寛容な人の特徴11個!そんな女性になるには?優しさ以上に心が広いと思われるコツも教えますについて
あなたの周りにも「あの人は寛容な人だから安心して頼ることができる」のような評価を受けている人がいるのではないでしょうか。

しかしながら、耳にする機会は多くても意外と意味を知らないのが「寛容」という言葉です。

この記事では「寛容」という言葉の意味はもちろん「寛容な人」と呼ばれる人の特徴、また寛容な人になる方法や寛容な人であるメリットを紹介していきます。

自分の心をコントロールしたい人は参考にしてみてください。

寛容とは

まず「寛容(かんよう)」とはどういう意味の言葉なのでしょうか。

辞書で調べると「寛容」には「心が寛大」や「人を受け入れて過去を咎めずに人を許す」という意味があります。

ちなみに、ここで出てきた「寛大」には「心が広い」という意味があります。

つまり、「寛容な人」とは「心が広く、めったなことで人を責めたり怒ったりしない人」という意味があると考えられるでしょう。

対義語としては「短気」や「怒りっぽい」という表現が該当するのではないでしょうか。

意味が分かった上で考えてみると、あなたの周りにも寛容な人がいるのではないでしょうか。

時には「仏のような心を持っている」や「優しくて怒ったところを見たことがない」など、その他の表現をされることもあります。

優しい人≒寛容な人だと考えても良いでしょう。

寛容な人の特徴11個

寛容な人の特徴
上記で「寛容」という言葉の意味を知ることで、なんとなく寛容な人のイメージが湧いたかもしれません。

ここではさらに詳しく寛容な人について紹介していきます。

周りから「寛容だよね」や「寛容な人だよね」と言われる人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

11個の特徴を紹介していきますので、実際にあなたの周りで「寛容だね」と言われている人のことをイメージしながら読んでみてください。

1:穏やか

心が広いと言われることが多い寛容な人は基本的に穏やかな性格をしています。

誰かに何かを言われても声を荒げて反論することもありませんし、普通の人ならイライラしてしまうような場面でもそれを態度に出すことはありません。

また、怒らないだけではなく感情自体を動かすこともほとんどありません。

悲しい時に落ち込んだり涙を見せたりすることもありませんし、嬉しい時も全力で喜びを表現することもありません。

怒りや憎しみ、悲しみといった悪い感情だけではなくプラスの感情もあまり表現しない穏やかな性質をしていると言えるでしょう。

2:余裕がある

常に余裕があってのんびりと構えているのも寛容な人の特徴です。

忙しい時でも自分のペースを崩すことなく、余裕を持って物事に取り組むことが多いでしょう。

そのため、忙しくてイライラすることもなく、いつでも平常時と同じパフォーマンスを発揮することができます。

寛容な人は意識しなくても自分のペースを崩さないために行動しています。

その行動の一つとして常日頃から余裕を作っている人も少なくはありません。

常に余裕があるからこそ、周りの人がちょっとしたミスをした時でも「いいよ、フォローするから気にしないで」と本心から言うことができるのです。

3:細かい事を気にしない

自分に余裕がある寛容な人は、細かいことを気にしません。

大らかな性格をしているので、周りの人がちょっとくらいズルをしていても「まぁそれくらいなら良いか」と見逃してくれることもあるでしょう。

上司としては理想の上司だと思われることも多い傾向があります。

一方で、他の人のルール違反に関しても軽微なものであれば寛容ですが、自分のルール違反に関しても甘い一面があります。

そのため周りに厳格な人が多い場合は「あの人は適当だから責任のある仕事を任せることはできない」という評価を受けてしまうこともあります。

4:他人の失敗を責めない

人によっては嫌われてしまうこともありますが、寛容な自身が周りの人のことを嫌ったり責めたりすることはほとんどありません。

時には大きな失敗をした人に対しても「大丈夫だよ、一緒にフォローしていこう」という優しい言葉をかけることもできます。

しかし、そうした優しい性格が裏目に出ると部下の失敗を咎めることができずに舐められてしまい、上司としては不適格という評価を下されてしまうこともあります。

