ワンオペ育児の特徴4個!そうさせてしまう旦那の傾向7個と育児を一人で悩まないで済む方法とは?について
「ワンオペ」とは最近よく耳にする言葉ではないでしょうか。

言葉は聞いてことはあっても、実際に自分の身に置かれてみないと分からないことはいっぱいあります。

そんなワンオペの中でも今回は「ワンオペ育児」について紹介しようと思います。

ぜひワンオペ育児の実態を少しでも知って理解をしてみてください。

ワンオペ育児とは

「ワンオペ育児」とは配偶者がいても、何らかの理由により一人で育児や家事をこなさなければならない状況を指します。

例えば配偶者が単身赴任などの場合は、どうしても一人で育児をしなければならないことになりますが、最近では配偶者が一緒にいるにも関わらずまったく育児に関心を示さなかったり、仕事にかこつけて育児や家事に協力をしてもらえないこともあり、その中で育児をするということはワンオペ育児をしていることになるわけです。

そのような中では孤独を感じやすい傾向があります。

もちろん育児は子供が成長していくにつれ生きがいを感じますし、何より大切な存在が愛おしく思うことでしょう。

ただそう思うことができるのは育児が充実していればこそ感じることです。

ワンオペ育児は相談できたり協力者がいることで充実させていくことができますが、それができない状況での育児はより負担を感じるものです。

時にはこの状況から逃れたい、自由が欲しいという心理になることもあります。

ワンオペ育児は一人で抱え込んでしまうと心理的負担が大きくなっていくこともあるのです。

語源

ワンオペはワンマン・オペレーションの略です。

つまり一人が全行程の作業をこなさなければならない状況を指すわけです。

最近話題になったのは24時間営業の飲食店でワンオペであることがあり、きちんとしたサービスや衛生管理もできないことがありました。

一人で完璧に全てをこなすことができるのであれば問題ありませんが、徹底したサービスを求められる仕事ではワンオペということは無理があると言わざるを得ません。

人件費を削減しようとする企業側の体質も問われることになります。

ワンオペ育児になる理由とは

ワンオペ育児
ここではワンオペ育児になる理由にはどのようなことがあるのか紹介してみます。

それぞれにそのような状況になることは理由があります。

ワンオペになっても仕方がないこともあれば、完全に理不尽な理由であることもあるのです。

育児は一人では立ち行かないことも多く、一人での育児はあまりにも心理的負担が多過ぎることもあるでしょう。

それでも育児をしていかなければならないのです。

旦那が単身赴任中

ワンオペ育児になる理由として、旦那が単身赴任中であることが挙げられます。

これはいたしかたありません。

ワンオペ覚悟で旦那を単身赴任させるわけですからお互いに納得の上のことでしょう。

最初こそはワンオペでも頑張れると思っていても、次第に育児に家事に想像以上の大変さを感じることも多いでしょう。

週末に旦那が帰ってきて手伝ってくれたとしても、普段の状況を知らない旦那にとっては育児の手伝いはおろか家事すらできなこともあると思います。

いくら旦那が積極的に手伝おうとしてくれても、邪魔な存在になってしまうことにもなり兼ねないかもしれません。

残業が多い

ワンオペ育児になる理由として、残業が多いことが挙げられます。

もともと残業が多いことが分かっていても、毎日毎日遅いと育児や家事の協力は期待できません。

また考えたくはないことですが、敢えて残業をしてくるということもあるかもしれません。

旦那が家に帰ってきても育児で忙しくしている妻が自分の世話をしてくれないという状況から次第に家に帰ってくることを遅らせるという心理になることもあります。

特に男性の中には子供がいても自分を優先して欲しいと思う人もいます。

そのような大人になりきれない旦那を持つと女性は苦労することもあります。

実家が遠い

ワンオペ育児になる理由として、実家が遠いということが挙げられます。

実家が近いと何かと実家の世話になることができます。

また親に子供を預けて少しリラックスタイムを作ることも可能です。

ですが実家が遠いとそれができなくなります。

女性にとって実家の家族は心強い味方なのです。

もちろん旦那の家族も頼れるかもしれません。

ただ旦那の家族には頼りづらいと思う人も多いです。

実家には頼れても旦那の実家は頼れない、それがよりワンオペ育児という状況を作り出してしまうこともあるでしょう。

夫婦仲が良くない

ワンオペ育児になる理由として、夫婦仲が良くないことが挙げられます。