを呼びながらテンション高く話しかけてみたら全然知らない人だと、気まずくなってしまいます。

さっきまでのテンションはどこへやら「あ、すみません…間違えました……」と早口に小声で言って目も合わせずに慌ててそこから立ち去るしかないでしょう。

14:知らない人の買い物カゴに商品を入れてしまった

友達の家で宅飲みしよう!ということになり、大勢でスーパーに買い出しに行く時にありがちなのが、知らない人の買い物カゴに商品を入れてしまうことです。

「あなたはお菓子担当!」などと分担制で買い物をしていると、友達だと思ったよく似ている人のカゴに商品を入れてしまうこともあるでしょう。

すぐに間違いに気付いてお互いに笑い話になるような状況なら恥をかくだけですが、相手が厄介な人だとそこからトラブルに発生してしまう恐れもあります。

その後の飲み会でネタにされてしまうか、あるいは飲み会が台無しになるほどトラブルになってしまうのか、いずれにせよ好ましい状況ではないでしょう。

15:上司を「先生」と呼んでしまった

小学校の時に先生のことを「お母さん」と呼んでしまうのは、珍しくはない間違いですし微笑ましく思われます。

本人もその場では恥ずかしい思いをするものですが、数年も経つと忘れているか笑い話にすることができるでしょう。

ただし、大人になるとそうもいきません。

上司を「先生」と呼んでしまうと、恥ずかしくていたたまれない気持ちになってしまうでしょう。

また、大学を卒業したての新入社員が厳しい上司を「先生」と呼んでしまったりすると「いつまで学生気分が抜けてないんだ!」と怒らせてしまう原因になってしまう恐れもあります。

16:店員を「お母さん」と呼んでしまった

大人になってからしてしまいがちな呼び間違いは、上司を「先生」と呼んでしまうミスだけではありません。

店員さんのことを「お母さん」と呼んでしまうこともあるでしょう。

実際、自分の母親には全く似ていない若い女性のことを「お母さん」と呼んでしまうこともありますし、時には男性店員を呼び間違えて「お母さん」扱いしてしまうこともあるかもしれません。

上司や知らない人を「お母さん」と呼ぶよりはマシかもしれませんが、いずれにせよ恥ずかしいことに変わりはないでしょう。

中学生くらいまでならまだなんとか許させる間違いかもしれませんが、大人になってから呼び間違ってしまうとマザコン疑惑が出てくるかもしれませんね。

17:店員に間違えられた

コンビニやドラッグストアやファミレスなど、店員さんが制服を着ている業種ではあり得ないと思いますが、アパレルショップや雑貨屋さんのように店員さんも私服を着ている場合は店員に間違えられることもあります。

「この商品の在庫はありますか?」と聞かれて、こっちもぽかーんとしてしまうし、相手もぽかーんとしてしまうでしょう。

「あ、店員じゃないです…」と答えた時、相手は恥ずかしくて逃げて行くと思いますが、あなた自身も恥ずかしくなってしまうでしょう。

「店員さんに見えるほど店内の雰囲気に馴染んでいてオシャレな存在だった」と自分で自分を慰めることしかできません。

18:恋人に送るメールを取引先に送ってしまった

メール
誰でもプライベートと仕事の態度は違っているものです。

恋人の前で取引先とのかしこまった電話をするのは恥ずかしいものですし、取引先に対して恋人といる時の甘えた態度を見せたいと思う人はいないでしょう。

しかし、メールの送信先を間違うことで意図せずそうした態度を見せてしまうこともあります。

最近では自分のスマホを仕事用に利用している人も少なくはありません。

恋人と取引先の名前が似ていると、間違ってメールを送信してしまう可能性もあります。

「今日はね、たくさん甘えたいの~~♪」など恋人にしか見せない姿を取引先に見せてしまうと、メールでの謝罪が気まずいのはもちろん、その後の取引先訪問も恥ずかしくて行きたくなくなってしまいますね。

19:スマホに保存している自撮りコレクションを見られた

TwitterやInstagramで自分の自撮り写真を定期的に投稿している人もいるでしょう。

そういう人たちは投稿のタイミングで新しい自撮り写真を撮るのではなく、事前に何枚か用意している場合もあります。

そのため、必然的にスマホには自撮りコレクションが貯まってしまうことになります。

友達に旅行の写真を見せている時に、間違ってそうした自撮りコレクションが見られてしまうのは恥ずかしいものです。

単に良い自撮りを投稿のために貯めているだけなのに、周りからナルシストだと思われてしまうリスクもありますね。

言い訳をするにも恥ずかしく、困った状況になってしまうのは間違いありません。

恥ずかしい出来事を思い出しやすいタイミング

できることなら、恥ずかしい思いをすること自体を避けたいものですがなかなか上手くはいきません。

それならせめて、恥ずかしい出来事もその時点だけで終わりにして二度と思い出しくないと考える人も多いでしょう。

しかし、実際はそう上手くはいきません。

恥ずかしい出来事ほど思い出したくないと思っていても、ふとした拍子に思い出して一人でジタバタしてしまいがちです。

では、どんな時に思い出したくもない恥ずかしい出来事を思い出してしまいがちなのでしょうか?あるあるな5つのタイミングを紹介していきます。

その場所に行った時

恥ずかしい出来事は、その場所に行くと思い出してしまうことが多いようです。

一種のトラウマのように、忘れたくてもその場所に行くたびに思い出してしまうこともあるでしょう。

「お母さん」と呼び間違えてしまった店員さんのいる店舗に行くたびに、その時に一緒にいた人から「そういえば、この前ここでさ~」と話を持ち出されてしまうこともあります。