寛容な人も大きな失敗に対しては、時には厳しい態度を見せるなどのメリハリを意識していった方が良いでしょう。

5:悪口を言わない

表面上は誰に対しても優しいふりをしているのに、裏では「○○さん、今月はもう3回もミスしてるんだけど!」のように悪口を言う人もいます。

しかし、寛容な人はそうした悪口を言うことを好みません。

人に対して懐が広いので、悪い印象を抱くことがないのです。

そのため周りの人に「○○さんってどういう人?」と聞いたら「遅刻が多くて時間にルーズな人」という返事が多い人に対しても、寛容な人にとっては「大らかでマイペースを崩さない芯の強い人」という評価になる場合があります。

欠点よりも周りの人の長所を見つけるのが得意という一面もあります。

6:謙虚

周りから「寛容な心を持っていてすごいね」と褒められる機会も多い寛容な人ですが、決してそれで調子に乗って周りに対して「私は優しいんだ」と上から目線になることはありません。

周りからどんなに褒められても「いえ、そんなことはありません」と言える謙虚さを持っています。

どんなに優しい人でも、褒められてすぐに上から目線になる人は寛容な人だとは評価されないでしょう。

常に謙虚で周りの気持ちを考えることができ、自分よりも周りのサポートに徹することができるからこそ寛容だと言われるのです。

謙虚な態度を誰に対しても崩さないため、上司はもちろん部下からも広く慕われることもあります。

7:人の気持ちを理解できる

寛容な人はなぜ寛容な気持ちを持ち続けられるのかというと、人の気持ちを理解することができるからです。

「この人は今余裕がないからサポートが必要だ」と察したり「この人は疲れているから優しくしてあげた方が良いだろう」と察したりする能力が高い傾向があります。

そのように人の気持ちを理解することができるため、その人が最も望んでいる行動を取ることができます。

そうした寛容な人の行動に救われた人が「あの人は優しくて、自分も忙しいのにフォローをしてくれる寛容な人だ」という評判を広めるため、どんどん周りからの評価が上がっていくこともあるでしょう。

8:人の価値観を尊重できる

人の気持ちを理解できるだけではなく、人の価値観を尊重することができるのも寛容な人の特徴の一つです。

自分とは全く違う価値観を持っている人がいる場合、ついつい「それは間違っている」と指摘してしまいがちな人が多い中で、寛容な人は人の価値観を尊重して認めることができます。

ただし多くの人に「あの人は寛容だから色々な人の価値観を受け入れることができる」と評価される一方で、恋人などの親しい間柄の人からは「寛容なんじゃなくて興味がないから冷たく感じられる」と言われてしまうこともあるでしょう。

寛容な人は、自分が興味を持っていないわけではないことを見せていく必要もあります。

9:見返りを求めない

謙虚な姿勢を持っている寛容な人は、どんなに褒められても見返りを求めることはしません。

多くの人は「こんなに優しくしたんだから次の機会は自分がフォローされるべきだ」と考えてしまいがちですが、寛容な人は誰かのフォローをしてもそうした見返りを求めることはありません。

だからこそ、常にフォローする側に回ってしまっても不満を出さずに快くフォローすることができるのです。

そうした態度こそ、周りの人からいつも「寛容だね」と評価されるポイントだということもできるでしょう。

10:人の話をよく聞く

人の話を聞く
先ほど、寛容な人は人の気持ちを理解することが得意であったり、人の価値観を尊重することが得意であると紹介しました。

その理由として、寛容な人は常に人の話をよく聞きます。

自分より経験の浅い人が間違った解釈をしていてもすぐに否定せず、まずはその人の話を最後まで聞きます。

その上で「そういう考え方もあるかもしれないけど、○○の方が良いんじゃない?」のように助言を与えるのです。

そのため、周りの人から「間違っていてもゆっくり話を聞いてくれる」や「否定しない優しい心を持っている人」と評されるでしょう。

人の話をちゃんと聞ける余裕を常に持つということは、実は非常に難しいことだと言われています。

しかし、寛容な人はその難しいことも自然に行うことができるのです。

11:ポジティブ

心が広くて周りと衝突しないため、時には周りの人から「欲がない」や「何も考えていない」や「周りに対して興味を持たない人」だと誤解されてしまうこともある寛容な人ですが、実際はそんなことはありません。

