ヒエラルキーを考えた男性の選び方とは?自分のレベルに見合う男性を見極める方法を教えます!について
ヒエラルキーという言葉をご存知でしょうか。

あまり馴染みのある言葉ではありませんが、社会的にはほとんどの人がこのヒエラルキーのどこかに属しています。

ヒエラルキーはピラミッド型の階層制や階級制のことを意味し、会社や学校などにこのヒエラルキーは存在しています。

今回はそんなヒエラルキーについて詳しく紹介していきます。

男性を選ぶときはヒエラルキーを考える

社会はこのヒエラルキーで成り立っていると言えますが、恋愛もそうです。

男性を選ぶときに女性はとくにこのヒエラルキーを意識していることが分かります。

そもそも男性はステータスにこだわる人が多い傾向があります。

そのステータスに女性もこだわります。

つまりステータスの高い人ほど女性は惹かれます。

ただそれは自分が生きて行く上で彼氏や夫の地位が高ければ高いほど安泰であり、自分の価値も上がるというものです。

ただほとんどの男性は会社組織に属し、ヒエラルキーの中に存在しています。

今は平社員でピラミッドの下層級に属していても出世など上がっていく可能性はあります。

男性の仕事の出来次第ではのし上がっていくことも可能なのですが、案外そのピラミッドはレールが敷かれている人のみがどんどん上がって行ける仕組みになっている場合もあるのです。

女性はそれをいかに見極めることも必要になってくるということでしょう。

そもそもヒエラルキーとは?

そもそもヒエラルキーとは、古代ギリシャ語が語源で支配に関係する言葉です。

ヒエラルキアという言葉が語源なのですが、これは司祭長による支配という意味を持ち、キリスト教カトリックの聖職者の中で比較的地位が高い役職を指しています。

聖職者はローマ教皇を頂点にピラミッドの階層で形成された支配構造ということになります。

ヒエラルキーは現代では会社など社会的なシステムに対して用いられますが、学校などもこのヒエラルキーが存在しています。

階層制度のことを指す

ヒエラルキーとは階層制度を指していますが、例えば会社組織をイメージすると分かりやすいでしょう。

企業のトップには社長がいます。

それがピラミッドの一番上、尖った部分に位置します。

そしてその下にはいわゆる常務や専務などの取締役、そのさらに下には部長、課長…と続くわけです。

一般職はピラミッドの最下層に位置、ここが最も人数が多く底辺であるということです。

よく見かけるピラミッド型の図

ピラミッド
ここまでヒエラルキーをピラミッドの構造で紹介してきました。

日本の大企業の組織はこのピラミッド型の組織が世界の中でも多いと言われています。

ピラミッド型の他にもフラット組織があります。

ピラミッド型は組織の階層がハッキリと分かれて上司から部下まで縦社会の組織です。

フラット組織はそれぞれの個人が責任を持ち、そして自立して上下関係がほとんどない組織のことを言います。

日本はまさにこのピラミッドでトップがその下の部下、さらにその下の部下、と順にとりまとめ仕切っていく形です。

日本人は従順な性格が多く、このピラミッドの組織に位置していると安心や安定を感じることがあるのかもしれません。

ヒエラルキーの身近な例

ヒエラルキーという言葉はあまり耳にしたことはなくても、まず自分もその中に存在していることを感じ取れると思います。

まず社会に出ると働いている体制はこのヒエラルキー構造で成り立っているのです。

同じく学校もこのヒエラルキー構造によって成り立っていますが、この学校ではヒエラルキーの他にも最近はカーストという言葉が聞かれるようになりました。

ヒエラルキーとカースト、似たような言葉に受け止められますが、まったく違うことを意味しています。

スクールカーストは最近多く聞かれる言葉です。

ただこれも差別的な言葉です。

以前は当たり前だったことも今はこのような言葉で表すことも珍しくありません。

とても生きて行くには難しい社会であることが伺えます。

会社における役職

役職
会社におけるヒエラルキーは一目瞭然です。

大企業ではそのピラミッド構造がよく理解できます。

社長

取締役などの役員

各部門の部長

課長や係長の中間管理職

従業員(平社員)
といった構造です。