通勤電車のように毎日使っているものであれば恥ずかしい出来事を思い出す頻度も減っていきますが、なかなか行かない場所の方が記憶が鮮明に残ってしまいがちです。

忘れたくても、数年ぶりにそこに行っただけでまるで昨日の出来事のように恥ずかしい出来事を思い出してしまうことも珍しいことではありません。

その時着ていた服を見た時

場所と同じように、その時に着ていた服を見たことが原因でその時の状況を鮮明に思い出してしまうケースもあるでしょう。

特にめったに着ない勝負服の場合は、その可能性も高まってしまいます。

めったに着ない勝負服を着てテンションが上がり、ノリノリな姿を誰かに見られた場合は二度とその服を着られなくなってしまうほど恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。

「この服を着た合コンは張り切りすぎて空回りしたなぁ」のように、いつまで経っても恥ずかしい出来事を忘れられない場合もあります。

場所と同じように、その服を着る頻度が低ければ低いほど、恥ずかしい出来事を忘れるのは難しくなってしまうでしょう。

夜眠る前

夜寝る前は、リラックスして自然とその日一日の出来事を思い出すものです。

そのうちにいつの間にか夢の中に入ってしまえば良いのですが、たまたま神経が興奮していて寝つきが悪い時などはその日だけではなく過去のことを思い出すこともあるでしょう。

夜寝る前に恥ずかしい出来事を思い出してしまうと、どんどん過去の自分が嫌になってしまうこともあります。

一つの恥ずかしい出来事を思い出したことを皮切りに、どんどん違う恥ずかしい出来事まで思い出してしまって、最終的には「そういえば幼稚園の時には…」と過去すぎる出来事を思い出してしまうこともあるのではないでしょうか。

お風呂に入っている時

お風呂
お風呂に入っている時も、寝る前と同じようにリラックスしている状態です。

そのため一日の出来事を振り返っているうちに過去の恥ずかしい出来事をどんどん思い出してしまうこともあるでしょう。

恥ずかしさに耐えきれず、ついつい湯船の中に潜ってしまったり冷たいシャワーを頭から浴びて悲鳴を上げるようなこともあるのではないでしょうか。

特に異性のトイレや更衣室に入ってしまったなどの恥ずかしい出来事はお風呂で思い出しやすくなってしまいます。

男性も女性も、そうした恥ずかしい出来事をしたことがある人は夜寝る前だけではなくお風呂に入っている時にも注意しましょう。

ぼーっとしている時

寝る前のリラックスタイムやお風呂の時間だけではなく、朝でも昼でも油断していると、すぐに恥ずかしい出来事を思い出してどうすれば良いのか分からなくなってしまうケースもあります。

恥ずかしい出来事を思い出すのは、夜の時間帯だけではありません。

ポイントは色々なことを考える時間的な余裕があり、精神的にリラックスしているかどうかなのです。

油断していると一気に色々な恥ずかしい出来事を思い出してしまい、せっかくのリラックスタイムが台無しになってしまう恐れもあるので注意しましょう。

恥ずかしい出来事が起きた時の対処法

人生の中で一度も失敗をしない人なんてどこにもいません。

完全無欠に見えるようなイケメンでも美人でも、どこかで大なり小なり恥ずかしい出来事を経験して一人の時に思い出していることもあるのです。

では、そんな誰の身にも起こり得る恥ずかしい出来事に遭遇してしまった時、どのような対処をすることで今後の傷を浅くすることができるのでしょうか。

避けられるのであればできるだけ避けたい恥ずかしい出来事ですが、どうしても遭遇してしまった時のおすすめの対処法を最後に紹介していきます。

まず深呼吸をする

恥ずかしい出来事は自分でも予想していないタイミングに襲いかかってきます。

自分は大丈夫だと思っているのにミスをしてしまう時や、誰にも見られていないと思っている時に恥ずかしい出来事に襲われてしまうので、その瞬間は普段どんなに冷静な人であっても混乱して頭が真っ白になってしまうでしょう。

そのため、恥ずかしい出来事に遭遇したらまずは落ち着くことが重要です。

深呼吸をして頭を少しでも冷静にし、自分の身に起きていることをしっかり理解しましょう。

慌てて事態を収束させようと思っても難しいでしょう。

「起きてしまったことは仕方ない」と開き直りながら、深呼吸をして落ち着いて事態を挽回していきましょう。

素直に「恥ずかしい」と言う

恥ずかしい出来事を起こしてしまった時、一人で抱え込んでいると余計に恥ずかしい対応をしてしまって、後から「あの時もっとスマートな対応ができていれば…」と余計に後悔する羽目になってしまうこともあります。