寛容な人は何も考えていないから怒らないわけではなく、常にポジティブな気持ちを持っているから怒らないだけです。

「この人は今回は間違ったけど、この経験を糧に次回はちゃんとやることができるだろう」や「今回はたまたまミスをしたけど、毎回じゃないから大丈夫」など、一つの失敗を見てもそのミスにこだわらずに未来の成長に期待する心を持っています。

究極のポジティブ思考だからこそ、周りの失敗に対しても寛容になることができるのです。

寛容になるメリット

寛容になるためには心に余裕を持ったり、自分とは全く違う価値観を受け入れる必要があったり、人の話をじっくり聞く必要があるなど、様々なことが要求されます。

意外と難しいことも多いので、寛容な人だと言われるには努力が必要でしょう。

しかし、その努力をする必要があるほど、寛容になることにはメリットがあります。

ここでは寛容になるメリットを3つ紹介していくので、チェックしてみてください。

好印象を持たれる

寛容な人はその人の年齢に影響されず、好印象を持たれやすい傾向があります。

周りの人から「あの人は周りが嫌がることでも率先してやってくれる人だ」と思われるでしょう。

若ければ「やる気に溢れている希望の若手」として評価されますし、年齢を重ねてからも「常に初心を忘れずに若手に寄り添える理想の上司」として評価されます。

周りの人に好印象を持たれるということは、普段から周りの人に優しくしてもらえる可能性が高くなるということです。

寛容な人が自分から「助けてあげたからフォローして」と見返りを求めるような行動を取らなくても「あの人には恩があるから手助けをしたい」と助けてもらえることもあるでしょう。

人が集まってくる

そうした好印象を持たれる寛容な人の下には、色々な人が集まってきます。

「この人といると楽しい」という気持ちで集まってくる人もいれば「この人といると助けてもらえるから」という理由で近くにいる人もいるでしょう。

いずれにせよ、人が集まってくるということは色々な情報が集まるということでもありますし、人脈も広がりやすくなります。

情報が集まり人脈が広がれば、出世の機会も掴みやすくなりますし、出会いを求めている時にも役立つことは言うまでもありません。

他人との衝突が避けられる

さらに寛容な人には他人との衝突が避けられるというメリットがあります。

そもそも寛容な人自身が人の価値観を否定せずに尊重するので、価値観の違いで争いが起きることもありません。

衝突がないだけで非常に穏やかな日々を過ごすことができるでしょう。

また仮に寛容な人に対して「事なかれ主義が腹立つ!」のように突っかかってくる人がいても、寛容な人を慕って周りに集まってくる人が「まぁまぁ、あの人は良い人だから」と止めてくれるケースも多くなるでしょう。

そのため自分から争いを起こさないだけではなく、周りからも争いを持ちかけられにくくなります。

日々を平和に過ごせるということは、簡単に見えて意外と難しいことですので寛容な人である非常に大きなメリットだと考えられています。

寛容な女性になるには

寛容な女性になることができると、周りからの評価がどんどん上がっていきます。

仕事上では「あの人は常に精神的に安定していて信頼できるから、大きな仕事を任せてみよう」と言われて出世の道が開けることもありますし、恋愛面でも「癒し系で可愛いから一緒にいたい」とモテ期が到来するかもしれません。

しかし、寛容な人の特徴を見ても分かる通り寛容な人になることは決して簡単なことではありません。

寛容な女性になるためには、少なくとも今から紹介する8個のステップを乗り越える必要があります。

それでも寛容な女性になりたい人はぜひ挑戦してみてください。

自分の軸を持つ

寛容な人は周りの人と衝突しないため、「自分」というものを持っていなくて常に流されていると誤解している人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、実際はその逆で寛容な人はしっかりと自分の軸を持っています。

