周りの女性との差をつける

婚活をする上ではプロフィールを充実させることはなにより大切ですが、周りの女性と差を付けることがもっとも大切です。

当然他の女性もプロフィールにそれなりに力を入れているでしょう。

そんな周りの女性と差別化を計るために短所を敢えて具体的に示すことが必要です。

ほとんどの人は短所はできるだけ簡潔にしたいはず。

そして長所メインのプロフィールを書くことに一生懸命だと思います。

つまり自分を選んでもらうとこんなにいい面ばかりで楽しい、というアピールが詰まったプロフィールであることが容易に想像できます。

そこでそんな良いことばかりのプロフィールと差をつけるために、マイナス面を前面に出したプロフィールにしてみるのです。

人と付き合うのはまずその人の短所や悪いところを知って、それが我慢できるかどうかでその人との付き合い方が決まります。

ですから前もってその人の悪いところを知って攻略を考えておくと後は良い面だけを見れば良いのです。

人とは差を付ける作戦で婚活を一歩前進させましょう。

短所の上手な書き方とは?【婚活編】

短所の上手な書き方について
では実際に短所をどのように書いて行けば良いのでしょうか。

コツとしては短所と言ってもありきたりなことではなく、具体的にそしてネガティブなこともきちんと書くことです。

相手が知りたがるのがこのネガティブなことです。

そしてそのネガティブな部分が我慢できる範疇かどうかで相手にアプローチをするか考える目安になります。

では婚活でプロフィールに短所を書く上でどのように書くと上手く書くことができるのか、紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

ポジティブな言葉に書き換える

短所の上手な書き方として、ポジティブな言葉に置き換えることをしてみましょう。

先述しましたが、上手に書くためにはネガティブなこともきちんと書くことが基本です。

それを踏まえた上で自分のネガティブな部分を分かりやすく表現するためにはまずポジティブな言葉に置き換えてみることはありです。

ただプロフィールではそんなポジティブな言葉が短所として書いてあるのですから、相手には不思議に受け止められることになるでしょう。

そこでその点を聞かれた時に自分のネガティブな短所として本来の性格を説明してみるのです。

まずは相手がプロフィールに目をつけてくれることが必要です。

多少の小細工的な記入方法で人と差をつけてみましょう。

例えば「優柔不断」なら「慎重」

ネガティブをポジティブに置き換えてみる言葉として、例えば優柔不断な性格であれば慎重などとしてみましょう。

少し無理がある置き換えではありますが、言いようによってはそのように置き換えることができます。

ただこれは相手の受け取り方です。

本当に相手の優柔不断さを目の当たりにしてもそうとは受け止めず慎重な人的に見る人もいます。

少々無理がある置き換えでも意外と人はそのように受け止めることがあるということが言えるでしょう。

短所のポイントだからこそ良かった事を書く

短所の上手な書き方として、短所のポイントだからこそ良かった事を書くことをしてみましょう。

これはどういう意味かと言うと、短所であったからこそ良い結果へ導くことができたことなどがあります。

例えば心配性という短所だとします。

自分では何もかもが不安で心配でたまらず、心配性過ぎて行動に移す前にいろいろな事を考えて過ぎてしまう性格である場合、失敗しないために実行の計画を綿密に立てて結果オーライだった、ということがあります。

周囲から見るとなぜそんなに不安を抱えているのか分からないくらい物事をネガティブに捉えてしまい、失敗したらどうしよう、悪いことになったらどうしようということばかりが頭にあり、自分が嫌な思いをしないように計画をしたり、根回しをするなど自分に悪影響を及ぼさないようにしてみたら完璧だった、という結果が待っていることもあります。

短所がもたらす成功があることをアピールポイントとしてみると良いでしょう。

結婚に影響の少ない短所を書く

短所の上手な書き方として、結婚に影響の少ない短所を書くことをしてみましょう。

例えば「料理が苦手」などと書く人はまずいないと思います。

たとえ料理が苦手であってもそこは「料理好き」とアピールポイントとして長所に書く人は多いのではないでしょうか。

もちろん短所に正直に書いてみるのも良いかもしれません。

また直接的な短所というわけではなく、「料理教室へ通っている」ということをプロフィールに書き込んでみると良いでしょう。

あくまでも料理教室へ通っているのであって、苦手だから行っているのかさらに上手になるために通っているのかプロフィールを見ただけでは判断は付きません。

このように短所であっても前向きに受け止められるよう書き方をするようにしてみましょう。

人によっては長所だと思われるものを書く

短所の上手な書き方として、人によっては長所だと思われるものを書いてみてください。

例えば「綺麗好き」と書くのは長所短所どちらでしょうか。