いっそ、恥ずかしい出来事が起きた時には素直に「恥ずかしい!」や「失敗した!」と周りに宣言しましょう。

そうすると、恥ずかしい出来事を隠すことはできなくなりますが、周りがフォローしてくれる可能性が高まります。

「実は私もこの前…」と恥ずかしい出来事の暴露大会に発展して場の雰囲気が和やかになってお互いに安心できるかもしれません。

迷惑をかけた相手に謝る

どんな状況で恥ずかしい出来事に遭遇したとしても、真っ先に逃げたくなってしまうでしょう。

しかしながら、だからといって相手になんのフォローもせずに逃げてしまってはいけません。

周りで見ていた人から失礼な人だと思われますし、相手にも不快な思いをさせてしまいます。

後から「恥ずかしいだけじゃなく、謝ることもできないなんて最悪な人間だ」と余計に落ち込んでしまう可能性も高くなるでしょう。

そのため、恥ずかしい出来事の場合はまず迷惑をかけた相手に謝ることを意識しましょう。

謝りながら深呼吸をして冷静になれば、謝っている時間を使って次にどのような行動をとるのが最善かを考える余裕も生まれるかもしれません。

すぐに逃げ出したくなる気持ちは分かりますが、今後の自分の評判を落としたり余計に落ち込んだりしないためにも、まずは一番に迷惑をかけてしまった相手に謝るようにしましょう。

思いきり笑う

笑う
恥ずかしい出来事を経験してしまっても、思いきり笑うことができれば笑い話に昇華できるかもしれません。

恥ずかしがり屋な人ほど恥ずかしい出来事を隠してしまいたくなりがちですが、そこで隠してしまうといつまでも自分の中に一種のトラウマとして恥ずかしい出来事が残ってしまう恐れもあります。

どんなに隠したいような恥ずかしい出来事でも、いっそ思い切って笑い飛ばしてみるのはいかがでしょうか。

そうすることで、嫌な思い出にしかならないはずだった恥ずかしい出来事も、自分の中で明るい思い出に変化してくれるかもしれません。

小さな子が先生のことを「お母さん」と呼ぶのが微笑ましく感じられるように、自分の失敗も何歳になっても明るい出来事になるように工夫してみましょう。

家族や友達に話す

普段からネガティブな思考が癖になってしまっている人にとっては、どんなに笑い飛ばそうとしても恥ずかしい出来事を明るい思い出にするのは難しいかもしれません。

そんな時は一人で抱え込まずに家族や友達の力を借りるのもおすすめです。

「実はこの前、こんな失敗をしてしまった」と家族や友達に打ち明けてみましょう。

打ち明けることで「実は私もそうだった」と暴露大会が始まるかもしれませんし「そんなこと、誰もが経験してるよ!」という言葉を聞いて安心感が生まれることもあります。

就職や恋愛の悩みと同じように、恥ずかしい出来事も誰かのアドバイスをもらうことで新たな視点を持てるようになるかもしれません。

心を許せる人に話を聞いてみてもらってください。

心が和む本や映画を見る

恥ずかしい出来事を経験したことを忘れられないと「自分は何をしてもダメな人間だ」と思い込んで落ち込み続けてしまう恐れもあります。

そんな時には心が和む本や映画を見て、ダメージを受けてしまった自分の心に栄養を与えてあげることも非常に大切なことです。

本や映画の世界に触れることで「こんなに素晴らしいものがあるのなら、自分の失敗なんて大したことはない」と考えられるようになるかもしれません。

普段から本や映画を楽しむ習慣がある人こそ、恥ずかしい出来事に遭遇した時にもその力を借りて乗り越えていきましょう。

自分が思うほど他人は気にしていない

自分が恥ずかしい出来事を引き起こしてしまうと、いつまでもそのことを気にしてしまって落ち込み続けてしまうこともあります。

ですが、よく考えてみてください。

あなたの周りで失敗したことがある人を見かけた時、あなたはいつまでもその人の失敗を覚えているでしょうか。

「あんな恥ずかしいことをするなんて、ダメな人なんだ」と思ってしまうでしょうか。

そんな風に周りの人を一度の失敗で嫌う人なんて、めったにいないでしょう。

あなたが周りの人の失敗をそれほど気にしないのと同じように、周りの人もあなたの失敗をそれほど気にすることはありません。

人間は良くも悪くも周りの人にそこまで興味を抱いてないので、ちょっとした失敗をいつまでも覚えていることはないのです。

「自分は恥ずかしかったけど、きっと周りは気にしていないだろう」という気持ちを持つことも時には有効な対処法となってくれるのです。

恥ずかしい出来事は笑い飛ばしてしまおう

誰でも多かれ少なかれ失敗を経験しながら成長していきます。

時には大人になってからも大きな失敗をして恥ずかしい思いをしてしまうこともあるでしょう。

しかし、それをいつまでも気にしていてはいけません。

時には思い切って笑い飛ばして、明るい思い出にしていきましょう。