自分の軸をしっかり持ってそれに自信があるからこそ、周りの声を気にしませんし周りと価値観が違っても「なるほど、自分とは違うけどそういう価値観があるのか」とポジティブにとらえることができます。

そのため、周囲と衝突しないためにもまずはしっかりとした自分の軸を持つようにしましょう。

完璧主義をやめる

能力の高い女性ほど完璧主義を目指してしまいますが、人間である以上完璧になれる人はほとんどいません。

それにも関わらず完璧を目指しすぎてしまうと、余裕がなくなって自分に対しても周りに対しても厳しくなってしまうでしょう。

寛容な人になるためには「ほどほど」を意識すると良いでしょう。

これは決して手を抜いて楽をするわけではなく「今日じゃなくても良いことは明日に回す」という余裕を持つことです。

普段から「どうすれば余裕のある働き方ができるか」を考えることで、完璧主義をやめて寛容な女性に近付くことができるようになります。

リラックスする

リラックス
完璧主義をやめるだけではなく、リラックスすることを意識するとさらに良いでしょう。

リラックスすることでいつでも自分の平常心を保つことができますし、余裕も生まれて周りに優しくしたりフォローしたりすることもできます。

リラックスするためには自分の中で「リラックスするためのルーティンワーク」を確立することがおすすめです。

特定のお菓子を食べたらリラックスタイムにするなど、リラックスしやすい環境を自分で作って、「あ、今少し気が立っている」と思った時は、意識的にリラックスタイムを設けていくと良いでしょう。

客観的な視点を持つ

さらに客観的な視点を持つこともおすすめです。

客観的な視点は「自分は今話しかけづらい雰囲気を纏っているから意識的にリラックスしよう」などの自覚に役立つだけではなく、自分だけではなく周りにも自然に目を向けて「あの人は今余裕がないからフォローしてあげよう」と気付くためにも非常に役立ちます。

客観的な視点を持つためには周りに目を配る習慣をつけることが大切です。

また、目の前のことに集中しすぎずに周りの人とのコミュニケーションを取ることで客観的な視点を持てるようになるでしょう。

普段から周りの人との雑談に積極的に加わっていくのもおすすめです。

人と比較しない

自分と周りの人を比較してしまうと、周りの人に対して「負けたくない」というライバル意識を持ってしまいがちです。

強いライバル意識は周りの人に対して攻撃的になってしまい、寛容な人とは対極な人になってしまう恐れがありますので、自分と周りを比較するのはやめましょう。

周りの人の長所に目を向ける際に「○○さんは××がすごいから私も見習おう」と思うのではなく「○○さんは××がすごいなぁ」と感想を持つだけに留めるように意識することで、周りと自分を比較して勝手にライバル意識を持つのを抑えることができます。

「人は人、自分は自分」という意識を持ち、自分と周りを比較するのはやめましょう。

周りの評価を気にし過ぎない

「寛容な女性になって周りの人から慕われたい」という気持ちが強すぎると「今私は寛容な人だと思われているだろうか」や「寛容な態度を取っているつもりだけど、周りから本当に寛容な人だと思われているだろうか」など、周りの評価が気になってしまうこともあるでしょう。

しかし、そうした周りの評価ばかり気にしていると、いつしか「どうしてこんなにも寛容な態度をとっているのに評価してくれないんだろう」とイライラしてしまい、寛容な女性からは遠ざかってしまうかもしれません。

寛容な人だと言われるためには周りの評価が必要ですが、だからといってそれらを気にしすぎると余裕を失ってしまいます。

「いつか寛容な女性だと思われたら良いな」くらいの軽い気持ちで行動すると良いでしょう。

視野を広げる

「寛容な女性だ」と評価されることにこだわりすぎないためには、あなた自身の視野を広げることが重要です。

そうすればたとえ直属の上司には評価されていなくても他の部署の人から評価されていることに気付けるかもしれませんし、視野を広げたことで困っている人にすぐ気付けるようになり、フォローしやすくなるかもしれません。

何かにこだわりすぎると視野が狭くなり、自分の中の余裕もなくなってしまいがちです。

常に余裕を持った行動をするためにも、視野を広げて自分がどうすればリラックスできるのか、自分の力で助けられる人がどこかにいないかを探すようにしましょう。

生活習慣を整える

意外に思われるかもしれませんが、寛容な女性だと思われるためには生活習慣を整えることも必要です。

睡眠不足や運動不足でイライラしてしまうと、心に余裕がなくなってちょっとしたことで怒りそうになってしまうでしょう。

それでは寛容な女性になることはできないので、考え方や行動を変えるだけではなく自分の生活習慣も改善して寛容な女性に近づいていきましょう。

睡眠

睡眠
軽視してしまう人も多いですが、睡眠は心の余裕に非常に深く関係している要素です。

睡眠不足が続くと肌も荒れて化粧ノリが悪くなって朝からテンションが下がってしまいますし、集中力が落ちて自分のミスが増えてイライラしてしまうこともあるでしょう。

逆に睡眠が十分にとれていると肌の調子も良くて気分も上向きになりますし、仕事にも集中することができ短時間で自分の分を終わらせて、周りの人をフォローする余裕も生まれます。

睡眠不足にならないためには、まずは1日7時間は睡眠時間を確保することが大切です。

それだけではなく休日も規則正しい睡眠習慣をとって、昼寝も短くして生活リズムを崩さないようにしたり、寝る前はパソコンやスマートフォンを見ずに睡眠の質を高めることも重要です。

また、自分に合っていない形や高さの枕や、重すぎたり軽すぎたりする枕では睡眠時間は長くても睡眠が浅くなって疲れが取れないこともあります。

睡眠時間の確保と同時に睡眠環境を整えて睡眠の質を高め、心に余裕を持つようにしましょう。

運動

睡眠と同じくらい心に余裕を持つために大切なのは運動です。

忙しい毎日を過ごしていると運動する余裕なんてないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、運動をすることによって基礎体力がつくので、同じ辛さの仕事をしても普段から運動をして体力のある人の方が余裕を持って仕事に取り組むことができるようになります。

運動が必要だというと本格的な運動を連想したりジムに通ってトレーニングしなければならないと考える人も多いですが、そこまでの運動強度は必要はありません。

一駅歩いて会社に行ったり、家の周りを散歩するだけでも十分な運動になります。

また、少し歩くだけでも気分転換になって気持ちもリフレッシュできますので、天気の良い休日だけでも歩く癖をつけてみるのも良いのではないでしょうか。

寛容な人が人気のある理由

寛容な人に憧れる人は多いでしょう。

実際、自分の周りにいる寛容な人と一緒にいると心地良いと考えていたり、それに影響されて自分も寛容な女性になりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

では、なぜ寛容な人はそれほどまでに人気を集めるのでしょうか。

寛容な人が人気を集める4つの主な理由を紹介していきます。

コミュニケーションが取りやすい

コミュニケーション
寛容な人は常に余裕があります。

余裕があるため自分の気分に振り回されることがなく、どのような場面でもいつもと同じ平常心を保つことができている人が多いでしょう。

そのため、ヒステリックになることもなくコミュニケーションが取りやすいと言われています。

自分が忙しくて余裕がない時、平常心を取り戻すために寛容な人と話したいと思う人が多いほど、寛容な人のコミュニケーション能力は優れています。

自分と仲の良い人だけではなく初対面の人や、人とのコミュニケーションを取るのが苦手な人ともコミュニケーションをとることができるので、寛容な人は色々な人から人気を集めます。

一緒にいて居心地が良い

さらにいつでも優しくフォローしてくれる寛容な人のそばは、居心地が良いと言われています。

誰かがミスをしてもそれを責めたり怒ったりすることはなく、常に全員でチームのような気持ちでミスのフォローをしてくれるでしょう。

さらに寛容な人が優しいだけではなく、周りの人にも優しさが伝染して優しい人が増えていきます。

そのため、寛容な人の周りには優しい人が集まっているためどんどん居心地が良くなります。

普段は攻撃的で周りの人に対して嫌な態度を取ってしまいがちな人でも、寛容な人と一緒にいると優しくて寛容な心を持てるということも珍しくはありません。

自信が持てる

常にポジティブ思考を持っている寛容な人は、周りの人を励ますことも得意としています。

ミスをして落ち込んでいる人に対して、「でも○○さんは××という良いところがあるよ」や「○○さんは今はミスをしたけど、次は活かしていけるよ」と自然体で励ますことができます。

そのため、なかなか自分に対して自信が持てないというタイプの人でも寛容な人と話していると自信が湧いてくるでしょう。

本当に信頼できる人は、調子が良い時だけではなく調子が悪い時でもそばにいてくれる人だと言われています。

そう考えると、落ち込んでいたりミスをしたりしている時にもそばにいてポジティブ思考で励ましてくれる寛容な人が人気を集めて周りの人に慕われるのも不思議ではないでしょう。

安心感がある

周りの落ち込んでいる人を励ますことが得意なだけではなく、自分が落ち込んでしまった時にもポジティブ思考で心を安定させることができるのが寛容な人の強みの一つです。

そのため、ちょっと嫌なことがあっても周りに八つ当たりせずにいつでも明るく接することができるでしょう。

常に周りの人に対して安定した対応をするということは、考えるよりもずっと難しいです。

しかしながら寛容な人はそうした対応をなんなくすることができます。

イライラして八つ当たりしてこない寛容な人のそばに安心感があると考える人も少なくはないのではないでしょうか。

心が広いと思われるコツ

寛容な人になるのは非常に難しいことです。

しかしながら、寛容な人になることまではできなくても、せめて心が広い人だと思われたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

では、心が広いと思われるためにはどのような行動を取れば良いのでしょうか。

心が広いと思われるためのコツを3つ紹介します。

人の過ちを許す

心が広い人は、人が間違った時に鬼の首を取ったように責め立てることはしません。

人が間違った時でもそこに悪意や故意がなければ、その人の過ちを許してあげることができるでしょう。

寛容な人であれば人の過ちを許してフォローまで完璧にすることもあるでしょうが、普通の人にはそこまではなかなかできません。

しかしながらフォローはできなくても、過ちを責め立てないことはそれほど難しいことではないでしょう。

心が広い人と思われたいのであれば、誰かが間違った時に責め立てずに許す気持ちを持つようにしましょう。

他人をコントロールしない

年齢を重ねてくるとありがちなのが「私は○○を既に経験しているから教えてあげよう」と上から目線でコントロールしてしまうことです。

しかし、他人をコントロールしようとして支配的に振る舞うのは、上から目線になってしまい謙虚さを失ってしまいます。

そうすると、心が広い人だと認識されないでしょう。

心が広い人になるためには、他人をコントロールしないことを肝に銘じる必要があります。

特に部下や新入社員に対しては全てコントロールしてしまいそうになることもあるかもしれませんが、とりあえずは任せてその人の裁量でやらせてみるという気持ちを持つことで周りの人から心が広い理想の上司だと思ってもらえるようになるでしょう。

受け流す

「鈍感力」と呼ばれるように受け流す力を持つことで心が広いと思われることもあります。

自分がどんなに平和主義でも、周りの人の性格によっては攻撃対象にされてしまうこともあります。

しかし、そうした争いに全て応じていては「あの人も攻撃的な性格なんだね」と思われてしまいかねません。

攻撃された時でも受け流す力を持つことも重要です。

決して反論せず「こういう考えの人もいるんだなぁ」という心を持って受け流すことに挑戦してみてください。

寛容な人は魅力が多い

寛容な人は自分の心が安定しているだけではなく、周りの人の心も安定させる力を持っています。

多くの人が集まってくる寛容な人には非常に魅力的な人も多いでしょう。

ぜひ寛容な人や心が広い人を目指して、周りの人から魅力的だと思われる女性になりましょう。